2009年7月12日

運否天賦 :葛葉ライドウ

何とか第2章の方も終了。

話は徐々にややこしくなってきています。

 

3章に入ってステータスに幸運状態、不運状態というモノが付くようになるとか。

このゲームの開始直後から、ツイてるツイてないという言葉が多かったので、

なんとなくテーマは「運」なのかなぁ…とは思っていましたが、ステータスにまで

関係してきました。

途中から運のステータスが「大凶」になってましたしねぇ。

 

とりあえず、次の主力候補は今のところこんな感じ。

 

 

雷電族のマガミさん。

色々と継承されているので、一応はアギ、ブフ、ジオ、ザンの4属の魔法が

揃い踏みで、ディアも使えます。

 

 

それに加えて、思い出特技である「衝撃半減」の継承により、衝撃弱点も

打ち消されているので、弱点は無くなっています。

銃には手痛いダメージを貰うようですが、硬直にまでは至りません。

ステキ。

 

そして、もう一方の主力候補。

 

 

ブフ、ジオの属性攻撃に、マリンカリン、プリンパといった精神攻撃。

ディア、パトラの回復を持っています。

 

ライドウ君のレベルは17なので、更に上の悪魔を主力に用意しても良いのでしょうが、

なかなか良い感じのがネー。

それと、これは性分なのでしょうが、仲魔となった悪魔の忠誠度をMAXにし、

持っている特技を全て使用可能にしてからでないと、何となく合体に使いたく

無いというのがあるんですよね。

別にこだわる必要はないのでしょうが、気分としてそういうのがあったりします。

せめて、忠誠度をMAXにして、思い出特技だけでも解除をしておきたいんですね。

あとは、あーでもない、こーでもないと考えて、その時点で使いやすい仲魔を

作るのに無心するのは、このゲームの醍醐味の1つではないでしょうか。

 

しかし、技芸族の捜査特技である擬態の項目が、まだ一人しか埋まっていない

という事は、この先は結構長いのかもしれませんね。

投稿者 Wut : 21:13 | コメント (0) | トラックバック

2009年7月11日

モダーンな十四代デビルサマナー :葛葉ライドウ

余りにもXbox360が帰ってこないので、しばらく前からPS2を再起動。

手を付けていなかった葛葉ライドウ 対 アバドン王を始めてみたり。

説明書を読んだだけのP3でも良かったのですが、何となくライドウの方が

早く終わりそうな気がしたので。

 

先日、第一章がようやく終わりまして、一息付けた感じです。

戦闘が華という印象の昨今のメガテンですが、今作もマグネタイトマネジメント

システムというのが目玉の1つになっています。

今作ではMPが無く、仲魔が魔法を使うにも、技を使うにしても、マグネタイトが

消費されるというようになりました。

マグネタイトは敵を倒して得るものではなくなり、弱点を突いて硬直している

敵を攻撃すると得られるように。

そんな感じなので、やはり基本は弱点を突いて敵が固まっているところを攻撃。

そうして稼いだマグネタイトを消費して、更に弱点を突くという流れに。

精神系魔法のマリンカリンやプリンパで状態異常にさせた敵からも、攻撃をすると

マグネタイトが奪えるので、状態異常関係は重宝しそうです。

 

 

とりあえず、1章での主力の仲魔はこの方でした。

 

 

合体させたので、攻撃魔法を複数と回復が使えて便利でした。

流石に2章に入る辺りでは、流石にそろそろ交代かなぁ……と思わなくも

ありません。

 

しかし、Xbox360の本体が帰ってこない為に積みゲーが解消されるというのは、

ツイているのか、ツイていないのか……。

投稿者 Wut : 23:45 | コメント (0) | トラックバック

2006年4月22日

葛葉ライドウ:1周目終了

とりあえず、1周目を終了させました。

最後のダンジョンは、これまでよりちょっと長めでしたわ。

仕掛け自体は大した事はなかったのですが。

 

全体の話として、終盤はちょっと飛ばし過ぎな印象もありましたが、個人的には

嫌いじゃなかったり。

っていうか、超力超神って…ゴメン、ちょっと笑ったょ。

 

私的には話しのピークは、ミシャグジさまが出てきたところまでかしらねぇ。

(自主規制)の正体が分かって「あれま」とは思ってしまいました。

操られてるなり、洗脳されてるなりしてるかな…という雰囲気はあったものの、

まさか(自主規制)だなんて…。

鳴海氏もガッカリくん。

で、超力超神が出てきて、「なんだアリャー?(笑」な感じですわ。

いやー、普通あんなの思い付きませんて。

デモ、嫌イジャナイヨ。(笑

 

しかし、最後のダンジョンは退魔の水か高嶺の花がなかったら、エンカウントが

高くて面倒くさいですなぁ。

エンカウントが高いのは何時もの事なのかもしれませんが、移動速度が

気持ちオットリな今作では、ちと辛いです。

 

そして、最終決戦。

これまた、長い長い。

攻略が分かるまで、長い印象がありましたよ。

あと、最終形態で一発666のダメージをウッカリ貰って死んでみたり。

ちなみに、その時の最大HPは847。

ガードするなり、避けるなりすれば、別にどうという事はないんですけどねー。

ラスボス戦で便利だった悪魔は、ネビロス、トート、ドゥン、パールヴァティでした。

特にトートには最終ダンジョンの要所要所で、御世話になりっぱなしです。

物理と呪殺が弱点なのですが、火炎、氷結、雷撃、衝撃、精神を吸収するので、

出す場面さえ間違わなければ、かなり便利です。

 

あと、2周目なんですが…ゾンビに2回殴られて死ねますが…。

悪魔の強さが、桁違いになってますね。

より一層「弱点を突く」「銃で止める」という事が、重要になってきそうです。

2周は…たぶん、しないかな?他のゲームが待ってるので。

 

 

百魔繚乱 十四代目 葛葉ライドウ Lv60 力:29 魔:30 耐:26(22+4) 運:29

刀:月桂葛葉鎮呪 (50) 呪殺に強い

 

モー・ショボー:Lv25 リャナンシー:Lv27 ジュポッコ:Lv30 サティ:Lv31

パールヴァティ:Lv48 オルトロス:Lv29 ドゥン:Lv41 

投稿者 Wut : 01:41 | トラックバック

2006年4月 4日

葛葉ライドウ:4~6話終了

深夜勤務のシフトに入っているので、ライドウを再開中です。

昨日、今日と時間を割いて6話まで終了…っていうか、6話は短いですね。

高嶺の花というスキルを使って、エンカウント率を下げていたという事も

あるのかもしれませんが。

 

どうも話を進めるというよりも、悪魔の合体にアーデモナイ コーデモナイと

頭の中で呪文のように繰り返しながら合体させたりしてますが、悪魔の

基礎レベルが低いと合体の際に困ってしまいますわ。

そこで、サクリファイスなのかもしれませんが、各種代役を見付けるまでは

それも保留という感じになってしまいます。

あと、変に愛着が付いてしまうと、なんだか合体に使えなくなったり…。

オルトロスさんは、まだLv25で健在ですょ。

代わりになれる悪魔は色々いるんですが、ここまで上げてしまうと、逆に

どこまでLvが上がるのか?そして、もし限度があるなら、限界まで上げた時に

何かあるのか気になります。

なんだか、育成ゲームに移行しつつあるカモしれません。

 

あとね、オボログルマくん。

レベルが上がった際に「この角でグリグリやってみろ!」と鎮心符をくれるのは

嬉しいのだけど、むしろコレは君が使った方がよいと思うのだよ。

如何かね?

元々マッド口調だから、無理かもしれないけどネー。

でも、攻撃の際に無闇矢鱈にぐるぐる回る姿は、ステキだね。チミ。

ただ、ダメージの貰い過ぎには、気をつけてくれヨ。

ぐるぐる~うずまき!

 

 

ライドウ 人中の獅子王 Lv44 力:23 魔:18+2 耐:13 運:19

赤光葛葉破電:25  電撃に強い

オルトロス:Lv25 モー・ショボー:Lv18 リャナンシー:Lv26 ネコマタ:Lv29

ジュッポコ:Lv29 オボログルマ:Lv28 ウタイガイコツ:Lv35 オオクニヌシ:Lv33

ライジュウ:Lv17 ヨモツイクサ:Lv38

投稿者 Wut : 17:46 | トラックバック

2006年3月20日

葛葉ライドウ:三話終了

紡績工場の迷路を踏破して無事三話終了。

面倒な迷路だったなぁ。FC版メタルギアの迷いの森を思い出してしまいましたよ。

オキクムシのインネンオーラをウッカリ使ってしまったのでエンカウントが

無闇に上昇してしまい、満月を過ぎたあたりで嫌になり退魔の水を使ったり

という事もあて、尚更良いイメージの無い迷路でしたわ。

あー、でも合体素材を集めるには、悪く無いカモー。

 

相変わらず戦闘時の初期召喚はオルトロスのままです。

彼も勢いづいて、すっかりLv24に。そこに出現する悪魔とほぼ同Lvですよ。

使い勝手が良いですからねぇ、彼。

 

そして、三話の終わりでついにラスプーチン登場。

ラスプーチンといえばロシアの怪僧として有名ですが、私的にはラスプーチンと

言うと真っ先に思い出すのが…

ワーヒーのラスプーチンなんですよねぇ。

雑君保プ氏の漫画がなんとも印象的でしたが。

 

とりあえず、その辺は雑君保プ好キーという事で、勘弁してください。

 

 

だって、好きなんだモーン。

投稿者 Wut : 22:41 | トラックバック

2006年3月15日

葛葉ライドウ:二話終了 紡績工場へ

数日は仕事から帰ってきたら眠くなって寝てしまい、気付いたら午前0時を

まわっているので、ゲームをガッツリ遊ぶわけにもいかず、手軽にセーブできる

葛葉ライドウ 対 超力兵団を1~2時間ほど遊んで再度寝るという日が

続いていました。

 

三話になって悪魔と刀を合体させるシュミットという合体が可能になったのですが、

刀の攻撃力が上がるだけでなく、ライドウのステータスも上がったりするので

ちょっと嬉しい反面、余り合体させると何かしらの反動が有りそうな気がして、

少々悩んでおります。気がするだけかもしれませんが。

あー、あと相性ステータスが「○○に強い」というのも、付くようですね。

「○○に弱い」や「○○無効」なんていうのは今のところ無いので、弱点が

無い方が安心かなぁなどと思っていますが、今後は如何に。

 

ちなみに悪魔を一体生贄にする合体には、他の悪魔の能力を上げるその名も

ズヴァリ「サクリファイス」という合体があるのですが、こちらもシュミットも

忠誠度が最大でなくても良いと言われていたのですが、全く無くても良いという

訳ではないという事に、最近気付きました。

ちょっと微妙に話が違いますよ、ヴィクトルさん。

 

それにしても、以外に低レベルのあくまでも相性次第で充分に立ち回りの

出来たりするので、仲魔の面子にアガシオンやアズミがまだ残っていたり

します。

アズミに至っては回復がメインですが、氷結弱点の敵にはブフを飛ばせるので

重宝しています。

このゲーム、マハ・~だと悪魔を中心にした範囲魔法になるんですね。

なので場合によってはマハ・のついていない魔法の方が、上手く立ち回れたりも

できるので、一概にどの魔法が良いという訳でもなさそうです。

そして、それぞれの属性魔法や捜査能力の関係もあり、低レベルの悪魔でも

捜査に充分有効なんですね。

 

後、オルトロス。

普段でもそれなりに使いやすいので、火炎弱点の敵や火炎魔法を使ってくる

敵が出る場合には好んで召喚しているのですが、経験増加なんて特徴を

身に付けていまして、ウッカリとオルトロスを出したまま戦闘終了すると、

経験点がおおよそ倍くらいに増えている様なんです。

おかげで、紡績工場に入って間が無いというのに、レベルが上がる事上がる事。

レベルが上がる事自体は悪く無いのですが、出しっぱなしで終了してしまうと、

他の悪魔に忠誠や経験が入らないので、困るところですな。

オルトロスにとっても、自分が倒した敵の経験等が他の悪魔の手に渡る

なんてのは、ちょいとばかり納得のいかないところでしょうが。

まぁ、それがチミの宿命だ。我慢してくれ。

 

てな感じで、紡績工場に入ってからは、色々と悪魔を捕まえてはシュミットしたり、

合体させたりしながら、欠片を2つ取得。

扉の封を破るのには、後1つですか?

 

ライドウ モダン陰陽生 Lv31 力:16 魔:13+2 耐:10 運:14

赤光葛葉破電:25  電撃に強い

アガシオン:Lv10 オルトロス:Lv23 イッポンダタラ:Lv15 アズミ:Lv11

モー・ショボー:Lv17 オシチ:Lv24 ジャックフロスト:Lv19 リャナンシー:Lv25

オキクムシ:Lv24

投稿者 Wut : 22:07 | トラックバック

2006年3月10日

葛葉ライドウ:赤い憲兵に苦戦

しばらくモンスターハンター2ばかりだったので、話を忘れないうちにと

葛葉ライドウ 対 超力兵団を再開。

深川から戻ってきたところだったので、さっそく深川…ではなく、志乃田に移動。

移動するべきは異界の深川なので、ヤタガラスの使者に異界開きをして

もらわないといけません。

異界 深川を憲兵を避けてドンドコ移動していたら、河に行き着きました。

ゴウトが「飛行の出来る悪魔は居ないか」なんて事を言いますが、飛行が

出来るのは手元にはアズミのオバチャンしかいませんよ。

 

Lv8だけど、まぁ何とかなるべぇと考えて、アズミを飛ばせて河を移動しながら

単独捜査決行。

とちゅうNPCのアズミが居たので「小耳にはさむ」をしてみると、「あの憲兵さん、

人間は追いかけるけど、悪魔は無視なんやで。えこひいきやねぇ」なんて情報が。

こちらとしては、そっちの方が好都合ですな。

戦闘は相手が1体なら、割と使い勝手の良いアズミでなんとかなる模様。

そして、相手の弱点に氷結があるなら、尚更有利という感じです。

ブフの詠唱が速いって事が、かなり良い感じ。通常攻撃もダメージは少ないモノの

先を読んで使えば3回あたるので悪くありません。

ただ、ツチグモの弱点を突いた上で会心しても、1発辺り8点ていうのはどうにか

ならないかしら?ツチグモが物理に強いっていうのも、あるんだろうけどね。

で、捜査を続けていたら小船を発見したので、ライドウのところへ戻り報告。

 

船で河を移動した後に、博識なモコイさんの話を聞く。

最近の流行はマントらしい。モコイさんはユメジデザインのマントが欲しい模様。

モダンボーイ。

 

モコイ「まねするなよ、チミ。

 

で、キーパーソンを回収しようとしたところに憲兵登場。

即戦闘。

 

とりあえず、攻撃パターンは前回見てるから似て…違うジャン。

離れればマシンガンらしき銃撃、接近すれば3回攻撃と、どちらも強力な

攻撃を放ってきます。

しかも銃撃の方は、結構な確立で混乱のオマケ付き。

なんて事が分かる頃には、死亡してましたわ。

防御しないと物凄く痛いですっていうか、銃は避けれないのか?

ちなみに耐のステータスは8で、ステータス中最低。

 

死亡したので、セーブした異界 深川の入り口からやり直し。

ウヒー。

 

モコイ「まねするなよ、チミ。

 

はいはい。

で、再度憲兵と戦闘に。

前回はライジュウだったので、今回はディアも持っているオルトロスを召喚。

混乱したらアイテムで回復…なんて事をしてたら、解心符が無くなり放置プレイ。

自キャラはある程度操作できるので良いとして、仲魔の自由が利きません。

そんな事をしている内に、オルトロスが勝手に帰還。

精神に強いハズのイッポンダタラを呼び出してみても、やはり回数撃たれれば

混乱してしまうようで、憲兵にラク・カジャ。

オイオイ…。

その後は、ライジュウを呼んだり、「そんなに引っぱったら髪がみだれるじゃない。

ばか」と言い放ったモーショボーを呼んだりして、何とか退ける事に成功。

重要なのは防御と回復アイテムという事を認識させられました。

 

アクションみたいな顔してるけど、立派にRPGっぽい戦闘になってるなぁ。

 

その後、幾つかの用件でたらい回しにされて、銀座のガード下で満月を

待ってみたもののイベントが発生せず。

再度、依頼主に話を聞いてみたところ、「栗栖坂」という地名だけを

ハッキリ言われました。

さっきはガード下って言ったじゃないのさ…。

 

とりあえず、疲れてきたので一旦セーブして終了する事にしましたょ。

 

ライドウ Lv21 力:12 魔:12 耐:8 運:10

アガシオン Lv10 :オバリヨン Lv8 : オルトロス Lv17 : モコイ Lv13

イッポンダタラ Lv12 : アズミ Lv10 : ライジュウ Lv17 : モーショボー Lv15

投稿者 Wut : 21:28 | トラックバック

2006年3月 5日

葛葉ライドウ:風呂と帽子

ちょっとでも進めようと僅かな時間にゲームを起動。

どうしても、モンスターハンター2の方に時間を割いてしまうのは、あっちは

オンラインゲームなので仕方ないのだね。

そういや、「鳴海という名前を以前にメガテンの何かで聞いたなぁ」と思って

いたのですが、ペルソナ1の主人公の苗字が鳴海じゃないのかしら?

先祖?

そうね、鳴海区なんてのも、ネットで調べてたら見付かるね、コレ。

ペルソナとサマナーって、クロスオーバーが多いね、チミ。

葛葉探偵事務所といい、銀子といい。今度は鳴海だね。ファンサービス。

両方遊んでると、もう最高。躍っちゃおうかな、ワルツ。

そして、ボクの希望。 行きたいね、ボストン。

 

さて、本題。

タエちゃんが赤マントを激写ボーイした新宿町の竜宮に行ってみた所、

キーパーソンが深川に居るって言うので今度は深川へ。

途中、交通事故の現場を見なかったか?と女性に話し掛けられたのですが、

普通に事故?と返してしまいました。

何かの分岐?それとも情報だけかしら?

 

深川につくなり一悶着。

風呂場で戦うとは思いませんでしたよ。

蛇口とカガミのついた仕切りで、隠さないといけないところはチャント隠れてますね。

手拭一丁じゃ、やっぱりまずいか?

それにしても、いいパンチじゃねぇか、ジョー。

そして、大黒さんのモンモンを背中に背負った兄貴とご対面。

 

風呂でなんで帽子やねん!

 

いいツッコミをありがとうございます。兄貴。

 

兄貴の話では、探し人はドヤ街にいるという事で、風呂から出てドヤ街へ。

手前に橋が架かっていて、まるで明日のジョーじゃないのさ。

むかしは、こんな風景が多かったのかしらねぇ?

泪橋ではないと思うけども。

で、橋を渡ったら、憲兵に囲まれて掴まりました。

そして、何故か異界に。

 

憲兵が居なくなったら「捕まっている理由はない」なんて事をネコが言うので、

腐臭漂うオマワリさんと一悶着。

ギャー、銃を撃ってきた。死体の癖に、生意気だー!(ジャイアニズム

 

キーパーソンを発見するも牢の中なので、錠前を破る道具が必要なのだとか。

「金王屋にならあるだろう」って、何でチミがそんな事知ってるのさ。ネコさんよ。

とりあえず、異界から出るべくウロウロしてたら、モショボーやら、ツチグモやら、

ライジュウやらが登場。

中には3種類の敵が1体ずつ出現というのがあって、これがなんとも辛い辛い。

敵に弱点を突かれない仲魔を呼ぶと、弱点を突く術が銃のみになるし…。

合体か?合体で弱点を突かれずに、敵の弱点を突く仲魔を造れと言うのか?

ここで「ああ、そういうゲームか」と、スキルとか合体がシンプルになったのは、

「そういう風に遊べ」という事なのかと自己解釈。

ん~。イケてるね、チミ。合体でブイブイいわせるんだね。

逆説的には、悪魔のアイデンティティは相性だけって事になるカモネ。

使役してるんだから、そんなモノは要らないのかしら?

山羊にでも食べさせておくッスよ。アイデンティティ。

 

で、金王屋にて錠前破りの道具を購入。

ついでに業魔殿に降りて、現状のフィールドに合った悪魔を合体させようと

アレコレ思案するものの、外法属 スイマに「なんかムリムリだね、ソレ。

眠ってもいいんスよ、チミ。チャラッチャラッチャラッチャ。ぐるぐるぅ~、うずまき!!」

と言われたので寝てしまいましたわ。ズキューン!!

 

余談ですが、普通に移動している最中はヒロ右衛門などの自動的に

効果のあるスキルを持つ仲魔を連れて歩いて、「?」がある場合にだけ

それに対応したスキルを持つ仲魔を召喚して、スキルを使うのが良いかしらねぇ?

とか思ってみましたょ。

いやぁ、イッポンダタラ便利ですわ。

ソーマの雫(HP・MP回復)とか拾ってくるし、匠の技で味方を回復するし。

ただ、匠の技を発動する際に、「すきにさせますか?」と聞かれるのは、

失敗する可能性があるって事ですか?

オリンピック級の大活躍ぅぅ!

でも、単独捜査はツライのですよ。イッポンダタラ。

 

 

 

ライドウ Lv18

アルプ Lv6 : アガシオン Lv9 : ポルターガイスト Lv10 : オバリヨン Lv8

オルトロス Lv15 : モコイ Lv13 : イッポンダタラ Lv12 : アズミ Lv8

投稿者 Wut : 19:09 | トラックバック

2006年3月 3日

葛葉ライドウ:一話終了

深夜勤務から帰ってきて、とりあえず寝る前に午前中だけでもと

葛葉ライドウ 対 超力兵団を起動。

 

忠誠度が溜まって、持てるマグネタイトが1500に増えた時に、ゴウトが「名も無き

神社」にも寄ってみろみたいな事を言っていたので、電車でガタゴト揺れながら

名も無き神社のある志乃田方面へ移動。80円。

神社の鈴を鳴らしてヤタガラスの使いとやらに会うと、新しい称号と悪魔を

封印するための管を2本くれました。

嬉しいのだけど、もうちょっと欲しいな…というのが本音。

 

元の居た矢来区筑土町に取って返して、地下に業魔殿のある金王屋へ。

とりあえず、今の段階で作れる悪魔は無いものかと色々見ていたら、

Lv14のオルトロスが居たので合体を依頼。

アズミとポルターガイストよサラバ。

ディアと回復高揚を継承したオルトロスよ、コンゴトモヨロシク。

 

うっかり大道寺邸の事を忘れそうだったのを思い出し、そそくさと邸宅へ。

そしたら、執事の中村が何かオロオロしているようす、これ幸いとばかりに

応接間に入ったら…叔父さん、何処行くねん?

とりあえず、追いかけるんだろうなぁ…とテロテロと走りだすと、突然

ユーとかミーとか喋るシルエットの人物に遭遇。

フィールドには居ないのだけど、会話人物の姿がシルエットでした。

どうもこれまでのボスっぽい連中の仕掛け人らしく、今回も目玉に触手と

いうバグベアードみたいな悪魔をけしかけてきました。

目玉曰く伊勢の~というらしいですが、名前を失念。スマヌ。

まぁ、目玉でいいやな。目玉がイヤならシュマゴラスだ。

というか、シュマゴラスもあれは混沌の神様だっけ…?

(後でネットで調べたら、イチモクレンという名前でした)

 

閑話休題

 

で、何故かトゥルダクを呼び出すシュマゴラスの弱点を探るべく、火炎と氷結の

銃弾を打ち込んでみるものの弱点のエフェクトは無し。

それ以外の弱点だと仲間に頼らなければならないので、衝撃だったら仲魔が

居ないなぁ…と悔やみつつ、雷撃の得意なアガシオンを召喚。

 

BINGO!

 

後は、眼が開いていない時は攻撃が無効になるので、火炎に弱いトゥルダクを

オルトロスと一緒に倒し、眼が開いたらアガシオンと入れ替えて…という具合に

戦い何とか終了。

 

叔父さんには逃げられたらしく、シルエットの人物もそれで満足そうに退散。

で、第一話終了。

 

第二話から朝倉タヱちゃんが登場。

オープニングで派手にすッ転ぶ、新聞記者の彼女ですな。

どうもタヱと呼ばれるのが嫌らしい。

彼女の依頼で銀座町に行く事に。

その前に金王屋で銃弾を補充しようとしたら、通常弾の弾倉を5000円で

売っていたので購入。通常弾だけでも、もっと沢山もてたらなぁ…なんて事を

思っていただけに、これは嬉しいアイテムです。

通常弾の最大数が24発から99発に。

ィェ~♪

それ以外にも新しい属性の弾があったので、20発ずつ購入。

 

電車に揺られて銀座町方面へ。160円。

町の中をウロウロと聞き込みしていると、お守りを拾ったというホームレスっぽい

男が居たので、譲ってもらえるように交渉。

5万円などという法外な金額を吹っかけてきたので断る(第一、手持ちに無い)と、

「50円でいいよ」と大幅値下げ。

よしよし。

 

街中ではモコイと、合体に使って居なくなったポルターガイストを封魔。

そういや、仲魔の忠誠度もレベルも上がってないなぁ…とか思い、そっちを

上げるのにウロウロしていたら、どうも弱点が氷結っぽい悪魔がわんさと出るので、

氷結が得意な悪魔であるアズミを、先に捕獲しに行く事に。

 

何処に出たか忘れたので、とりあえず名も無き神社から異界へ移動。

丁度、アズミが出現したので、ここだったかと封魔しようとしたら、どうも仲魔が

一杯らしく捕獲できませんでした。

あー、同属合体させるのに、ウコバク捕まえてたんだっけ…。

 

折角なので、異界でレベルと忠誠度を上げをしてみると、相手がアガシオン2体

とかだと結構稼げるらしく、オルトロス、ウコバク、ポルターガイストの忠誠度が

MAXに。モコイは戦闘で使ってないので、上昇無し。

ただ、異界をウロついている間、後ろにモコイを連れて歩いていたら、時折

小銭を拾ってきました。筑土町の異界だと65円。

ホメなくてもいいっスよ。

 

睡魔が強くなってきたので現世の筑土町に戻り、ウコバクとジャックランタンの

紅蓮属同士を合体させ、芸技属イッポンダタラ誕生。

 

うううぉおおれはぁぁああぁぁ イッポンダタラ!

 

さいですか。

眠さもピークなので、反応も鈍…っていうか、ちょっと寝てるね、ボク。

 

 

ライドウ Lv16

アルプ Lv6 : アガシオン Lv9 : ポルターガイスト Lv10 : オバリヨン Lv8

オルトロス Lv14 : モコイ Lv13 : イッポンダタラ Lv12

投稿者 Wut : 21:02 | トラックバック

2006年3月 2日

葛葉ライドウ 対 超力兵団

タイトルを見る度に、ドラえもんの長編漫画や怪獣物の特撮タイトルを

思い出してしまう葛葉ライドウ 対 超力兵団ですが、とりあえず3時間強

遊んでみたので、その感想です。

 

印象から書いてしまうと、これをデビルサマナーシリーズと言ってしまうのは、

どうなんだろう?と思いました。

開発当初はデビルサマナーシリーズの源流的な位置付けで始ったのかも

しれませんが、実際にプレイしてみるとデビルサマナーらしさというのが、

キャラクターが立っているという事と、ストーリー性が強いという事、それと

探偵事務所と業魔殿の名前くらいなんですよね。

デビルサマナーシリーズが真・女神転生シリーズからの派生であったように、

このゲームもという事であれば納得が

いきますが、「デビルサマナーシリーズですよ」と言われると

ダメダメくんだね、チミ」と返したくなってしまいます。

 

個人的には真・女神転生シリーズから派生したデビルサマナーシリーズから

更に派生した、葛葉ライドウシリーズという方向で行って欲しいなぁ。

続編は「葛葉ライドウ 対 魔人騎兵」とか、「葛葉ライドウ 対 深海魚人」とか、

「葛葉ライドウ 対 無貌信徒」とか、「葛葉ライドウ 対 死神博士」とか

タイトルなら色々考えられるだろうしネ。

 

ゲームとしてはそこそこ面白いと思うのですが、戦闘パートのアクション性は

弱く、アクションに期待するのは酷という感じ。

 

攻撃の手段は刀による、3回までの連続斬りと、レバーを倒しての突き。

ボタンを長押ししての回転斬り。属性弾を撃てる銃攻撃。仲間との合体攻撃くらい。

防御手段が、移動による回避と、ボタンを押すことによる防御(ダメージが

軽減されるだけで、無効にはならない)の2つ。

後は、仲魔に命令したり、別の仲魔を召喚したり、道具を使ったりという感じ。

ちなみに、戦闘パートも一緒に戦える仲魔は1体だけです。

 

シンプル操作は良いのですが、駆け引きの要素が薄い気がします。

同じシンプルなアクション操作でも、プリンセスクラウンはまだ面白かったのだけど。

駆け引き的な要素は、属性関係と、敵の攻撃を銃で止める事、仲魔を呼び寄せて

攻撃を避けさせたり、仲魔と一体の敵を挟んで攻撃したりという感じでしょうか。

仲魔への命令は、基本的に指針を伝えるだけなので、空いているボタンに

割り込み行動として「この技を使え」みたいなのを入れておけたら、

もう少しは駆け引きが熱くなったんじゃないかなぁ…とか思うのですが。

あるいは、道具を使う時は時間が止まるので、アイテム関係で色んな

割り込み要素があったら…とも思いました。

 

あと、悪魔との契約が、敵の弱点を突いて怯んでいる時に、近づいて○ボタン

連打で封印っていうのは、ちょっと寂しいですよ。

交渉しようよ、交渉。

脅したり、なだめすかしたり、ワイロを使ったり、色目を使ったりしようよ。

貢ぐだけ貢いで逃げられたり、攻撃されたり、逆にカツアゲしたりしようよ。

交渉があるだけで、随分印象が違ってくると思うんだけどなぁ。

アクションだから交渉してる暇ないでしょ…何て事は言わせませんよ。

悪魔が1体になった時にのみ交渉可能っていう事にすれば、良いわけですしね。

昔のメガテンだって、無理やり1体に減らして交渉してたんですから、ある意味

原点回帰でいいじゃないですか。

交渉は面白いのにねぇ。

 

他は悪魔がこれまでの分類ではなくて、属性関係で分類されるようになったのと、

合体の方もそれに合わせて変わったような感じです。

悪魔の覚えられる特徴も、物理・魔法スキルを合わせて2つまで。自動効果の

モノを2つまで。合体技を1つ。捜査関係を2つまでという制限があるので、

特徴の引継ぎで色々と悩みそうです。

 

仲魔合体は業魔殿で出来るのですが、合体させたい仲魔の忠誠度がMAXでないと

合体させる事が出来ません。

忠誠度を上げるには戦闘に勝利したり、アイテムを使ったりで上がるようです。

贈り物は無い模様。

今のところ出来るのは2体合体だけで、刀との合体や、サクリファイスは

まだ出来ません。ストーリーが進んでからなんでしょうね。

 

仲魔の単独捜査は、今のところは要所要所でしか使っていません。

色々と慣れてくれば、街中で単独捜査をする事で色んな発見があったりするのかも

しれませんが。

 

あと気になったのが、「第一話」と表示された事。

今回は要所要所で、区切りをキッチリつけるのかしら?

ストーリーの演出面も力を入れているみたいですし。

 

とりあえず、色々と新機軸っぽいので触ってみましたが、まだまだ練り込む余地が

充分にあるようなデザインなので、もし同じ流れの続編が出るのなら、更に

洗練されたモノを期待したいトコロ。

向かっている方向はとっても素敵なだけに、このままで終わるのは勿体無いと

思うのですよ。

雰囲気の良いゲームだけに。

 

ちなみに、現在のライドウと仲間の状況。

ライドウ Lv14

アルプ Lv6 : アズミ Lv8 : アガシオン Lv8 : ポルターガイスト Lv11

オバリヨン Lv8 : ジャックランタン Lv10

 

ただ、モンスターハンター2との兼ね合いもあるので、ゲームの進行速度は

かなり遅くなりそう。

下手すれば、積むかもしれない。

2つのゲームを同時には出来ませんわ…流石に。

投稿者 Wut : 20:26 | トラックバック

Powered by
Movable Type 4.27-ja