2012年9月 1日

うちのブログがPSPゲームソフトマニアというところに

登録されたみたいです。

リンクという形式なのですが。

 

なんでも、PSPのゲームを中心に、ゲームに限らず色々なモノを

レビュー・ランキングしてゆくサイトみたいです。

 

昔はともかく、最近はとんとゲームの日記に関してもポストがすくなくなって

いるので、このようなブログをリンクしていただけるというのは、非常に恐縮な

訳であります。

それが、紹介目的だったとしてもです。

 

PSPのゲームで最後に遊んだのは、MHP3かなー。

その前はなんだ...ダンボール戦機ですね。

更に前が絶体絶命都市3。

MHP3はそれらが発売されても遊んでいるという、息の長いタイトルだった

訳なんですが...。

 

あれー?印象深いグランナイツヒストリーは、何時買ったんだっけ?

むー。去年のUSJ×MHイベントの時に持って行って遊んだ記憶が

あるのだけど、日記に書いていないな...あれ?

ログに無いだけ?と思って色々確認したら、書いた形跡すら

ありませんでしたヨ。

 

アッレー?

 

今、オンラインに繋いで、どれだけの人がいるか、どんなバランス調整に

なっていて、どんなスキルの組み合わせがトレンドなのかは、

全くわかりませんが、オフのシナリオは良いので、個人的には

グランナイツヒストリーはオススメです。

ただ、キャラを強くするとか、何かに尖ってみるとか、何かしら自分で

モチベーションを高める方法がないと、ストーリーが終わると基本的に

作業になるので、燃え尽きてしまうかもしれません。

注意。

 

PSPゲームソフトマニアの宣伝をするつもりが、半分がGKHの宣伝に

なってしまったなぁ。

おかしいなぁ、GKHってタグで記事を書いた記憶があるんだけどなぁ。

 

PSPゲームソフトマニア

 

 

投稿者 Wut : 14:25 | コメント (0) | トラックバック

2012年1月20日

情報量の多いアーマードコアⅤ体験版

19日にアーマードコアⅤの体験版が期間限定配信されたのでプレイして

みたのですが、相変わらず無闇な情報量が、一度に用意されていて、

前作を遊んだ時もだったのですが、とりあえず遊びながら覚えて、分かった

ところから使っていこうという感じでした。

 

ちなみに、体験版の配信は23日まで。

オンラインも期間限定で遊べるようで、オンラインが遊べる期間は21時の

10時から22日の24時まで、サーバを開放してくれるそうです。

 

体験版の内容は、オフライイン用ミッション2つと、ガレージ、あらかじめ

用意されている機体データ数種、カスタマイズに使えるパーツ複数と

いう感じ。

オンラインに関しては領地の奪い合いになると思うのですが、どういう形で

行われるのかは、ちょっとわかりません。

概ね、クローズドβテストと同じになるのかもしれませんが、私はβテストに

参加していないので。

 

ゲーム本編は割と地に足付いた展開のゲーム運び...かと思いきや、

ビルの外壁にでも接触すれば再度ジャンプが出来てビルを登れてしまったり

するので、状況においては立体的な戦略が取れてしまったりという、

そんなゲーム運びになりそうです。

以前にセガと共同開発したクロムハウンズの影響を色濃く受けているので、

これまでのどのACシリーズとも、ちょっと毛色の違う展開になりそう。

 

データ表示は可能な限りスリムに表示して、必要な情報は戦闘モードと

サーチモードを切り替えて得るという感じ。

 

操作は左右腕と肩の攻撃ボタンと幾つかの種類のブーストボタン、

センサーであるリコンを飛ばすボタンに、サーチしたり、武器の切り替え・

パージ操作と、改めて説明されると割りとシンプル。

同時押しなどは、余り無い様子です。

 

とりあえず、好きなメカのスタイルというと、アップルシードで始めて見た

多脚式砲台の影響が大きいのか、多脚型のロボが好きなんですよね。

二脚よりも、逆間接脚よりも、キャタピラよりも、多脚。

脚が4~6本あれば、それなりに外見は満足してしまう感じだったり。

 

狙撃特化四脚というプリセットな状態だったので、使ってみるといきなり

後ろ足の方で地面にアンカーを展開、打ち込みしたかと思うと、スコープを

覗いた状態に。

撃ってみたら、何故か上方にずれる弾道。

これは、発射の反動を抑えきれていないという事なんですかね?

どうしても上方に毎回ずれるので、敵を中央に捕らえるのを止め、サイトを

少し下げてから撃つと、当たるようになりました。

これって、パーツとかで補正できるのかしら?

ブレるの分かってるんだから、その様に撃てという事なのかもしれませんが。

 

体験版に収録されているミッションは、序盤のモノらしいので、操作を

覚える為には打って付けという感じ。

攻撃も激しくなく、慣れるとあっさり攻略できるようになります。

 

詳しいゲームの解説はUstで放送されたアーカイブを見ると、分かりやすいかも

しれません。

1つの放送時間が結構ありますが、プレイの様子も見られるので、

マルチプレイの雰囲気も分かりますよ。

 

 

ARMORED CORE LIVE

 

私はこのゲームは360の方で予約済みです。

ただ、MH3Gも抱えているので、オンラインのチーム戦には積極的に

参加できないかもしれませんが、それ以外のストーリーなどのモードも

最大2人までの協力プレイが出来るそうなので、良ければ共闘しましょう。

 

@wut_jp ≫ 「ACV」の検索結果

 

 

投稿者 Wut : 14:01 | コメント (0) | トラックバック

2011年9月19日

Dancing heart with Games :TGS2011

東京ゲームショウ 2011に行って着ました。

参加人数が記録更新した去年をも上回り、再度更新されたようで、

非常に中は混雑していたという塩梅。

 

 

並んでいたら雨が降ってきたりと、色々ありましたが何とか会場内へ。

去年同様、闘劇のイベントも行われているようで、ゲームが出展されて

いるのは1~6ホール。7・8は闘劇、飲食、イベントステージとキッズコーナー

になっていました。

昔は、物販も飲食コーナーなどと一緒のトコロだったんですけどねぇ。

 

TGSが終わってから友人と話をしていたら、10年くらい続けてTGSへ

参加している事が判明。

あー、もう、そんなになるのか。

 

入場してからは前日は完売したというMGSトートバッグを買うために、

コナミスタイルへまっしぐら。

トートバッグ以外にも勢いでいくつか購入。

 

DSCF1666
DSCF1666 posted by (C)wut_jp

 

DSCF1671
DSCF1671 posted by (C)wut_jp

 

どれも、コジマ・プロダクションのグッズですが。

 

その後、コナミブースでステージに立っているゲームDJ 森一丁さんを

見かけて「イッチョウサーン!」と声援を送り、

 

DSCF1622
DSCF1622 posted by (C)wut_jp

 

Xbox360ブースのMJやedenを遊べるKinectのトコロで、UbisoftのPR担当、

福井蘭子さんとお話をし、

 

DSCF1621
DSCF1621 posted by (C)wut_jp

 

FCMLのジャム爺さんにお土産を渡そうと探すも見付からない為、

キャッスルクラッシャーズでお馴染みのベヒモス社のブースに行ったら、

ガチャガチャが既に空っぽになっており、TGS公式物販コーナーで

グッズが買える旨が書いてあったので、公式物販コーナーで

グッズを購入。

 

DSCF1669
DSCF1669 posted by (C)wut_jp

 

DSCF1661
DSCF1661 posted by (C)wut_jp

 

ゲームを見ても、どれも60分以上の待ち時間でウヘーとなり、

ツイッターを見ようにも混線しているのか上手く繋がらず、ようやく

繋がったと思ってもツイートできなかったりと、阿鼻叫喚な有様。

去年まではツイッターが繋がらないなんて事は無かったのに。

 

で、ようやくジャム爺さんにお土産を渡し、少し話をしてオススメを聞いてから

会場散策へGO。

続編はある程度内容が読めるし、予約したゲームはいずれ遊ぶしで、

可能な限り新作でオリジナルタイトルで見て回る感じに。

 

デッドアイランドは整理券配布終了。

蒼の英雄 Birds of Steelは60分待ち。

SF×鉄拳も60分待ち。

 

60分くらい待てばいいんでしょうけど、基本的に待つの嫌いなんですよね。

結局、試遊台で遊んだゲームは、カプコンのアスラズラースと

セガのバイナリードメインの2つ。

 

アスラズラースは相変わらず日本の漫画、アニメをイメージした

お馬鹿な展開(褒め言葉)と手堅いアクションで好印象。

要所要所のQTEは、やっぱり賛否あるのかしら?

良い評価ばかりを狙わない限り、難易度は高くない気がします。

 

バイナリードメインはTPSの部分が、痒いところに手が届いてないような、

微妙な感じ。

売りにしているNPCとの信頼関係などに関しては、アドバイスをくれたりは

したのだけど、ちょっと分からないかなぁ。

ストーリーは日本らしい泥臭い感じで、嫌いではないのだけど。

 

最後にカプコンの物販を見ていたら、長い列が短くなっていたので、

並んでみることに。

幾つか売り切れになっていたりしたけれど、応援の意味も兼ねて

気になる新規タイトルのTシャツを購入してみたり。

 

DSCF1673
DSCF1673 posted by (C)wut_jp

 

そんな感じで、蛍の光を耳にしながらTGSを後にしました。

 

余談:

会場での飲食物は、綾鷹2本と、フレッシュマンゴージュースだけでした。

去年の絶体絶命カレーやら、一昨年のサービス品のチキンカレーみたいな

物が有ったかもしれませんが、ちょっと食べている時間も惜しいという

感じでありました。

何故か、腹も減りませんでしたし。

飲食コーナーも、ゲームショウ専売の名物みたいなモノを出して、

「ゲームショウに着たんだから、コレを食べないと」みたいな感じに

なればいいのにねぇ。

 

 

こちらは、会場の様子やら、購入したモノやらの写真。

上記で使われた物も含まれています。

 

投稿者 Wut : 23:50 | コメント (0) | トラックバック

2011年9月 3日

東京ゲームショウで気になるタイトルを羅列してみる

ひとまず、特設サイトが設置されたメーカーの気になるタイトルを

羅列してみたり。

買う買わないは、その時の状況によりますがー。

 

メーカー名のリンクは特設サイトへ。

タイトルのリンクは公式サイトへつながっています。

 

カプコン

Dragon's Dogna

Asura's Wrath

Biohazard Revelations

STREET FIGHTER × 鉄拳

 

コナミ

NeverDead

Blades of Time

SILENT HILL : DOWNPOUR

 

スクエアエニックス

Deus Ex

Call of Duty MW3

 ■Ubisoft Entertainment

 ・Child of EDEN

 :Assassins Creed Revelations

 

セガ

ファンタシースターオンライン2

MAX ANARCHY

セブンスドラゴン2020

 

と、とりあえずはこんな感じでしょうか。

バンダイナムコゲームズとかマイクロソフトゲームスとか、まだまだ

情報を出して欲しいところもありますが。

 

番外:

The Behemoth

キャッスルクラッシャーズとか出してる、アノ会社です。

今年もTGSに出展するそうですよ。

このガチャガチャを、TGSにも持ってきてくれないかなぁ。

投稿者 Wut : 21:02 | コメント (0) | トラックバック

2011年7月11日

今後の出かけるスケジュール MHP3コラボとTGS

7月30日から8月27日は、渋温泉とMHP3のコラボイベント。

8月2日から9月30日は、USJとMHP3のコラボイベント。

そして、9月15~18日は東京ゲームショウ2011。

 

約2ヶ月の間に、最低3度の宿泊旅行かー。

イベントは楽しみだけど、金銭面が怖い怖い。

 

まずは、7月30日の開催が迫る渋温泉とMHP3のコラボイベント。

イベントのシュケジュールカレンダーが全て解禁になったので眺めていると、

最終日2日間はフィナーレ抽選会と読み通り。

これは、冬のイベントでも3日間ありましたしね。

一泊する日は、この2日間にでもしようと画策中。

というか、そろそろ宿もとらないと。

 

そして、8月10日と25日にリアルサイズのこんがり肉を焼くイベントが。

これには行って、焼いて、食べてみたい!

こんがり肉とは言うものの、カプコンゲームでおなじみの原始肉でもあるわけです。

原始肉は浪漫だぜ...。

かぶりつきたいなー。

黒烏龍茶飲みながら。

8月10日は行こう。肉焼いて食べよう。そうしよう。

 

あと、前回の渋温泉でのイベントも期間中に徐々に変化がありました。

無くなったグッズの代わりに、新しい手作りグッズが追加されていたり、

屋台村のメニューが増えていったりなどです。

 

携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

 

この竹の湯呑なんかは、一度目に行った時は売り物じゃなかったと思うのですが、

二度目に行った時にグッズになっていたのんですね。

たしか、どこかの宿で作ってお客さんにお土産にだしていたんだとか。

なので、8月10日の前にも1回日帰りで行っておきたいなぁ。

休みなどを考えると6日か7日か...かな。

欲しいグッズなどは、この日の内に押さえておかないとね。

前回の二度目に行った時は、下駄や一部のタオルが売り切れてるお店も

多かったですしね。

 

USJのイベントも、出来れば8月中に行きたいなぁ。

大阪の友人と飯も食べたいし、ちょっと確認とってみようかな?

ラムネっちとトモスさん、見てるー?(笑

大阪の宿は、予定が決まってからとるかなー。

 

TGS2011の方は一般日参加になるから、その辺りに宿を取らないとね。

あんまり遅いと、また千葉の蘇我インターナショナルのお世話になってしまう。

安いしホテルの場所も海浜幕張への路線も分かりやすくて、良い場所では

あるんだけど。

あと、JR往復切符もとらないと、片道3時間が地獄になるぜフゥーハハハー。

 

あー、色々とボーナス後で良かったよ...。

投稿者 Wut : 14:08 | コメント (1) | トラックバック

2011年6月12日

ハギとこ!でドグマとアスラの実機プレイを見るなど

今日のハギーのとこトンやってみよう!で、ドラゴンズドグマと

アスラズラースの実機プレイの模様を配信していたので、その雑感など。

 

カプコンちょっと公認の番組なのでどれもカプコンタイトルなのですが、

ドラゴンズ ドグマはオープンフィールドタイプのRPGだそうで、プレイでは

日本語のROMを使ってキマイラと戦うところまでをプレイしていました。

色々と設定しておくことで、味方が回復を自動的に行ってくれたり、

敵を押さえつけて攻撃をフォローしてくれたりする様子が、意外とスムーズ。

色々と喋ってるし、シングルでもパーティ組んで遊ぶ感じのようです。

マルチの要素がどれくらいあるのか気になったのですが、その辺の

情報とかはありませんでした。

 

アスラズラースの方は、見ている限りでは雑魚と戦うパートはベヨネッタや

DMCみたいなアクションなのですが、ボスと戦うパートになると敵の

ミサイルを投げ返したり、攻撃を避けたりをQTEで行う場面もちらほら。

CC2のQTEは余り面倒な印象がないので、まだ良いかなーとは思うのですが。

戦いの見せ方がかなり可笑しくて、戦艦から放たれるビームを殴りつけて

弾いたり、相手の会話をボタンを押すことで攻撃し、カットできたり、

最後は多くの人が去年のTGSで見たPVのあのシーンに突入という。

しかも、あれが最初のボスらしいですよ。

大気圏外から指で攻撃してくるアレが。

馬鹿じゃないの!?(誉め言葉

後は、純粋なアクションの部分が、どれくらいの要素が入ってるか...ですかねぇ。

色々と仕様変更があるので、まだ詳しいことは伝えられないそうです。

待て、次号!

 

どっちもまだ先の話ですけど、楽しみだなぁ。

 

・ハギーのとこトンやってみよう! 公式サイト

・Dragons's Dogma 公式サイト

・アスラズラース 公式サイト

 

投稿者 Wut : 00:08 | コメント (0) | トラックバック

2011年6月 9日

E3のカンファレンス中継とFCML

今週の7~8日に行われたE3のメディア向けカンファレンス。

その様子をネット中継で幾つか見ていました。

7日はFCMLの方で孫配信してくれていた、マイクロソフト、エレクトロニクスアーツ、

Ubiソフト、SCE。

8日は任天堂の公式サイトで配信されていた、任天堂のモノを。

 

詳しい内容は、色々な情報サイトに記事や動画が既に挙げられていると思うので、

こちらでは見ていた感想を。

 

どちらも、ファミ通.comの厚意で開放されていたチャットを利用させてもらいながら

みていたのですが、こういうのは一人でTwitterに感想を書き込みながら

見ているよりも、リアルタイムで周囲の反応を感じられるチャットの方が

盛り上がっていいなぁ・・・と思いました。

 

さて、カンファレンスの方なのですが、プラットフォームホルダーのメーカーは

どこもハードの面で新しい事や遊びを提案しようとしている反面、ソフトの

ラインナップでは続編やリバイバル、リメイクなどが多い印象でした。

それでも、そのハード(Kinect、PS Vita、Wii Uなど)を使った新しい遊びのスタイルを

模索し、遊びの選択肢や幅を広げようとしているのは、良い感じだったと思います。

 

サードパーティのメーカー(この場合はEAとUbi)も、新しいハードを上手く

既存のゲームと融合させてゆこうという努力がみられて、好印象でありました。

特にUbisoftのGhost Recon Future Soldierは既存のゲーム性もさることながら、

銃のカスタマイズから試射まで、Kinectを使って出来たりします。

実用的かどうかは置いておくとして、こういう遊び心が大事だと思うんですよね。

 

そういう部分において、Wii Uの発表の仕方にはひっくり返りました。

それが実際に面白いかどうかはさておいて、遊び方が斬新過ぎて驚いて

しまう場面が続出です。

手裏剣なげるとか、オセロで駒を盤面から流し落とすとか。

それを見たUbisoftの辻さんのツイートが印象的。

 

@Yoshihisa_Tsuji

本当にタブレットみたいな入力デバイス使うんだね。これ凄いけど、

作る側にとっては、またバーが一段上がった感じ。これについて行くのは

相当に大変そうだ。

6月8日 webから

 

ゲームのアイディアを出す方は、本当に大変そうですよね。

タブレットの部分だけ使って遊ぶか、テレビと両方使って遊ぶかは、ゲームを

作る人の発想次第だと「社長が訊く」で宮本さんがいっていましたが、

ユーザーも求めるゲーム像をちょっとつかみ難いかもしれないかなぁ...と

思ってしまいました。

何しろ、私も自分の想像よりも、頭二つ分くらい飛び越えられた感じでしたし。

ただ、あのコントローラーの重さが気になるところ。

余り重いとなぁ...。

 

PS VitaはPS3との連携が気になるところですね。

画面がタッチパネルとかいう部分は、もはや新鮮味が無いので...。

あと、3G回線の月額利用料金とか。

価格はかなり頑張っていると思う。その価格で大丈夫なの?って思うくらいに。

SCE自体が遊び方の例を上手く示さないと、サードパーティに示しが付かない

かなーというプレゼン内容でもありました。

Ruinというタイトルが、Diabloっぽくて気になるんですけどねぇ。

ソフトの供給はPS Vitaカードとかいうのでするのかな?

フラッシュメモリらしいので、読み込み時間がはやそうでよさそうかも。

あと、個人的に思っているのがDL販売を日本のスタイルに合わせるなら、

昔あったソフトベンダーTAKERUみたいな形が良いと思うんだけどなぁ。

そういうのやらないんですかね?SCEさん。

 

Kinectに関しては、ディズニーとかセサミストリートとか、かなりファミリー層に

向けてアピールしていた感じ。

スターウォーズもガッツリとしたゲームではなく、割と手軽に遊べる感じの

ゲームスタイルな気がしましたし。

個人的に嬉しかったのは、ユアシェイプ2が報じられた事。

次はWeb連動して欲しいなぁ。

 

しかし、7日は0時30分のFCML視聴開始から、11時30分のSCEカンファ終了まで、

11時間耐久で非常にお祭りな感じがあって楽しかったなぁ。

FCMLという体を取っているので、カンファレンスの合間ではジャム爺さんや

森一丁さんが場を繋げてくれていて、現場は大変だったと思うけれど、

見ている方は楽しくて仕方がなかった。

深夜のテンションのまま昼までだったというのも、あるのかもしれないけれど。

 

任天堂のカンファレンスの様子は公式で見られますし、他のメーカーのモノは...

ニュースサイトで見られるかな?

まだ、FCMLのページでも見られるので、時間たったけど興味ある人はチェックを

してみてください。

 

Xbox → Kinect → すじこを開く

投稿者 Wut : 21:25 | コメント (0) | トラックバック

2011年4月15日

それは新たな世界線 :シュタゲ

ADVのシュタインズゲートがアニメになったという話なので、ニコニコ動画の方で

見ています。

富山の方で放送していなくても、ネットで公的に見る事が出来るっていうのは、

良い時代になったねぇ。

 

今のところ、2話まで放送されていますが、端折れるところを端折り、

新たに演出を盛り込みつつ、話の整合性を取っている感じにも見受けられます。

何より、ゲームの雰囲気との剥離がほぼ無いのがいいですね。

 

原作の方ではややくどい感じだった中二病演出も、割とさらりと見流せる感じに

なっているので、ゲームの方では「ちょっと中二病の主人公がなぁ...」と

思いっていた人にも、アニメは見やすいかもしれません。

 

しかし、実際にオカリンらが動いているのを見ると、ゲームでは静止画だけ

だったので鮮に感じますね。

見ていて普通に面白いし、最後まで見たいと思わせるアニメです。

 

1章で結構好きだったディスカッション部分が、大幅に端折られていましたが。

 

ゲームでは得られなかった視覚情報もあるので、ゲームと合わせて補完するのも

良いかもしれませんねー。

 

 

 

 

 

 

投稿者 Wut : 14:42 | コメント (0) | トラックバック

2011年4月 5日

今月のキニナルソフト

とりあえず、4月の購入、或いは購入予定、またはちょっと気になるタイトルを

なんとなく羅列してみるッス。

 

7日

バレットソウル -弾魂- 【Xbox360】

ボーナス得点をフィーチャーした縦STG。

高橋名人にもOKを取ったと千倉社長の言う要素を、見てみたいというのも

あるのですが、5bpオリジナルのSTGというのも気になるところ。

 

14日

ラストランカー(Best Price!) PSストア DL販売版 【PSP】

気になっていたカプコンのRPGタイトル。

PSストアのDL版に限ったのは、読み込みや持ち運びもさることながら、

1,600円という安さに惹かれて。

 

ホームフロント 【Xbox360】

北朝鮮がアメリカを攻めたというトンデモシナリオのFPS。

ゲームの売りは36人でのマルチ対戦かもしれない。

 

パイロットウィングス リゾート 【3DS】

ちょっと気になっているタイトル。

3DS用ソフト持っていないからっていうのもあるカモ...。

 

21日

オトメディウスX 【Xbox360】

前作のゴージャスモードメインな感じになりそうだったので、ちょっとチェック。

前作のゴージャスモードのマルチプレイは普通に面白かったなー。

 

28日

El Shaddai (エル シャダイ) 【Xbox360】

ついに発売されます、エル シャダイ。

どれくらいの人が買うんだろう。

気にはなるよね、みんな。

 

という感じかしら。

予約入れたのは、バレットソウルとオトメディウスX。

もう1本あったファントムブレイカーは延期してしまったしねぇ。

あと、予約はしてなかったけど、TDU2も気になってたけど延期に。

STG2本かー。遊び込めば、深そうではあるのだけどなぁ。

投稿者 Wut : 23:28 | コメント (1) | トラックバック

2011年3月31日

絶体絶命なサムシング

絶体絶命都市シリーズ 生産終了の報を受けて、29日にいくつかの

ショップを周り、2はお店の方で在庫確認をしてもらって確保。3はその近辺の

ショップに廉価版の新品があったので、それを確保という形に。

 

在庫確認をしてもらった2は、早くて30日に付くだろうという話だったのが、

今日の昼になってショップから電話が。

店員が申し訳なさそうに、「価格にプレミアが付いてしまって9,800円もするのだけど、

それでも良いですか?」という感じの内容だったので、即答でNOと答えました。

 

私はアイレムのゲームが遊びたいだけであって、絶版ゲームをコレクションしたい

訳じゃないんですよね。

1作目も安くなってから買ってましたし。

 

それに、その質問をするなら在庫確認の時にされても可笑しくないんですよね。

何で、1日間を空けてから、価格の確認をしてくるのか。

 

プレミア価格決めてから、販売しようとしたんじゃね?

 

と、勘ぐってしまいますよ?

 

まー、電話してきた店員さんも、断ると「そうですよねぇ」と苦笑いしたような

口調の返事だったので、ショップの店員さんも「この値段はないだろ」と思っている

風ではあったけれど。

 

で、普通に買えたPSPの3作目の方は、なんだかアクション重視なゲームっぽく

なった感じがあって、微妙にコレジャナイ感が...。

 

wut jp(@wut_jp)/「絶体絶命都市3」の検索結果 - Twilog

 

プレミア価格って、ある意味でゲームもユーザーも馬鹿にしてると思うんだけどな。

投稿者 Wut : 23:55 | コメント (0) | トラックバック

2011年3月 9日

今月はナニを買うか...

本日配信予定だったXBLAの「トーチライト」が、日本語表示に関する不具合により

配信停止という憂き目にあって、結構しんなりしているボクですコンバンワ。

 

先月の末に半分ノリツッコミで3DSを買ってしまったので、金銭的に余り余裕が

ないんですが、3月の面白そうだなーというタイトルを羅列してみますヨ。

 

3月3日

・ファイトナイトチャンピオン(Xbox版。PS3版は同月10日)

 ML360Ust支店でみて、面白そうだなぁと思ったボクシングゲーム。

 キャラエディットも出来るんですが、日本語説明書付きの英語版。

 でも、人の試合とかみていると、魅入ってしまうくらいのゲームです。

 

3月17日

・スティールダイバー(3DS)

 潜水艦をタッチパネルの操作盤で操作して、様々な任務をこなしてゆくゲーム。

 ジャイロセンサーを使った任務があったりと面白そうな感じはあるのですが、

 タッチパネルでの操作がどんな感じなのかが、不安の種だったり。

 

・スプリンターセル3D(3DS)

 名作と名高い「カオスセオリー」の移植だそうです。

 どこまで再現しているかというのと、3DSの画面でスプリンターセルが

 まともに出来るのかどうかというのが、ちょっと気になるところ。

 

3月24

・オトメディウスX(Xbox360)

 一応、前作のGをやっているので、どうしようかなーという感じ。

 今回はアーケードからの移植で無いので、Gでのゴージャスモードが

 メインっぽいのかな。

 前作のゴージャスモードは面白かったなぁ。

 

・アルカニカ ゴシック4(Xbox360、PC)

 海外で人気の高いシリーズ物RPGの4作目。

 オブリビオンキラーとも評されていたらしいので、ちょっと気になっています。

 シングル・オンリー。

 

3月30日

・星霜鋼機ストラニア (XBLA)

 PVを見たら面白そうだったSTG。

 XBLAなので、値段もお手頃かなーと。

 

次点

3月24日

・イケニエノヨル(Wii)

 なんとなくナナシノゲェムと雰囲気の似ているホラーゲーム。

 もしかして、開発が同じトコロなのかしら?

 タイトルもカタカナだし。

 ちょっとキニナルネー。

投稿者 Wut : 21:50 | コメント (0) | トラックバック

2011年2月27日

それぞれのハードで一番最初に買ったソフトを思い返してみる

どのハードのソフトでも、一番最初に購入したソフトというモノがあるハズです。

3DSを購入した際に、ソフトを買わなかったので、他の本体の時に一番最初に

買った(買ってもらった)ソフトはなんだっけか...と思い出してみました。

 

ファミコン:

 ・ワープマン 1985年7月12日発売 ナムコ

 流石にこの頃は自分で買えるハズも無いので、親に買ってもらったタイトルです。

 何でこのタイトルにしたのかは覚えていませんが、面白そうだっと思ったから

 なんでしょうね。

 実際に面白かったですし。

 宇宙エリアと迷路エリアの2つエリアを行き来して、敵を全滅させるとクリアな

 ゲームだったのですが、宇宙エリアの方が面白いので、迷路エリアに入るのは

 宇宙エリア用のパワーアップを取りに行く為だけだったという。

 そして、二人同時プレイは協力よりも殺し合いが多かったのは、当時としては

 当たり前の流れ。

 お互いを邪魔しあう。それが2人同時プレイの宿命。

 

SFC:

 ・弟切草 1992年3月7日 チュンソフト

 実はSFC自体はPSより後に買ったモノだったり。

 発売された頃には買ってもらえず、そして高校の時にPCを買って貰ったのも

 あって、結局、働いてから自分で購入したんですね。

 しかも、購入したのがローソンで書き換えが出来るニンテンドーパワーだという。

 書き換え様メモリの容量が空いているので、同時に購入したのが

 クロックタワー(1995年9月14日 ヒューマン)でした。

 

GB:

 ・スーパーマリオランド 1989年4月21日 任天堂

 ロンチにマリオは大安定。

 GBという媒体でありながら、バラエティーに富んだステージ構成だったと

 思います。

 スーパーボールを投げるマリオというのも、このタイトルだけなので印象的。

 モノクロ画面だったけど、面白かったなぁ。

 

N64:

 ・ゆけゆけ !! トラブルメーカーズ 1996年6月26日 任天堂

 発売元は任天堂ですが、開発がシルバーガンなどを作ったトレジャーのゲーム。

 このゲームが遊びたいという理由でN64を購入。後にバンガイオーや罪と罰も

 発表されて、「持ってて良かったー」と思えるハードになりました。

  ワンダープロジェクトJ2 コルロの森のジョゼットも面白かったのですけどね。

 

GBA:

 ・ASTRO BOY・鉄腕アトム ~アトムハートの秘密~ 2003年12月18日 セガ

 ゲームタイトルとしてはGBAのタイトルなんですが、プレイしていたハードは

 GC用のゲームボーイプレイヤーだったという...。

 これも購入の理由はトレジャーが製作したソフトだからなんですね。

 キャラクターモノですが、オリジナルのストーリー展開が熱く、ゲームそのものも

 とても面白いゲームだったと覚えています。

 後にGBA SPを購入するのですが、その理由もガンスタースーパーヒーローズで

 Rボタンでの操作がGCコントローラーだとアナログ式で遊びがある為、操作に

 難があるという理由の為だけだったり...。

 

SS:

 ・バーチャファイター 1994年11月22日 セガ

 セガ・サターンのロンチで買うソフトといえば、まず挙げられるのがコレでしょう。

 当時、ゲーセンで遊んでいたので、家でも遊べるというのは衝撃的でした。

 パッドでも十分に遊べた操作系が有り難い。

 ・Myst 1994年11月22日 サンソフト

 PCソフトであるMystのセガ・サターン版。

 このゲームの為だけに、サターン用マウスを購入したのは良い思いでです。

 マウスパッドは今も使用していたり。

 マンホールとかも好きだったので、こちらも一緒に購入。

 

PS:

 ・闘神伝 1995年1月1日 タカラ

 なんていうか、とりあえずコレかなー?と思って買った1本。

 友人と一緒にプレイしていた思い出が。この頃のバーチャに続くポリゴン格闘と

 しては、比較的遊べる部類だったように覚えています。

 キャラは割りと何でも使っていましたが、ホー・ファイとデュークが多かったかも。

 PSのポリゴン格闘といえば、ZERO DIVIDEも面白かったですねー。

 

DC:

 ・セブンスクロス 1998年12月23日 NECホームエンタテイメント

 DCもローンチタイトルが微妙だったので、妙にぐっときたのがこのタイトル

 だったんですよね。敵を倒して進化してゆくっていうのが、醍醐味という。

 これも見た目がアレでナニなので、パッと見は微妙なんですが。

 ・ソニックアドベンチャー 1998年12月23日 セガ

 個人的にはソニックアドベンチャーは、初代が一番面白かった気がします。

 ポリゴン表現での疾走感はかなりのモノで、眼が追いつかない時もありますが、

 非常に爽快感がありました。

 今は、BXLAやPSstoreでも購入できるので、未体験の人はとりあえず

 体験版だけでも遊んでみてください。

 

PS2:

 ・アーマードコア2 2000年8月3日 フロム・ソフトウェア

 PS2の購入自体が、贔屓にしていたゲームショップが閉店してしまうという事で、

 それじゃぁ、無くなる前にどうせかうならお世話になった所でと購入したので、

 何を買うか悩んだ挙句にアーマードコア2を買ったんですね。

 何しろ、1作目は遊んでないんですから。

 まだ、PS2自体の値段が高かった頃で、当時の定価が39800円だった頃です。

 確かお店の好意で原価売りしてくれたのですが、それでも35,000円くらいだった

 ような...。

 ゲーム自体は以前から多脚ロボが好きだったので、そういう装備を選びつつ、

 色々試していった記憶があります。

 そういや、新作のアナウンスもありましたねぇ。どうなる事やら。

 

GC:

 ・ルイージマンション 2001年9月14日 任天堂

 GC自体も買おうか迷った挙句に、発売日に購入した記憶があります。

 その時はGC版PSOの先行投資だと思って、購入したような...。GC版PSOは

 ほとんど遊びませんでしたが。

 ルイージマンションは、とりあえず遊ぶソフトをという事で購入。

 敵を掃除機で吸うゲームシステムが斬新で面白く、 ゲーム自体は非常に

 手堅いつくりだったのですが、主人公がルイージだからか、余り売れた感じでは

 ありませんでした。

 面白いんだけどなぁ。

 

Xbox:

 ・ガンバルキリー 2002年3月21日 セガ

 発売から結構絶ってたものの、高いからという理由で購入を見合わせて

 いたのですが、ショップのポイントを使って思い切って購入。

 最初に購入したのが、遊びたかったガンヴァルキリーです。

 左スティックをクリックしながら倒すことで宙を飛べるというシステムが、非常に

 斬新だったこのゲーム。 尖った世界観も、非常に印象的でした。

 左手の親指が痛くなりますけどね。

 しかし、Lv3ケリーの性能はずる過ぎだ。

 

Xbox360:

 ・リッジレーサー6 2005年12月10日 ナムコ

 この頃は、まだナムコだったんだよなー。

 色んな意味でドリフトを楽しむレースゲームでしたねー。

 現行機のソフトなのに、もう5年以上前になるんですか。ウヒョー。

 ・エブリパーティ 2005年12月10日 マイクロソフト

 開発は岡本吉起氏率いるゲームリパブリック。

 なんていうか、岡本さんのトークに影響されて購入したタイトル。

 マルチプレイは少し面白かったんだけど、基本ボードゲームなので運ゲー

 なのよね。

 黒歴史。

 エブリパーティなんて最初から無かったんや!

 

DS:

 ・直感ヒトフデ 2004年12月2日 任天堂

 開発はアーケードでファンキージェットやキャノンダンサーを作っていたミッチェル。

 タッチペンでなぞる事で、パネルの色をそろえて消してゆくパズルゲーム。

 これまでに無い感覚のパズルだったので、長く遊ぶと知恵熱がでてくる程に

 面白いゲームでした。

 

PSP:

 ・メタルギアアシッド 2004年12月16日 コナミ

 メタルギアではあるものの、非小島監督作品だったりするゲーム。

 ジャンルがタクティカルカードゲームという、全てのアクションにカードを使った

 独特のもので、これまでに無い類をみないゲームになっていました。

 デッキが全てな印象のあって、カード集めがちょっと面倒だった記憶が...。

 

Wii:

 ・ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス 2006年12月2日 任天堂

 ゼルダは鉄板。そんな伝説。

 GC版も出てたのですが、ここはWii版かなーと。

 多少はマンネリなところもありながら、ストーリーやキャラクターがかなり

 魅力的なゲームでした。

 新しいアイテムの登場すると、かなりテンションがあがりましたね。

 スピナーが使える場面が、もっとあったらと思ったものです。

 これの次にSD ガンダム スカッドハンマーズを購入したんですよね。

 右手が痛くなるまでリモコンを振ったのも、いい思い出です。

 

PS3:

 ・デモンズソウル 2009年2月5日 SCEI

 開発はフロム・ソフトウェア。

 独特な雰囲気を持つ、死んで覚えるアクションRPG。

 オンライン要素があるものの直接対話できず、それがかえって独自の雰囲気を

 かもし出す事に成功している感もあるゲームです。

 とにかく、攻略などを見ずに、ひたすらトライ&エラーを繰り返すのが、このゲームの

 醍醐味じゃないでしょうか。

 装備をあーでもこーでもと言いながら、自分の好みにカスタマイズするのも

 楽しいですしね。

 このゲームで遊びたいが為に、値下げされた時にPS3を買ってしまった、

 とても罪作りなゲームでもあります。

 

ざっと振り返って、こんな感じでしょうか。

ゲームのハード自体はまだまだありますが、購入していないモノもありますし、

こんなトコロだと思います。

 

◎余談:いわるゆコンシューマーに分類されないもの。

PC:

 ・マスター・オブ・モンスターズ2 1991年3月 システムソフト

 PC-9801を親に購入してもらった際に、一番最初に買ったPC用ゲーム。

 経験点による成長要素のあるSLGで、ある程度レベルが上がるとユニットが

 進化したりするユニークなゲーム。

 当時は、ユニットにファンタジーの漫画や小説のキャラ名や、神話などに登場する

 人物の名前を入力して遊んでいた記憶が。

 アマゾネスを9人用意してニーベルングの指輪よろしく、全員をワルキューレまで

 育ててみたりしてました。

 

基盤:

 ・マーヴル・スーパーヒーローズ 1995年11月 カプコン

 いわゆるアーケードゲーム基盤。コントロールパネルというものに繋いで

 遊んでいました。使用していたコンパネはパナツイン。

 本命はエイリアンvsプレデターかD&Dだったのですが、どっちも無いという

 話だったので、コンパネだけ持っててもなーというので購入。

 後にエイリアンvsプレデターとD&D ToDは無事購入できました。

 この頃のゲーセンのゲームは、面白かったなぁ。最近のアーケードタイトルは、

 お金がかかりすぎる...。

 

投稿者 Wut : 23:29 | コメント (0) | トラックバック

2011年2月 6日

2月の気になるゲーム

とりあえず、2月に買うゲーム、欲しいゲーム、欲しいけどどーしよっかなーという

ようなゲームを上げてみて、欲しいものの再確認と、金銭面の節約及び増減を

見極めよう。という大そうな目的意識も無く、だらだら書いていきますよ。

 

もう、6日だしねー。

 

購入するタイトルは買う意思を書きますが、それ以外は「何時か欲しいなぁ」と

いう感じで、買うと積まれるだろうから控えているという感じ。

 

過ぎてしまったけど、3日発売で気になるタイトル。

 

怒首領蜂大復活ブラックレーベル

逆転検事2

絶体絶命都市3 ─壊れゆく街と彼女の歌─ (PSP the Best)

 

大復活BLは大復活を買っていないので、欲しいなぁ...と。

逆転検事2は、シリーズのファンとしては気になっています。

絶対絶命都市3もアイレムのファンとしては抑えたいんですが...。PS Storでの

DL販売もBest価格になっている様です。

 

続いて9日。

 

あすか120%エクセレント BURNING Fest. EXCELLENT (PS Store ダウンロード版)

サイバーボッツ ~フルメタル マッドネス~

 

懐かしくて欲しいタイトル。

ただ、あすか120%を作ったスタッフが5bpから発売されるファントムブレイカー

作っているそうなので、どっちかを買うなら新作を買って応援したいカモ。

助手も出るしね。

ファントムブレイカーの発売日は4月28日だそうです。

サイバーボッツも同様です。この頃は、格闘ゲーム花盛りだったなぁ。

 

そして、今月の本命17日。

 

キャサリン

トゥーワールド2

 

キャサリンを気になっている人は多いと思いますが、サイコホラーっぽい

アクションパズルゲームみたいです。体験版での感触が結構良かったので、

Xbox360版を店頭で見かければ欲しいかなぁ...と思っています。

予約していないので、数店舗は探すかも。

トゥーワールド2の方は予約済み。武具をばらして素材にし、他の武具の強化に

使ったり、魔法の系統を組み合わせて、効果の変化した魔法を作ったりと、

興味深い要素が多いので。

 

気になるタイトルも多い24日。

 

むちむちポーク!&ピンクスゥイーツ

バレットストーム

 

ピンクスゥイーツよりは、むちポが好きなこのセット。2本パックでお徳。

バレットストームは体験版が結構面白かったので、気になっています。

今後の情報次第かなぁ。

 

あと、私は買わないのですが、24日にはこんなのも。

 

メタルギア ソリッド ピースウォーカー (PSP the Best)

 

DL版もベスト価格になるので、未体験の人はこの機会に是非。

 

後、ベセスダさんのBrinkも2月になっているのだけど、これは2月に

発売されるのかしら?

投稿者 Wut : 06:05 | コメント (0) | トラックバック

2010年12月 7日

所さんの目がテン ゲームを科学する回を見て...

先日、録画してあった"所さんの目がテン!"でゲームで大モテ恋愛術というのが

あったのですが、30分番組という構成の為か突っ込んだ内容になっておらず、

中途半端な印象の番組内容になっていました。

 

どんな感じだったかというのは、番組ライブラリーの方のテキストを読んで

もらうとして...

 

知識の宝庫!目がテン!ライブラリー ゲームで大モテ恋愛術

 

最後の実験で、オンラインゲームを顔をつき合わせてプレイしていた際の

様子をみていると、やはり日本人は内気な性格な人が多いのか、自分の素を

上手く外に出せないんだなぁ...と思うと同時に、これがボイスチャットがなかなかに

広がらない原因になっているだろうなぁ...と勘繰ってみたりしました。

 

Xbox360でもPS3でも、もちろんその他のゲームでもなのですが、ボイスチャットを

使えば意思の疎通が楽なんですよね。

顔が見えない方が...ではなくて、可能な限り自分を隠せた方が素直な意思表現が

出来る...と考えるべきかもしれません。

初めての人とボイスチャットするのは、やはり少し戸惑いますが、慣れてしまえば

楽しいモノなんですよね。

 

そういう意味では、今よりもXbox360が発売されたばかりの頃の方が、野良の

マルチプレイでもボイスチャットが盛んだった気がします。

ハードを早期に買って遊ぼうという人達は、ゲームなども意欲的に楽しもうという

気概があるのかもしれません。

 

最初は恥ずかしいかもしれませんが、一歩を踏み出すと世界が変わるハズです。

もっと、ボイスチャット人口が増えればいいなぁ。

投稿者 Wut : 20:50 | コメント (0) | トラックバック

2010年9月22日

CC2 東京スタジオへ行ってきたよ!

東京ゲームショウの前日。東京へ行った際にTGS以外の目的がありました。

その1つが、「サイバーコネクトツー 東京スタジオにあるソラトロボノートに、

応援メッセージを書いてくるぜ!」という事。

 

そんな感じで17日の話なのですけど、CC2 東京スタジオへちょっとお邪魔して

きましたよー。

 

実は下調べを良くしていなくて、品川駅で下りて周囲をウロウロしていたのは

内緒の話。

近くの地図などをみても、これはどうもオカシイと思い、携帯で色々調べて

品川区大井一丁目あたりにあるのが分かり、そこからどうやら駅の近くらしいと

言う事が判明。

更に調べて大井町駅というのが京浜東北線にあり、大井一丁目というのは

その辺りだという事が分かるまでが、ちょっと長かったんですね。

 

下調べ、大事だわー。

 

で、件の駅で下車してから、ビルの名前を改めて調べ、駅側のセブンイレブンの

店員さんに場所を尋ねたりしながら、ようやく到着しました。

 

携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

 

余りに綺麗な内装のビルである事と、ゲーム会社に立ち寄るのは始めてと

いう事もあり、期待と不安で変に緊張してみたり。

 

携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

 

そして、会社の入り口の机に、ソラトロボノートはありました。

 

メッセージを書く前に、ぴろし社長や先に書かれた方のメッセージを拝見。

ツイッターでつぶやかれていたジャム爺さんやらUBIソフトの蘭子お嬢様やらの

メッセージも確認し、改めてどんなメッセージを書こうかと悩んだ挙句、

割と平凡なメッセージしか思い浮かばなかったり。

 

携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

 

携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

 

正直、これほどまでに緊張したのは、大人になってから久しぶりかもしれません。

微妙に文字を書く手が、震えたりしていましたし...。

でも、ソラトロボの製作を頑張って欲しい思いを伝えられたので、ちょっと満足しました。

 

熱い社長ともども、頑張って下さい!応援してるぜCC2!

 

 

投稿者 Wut : 23:17 | コメント (0) | トラックバック

2010年9月21日

TGS 2010噺 午後

ここからは午後の話。

午前中は何もゲームみれなかったぜ...というような話なので、ゲームの情報に

しか興味ないんだぜ!という人は、振り返って見なくても良いかもしれません。

とは言え、午後もそんなに「このゲームが凄いぜ!」という話にはならないって言うか、

遊べたゲームはキャッスルヴァニアとF1 2010の2本だけでしたし。

後、書き上げてみたら、かなり長文に。

 

とりあえず、まず昼頃にはPSOなどの頃に一緒に遊んでいた友人であるところの、

ともあきさんと会うという約束もあり、電話でやりとりしながら何とか合流。

少し話をしてから、お互い見るものもあるだろうし、私はかなりテキパキ見て

いかないと間に合わない状態だったので、一緒に回らずに帰りにまた合流しよう

という事に。

 

この時点で12時半。

当初の会場を後にする時間は3時~3時半の予定だったので、3時間で見たいものを

全て見て回らないと...という状態だったんですね。

今、改めて思うと、無茶にも程があった訳で...。

 

まず、頭をめぐったのは、ツイッターの方で「ブースに遊びに行きます」と伝えた

方々のところ。

UBIソフトの蘭子お嬢様、スクエア・エニックスのエクストリームエッヂ井上さん、

コードマスターズの増田さん、そして、コナミのところにいると答えてくれた

森一丁さん。

 

てなもんで、まず頭に出てきたのはUBIソフトとコナミと、コードマスターズが出展を

しているセガブースは固まっていたよなー...という記憶。

アイレムブースに寄って、スタンプラリー(物販と飲食ブースのスタンプはGET済み)を

コンプリートしたい気持ちを横にやり、飲食ブースのあるホール7から入場口付近で

見かけたUBIソフトのブースがあるホール1まで真っ直ぐ前進。

 

UBIソフトのパンフレットを貰い、生エツィオの人は居ないかなーと探しつつ、格好良い

エツィオフィギュアを写真に撮ろうとしたものの上手く撮れず、ちらっと辻さんの様な

方をみかけたものの直ぐに見失い、H.A.W.X2もアサクリ ブラザーフッドも

入場規制かかってるなーと思いながらぐるっと見て回っていると、STAFFと書かれた

Tシャツ姿であるどこかで見たような女性が。

そーと、回り込んでみるとUBIソフト PR担当の福井蘭子お嬢様じゃないですか。

 

変に緊張してしまって、「すいません。ツイッターでフォローさせてもらっている者です」

という変な挨拶になってしまいましたが、これを見せたら「あー...あぁー!」といった

具合で分かってもらえました。

 

携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

 

作って良かったよう。

ゲームと市場の話っぽい事を幾つかし、良いゲームのローカライズをお願いし、

その場を後にしました。

実際に会ってみた蘭子お嬢様は、ML360で見ていた通りの気さくで明るい感じで

ありながらも、ちょっとストイックな雰囲気を感じさせる素敵な女性でした。

 

すると、直ぐそこのコナミブースでダンスエボリューションのイベントが。

多数のコンパニオンが踊る中、コナミのNAOKIさん(ガンダムオタクらしい)が

汗だくになりながらDJをしているようでした。

そして、MCは森一丁さん。

一丁さぁぁーーーん、などと思っていると、イベントが終わると一丁さんはステージの

袖に消えてゆきました。

oops .....

 

ステージも終わってしまったなぁ...と思っていると脇の方で、これまたML360で

お馴染みの顔...というより、ML360の顔とも言うべきジャム爺さんが誰かと

話をしているようでした。

これは、折角会えたのだから挨拶せねば!と話が終わるのを待って、やや緊張で

しどろもどろになりながら挨拶。

例のツイッターIDを見せると、こちらも「あー、wutさんだ!」と分かって頂けた上に、

ウケてくれました。

これは作った甲斐のある反応で、嬉しいなぁ。

そして、ステッカーを頂いた上に、写真まで一緒に撮ってくれました。

 

携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

 

24日のML360は、Halo:ReachとFMEだそうで、Reach持っているのでReachで

参加ができたらいいなぁ。

とにかく、面白い事をより面白くするためにはと粉骨砕身頑張っている方なので、

くれぐれも健康に注意して...と、応援(?)させてもらいました。

 

そして、更にその横でこんなモノも。

 

携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

 

キャー、ガブリエルさんカッコイイー!

で、思い出したようにコジプロ版キャッスルヴァニアの列に並んだところ、

後ろのUBIブースでなんとジャム爺さんが踊っているという情報がツイッター越しで

判明。

うーわー。それも見たかった。

そして、コナミのステージでは、丁度キャッスルヴァニアのイベントとして、

小島監督はじめ声優のみなさんが登場。

並んでいるから、どちらもちゃんと見られない...。

 

ちょっと悔しい思いをしながら待っていたら、残り数人というところでスタッフの

方がやってきて前の人達に確認をとっているようでした。

で、私のところにもやってきて、言われた内容が...

スタッフ「Xbox360版でしたら直ぐに遊べますが、如何しますか?」

私「お願いします!」

願ったり、叶ったり!どっちのハードでも良かったのですが、Xbox360版なら尚良い

ですし、なにより待ち順をスキップして遊べて、非常にラッキーでした。

 

キャッスルヴァニアの感想をツイートから抜粋:

キャッスルヴァニアなかなか良かったなー。操作も難しくなくて良い感じ。

ジャストガードみたいな要素もあるので、上達する楽しみも深そう。

posted at 13:49:12

 

@lamune04 1回だけQTEみたいな場面があったけど、失敗しても戦闘が

追加されるだけっぽいのが好印象。

posted at 14:06:11

 

そして、もらえたリーフレットが結構デカイ。

A4版くらいかなー。

キャラクターとキャストのところに、「チュパカブラ CV:小島秀夫」とあったのが

印象的っていうか、監督なにやってるすんすか。

 

そして、お隣のセガブースにあるF1 2010の試遊台の列の最後尾に。

流石にセガブースだけあって、ハンドルコントローラーだけでなく、ブースの作りが

F1の連結型ゲーム筐体っぽいつくりで、ゲームセンターを彷彿とさせています。

キャッスルヴァニアの列に並んでいる時に、コードマスターズの増田さんは昼食に

出られたのをツイッターで知っていましたが、その後の色々なツイートに対して

 

@codemasters_jp えー?増田さんに会いに、今列に列んでいるのにw

posted at 14:41:43

 

とツイートしてみたり。

なんと大人気ない。

色々大変そうだったので、大丈夫ですよと再度ツイートしたのですが、F1 2010を

遊ぶ頃には戻ってこられていました。

なんだか、無理させたようで申し訳ないです。

 

やはりこちらでも、例のツイッターIDのカードを見せたところ分かって頂けた様で、

F1 2010の話とちょっとした感想と応援をさせていただきました。

増田さんは、柔らかな物腰でありながら、どことなく芯が通った真面目さを

感じさせる方でした。

ツイッターで心はオジサンと自称されていますが、オジサンにしては

可愛らし過ぎると思いますヨ。

 

そして、肝心のゲームの方なのですが、ハンドルコントローラーでの操作である上に、

ゲームの機能で色々とアシストされているとは言え、かなり遊びやすいゲームです。

余りレースゲームは得意ではないのですが、これは普通に走らせているだけでも

なかなか楽しい感じでした。

また、F1 2010はレースだけでなく、インタビューでの受け答えもプレイヤーが

選べるようで、それによって今後のレースの展開に影響が出てきたりもするのだとか。

久しぶりにレース物を買いたくなったタイトルでしたよ。

 

しかし、ハンドルコントローラーも良い感じだったなぁ。

欲しいけれど、設置する場所もないので、ハンコンは我慢するしかないですネ。

 

F1 2010ブースを後にし、次に向かうはスクエニブース。

時間は3時40分をまわっていました。

井上さんは海外タイトルを扱っているので、その辺のコーナーをと探してみるものの、

なかなか見付からず、Fallout3 NewVegasのところに立っていたスタッフの方に

聞いてみたところ、やはりブースの中の方にいるとの事。

「呼びましょうか?」と尋ねられたものの、流石にツイッターでフォローさせてもらっている

だけでは、そんな仕事の邪魔をする様な事は出来ず、60待ちのプラカードを

恨めしく思いながら、スクエニブースを後にしました。

 

サイバーコネクトツーのソラトロボも体験しないとーとバンナムブースへ行くものの、

こちらも入場を制限中。

サイバーコネクトツーの関連タイトル辺りを見回しても、ぴろし社長の姿も見えず、

時間も無いので失意のままにバンナムブースも後に。

 

アイレムブースでスタンプをー!と思い出して行ってみたら、絶対絶命都市4の

3Dシアターまでもが入場制限...。

なんという......ことだ......。

 

この様子だと、エルシャダイなども規制だろうなぁ...と思ったので、疲労と無念を

いだきつつ、4時くらいに会場を後にしました。

ある意味で充実した、ある意味で悔いの残ったTGS 2010。

こんな思いは、TGSへ行き続けて数年になりますが、初めてかもしれません。

 

おぼえてろよ!来年こそは!

 

wut jp(@wut_jp)/2010年09月18日 - Twilog

 

余談:

コンビニで購入した、携帯の充電機の電池をほぼ1日で使い切った模様。

投稿者 Wut : 22:09 | コメント (0) | トラックバック

2010年9月20日

TGS 2010噺 午前

今年も東京ゲームショウ 2010に行ってきたのですが、今年はやけに混んでいるな

と思っていたら、驚く事に過去最高の20万人越となったそうで、そりゃぁ混んでいて

当たり前だ...という話でした。

 

ファミ通の記事によると私の参加した一般デイの18日は81469人で、 4日間の中では

一番多い来場者数だったようです。

海浜幕張駅のロッカーも、何時もだったら空いているモノが幾つか残っているのに、

今回は全くなかったですからねぇ。

まぁ、ちょっと寝坊してしまい、駅に着いたのが9時前だったというのも、

あるとは思います。

 

携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

 

先頭はもう入場してるのかー。 QT @suplin: みんなアイマスにまっしぐらだなー。

posted at 09:57:41

 

会場の中から、「フォー」と喚声がw

posted at 10:04:59

 

徹夜組はこれが目当てだったのかしら? QT @xnews_xboxmvp: アイマス2は開場と

同時に瞬殺、入場制限中です。MSブースの受付でファストパス配布中なので

プレイする人はそちらでパスを受け取ってください

posted at 10:07:32

 

並んでいる際にチェックしたツイッター越しに伝わる、アイマス2の猛威。

 

そして...

 

ようやく入場!

posted at 10:43:06

 

改めてつぶやいた時間を見ると、これまでよりかなり遅い感じ。

MH3rdの体験チケットを貰おうと思ったら、既にシングル以外は配布済み。

そのシングルのチケットも、数人前でなくなってしまうという有様だよ!omg......

 

そして、「スペランカー先生のお守りを買うぞー」と、何時も物販ブースひしめく

ホール7へ勇んでいったところ、普段は物販ブースがあるところに仕切りが

されていまして、中では闘劇のイベントが行われていました。

飲食ブースは例年通りの場所。

呆然とする間もなく、入場口で引っつかんできたパンフレットの地図をみると、

入場口と同じホール1に物販ブースがあるじゃないですか。

入場口からコーエーブースを挟んで真裏に。

 

** フリダシに戻る **

 

そういえば、用意されていたパンプレットも、私が入り口に戻った頃には、

台の上に残り数枚でした。

人の多さを考えてみれば、さもありなんという塩梅なんでしょうねぇ。

 

物販ブースにたどり着いてみれば、普段ならば並ぶ必要の無いアイレム横丁での

グッズ購入にも並ぶハメに。

 

時間を見たら11時。

昼はアイレムが出展している絶対絶命カレーと決めていたのですが、前日に

チェックした電撃オンラインでの記事によると、限定600食なので13時30分には

完売するという人気だったようなので、早めにと足を運びました。

 

電撃オンライン:

TGS2010ドキュメンタリー ~アイレム『絶体絶命カレー』を食べるまで~

 

飲食ブースへ行く際に横切ったアイレムブースでは、絶対絶命都市4の3Dシアターに

並ぶ人の行列が出来、入場制限の文字が。

絶体絶命都市4は、期待されているんだなぁ。

 

などと思いつつ、飲食ブースにたどり着いてみると、ここでも絶対絶命カレーを

購入するための行列が出来ていました。

 

携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

 

そして、カレーに有り付いた時には、12時を回っていました。

なんてこった......。

まだ、ゲームのPVもイベントも...試遊だってしていないんだぜ...。

 

余談:

絶対絶命カレーの味は、ちょっと薄い金沢カレーという感じ。

まぁ、この辺はコストの関係もあるし、仕方がないのかな...と。

投稿者 Wut : 19:55 | コメント (0) | トラックバック

2010年9月17日

go! TGS 2010

昨日から開催されている東京ゲームショウ 2010の為に、

東京へ出向きます。

 

色々な報告は、逐一Twitterの方でつぶやく予定です。

今回の間だけmixiボイスとも連動しておくので、見やすいツールで

ご覧いただければと思います。

色々と見て回りたいところはありますが、まずはアイレムの物販かなー。

アイレム関連では飲食ブースの方で「絶対絶命カレー」なる物も販売している

そうなので、そちらも食べてみようかと。

 

他はUBIソフトで辻さんや蘭子お嬢様を探したり、セガブースのF1 2010の

コーナーでコードマスターズの広報さんを探したり、カプコンブースで

竹内大佐やハギーを探したり、ムネさんやジャム爺さんを探したり、

混み具合と相談しながら、スクエニブースでナイファー井上さんを探したり

出来たらなーとか思っております。

 

もちろん、ゲームも見てきますよ。可能なら試遊などしてグッズを入手したいですね。

 

MHP3に関しては、整理券が入手できれば遊んで見ます。

ビジネスデイでも余りの行列に、整理券配布されたんだとか。

10月13日に体験版の配信もあるそうなので、モンハン部に入っておく

といいかもしれません。

 

東京の友人とも1年振りに会うし、色々と楽しみです。

それでは、しばらくはTwitter、またはmixiボイスの方で。

投稿者 Wut : 07:29 | コメント (0) | トラックバック

2010年8月12日

とりあえず、今月発売の欲しいソフト

もう、8月も中頃になり、もう直ぐお盆な訳ですが、8月一杯に発売予定の

ゲームソフトで欲しいモノをピックアップしてみましたヨ。

 

2010年08月18日

ララ・クロフト アンド ガーディアン オブ ライトXbox LIVE アーケード版

トゥームレイダーのララ・クロフトが活躍するアクションゲームなのですが、

今作はパッケージで無いダウンロード販売であり、斜め見下ろしの2Dアクションと

なっている様子。

ララとガーディアン・オブ・ライトの2人の力を合わせて、様々な仕掛けを攻略してゆく

アクションゲームの様です。

ただ、肝心のオンラインマルチは後のアップデートで…との事。

とりあえず、面白そうなので購入予定。

 

2010年08月26日

モンハン日記 ぽかぽかアイルー村

モンスターハンターシリーズのスピンオフ作品。

もともと、ブレス・オブ・ファイア シリーズの共同体とかが好きなので、

それっぽい作りだったら面白そうだなぁ…と思ってみたり。

動画を見ている分には、面白そう。

 

 

2010年08月31日

Dead Rising 2:CASE ZERO (Xbox LIVE アーケード版)

パッケージ版で発売されるデッドライジングより、3年前の話をゲームに

したモノらしいです。

このゲームでのデータは、パッケージにも引き継がれるっぽいので、

パッケージ版を遊ぶ予定の人は、購入してみると良いかもしれません。

 

とりあえずは、この3本ですかねぇ。

PSNで配信される大魔界村も気になるんですがPCエンジン版だそうで、

メガドライブ版とどういう具合に違うのか気になります。

個人的にはメガドラ版の方をPSPに入れて、持ち運べたらなぁ…と思ったり。

投稿者 Wut : 21:02 | コメント (0) | トラックバック

2010年7月31日

ファミ通Xbox360 100号記念イベント と ハギとこ

ML360をはじめとして、最近はよく視聴するようになったネットでの生放送。

今日もファミ通Xbox360の100号記念イベントのネット配信と、

ハギーのとこトンやってみよう!を見たのですが、どちらも楽しかったです。

 

ファミ通Xbox360の方はエンターブレインTVで、ハギとこの方はUsteramでの

配信だったのですが、どちらも視聴者がチャットというカタチで参加できるので、

それも楽しい要因の1つとなっています。

オンライン生放送ですと、このチャットを拾って反応を返してくれる事が多く、

番組配信側と視聴者の距離が狭い感じがするんですね。

 

普通のテレビ番組はだんだんと見なくなってきていますが、逆にこれらのような

ネット配信の生放送番組を見る割合が増えてきました。

 

で、ファミ通Xbox360のイベントの放送は、100号を振り返るという事もあってか、

ちょっと若い人たちが付いて行けない内容の場面もあったりしましたが、

板垣(Valhala Games)×三上(Tango)、志倉(5bp)×浅田(cave)、

松井(編集長)×坂口(MS)のどの対談も楽しめました。

中には内心ヒヤヒヤする物もありましたが。

 

ハギとこの方は、今回行われたロスプラ2 最強雪賊決定戦の様子を生中継。

竹内大佐の解説も交え、準決勝、決勝の様子をみていたのですが、

チャットを忘れるほどの熱い接戦で、観ているとロスプラ2でまた遊びたく

なってくる感じでした。

 

番組としてはゆるい感じなのですが、どちらも割りと言いたい事を言って

やりたい事を配信しているという感じがするので、面白いんだと思います。

変に狙ってる感が無いのも、よいのかも。

ある意味で、素人番組の方が面白い時代になってきたのかも。

放送局の番組も、面白いモノはまだあるんですけどねー。

どちらも、頑張って発展していって欲しいモノです。

投稿者 Wut : 22:48 | コメント (0) | トラックバック

2010年4月27日

ファミ通アワード2009

ML360を見てからというもの、割とeb!TV LIVEはチェックしてたりする私。

現場にいけなくても、現場の生中継に参加すると結構楽しめたりします。

そこにチャットも加わるので、視聴者の盛り上がりも分かる感じ。

うーん。ブロードバンドネットワークは偉大だわ。

 

で、ファミ通アワード2009なのですが、それでMCをするローリング内沢さんが、

Twitterの方でツイートされていたので、日時を知りました。

 

rolling_u

MCを担当させていただく、ファミ通アワード2009の生中継は、18時30分スタートで

ございます。さて、これから家出ます。http://www.famitsu.com/live/

posted at 13:04:58

 

それで、時間になってみていたのですが、アワードの優秀賞が12本。

ベストヒット大賞、イノベーション大賞、ルーキー大賞がそれぞれ1本。

そして、大賞であるゲーム・オブ・ザ・イヤーが1本という紹介の流れでした。

 

見ていると、発表されるタイトルそのものよりも、それに対するチャットルームの

反応の方が面白かったかもしれません。

優秀賞に関しては、割とみなさん納得していた様子。

まぁ、一部の人がラブプラスとシュタインズゲートに傾倒している節が、

見受けられましたが。

この2タイトルの反応だけ、チャットの流れる速度が違うんですね。

 

ちなみに大賞はDQ9でした。

知名度と売り上げ考えると、順当なのかな。

国内だけの話ですし。

普段、ゲームしない人でもDQ9やってたりする上に、割とゲームしている人でも

楽しめるという意見もありますしね。

私はDQ9やってないので、何とも言えないのですが…。

あー…いや…その…、コマンド入力式のRPGを遊んでいると、最近は眠くなって

しまうんですよ。何故か。

しばらく前からも、ターン制SLGでターンを待ってると寝てしまったりしてたので、

その延長なのかも。

単純に、歳って話もあるのかもしれませんがががががががが。

 

発表が終わった後で、ステージとは別のところで浜村社長と堀井雄二さんなどが

話をしている場面があったのですが、そこで堀井さんが「今年中に何か発表します」

と発言していました。

これには隣に座っていたスクエニの方(名前を失念)も「今、会社が騒然としてますよ」

と苦笑していました。

 

あと、内沢さんと一緒にMCをしていた今井麻美さんのファンが、多くチャットに

参加していたようで、終始「ミンゴス」という文字が飛び交っていたのも印象的。

ファミ通.comでシンガーソングゲーマーというコーナー持ってますしね。

 

何れにせよ、今回の生放送も視聴者の反応も含めて、楽しませて頂きました。

次のeb!TV LIVEが、どんな番組なのかもちょっと気になります。

 

また、受賞タイトルの速報が既にファミ通.comの方で発表されています。

気になる方は、チェックしてみては如何でしょう。

 

ファミ通.com:

【速報】ファミ通アワード2009大賞は『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』

投稿者 Wut : 22:32 | コメント (0) | トラックバック

2010年4月22日

今後のゲームの予定でも確認しておこう

先ほどTwiiterでも少しつぶやいたのですが、ちゃんと先まで文章にする事で

5月くらいの気になるゲームを確認してみたり。

 

書いてある=買う ではありませんよ、念の為。

買うカモ…という感じ。

 

4/22

Xbox360 

ケツイ ~絆地獄たち~ EXTRA

ザ エルダースクロールズ IV: オブリビオン(Game of the Year Edition)

上記2タイトルは、欲しいけど買うタイミングは今じゃなくても…という感じ。

 

4/28

Xbox360

スーパーストリートファイターIV

スプリンターセル コンヴィクション

上記2タイトルは、ショップで予約をしたので購入確定。

 

4/29

PSP

メタルギア ソリッド ピースウォーカー タイミングが微妙…微妙。欲しいけど。

 

DS

Rooms(ルームズ) 不思議な動く部屋 体験版が面白かったのです。

 

5/13

Xbox360

メトロ2033 色々評価されてるけど、気になるなー。

 

5/20

Xbox360

ロストプラネット2 これは確定。

トロピコ3 気になるSLG。

旋光の輪舞DUO ゲーセンでは置いてある場所が遠くてノータッチ。どうしよう?

 

5/27

Xbox360

ALAN WAKE 序盤の粗筋を読んだのだけど、面白そうな感じでした。

デススマイルズ ⅡX どーすっかなー?

 

6/10

Xbox360

ジャストコーズ2 バカゲー万歳なので確定。

 

6/24

Xbox360

プリンス・オブ・ペルシャ 忘却の砂 面白そうなのですけどねー。

モンスターハンター フロンティア オンライン とりあえず、βに参加してみる?

 

DS

ゴースト トリック 巧舟氏の最新作ADV。気になる。

 

今のところは、こんな感じでしょうか。

気になる、気になる。

 

そういや、4/16にWiiのバーチャルコンソールで、Mr.DoのAC版が配信

されたのだとか。

もしかして、これの売れ行き次第では、Mr.Do vs ユニコーンも移植される?

 

投稿者 Wut : 14:07 | コメント (5) | トラックバック

2010年3月10日

最後の新キャラHakanが、かなりのお笑い系 :スパ4

最近、Twitterの方でハカン、ハカンと見るので何の事かと検索してみたら、

どうもスーパーストリートファイター4の最後の新キャラの名前らしいんですね。

 

どうやら、公式発表される前に、IGNの方でトレイラーが流されちゃったんだとか。

 

パッと見た感じはストリートファイターEXのダランを彷彿とさせますが、

トレイラーを見る限りではローションのようなモノを使った、ぬるぬる投げキャラの

ような感じです。

投げキャラには変わりませんが、ヌルヌルでお笑い系っぽい感じです。

 

誰が考えたの?(笑

 

ジュリとの対戦トレイラーでは色々な技を見る事が出来ますが、全体的に

変則的な感じの技が多そうですね。

途中でローションのようなモノを頭から被ったりしていますが、あれによって

技の性質が微妙に変わったりするのでしょうか。

 

それにしても、ヌチャヌチャうるさいキャラですね。

 

 

More Super Street Fighter IV News & Previews

 

More Super Street Fighter IV News & Previews

投稿者 Wut : 13:20 | コメント (2) | トラックバック

2010年2月 7日

16 Shot Tweet

ハドソンの高梁名人がTwitterで興味深い事をつぶやいていたので、

ログ保存代わりにブログへ。

以前に16Shot Radioで話していた事なども含まれますが、こういうのを

見たり聞いたりするのは好きなんです。

 

 

最初は、ハドソンのPCの時代から話していこうと思います。

私が入社した82年は毎月20作品くらいのタイトルを出していました。それを

思いっきり買えて、年間に数本にしていこうと決めたのですが、その第1弾が

デゼニランドでした。

posted at 12:05:46

 

このデゼニランドを作る前に、千葉のあそこに、全社員で遊びに行ったのですよ。

当時は、全社員がパロディ映画が好きで、帰ってくるなり、これで作ると面白いだろう

という事で作ったのです。ジャンルは当時流行っていたアドベンチャーにしたのです。

posted at 12:07:21

 

この頃は、解答を選ぶのでは無くて、キーボードから入力していくので、英単語が

思いつかないと先に進めなかったのです。が、その単語は、中本さん式の英語

だったので、他のスタッフでも分からないのがありました。

posted at 12:08:44

 

一番難解だったのが、十字架を棺桶にはめ込むという意味の単語でした。

putなのかinsertなのか悩んだのですがわからずで、聞いてみたらattach

(attacheかな?)だったので、質問多いだろうなと思ってました。

posted at 12:11:20

 

まぁ、あいろいろあったデゼニランドですが、これはかなりの本数売れたのですよ。

今でももう一度出して欲しいという声は多いのですが、さすがに出せません。(笑

posted at 12:17:37

 

ちなみに、この頃の描画は、ラインとペイントでした。まず、画面に戦を引いていき、

イラストを書いていきます。その後に、その中を塗っていくのですが、

1枚描かれるのに、時間が掛かってましたね。でも、その作業を見ている事が

楽しかった時ですね。

posted at 12:19:07

 

このデゼニランドの基本ストーリーは、埼玉県に建設されたデゼニランド

(出銭ランド)に隠された「三月磨臼(みつきまうす)」を見つけ出す事でした。

posted at 12:27:33

 

あの当時だから出来た作品ですね。ちなみに、この2年後にデゼニワールドを

出しました(w

posted at 12:30:58

 

このデゼニランドが発売になったのは、83年です。この年の9月頃に、副社長が

ファミコンを買ってきたのです。その画像を見てみんなでビックリしました。だって、

パソコンの数分の1の値段で、パソコン以上の画像が出ていたのですから…

posted at 12:32:31

 

ちょっと違っているのは、面接に行った時に、私の事を覚えてくれていたのですが、

そのきっかけが店頭販売でした @mmmizo @meijin_hu ハドソンに入社した

キッカケは社長が元気いっぱいの大声で生鮮食品を紹介する名人に一目惚れした

とどこかで聞いた(読んだ)のですが真相は?

posted at 12:35:18

 

単に出来なかっただけです。 @skicco @meijin_hu デゼニワールドって何度も

発売延期になった記憶があるのですが当時何があったのでしょうか?

posted at 12:35:52

 

その83年の頃、N社からS社経由で、ファミリーベーシックの開発を依頼されていた

のですが、さすがにゲームを出すという話しには至っていませんでした。

なので、この時画面を見た事が、FCでゲームを出す一番のきっかけになったと

思います。

posted at 12:37:19

 

この頃のPCは、Bugが出てもメディアを書き直すだけで修正できましたけど、

FCのROMは、そうもいかなかくて、出すにはかなりの気合いが必要でした。

副社長からは、失敗したら倒産するぞと言われていたのです。それで、その当時

人気のあったロードランナーを1作目に選んだのです。

posted at 12:46:19

 

API制限に引っかかりそう…。これって、投稿回数も関係するのでしょうか?

posted at 12:48:26

 

お昼ご飯作るので、しばらく抜けますね。今日は、皿うどんを作ろうっと

posted at 12:52:57

 

なるほど、ありがとうございます。 @gyudon_sukiya 更新回数だって聞いたこと

あります! RT @meijin_hu API制限に引っかかりそう…。これって、投稿回数も

関係するのでしょうか?

posted at 12:53:14

 

http://twitpic.com/11tr3i - 今日のお昼に作った、長崎皿うどんです。餡だけ

作ればいいので簡単でした&美味しかったです。

posted at 13:28:59

 

先ほどのFC版ファミリーベーシックですが、最初、N社はS社に依頼していたので

すが、S社がHuを紹介してくれたのです。それまでに、S社のパソコン用に

Hu-BASICを作っていたからなんですが、それがとてもいい結果になりました。

posted at 14:16:28

 

ちなみに、私のFCに関する一番最初の仕事は、このファミリーベーシックの解説本

を作ることでした。 「ファミリーコンピュータ・ファミリーベーシックのわかる本」です。

posted at 14:17:20

 

「わかる本」書くために、プログラムを20本書いたのですが、途中でベーシックの

バージョンが変わって大変でした。本のプログラムリストは、プリンターが無かった

ので、タイプライターを買ってきて、入力していったんですよ。

posted at 14:26:02

 

最初のファミリーベーシックは、2バージョン出ていたので、最初のに合わせると、

次のバージョン様に作ったプログラムが動かなかったので、両方で動くようにする

改造に、割と手こずりました。

posted at 14:29:48

 

これって、当時は写植だったのですが、自分で入力していった方が、その場で

間違いが分かるので良かったからです。 @meijin_hu 本のプログラムリストは、

プリンターが無かったので、タイプライターを買ってきて、入力していったんですよ。

posted at 14:31:59

 

でもタイプライターなので、1文字間違えると最初から打ち直ししなければいけない

ので大変でした。

posted at 14:36:36

 

83年の秋を過ぎた頃に、最初のゲーム「ロードランナー」と「ナッツ&ミルク」を

作り始めたのですが、なぜ2作出したかというと、不安で一杯だったからです。

ロードランナーは、それまでに他機種で出てましたからね。なので、押さえとして

ナッツも出したのです。

posted at 14:38:44

 

話しは戻りますが、なぜ、タイプライターだったかというと、この頃のプリンターは

ドットプリンターだったので、綺麗じゃ無かったからなのです。

posted at 14:41:14

 

ロードランナーを選んだのですが、あのままでは駄目じゃないか?ということで、

キャラクターを大きくしたのです。当時のFCは小学生が多かったので、よりゲーム

らしく可愛くしないと売れないんじゃないかと。するとスクロールさせなければ

いけないのですが、ブローダーバンドからNGが出ました。

posted at 15:17:13

 

画面をスクロールさせると、パズル要素が薄くなるというのが、その反対理由

でしたが、逆に、面白くなるという事で、この方式で販売させて欲しいと説得を

続けました。そのおかげで、この方式は、ハドソン方式だけであり、世界で

一つだけのロードランナーとなりました。

posted at 15:18:29

 

かなり調節した部分ですけど、あれくらいの方が、敵がいるんじゃないか?という

怖さがあって、ゲームとしては面白かったと思います。@red_is_dead @meijin_hu

かなり画面端までいかないとスクロールしないので、もう少し手前からスクロール

してくれるともっとやりやすかっ…

posted at 15:31:54

 

スペックというよりも、メモリーが無かったからです @RURUMO @meijin_hu

スペック的な制限だったのかもしれませんが当時ちょっぴり残念でした。

posted at 15:32:55

 

席外している間に、どこまで呟いたか分からなくなった…(汗。いろいろあった

ロードランナーですが、最初から100万本越えたので、良かった…んですよね?(w

posted at 16:06:54

 

 

ログはtwilogの方から拝借させてもらいました。

リプライやメインの話からちょっと外れた内容のモノはバックの色を変え、

やりとりの流れやtwitterの雰囲気を大事にしてみたんですが、読みにくかったり

した場合は色を調整します。

 

このような内容のつぶやきが時々あるのでしたら、それをまとめて出版を…

なんて事を考える出版社さんもいるかもしれませんね。

名人のブログの名前が16連射のつぶやきだったりするので、本にする際の

タイトルにはちょっとヒネリが必要かもしれませんが。

 

でも、こういう裏話とかは嬉しいなぁ。

投稿者 Wut : 20:15 | コメント (0) | トラックバック

2010年1月31日

プレイ×プレイ「セイクリッド2」 :動画

Inside Xboxのプレイ×プレイのコーナーで、私が注目しているセイクリッド2を

実際にプレイしていたのですが、その動画がニコニコ動画の方に上げられていた

のでご紹介。

 

 

 

Diabloみたいなハック&スラッシュのゲームで、4人までオンラインco-opで

遊べるというのが魅力。

ただ、レベル差が10以上あると、一緒に組めないというのがちょっと

引っかかりますね。

レベリング対策なんでしょうけども。

 

発売は10日後の2月10日。

私はお店で予約済み。

楽しみですね。:)

 

投稿者 Wut : 20:06 | コメント (0) | トラックバック

2010年1月29日

ゲームをする人はゲームをしない人に比べ10~20%よい成績

アメリカ海軍の海事研究所の研究で、ゲームは知覚・認識力の強化に

役立つ事が分かったそうですよ。

マジスカ!?

 

GameSpot Japan:

ゲームは知覚・認識力の強化に役立つ--米海軍の研究で明らかに

 

アメリカ軍といえば、America's Armyを自軍で開発し、兵士の訓練に

使っているという話を随分昔(2002年くらい?)にゲームのニュース記事で

読んだ事がありますが、それ以降ゲームの研究を続けているようですね。

 

今回のものは記事によると、「対話型エンターテインメントは、成人の問題解決と

情報処理能力の向上に役立つことが示された」としているそうです。

 

確かに戦争モノFPS・TPSのマルチプレイは、対話による連携ができるのと

出来ないのでは情報量に随分と幅が出来ますし、常に変化する戦況を認識し、

判断して解決する能力がゲームでは求められます。

 

特にマルチプレイのゲームですと、困難を乗り越えられないばあいは、まず

「どうしよう?」と仲間と相談して問題の解決を図りますからね。

セオリーはあっても正解が無い分、考える訳です。

 

そう考えると、この米海軍の研究は、あながち間違いでもないのかもしれませんね。

投稿者 Wut : 11:04 | コメント (0) | トラックバック

2010年1月26日

両機種持ってるならDOCHI!?

また、Twitterからのネタで恐縮なのですが、少し前の松井ムネタツ編集長の

つぶやきで、こんなモノがありました。

 

 両機種持っている場合、マルチタイトルならどちらを買う? その理由とは?

 ファミ通Xbox 360 3月号 1/30発売 #famitsuxbox

 posted at 01:55:55

 

 さきほどのつぶやきですが、次号のとあるコラムで触れている内容です。

 あくまでそういう傾向を感じている、ということですが、なるほど、と思いました。

 次号をぜひお読みください! 

 ファミ通Xbox 360 3月号 1/30発売 #famitsuxbox

 posted at 02:05:06

 

両方持っている人に限った話なので、片方だけの人にとっては関係の無い

話なのですが、私の場合はマルチタイトルですとXbox360を優先してしまいます。

 

理由は、実績とアナログトリガーですかねぇ。

オンライン環境の良さをあげる人も居ますが、個々のゲーム・サーバーが無くなる

可能性を除けば、PS3も頑張っているようですよ。

あと、Xbox360の方が知り合い多いんです。

PS3の方は、持ってるソフトがデモンズソウルと3Dドットゲームヒーローズなので、

ダイレクトに会話でコミュニケーションすることが無いっていう。

会話でのコミュニケーションがないと、ちょっとフレンド登録というのはしにくい

モノがあります。

 

で、実績の方なのですが、「PS3にもトロフィーがあるじゃないか」と言う人も

要るでしょう。

確かに実績に相当するトロフィーというモノがPS3にあるんですが、スコアと

いう形で総合的に加算されてゆくのですが、トロフィーですと金が幾つ、銀が幾つ

という形で、個別のモノを集めている印象があるんです。

その為に実績と違って、PS3全体の楽しみとしてのイメージが湧き難いんですね。

 

トリガーに関しては、引いた時の抵抗がしっくりくるんです。

PS3のトリガに相当するボタン。L2やR2ボタンは私には軽く感じられて、

ちょっと頼りないくらいなんですね。

それ以外はPS3のコントローラーも手に馴染む、良いモノだと思います。

 

本当に個人的な理由でしたね。

 

マルチタイトルは好みで、好きなハードのモノを買えば良いと思いますよ。

どこぞでは、劣化だ何だとか騒いでいますが、楽しんだもの勝ちだと思うので。

メーカーの方も、片方のプラットフォームだけでは利益が出ないようなので、

本当に大変だと思います。

携帯ゲームハードが元気になるのも、無理はないかなぁ。

携帯ゲーム機も嫌いじゃないけど、やっぱり据え置きハードが好き。

投稿者 Wut : 14:56 | コメント (4) | トラックバック

2010年1月24日

「日本におけるFPSゲームの無関心」

mixiのXbox360コミュの方に、海外の留学生の方が大学でFPSの

プレゼンをしているという事で、アンケートに協力して欲しいとの事でした。

 

アンケートの内容はこんな感じなのですが、入力して送るという形では

ないのがちょっと面倒。

 

FPSゲーム

 

一応、私もFPSで遊ぶので参加してみましたよ。

 

① 以下のゲームでは、したことがあるかもしく聞いたことがあれば記してください。

O コール・オブ・デューティ   したことがある

O バトルフィールド        したことがある

O レフト フォー デッド      したことがある

O ハーフライフ          したことがある

O カウンターストライク      聞いたことがある

O ファークライ          聞いたことがある

O ドゥーム            したことがある

O ヘイロー            したことがある

O デューク ニュッケム     聞いたことがある

O アンリアル・トーナメント    聞いたことがある

 

② ゲームコンソールは何が一番好きですか?またその理由を教えてください。

 一番は無い

 理由:その時楽しめているゲームのコンソールが一番好き。

 

③ ゲーム会社は何が好きですか?また理由があれば、教えてください

(複数を選んでもいいです)

 ¨ どれも特に好きではない

 理由:②に同じ

 

④ 以下の科目では、ファーストパーソン・シューティングゲームをする時に、

どれくらい重要に思いますか。(当てはまる番号に○を付けてください)

*1~5の順番に重要度が高くなるようだったので、番号だけで回答しました。

 

 グラフィック 4

 ストーリー 2

 マルチプレイヤ機能 5

 キャラクタの紹介、格好など 3

 

⑤ ファーストパーソン・シューティングゲームをする時に、一人でするか友達と

一緒にするか、もしくはインターネットで見知らぬ人とするかどれが楽しいですか?

 ¨ 友達と一緒に

 

⑥ ファーストパーソン・シューティングゲームをする時に敵を殺した後、血が出るほど

面白いですか?

 ¨ どっちでも気持ちは変わらない

 

⑦ 友達を呼んで一緒にファーストパーソン・シューティングゲームをしています。

友達と対戦する時に、友達のキャラクタを殺すと何を感じますか。

 他. 嬉しくもあり、申し訳なさもあり 

 

⑧ ファーストパーソン・シューティングゲーム(特にマルチプレイヤ)をする時に、

自分の実力を見せ付けたいと思いますか?

  ¨ はい

といいたいけど、見せ付けるほどの実力がないなぁ。

 

⑨ ビデオゲームをする時に、自分が操るキャラクタはあまり画面に映らないと

嫌ですか?

  ¨ あまり映らなくても構いません

 

⑩ 最後は自由回答です。もしFPSゲームに関して不満点があれば教えて下さい。

特に不満店が無かった場合、FPSゲームの将来に何が望ましいなど、感想を

述べて下さい。

 対戦もいいですが、協力できるゲームがもっと欲しいなぁ。

 ゴア表現は日本だと規制の関係もあるので、極端なモノは避けて欲しいですね。

 

日本はFPSに無関心な訳ではなくて、アクションゲームに対して苦手意識を

持つ人が多いのと、海外ゲームに対しての偏見がまだ幾らか残ってるのが

原因な気がしますね。

スペースハリアーやアフターバーナーなどと、本質的にそんなに違わない

ジャンルだと思うんですけどねぇ。

投稿者 Wut : 20:47 | コメント (0) | トラックバック

2010年1月20日

ネットで見かけた1アイテム

気になるオペレーションフラッシュポイント:ドラゴンライジングを販売している

コードマスターさんがtwitterでシューティングレンジのちょっとしたゲーム大会で

健闘したというつぶやきがありまして、そのリンク先で見かけた1アイテム。

 

ミリブロマーケット:スカルバラクラバ

 

一番下の画像を見てください、CoD MW2をプレイした事のある人なら

ニヤリとしてしまうハズ。

これでアナタもゴーストさん。

 

しかし、ウィリーピートって富山にも店構えてるアレかぁ?…と思って

公式サイト探してプロフィールを見たら、そうでした。

ゴーストさんな、あの画像もあります。

 

ちなみに、Codemasters Japanさんのつぶやきは以下の通り。

 

  • あ!そう言えば、OFP: DRの発売記念(勝手)企画で、1月14日にシューティングの出来るショップにエアガンを撃ちに行ったとポストしていたのですが、憶えていらっしゃいますか。アームズマガジンのライターさんがボランティアで講師を務めてくださったのです。 posted at 17:16:05
  • ゲーム内でもなかなか敵に照準を絞れない私が、リアルな世界でターゲットを撃ち抜けるのか・・・それを画像を交えてご報告したのですが、その際に参加したミニゲームの結果がシューティングレンジ「ターゲットワン」ブログで更新されていました。 posted at 17:18:03
  • 結果は(個人的に)大健闘の9位!!コードマスターズの爪あとを残してきましたよ。 下記ページで9位入賞の画像を見ることができます。http://target1.militaryblog.jp/e106002.html posted at 17:22:40


 


コードマスターといえば、Overlord2の日本語版は何時出るんだろう?


好きなんだけどなぁ。


日本じゃ売れなかったらしいけど…。

投稿者 Wut : 20:24 | コメント (0) | トラックバック

2010年1月16日

気になるアイツ ;OFP:DR

今週の14日に発売になったOPERATION FLASHPOINT: DRAGON RISINGが

かなり気になっております。

 

戦域シミュレーター銘打たれて作られたリアル系FPSなんですが、動画みていると

難しそうだけど面白そうなんですよね。

緊張感が伝わってきます。

 

割と一般的となっているスポーツ系FPSですと、ダメージを貰ってもある程度

攻撃を受けなければダメージは自然に回復するのですが、このゲームですと

ダメージを受けた場合は止血しないとそのまま死んでしまうというくらい、

FPSの中ではシビアなゲーム。

また、腕や足にダメージを受けると、命中精度や移動速度が落ちたりするそうです。

 

作戦を上手くこなすためには、部下への指示も重要らしく、要所要所で

的確な指示を出す必要があるのだとか。

部下に指示を出すゲームって、苦手意識があるんですよね。

R6ベガスの時も、最初はそんなに部下を使いませんでしたし。

 

そんな訳で、ダークサイドクロニクルズを買いに行った時に少し眺めて

いたのですが、後の事も考えて購入を見送りました。

でも、やっぱり気になるんですよね。

今は、ダークサイドクロニクルズがありますし、オレンジボックスも買いましたし、

他にも遊ぶゲームがあったりする訳で…。

むー。

 

プラコレやらベスト版やらになったら、買ってみようかしら。

 

見て気になる動画も、一緒にどうぞ。

 

4Gamer.net:

本日発売! リアル系FPS「OPERATION FLASHPOINT: DRAGON RISING」の

直撮りプレイムービーを掲載

 

オペフラシリーズ最新作「OPERATION FLASHPOINT: DRAGON RISING」の

直撮りプレイムービー第二弾を掲載

 

 

投稿者 Wut : 14:43 | コメント (0) | トラックバック

2010年1月12日

それは手抜き…じゃないか?サイバーフロントさん

サイバーフロントから発売が予定されているPC版 Bioshock2なんですが、

どうやらバイオショック2 【日本語マニュアル付英語版】となるようで……。

 

いや、まぁ、昔はそれでも良いと思っていたけど、今はコンソールでちゃんと

日本語ローカライズするんだし、そういう手抜きするんだったら、せめて字幕の

ON/OFF機能くらいは付けておいて罰は当たらないきがするんですが。

 

4Gamer.netの報じるところによると、

 

また,同時に数量限定の「限定版」が発売される。

こちらはゲーム本体のほかにオーケストラを収録したCDとLPレコード,

ビンテージ風の広告ポスター,164ページのアートブックが同梱された

ファン向けの内容で,価格はオープンプライスとなる。

 

との事。

 

むぅ…。

PC版の方が発売日は早いみたいだけど、素直にXbox360版を買うべぇか。

 

4Gamer.net:

PC版「バイオショック2 【日本語マニュアル付英語版】」は2月11日にショック発売

 

 

 

投稿者 Wut : 20:43 | コメント (0) | トラックバック

2009年12月15日

今後の気になるゲーム

Amazonさんから「BIOSHOCK2のXbox360版が2010年3月31に発売するんだって。

教えてあげたんだから、予約しなさいよ。コンチクショウ」といった旨の

メールが届いた。

むぅ。好みを読まれてるな。

 

ただ、3月31日ってずいぶん先なんだけどなぁ。

楽しみにはしてるんだけど。

 

 

同時にボーダーランズや、ダンテズ・インフェルノ、北斗無双もあわせて

こちらもどうぞ」と勧められたので、余り読まれてはいないのかもしれない。

少なくとも北斗無双は要らないです。

 

FPSRPGのボーダーランズは興味があるのですが、発売日がセイクリッド2と

同じ2010年2月10日なんですよね。

なので、とりあえずセイクリッド2かなぁ…と。

どっちも4人までのマルチプレイが出来るので、魅力的ではありますが。

 

 

同じ2010年2月にはノーモア★ヒーローズもあるんですよねぇ。

こちらはWiiからの移植なんですが、何でも須田51氏はもともとXbox360で

発売したかったのだとか…。

うーん、Wii版は遊んだ事があるけど、これを普通のパッドで遊ぶのか…。

気になるなぁ。

 

2月は欲しいゲームが多いけど、1月はバイオハザード/ダークサイド・クロニクル

くらいかしらねぇ。

 

 

前作は普通に面白いガンシューで、バイオハザードシリーズの大まかな物語の

流れを辿ってゆく事も、その裏でのウェスカーが暗躍している事実を知る事も

出来たので、ある意味では違うシステムでの総集編という感じだったんですが、

ダークサイド・クロニクルはどうなるんですかねぇ。

投稿者 Wut : 19:50 | コメント (2) | トラックバック

2009年12月10日

財布の紐の緩みは気の緩み

CoD4 MW2を買ってきたのですが、今日はボーナスだったという事もあり、

何故か一緒に店頭で見かけた虫姫さま ふたり Ver1.5 限定版まで

購入してしまったり……。

 

いや…ホラ、虫姫さま欲しかったしね。

ましてや限定版なんて、今逃したら次買えるか分からないし。

サントラはドウデモイイと言ったら嘘になるし。

 

まー、その……なんだ。

半分、勢いだよネー。

ボーナス時じゃなかったら、多分我慢してたと思うし、PSpo2やMW2や

アサシンクリードⅡの事を考えると、なかなか遊ぶ時間を取れないと思うし…。

罪と罰もあるしなぁ。

 

嗚呼、一日が48時間……あっても、世の中の時間配分の割合は今と変わらない

気がするから、そんなif論なんてよく考えると話にならないし、時間に余裕が

あると何故かゲーム以外の事をしてしまう場合が、最近は多いのよね。

何でやろ。

 

えーと、何の話だっけ?

うン、まァ…とりあえず、PSpo2のストーリーモードをクリアしてから、MW2を

始める事にしよう。

暇見てアサクリⅡとか他のゲームを遊ぶ感じで。

PSpo2の方はマルチプレイも考えると、まだかなり遊べそうですし、年末年始用に

買ってきた部分もありますしねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、色々言い訳をしてみた。

投稿者 Wut : 14:27 | コメント (0) | トラックバック

2009年12月 5日

カテゴリの変更を行いました

PSpo2を遊び始めた事にともなって、ブログ上で個別にカテゴライズされていた

ファンタシースターオンラインのシリーズを”ファンタシースター”として

まとめました。

 

これから書かれるPSpo2の日記、及び、以前に書いたPSUとPS0(ZERO)の日記も、

ファンタシースターのカテゴリとしてアーカイブされます。

 

ちなみにPSUのエントリは42件、PS0のエントリは22件くらいありました。

投稿者 Wut : 10:52 | コメント (0) | トラックバック

2009年11月27日

少し前に給料日だったので

428とCoD4MWの2本を買ってきてみたり。

 

据え置きだと、”罪と罰 宇宙の後継者”と、”3Dドットゲームヒーローズ”の2本が

まだ終わっていないので、先に終わりそうな3Dドットゲームヒーローズだけでも

終わらせてしまわねば。

 

オーブは5つめまで取ったので、たぶん残るダンジョンは2つだと思うんですよね。

今日中に終わるかな?

 

12月3日にはアサシンクリード2も発売されるし、まだ決めかねているPSpo2も、

10日にはCoD4MW2と極限脱出 9時間9人9の扉が。

 

年末年始向けに、PSpo2は買っておいてもいいのかなぁ。

ただ、既存エリアを残していたり、PSOの焼き直ししたりと、過去の遺産に

すがってる感じが嫌なんですよね。

新しい要素を入れてるんだから、何で完全新作にしないのか…。

投稿者 Wut : 20:43 | コメント (2) | トラックバック

2009年11月24日

銃と猟犬

なんでも雑君保プ氏がキャラクターデザインしたゲームが、12月18日に

発売されるそうです。

 

ゲームのスタイルは昔懐かしい、ロボット物の2Dの横スクロールアクション

シューティングゲーム。

ウルフファングよりは、レイノスやらヴァルケンやらを彷彿とさせます。

タイトルは、「機装猟兵ガンハウンド」。

 

うわー。どの層狙ってるかハッキリ分かるタイトルだわ。

今のところ分かっている情報は、プレイヤーは3人一組で組まれた小隊の一員だと

いうこと。全5ステージ。スコアによってロボのカスタマイズが可能。作曲は山下絹代。

キャラクターデザインは雑君保プ。ジョイパッド対応(キーボード非推奨)。

という事くらいですか。

12月18日発売なのに。

 

プラットフォームはPCで、価格は税込み6090円也。

ダウンロード販売だと4800円だそうです。

 

公式にはPVみたいな動画もあるので、引っかかりのある人は情報を追いかけても

いいかもしれませんね。

 

機装猟兵ガンハウンド:

公式サイト

投稿者 Wut : 20:22 | コメント (0) | トラックバック

2009年11月12日

ゲームを色々としてはいるのだけど

ナンか気の利いた文章が思い浮かばないのよね。

 

一応、罪と罰、ベヨネッタ、3Dドットゲームヒーローズ、真・女神転生SJの方は

平行してチマチマと進行中。

あと、PSPo2の体験版の方も、購入どうすっかなぁ…と思いつつ、旧ミッションを

ダルいダルいと思いながら1回だけ遊ぶという事も。現在Lv9。

 

体験版というと、PS3の方でダウンロードしてあったリトルビッグプラネットと、

アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝の方を遊んでみたり。

リトルビッグプラネットは噂に違わず、面白い体験をさせてもらえました。

これもマルチプレイだと面白そうねー。

ソロだとモクモクと素材集めて、自分でマップを作ったりするのにハマれれば、

楽しめそう。

アンチャーテッドの方は、しっかりと作られてるアクションアドベンチャー。

ムービー見た時にTOMB RAIDERみたいだなぁと思っていたんですが、実際に

遊んでみると主人公はララ・クロフトのような冒険のプロっぽくなくて、微妙に

新鮮な感じ。

あと、よく喋りますね、独り言。敵を倒したら「よしっ」とか。

何だか洋画っぽい演出が多いかも。

ただ、体験版を遊んだ限りでは、最近のTOMB RAIDER同様に一本の道筋に

ある障害を、順番に乗り越えてゆく感じ。

TOMB RAIDERの1作目や2作目にあるような、開けたところを探索するという

印象はありません。

 

そうそう、PS3といえば週間トロ・ステーションが始りましたね。

プレミニャ会員にならないと空地住まいとか、ファン心理に訴えかけるような

集金システムがステキ過ぎます。

ただ、会員限定ニュースがあったり、過去のニュースが何時でも見る事が

出来るというのは便利かも。

ちなみにプラチニャ会員の価格の方は、

 

「プラチニャ会員証」(PS3・PSP両方でご利用可能)

30日間・800円(税込)

 

「プラチニャP会員証」(PSPのみでご利用可能)

30日間・500円(税込)

 

だそうです。

そうねぇ。たまにプラチニャ会員になって、過去の見逃したニュースと、見ていない

会員専用ニュースを確認して、またしばらく空地に戻ってもらうっていうのが、

賢い利用法かしらねぇ。

買い物とか、ファッションショーとかに価値を見出していないので、週一のニュースに

30日間800円払う気はないなぁ。

 

あー、そうそう。

罪と罰、難しいね。面白いんだけど、難しい。

腕が疲れてくるので、長い事遊びにくいのも残念。

ステージ4のボスの2段階目で苦戦中。

攻撃は分かってるんだけど、どう対処すれヴァァァァァァ…と思案中。

刺さる岩が邪魔だなぁ。

でも、何か出来そうでニヤニヤするわぁ。

投稿者 Wut : 17:38 | コメント (0) | トラックバック

2009年10月 6日

…今更。 …そう、今更気付くっ。

東京に行ったときに、オレンジボックスの中古を探しておけばよかったぜー!

 

くぅっ……。

私とした事がっ……何という失念!

 

amazonさんだと5,658円か…。

今欲しいという訳ではないのだけど、出来れば安く手に入れたいんだよねぇ。

東京だと中古で4,000円ほどと聞いたもので。

 

 

しかし、いい声の実況……というよりは、車掌さん声な印象があるなぁ。

投稿者 Wut : 20:08 | コメント (0) | トラックバック

2009年10月 1日

身につまされるゲームの話

何時も考えさせられるゲームの話題を提示してくれる、島国大和のど畜生さん。

今回の引用もその中にありました。

 

■ゲームの話

 自分がどういったゲームを楽しんできたか。というのは

経験であり、肌感覚な為に抗えない。  

さっきの年金の話みたいに。  

ゲームの良し悪しは体験だから、俺が面白いと思ったものは

面白い。という事になりやすい。

 でもそれは違うんだよね。 ゲームシーンは移り変わって

いくし、俺の感覚は置いていかれる。そもそも現役ゲーム屋

の殆どは置いていかれている。俺はゲームマニアだって人も

実は置いていかれていて多数派ではない。

 

今風なのが最も良いとは言わないけど、「今、売れやすいのは今風のゲーム」

なんですよねぇ。

そして、今旬なのも”今風の面白いゲーム”という事が多い気がします。

 

私もゲームに関しては古い人間ですんで、「たまには2Dでドットなアクション

ゲームも遊びたいよなぁ」などと思ったりするんですが、それと同時に

過去の自分が面白くてたまらないと思ったゲームと比べてしまう可能性が

あるんですよね。

そして、マイ・フェバリットなゲームは思い出も加味されているので、ほとんどが

越えられない壁として存在してしまうという。

 

ここで「昔のゲームの方が面白いよ」となってしまっては、今のゲームを楽しめなく

なると思うんですよね。

 

最近ではコミュニケーションがゲームの主軸にあって、ゲームそのものは

その介添え程度でしかないようなタイトルもみかけますが、それも1つの

ジャンルとしてみなしてしまえば、ゲームという枠に収まってしまうんですよね。

コンピューターゲームの表現できる範囲が広がったのであれば、コンピューター

ゲームというモノの枠も懐の深いモノになって然るべきだと思うのです。

 

ゲームを楽しむ人間として、ゲームに対して柔軟でありたいなぁ。

投稿者 Wut : 14:20 | コメント (0) | トラックバック

2009年9月28日

TGS2009報告 午後編 -平和は歩いてくるものじゃない-

物販ブースを幾つか回り、どうやら昼らしいと気付いた私は、飲食ブースの方へ

足を向けました。

 

mixiの日記でも書きましたが、食べたのはサービス品のチキンカレー 900円。

同じメニューでも出展している店舗により、微妙に差があるのがこの飲食ブースの

面白いところ。

流石に骨付きのフライドチキンを2本放り込んで、”チキンカレーだぜ!サービス品

なんだぜ!”とのたまっているのは、一店舗だけでしたが。

 

 

カレー自体にも少量の具は入っていたのですが、目玉はなんといっても

目立つ2本のフライドチキン。

フライドチキンそのものも美味しかったので、これで900円はそんなには高く

ないのかもしれないなぁ…という印象がありました。

ただ、フライドチキンの肉は、一緒につきてきたプラスチックの先割れスプーンでは

なかなか骨からほぐして外せなかったので、最終的には指でつまんで食べる事に。

カレー… うま…

 

一息ついたところで、大画面モニターの前で踊りながら楽しそうにパンフを

配っていたコンパニオンの姉さんが印象的だったXbox360ブースへ。

ブースに到着すると、丁度コンパニオンの撮影が出来るサービスタイムという

時間帯だったようで、物凄い数のカメラ小僧が寄ってきていました。

カメラ3台とか首から提げて、「お前ら絶対にゲーム目的じゃないだろう」という

連中がフラッシュの嵐。

どさくさに紛れて、一枚撮ってみたり。

 

 

とりあえず、布製のポケッタブルうちわを貰うためにロストプラネット2をプレイ。

こちらはXbox360のマーケットプレイスで配信されているモノに、アイテムの

配置換えや変更が若干あったモノでした。

巨大エイクリッドを危な気なく撃破して、グッズの入手に成功。

しかし、このうちわに書かれたデザインは、撃破した巨大エイクリッドを

ディフォルメしたものなんでしょうが、どう見ても雑君保プ氏が描く不思議生物に

しか見えません。

ラヴリー。

 

ゲームの2箇所以上で試遊をすると、缶バッヂが貰えるという話なので、

側にあったフロントミッション エボルヴに並んでみる事に。

スクエアのフロントミッション・シリーズは遊んだ事が無いのですが、ロボット物の

3Dシューターとなると話は別です。

パッと見は、無骨なデザインのロボットを操るアーマードコアという感じなのですが、

エヴォルブではパイロットがロボットから降りて戦う場面もある様子。

 

並んでプレイを見ていると、デモはシングルミッションのようで、試遊台としては

珍しくゲームオーバーになってもクリアするまでリトライさせてくれるという

親切なコーナーのようでした。

そのお陰で、待ち時間として掲げられている60分以上の時間を、待つ事に

なるハメに。

 

まず最初にロボットであるところのヴァンツァーを3種類から選びます。

製品版では自由にカスタマイズできるようになるらしいのですが、デモ用では

3つのなかから選んで欲しいとの事。

用意されていたのはマシンガンと誘導ミサイルを一丁ずつに、パイルバンカーが

迫力なミドルアサルト。両肩に乗った誘導ミサイルポットとショットガンで立ち回る

ヘヴィーアサルト。スナイパーライフル一丁と誘導ミサイルポットを左肩にのせた

スナイパーの3機でした。

 

とりあえず、一撃が大きそうなスナイパーを選択したところ、遠距離から敵ロボットの

胴体やコアのような部分をめがけてスナイプする事で、ほぼ一撃で破壊に成功。

車両なども何処に当てても一撃で壊せます。

狭いところでも、ミサイルとスコープを除かすにライフルを使う事で、充分に

立ち回りができるようす。

 

敵を殲滅させてゆくと、ロボットから降りる場面に。

パイロットが生身で戦う場面での装備はマシンガンとグレネード。

そして、ロケットランチャーが手持ちにありました。

射撃武器はLTで構えて、RTで撃つという感じ。構えなくても撃てますが精度に

欠けるようです。まぁ、構えて撃っても撃ちっぱなしだと直ぐに弾がまとまらなく

なるので、RTを押しては離しの繰り返しをしていたのですが、面倒になって

ロケットランチャーで足元を狙う作戦に変更しました。

段差があるところはグレネードで攻撃。

 

あっという間に最後のシーンらしきところで、敵のロボットがヘリで運ばれてくる

ではないですか。

どうもこれを壊せという話らしいので、地上に落ちる前からロケットランチャーで

攻撃していると、ヘリから切り離されて巨体が着地。

周囲が揺れ、これから本格的な戦いになろうとしたそんな際に、画面がゆっくりと

フェートアウトして2010 COMING SOONという画面に。

 

うーん…。

ロボットの耐久値はアイテムを拾ったり、バックパックの能力を使う事で

回復できましたし、生身の時はしばらく攻撃を受けなければ自動回復するという

モノだったので、試遊デモではこの手のゲームに慣れていない人以外は、

死ぬ要素は無いように思えました。

この手のゲームを遊んでいる人には、シングルプレイは温そうな感じかも

しれません。

元々がSLGなだけに、名前だけで購入しそうな人にも遊べるような

ゲームデザインになっているんでしょうかねぇ。

 

あとはチラ見してきましたが、間違いなく買うタイトルか、買うつもりが全く無い

タイトルだったので、華麗にスルーしてきました。

Halo3:ODSTなどは既に発売していて、持っていますしね。

それに、アサシンクリードⅡに3時間待ちとか、並んでいられませんヨ!

どのみち買うんだから!

 

そして、今一度セガブースのPSPo2エリアへ。

スタッフ「ファンタシースターポータブル2は現在、入場を制限していまーす!」

 

……。

 

物販に行く前に、並べばよかったか?

 

重い荷物を持ちながら、順番待ちなどをしていた事もあり、腰をかがめるだけで

崩れ落ちそうになったので小休止。

休憩中にコナミがPSP用メタルギアソリッドの新作体験版を配信中と看板を

上げていたのを思い出し、体が多少楽になったところでコナミブースへ足早に

向かいました。

 

体験版をどうやって配布しているのか分からなかったのでスタッフに聞いたところ、

MGSコーナーの入り口から入って、奥にある体験版配布の列に並んで欲しいと

いう事でした。

 

 

 

並んでいる間はモニターで流れているチュートリアルを見たり、Co-op体験版の

方で勇ましい声を響かせている女性教官らしき人の声を聞きながら、

表示されていた60分待ちを覚悟していましたが、こちらは意外と待っている

感覚なくサクサクと列が前進。

 

配信ブースは小さな部屋という感じで、いくつも並んでいるモニターの前に、

USBのケーブルが延びていました。

どうやらUSBケーブルを経由して、メモリースティックにダウンロードするようです。

そして、戦闘服を着たスタッフの中で進行役を務めている人が「全員、準備は

いいか!?」と確認。

誰も返事を返さないので「30人も居てこの有様か!返事はサーイエッサーだ!」

と一喝し、再び確認を撮りました。

 

スタッフ「全員、準備はいいか!?」

 

参加者全員「Sir ! Yes, Sir !」

 

いいねー。バカで。

こういう遊ぼう、楽しもうという雰囲気は大事よねー。

 

無事ダウンロードが終わり、退室する間際に号令をかけたスタッフの方に

Thank you, Sir ! と敬礼をすると、にやりと笑いながら敬礼を返してくれました。

偉いぞ、MGSブースのスタッフ!

 

ある程度満足し、疲れてもきたのでそろそろ帰ろる事に。

帰り際にXbox360のブースの脇を通っていると、ブースの横のほうでMSKKの

偉い人、Xbox360を最も守り立ててくれたであろうマイクロソフト株式会社

執行役 常務 ホーム&エンターテイメント事業本部長 泉水 敬常務が、

多くのメーカーの方と並んで一緒に記念撮影をしている現場に遭遇。

うわー。あの中に参加したいなぁ。

去年、一緒に写真を撮って貰いましたが、去年と違いスーツ姿の泉水氏は、

忙しいのか現場のスタッフと幾つか会話をすると、にこやかに去ってゆきました。

おまけに、アクワイアのスタッフが泉水氏と話していたMSKKのスタッフに

名刺を渡すところも目撃。

アクワイアの人。Xbox360も盛り上げてねー。

 

という感じで、今年の東京ゲームショーは終了。

終わってみれば、もう少しPVやらステージやらを見れば良かったかなぁ…と

思わなくもないですが、満足感はありました。

 

興味を持っていたProject Natalに関してはそれっぽいところがあったのですが、

どこから入るのよくかわかりませんでした。

もう少し落ち着いて探せば分かったのかもしれませんが。

残念。

 

しかしながら、今年のテーマである「GAMEは、元気です。」というのは、

充分に伝わってきました。

来年は、どうなっていますかねぇ?

 

余談:

今年は簡易な手提げカバンを配っているところが、ほとんど有りませんでした。

大きなカバン1つあれば、それに荷物をまとめて入れられたのですが。

これも、経費削減のあおりなんですかねぇ。

投稿者 Wut : 14:25 | コメント (2) | トラックバック

TGS2009報告 午前編  -目玉はFF13なのかなぁ-

スクエアエニックスブースやSCEIブース周辺は毎回混雑するので、極力は

寄らないようにしていますけどね。

 

mixiの日記の方には、ちまちまと幕張の方で書いた日記を上げていたのですが、

movable type 3.3を使ったブログの方ではメールで更新などの機能がないので、

そういうのをしていませんでした。

で、こっちの方で報告していない事や、写真も含めたまとめをば。

 

 

そういう訳で9月26日に東京ゲームショーに行ってきたのですが、一般的な

目玉はFF関連なのだろうけど、そうじゃない人の目玉はなんなんだろうなぁ…

などと思いながら見てきました。

 

個人的な目玉はアイレムの物販とブースなんですが、パンフレットの企業ブースの

一覧はあいうえお順に並んでいるにも関わらず、アイレムという社名が無い事に

うろたえながらも、アイレムの物販ブース「アイレム横丁出張店」へ。

 

 

 

ぼちぼち周囲には人がいまして、アンケートに答えるとR-TYPEタクティクスⅡの

缶バッヂが貰えました。

今回のお品書きはこんな感じ。

 

 

私が購入したのは、スペランカー残機お守り3を2つとスペランカー先生~アイレム発

特撰ふる里4コマ小唄~そして湯飲み

毎年無料配布されている小冊子、アイレムぶるるんも入手。

今回の表紙はこんな感じ。

 

 

そして、企業ブースが無い事をアンケートを配布していたお姉さんに聞いてみた

ところ、「すいません。今回は無いんです」と申し訳なさそうに答えてくれました。

来年を期待していますよ!

 

ちなみにアンケートの自由欄には「ピートロ2はまだですか?」と書いておきました。

PS2からPS3にプラットフォームが移行したとアナウンスがあってから、それっきり

音沙汰無しなので、大丈夫なのかなぁ…。

 

その後、セガのPSOo2のところへ行くと既に入場規制が…。

 

 

仕方が無いのでPVをみていると、なかなか良さそうな印象が。

ブースの人に体験版の話を聞いたところ「分からない」という話だったのですが、

帰ってから公式のBlogを見たら体験版の配布が決定と書かれていました。

触ってみないと分からない部分もあるので、遊んでみたいところです。

ネットから落とせるものだったらいいなぁ。

 

セガブースを後にウロウロしていると、XBLAのゲーム”キャッスルクラッシャーズ”で、

日本のXbox360ユーザーには一躍注目のメーカーとなったベヒモスのブースが。

 

 

 

 

アートデザイナーのダンが描くキャラクター達は、どれもユニークで個性的。

そんなベヒモスブースにポスターがあったので貰えるのか聞いてみたところ、

ダン氏のサイン付きでもらえるとの事。

正に願ったり叶ったりなので、お願いする事に。

 

また、ベヒモスのXBLA用の新作があったので遊んでみると、例のニワトリが

書かれたTシャツも頂きました。

ゲームの方はミニゲーム集っぽいモノ。

2対2で対戦する内容で、ミニゲームの最初に説明される行動を取り、

アイテチームより多くポイントを入手するのが目的となります。

キャラクターのカスタマイズもあり、頭の形や持っている武器、あともう1つ

変更できる部分があったのですが失念。

武器以外は見た目の変更でした。

 

ポイント集計の画面で、ポイントが加算されるにしたがって、足だけ長く伸びて

ゆくのがとてもシュール。

全員プレイヤーで遊ぶのが面白そうなゲームでしたねー。

 

 

写真は武器の1つにもあった扇風機のようなもの。

写真の扇風機は、実際に動いていました。

 

そして頂き物。

 

 

その後、色々なところを横目で眺めながら、カプコンの物販ブースへ。

列に並んでいる最中に売り物のチラシを渡されたので、眺めてみたり。

 

 

で、買ったのは、モンスターハンター メラルーパーカー【ポッケつき】

ロストプラネット2 スタッフ’(DASH)Tシャツ / 黒同 / 黄

ロストプラネット2 缶バッジセット、モンスターハンター アイテムコレクション

マスコット(回復薬/調合書/こんがり肉)。

売り物の中には、シルバーアクセサリーやこんなのまで。

 

 

リオレウス スカジャン!

思いついたアイテムを形に出来るというのは、正にお金のなせる業ですね!

さすが大手ゲームメーカー。そこに痺れる、憧れる。

買わないけど。

 

そして、ゲームセンターCXのブースでも新しい商品がありましたが、とりあえず

今回買ったのは筆文字Tシャツだけ。

 

 

どんなものかは、以下のサイトで確認してください。

 

御座敷 | CX業務報告

 

と、こんな感じで気付けば午前が終わっていました。

残りは午後編へ。

投稿者 Wut : 13:50 | コメント (0) | トラックバック

2009年9月27日

明日、まとめて

昨日は東京ゲームショウ。今日はジャパン・ロボット・フェスティバル イン トヤマと

出かけていたのですが、疲れたのと色々とまとまっていないので、詳細は

明日にでもまとめます。

 

まて、次号!

 

とりあえずブログの方には、mixiでちまちま書いていたTGS日記をコピペ(写真無)。

 

 

幕張着  2009年09月26日08:37

妙に寝苦しかったので、7時位にホテルを出てみたり。

8時過ぎに会場の幕張メッセに到着。 今は、列に並んでいる状態です。

 

手荷物検査を抜け建屋にそっての列に並んでいるので、結構早めかもしれませんね。

会場は10時なので、待つのは変わらないのですけどねー。

 

 

ぎゃー  2009年09月26日10:19

アイレムブースもPspo2の体験版配布もないぜ!

 

 

午前中は物販ブースまわりのありさま  2009年09月26日12:41

アイレムブースが無かったので、Xbox360ブースとセガのPSPo2の映像を見て、

あとは物販ブースへ。

 

アイレム、カプコン、ゲームセンターCXと3カ所ほど回ると昼間になったので昼食。

 

写真(後で貼ります)は昼食として胃に収まったチキンカレーのモックアップ。

ちょっと高いけど、具の無いカレーとは言わせないぜ!的な意気込みが感じられて

良かったなぁ。

 

そうそう、キャッスルクラッシャーズを作ったベヒモスの新作を遊び、Tシャツと

アートディレクターのサイン入りポスターを貰って、かなり満足しております。

 

もう、帰るか?w

 

 

こちらスネーク.  2009年09月26日16:14

ピースウォーカーのデモデータを入手した。 現場から離脱する。

 

PSPo2に関しては残念だが、監視が厳しく侵入できそうにない。

デモデータの配信を待つとしよう。

 

以上。

通信を終わる。

投稿者 Wut : 19:49 | コメント (0) | トラックバック

2009年7月16日

同時に届く2つのケーブル

昨日の話なんですがね。

 

結局のところ、ゲームハードの映像はS端子出力でDVD-RAMなりDVD-RWなりに

録画して編集、それをPCで切り出してアップロード用にエンコードしようという方向で

私の中では落ち着いたのですが、それでもある程度は良い画質に使用と思った

分けです。

 

そこで、RGB出力をダウンスキャンしS端子で出力する事で、普通にS端子ケーブルで

出力するよりも綺麗な映像を録画できるというのを思い出しまして、ネットを色々と

調べてみました。

そこで見つけたのがコチラ。

 

PLAY-ASIA.COM:

VGA Cable

 

正規ではサポートされていない、WiiとPS3共用のミニD-sub15pinの

VGAケーブルです。

Wiiは480p (640*480) での出力。PS3は480p/720p/1080i/1080p での出力に

対応しているようです。

 

Wiiの方はケーブルの内容を自動で判別してくれないので、まずコンポーネントの

出力で表示をし、設定から画面を選んでプログレッシブでの出力を選択します。

インターレースモードはケーブルの装置の方で受け付けないようで、プログレッシブに

切り替えてからでないと、信号が出力されません。

PS3の方はケーブルを繋げて、電源ボタンを5秒間押しっぱなしにする事で、出力の

判別をしてくれる模様。

 

そして、Xbox360用の純正VGAケーブルはAmazonが安かったので、そこで購入。

 

Amazon.co.jp:

Xbox 360 VGA HD AVケーブル

 

調べた限りだと、通販で一番安いのはトイザらスの1990円だったのですが、

どこにでも個人情報を入力するのに抵抗があったので、Amazonに落ち着きました。

純正品でなくても良いのならPLAY-ASIAで、サイドパーティ物が680円で

あったのですけどね。

購入者のレビューを読んでみると、どうもゴーストが気になるとか、位置がズレるとかで

純正品を買った方が良いみたいな事が書いてあるのもあったので、純正品に

した訳です。

 

これらを違う日に注文したのですが、申し合わせたように同じ日に家に届きました。

むむむ。確かに同時に手元に届くのが有難いのですが、何かしらの意思を感じずには

いられない……というのは考えすぎかしら。

 

で、それらをコンバートしてDVDレコーダーに出力してくれる機械がコチラ。

 

I・O DATA:

TVC-D4

 

他にも有りましたが、多機能なモノを選んで見ました。

 

何はともあれ、Wiiを繋いで表示。

こまかな部分をコンバーターの方で設定して出力してみると、これがS端子でも

意外と綺麗に映るじゃないですか。

やはりビデオを間にかませてテレビに出力しているので、ポインタの移動は

リモコンでの操作よりも若干遅れ気味。

ですが、ニンテンドーチャンネルやらWiiの間の動画を見ている分には、悪くない

印象です。

もともと、WiiのD2出力が甘いらしいという事もあるからでしょうかね。

とにかく、Wiiのゲームを録画する環境としては、充分な気がします。

 

PS3の方とXbox360の方も、追々試してみる事にしましょう。

投稿者 Wut : 22:32 | コメント (0) | トラックバック

2009年7月 2日

母国語でゲームが遊べるってのは、有難い事ですよ

360 GAMES ZONEでEpic Gamesのシニア・プロデューサーがGoW2日本語版の

変更箇所についてIGNで語っていた…という記事がかかれています。

 

最近、海外ゲームをプレイする日本人ユーザーの中には、「欠損表現が失われては

ゲーム性が変わってしまうので、そのような規制はなくして欲しい」或いは「規制を

された日本語版はダメだ」という意見をいう人も居ます。

 

よりオリジナルに近いゲームで遊びたいという気持ちは分かりますが、表現を

規制された形であったとしても、面白いゲームを理解しやすい母国語で遊べるという

ポイントは、非常に大きなモノではないでしょうか。

ゲームの発売そのものが規制をされるのより、よっぽど良い状況だと思います。

 

ある程度はメーカーが自主規制を行っていかないと、行政のレベルでおかしな

規制をかけられる可能性も出てきます。

ゲームとの接点はほぼ存在しないであろう政治家が、そのゲームの表面だけを

みて良し悪しを決めてしまうのは、ゲームで遊ぶ事を趣味とする私には

納得できないモノがあるのです。

 

それならば、まだゲーム会社の代表が集まった機関が、要点だけを押さえて

少ない変更点でローカライズの許可をだしてくれている現状の方が、よほど

良い状況にあるというモノです。

 

最近では放送などの規制も、無闇に厳しくなってきていると聞きますし、

テレビ番組へのクレームが一段落つけば、恐らく次に狙われるのはゲームか

ネットだと予測するのは、容易な事だと思います。

 

無秩序に過激な表現を容認するのは、結果的に己の首を絞める事に

繋がりかねません。

これは、日本のゲームにも当てはまるでしょう。

どうか、度が過ぎない程度にお願いします。

 

何れにせよ、GoW2がローカライズされて無事発売されるのは、嬉しい話です。

 

 

|| 360 Games Zone ||

Epic Gamesが語る、日本版Gears of War 2

投稿者 Wut : 20:35 | コメント (0) | トラックバック

中間層が居ない日本市場

グラスホッパーマニファクチュアの須田剛一氏がGame Industryに応じたという記事を、

360 GAMES ZONEが報じているのですが、その中で私が気になった言葉がコレです。

 

須田剛一: コア・ゲーマーはたくさんいて、DSなどのプラットフォームでゲームを

している、よりライトなユーザーも数多くいます。

しかし、その中間が存在しないんです。

 

これは私が以前、FF11をプレイしていた際に、海外プレイヤーに対して抱いていた

感想と似ています。

上手いプレイヤーとそうでないプレイやーの差が極端で、中間が居ない。

現在の日本のゲーム市場が、似たような状況になってきているという事でしょうか。

 

一時期、ライトユーザー向けゲームが多く発売され、新しい客層の開拓を

目指していた事がありましたが、恐らくそれらのゲームでは物足りないモノの、

数値が多かったり、要素が複雑だったり、ストーリーが難しかったり、純粋に

難易度として手に負えないと思わされる、そんなゲームに手を出しにくい

ユーザーがゲームへ対しての購買意欲を失いつつあるのかもしれません。

 

難しいと思いますが、ルールがシンプルで、操作も分かり易い。それでいて、

プレイヤーが求めるのであれば、奥の深さも用意されている。そんなゲームが、

中間ユーザーに求められているのかもしれません。

 

あと、これは個人的な考えなのですが、やはり時間に対してのコストパフォーマンスを

求めている人は多いと思います。

5,000円で2週間遊べるゲームと1ヶ月遊べるゲームでは、1ヶ月遊べるゲームの方が

好ましいと思うユーザーは、少なく無いハズです。

突き詰めてゆけば、どういう遊びで1ヶ月持たせるかにも、よると思うのですけどね。

 

 

|| 360 Games Zone ||

須田剛一氏 「中間層向けのゲームを作っていく事が重要」

投稿者 Wut : 20:14 | コメント (0) | トラックバック

2009年6月14日

Zill O'llの新作はアクションRPG

フリーシナリオのシステムが人気を博し、今でもカルト的な人気を誇るZill O'llの

最新作が、E3で発表になったそうです。

「Zill O'll」シリーズの特徴を受け継ぎながらも、アクションRPGとして真・三国無双

などを手がけたω-Forceが開発しているのだそうです。

邦題は「TRINITY Zill O'll Zero」。

 

私はこのシリーズを遊んだ事はないのですが、人気もあり名作との声も高いという

話をよく耳にします。

フリーシナリオもさる事ながら、成長面のシステムも面白いのだそうです。

 

最新作では、個性の異なる3人のキャラクターを任意に切り替えて戦うアクションRPGと

なるそうで、記事では「武器と魔法のコンビネーションやパーティーならではの戦いが

手軽に実現できる。」としています。

キャラクターが3人用意されているという事は、オンラインでの協力プレイもあると

考えて良いのでしょうか?気になります。

 

それにしても戦士のダグザが、ザンギエフか某市長に見えて仕方有りません。

 

impress GAME Watch:

コーエー、PS3「TRINITY Zill O'll Zero」

前作「Zill O'll」の過去の時代を描いた新作アクションRPG

 

コーエー・テクモブースレポート (トレイラームービー有り)

投稿者 Wut : 16:35 | コメント (0) | トラックバック

Lost Planet 2な話

むかーし、昔の話。

TGSのXbox360ブースにおいて、Lost Planetと同時発表されたLost Odysseyが

私の頭の中でごっちゃになりかかっていた事がありました。

今ではちゃんと区別できますが、当時は何か似たようなタイトルで紛らわしいなぁと

いう印象が強かったんですねぇ。

Lost Planetのコーナーでは、オンライン対戦が体験できるようになっていました。

 

TGS、Xbox、カプコンの繋がりでいくと、その昔、鉄騎大戦が発表された際に、

大型の筐体に鉄騎大戦のコントローラーを組み込んで、マイクロソフトブーズ VS

カプコンブースなんて事をやってましたねぇ。

懐かしい。

 

懐かしいですが、今回はLost Planet 2な話。

 

GameSpot Japan:

「Lost Planet 2」協力プレーを体験レポート

 

どうやら、個々のプレイヤーのライフゲージ意外にもチームとしてのライフゲージ

(連邦VSジオンの戦力ゲージみたいなモノでしょうか)があり、個人が倒れると

チームのゲージが減ってリスポンするという形になるそうです。

チームのゲージがなくなるとゲーム終了となるところをみると、やはり個々の技術も

さることながら、協力が重要になってきそうです。

 

impress GAME Watch:

カプコン、PS3/Xbox 360「ロスト プラネット 2」

エピソード2の新ステージの情報を公開

 

気になるところが幾つか有ります。

1つは新しいシールドのような兵装が確認できる事。

形状からエナジーシールドのようですが、エナジー兵装といえば気になるのは

T-ENGの消費量。

前回、動画にあった展開型金属シールドとは違い、シールドを構えたまま移動できる

ようなのですが、そのメリットの代わりに構えている間はT-ENGを消費し続けるのでは

無いか…と推測ができます。

もう一つは、弱点に当たる赤い箇所の無いエイクリッドの存在。

PVではムービーで倒す形になっていましたが、温暖化が進んだEDN-3rdでは

T-ENGを溜め込まなくても生きてゆけるエイクリッドが、存在し始めたのでしょうか。

 

発売は今冬予定ですか…。

年末年始にかけて…なのかなぁ。

投稿者 Wut : 16:31 | コメント (0) | トラックバック

2009年6月10日

メイドイン俺の作り込みが凄い件について :動画

ニコニコ動画にアップロードされているメイドイン俺の動画なんですが、

一部の動画が既存ゲームの再現に無心した結果から、凄い事に

なっているようです。

 

 

 

 

魔界村の動画なんぞは、その再現の具合が凄い事になっていますね。

携帯電話用のミニゲームとして出しても、通用しそうな感じです。

投稿者 Wut : 20:25 | コメント (0) | トラックバック

2009年6月 1日

漢の浪漫 ガンランス :動画

MH Tri-では無くなってしまいましたが、見た目と竜撃砲の一撃による派手さが

非常に魅力的なガンランス。

 

そんなガンランスを実物大で作るという動画を、ニコニコ動画で発見しました。

流石に砲撃は撃てやしませんが、ちゃんと中折れしてリロードっぽい動きも

出来るというステキ仕様。

 

ただ…あの形状であの重さを片手で持つのは、普通の人には無理ですのう…。

 

投稿者 Wut : 14:44 | コメント (0) | トラックバック

2009年5月29日

TGS2009のメインビジュアルを見て

ゲームショウのロゴの上に書かれているのは、いわゆる電源ボタンのマーク

なんですが、どこか心の奥底で「あー、Xbox360の時代がやってきたのかなぁ」と

ほのかに期待しまう私。

 

やはり、緑は意図的に避けたんですかねぇ?

抽象的ながら華やかで、賑やかで、心が踊りだしそうなビジュアルです。

 

ちなみに、東京ゲームショウ2009の会期は、2009年9月24日(木)~27日(日)、

一般公開は26日・27日だそうです。

会場は何時もの幕張メッセ。

今年の目玉は何でしょうかねぇ。ここしばらくは、前情報を一切チェックせずに、

まずアイレムの物販に向かっている私。

 

東京ゲームショウ 公式サイト:

メインビジュアル決定

活気に満ちあふれるゲームの世界を表現

投稿者 Wut : 14:56 | コメント (0) | トラックバック

2009年5月25日

今度の塊は跳びます

PS3で発売が予定されている塊魂TRIBUTE。

コントローラーを振ると、ジャンプ!するそうですよ。

 

記事に貼られているPVも、なんというかステキセンスで脱力モノです。

 

今回は、参加アーティストの中に私の好きなYMCKが参加しているという事で、

1作目だけを遊んだ私もちょっと注目。

 

とりあえず、PVだけでも観ると面白いかもしれませんよ。

 

それにしても、1作目を遊んだ時は面白いと思いながらも、ここまで支持される

ゲームになるとは思いませんでしたよ。

 

impress GAME Watch:

バンダイナムコ、PS3「塊魂TRIBUTE」発売日が7月23日に決定。

新要素、ステキソングの情報を公開

投稿者 Wut : 20:49 | コメント (0) | トラックバック

2009年5月24日

第3の……!!!

ICOの開発チームが、新作を作っているそうです。

livedoor ニュース によると、それは「Project Trico」と名付けられており、

ゲーム性はICOに近いのだとか。

 

紹介記事に貼り付けられたYoutubeのトレーラーを見ると、主人公の服装は

ICOの主人公のモノと似ているような感じなので、世界観の繋がりがあるのかも

しれません。

 

Tricoは恐らくNicoと同じような開発名称だと思うので、正式タイトルはまた

別のモノになるでしょう。

このタイトルはICO、Nico(2こ)に対してのTrico(3こ)という洒落なのだと思われます。

 

クリーチャーのデザインや動きも、相変わらず生々しくて楽しみです。

 

投稿者 Wut : 20:46 | コメント (0) | トラックバック

2009年5月 1日

このゲームも「懐かしい」に含まれてしまうのねー :動画

いやぁ、ワンダと巨像のプレイ動画なんですけど、懐かしくてつい見入って

しまいましたよ。

 

特定の巨像が出現する場所を探し当て、巨像の体によじ登り弱点を見つけて

攻撃するというゲームなのですが、巨像の体に取り付くのにも工夫が必要で

面白いゲームでした。

巨像を見つけるまでは、ちょっと大変ですけどね。

 

このゲームが発売されたのは2005年10月27日だそうで、もう3年半程度の

月日が流れてるんですねぇ。

そりゃ懐かしくもなるわ。

今ではベスト版も2800円で出ているので、まだ遊んだ事の無い人は動画を見て

興味が湧いたら、購入を検討して見てください。

もしかすると、中古の方が安いかもしれませんが。

私にとっては、イチオシなゲームなんですけどねー。

 

 

ワンダと巨像で検索したら、昔に書いた日記も見付かりました。

遊んだ感想だけではなかったみたいですが、別けるのも面倒なのでそのまま

検索結果にリンクしてみたり。

 

ブログ内検索:ワンダと巨像

 

検索先の日記で紹介した動画もリンクが切れていたので、調べなおして

改めて貼っておきます。

こういうゲームではないのですが、こういう動きを見ていると素直に凄いと

思えます。危険ですので、ゲームに慣れた人以外は、真似しないで下さい。

ゲーム本来の面白さが、損なわれる可能性があります。

真似するのは難しそうですが。

 

投稿者 Wut : 15:15 | コメント (0) | トラックバック

2009年4月21日

おバカ打

まだタイピングゲームというモノが、生き残っているようで驚きました。

イーフロンティアがMHFを題材にタイピングソフトを作ったそうで、それが

「フロンティア打!シーズン5.0」なんだそうです。

もちろんMHFとのタイアップで、ゲームをクリアするとイベントコードを入手

できるのだとか。

 

タイピングゲーム自体は無料配布みたいなので、ちょっと暇つぶしに

遊んでみるのも面白いかもしれませんね。

 

 

impress GAMA Watch:

イーフロンティア、WIN「フロンティア打!シーズン5.0」を無料公開。

「MHF」パッケージ購入でゲーム内武器がもらえるタイピングソフト

投稿者 Wut : 21:22 | コメント (0) | トラックバック

2009年4月17日

Generation XTHに続編があった…

最近、知らなかった事が判明して驚いてばかりですが、Generation XTHに

続編のコードブレイカーが発売されていた上に、今年の5月31日に3作目の

コードリアライズが発売されるそうです。

 

通販だけでの販売だったので行く末を心配していましたが、3作目が出るという事は

ゲームは好評で収益があるという事なのでしょう。

他人事ながら、ちょっと安心しました。

 

Generation XTHを知らない人の為に説明しますと、Wizerdryがシステムの根底に

ありまして、Wizerdry XTHや剣と魔法と学園モノ。 のシステムを発展させた印象。

私は体験版で少し遊んだだけなのですが、製品版では学園生活の部分がイベントと

してあるようです。

 

興味のある方は、公式サイトへどうぞ。

体験版も置いてありますしね。

 

Generation Xth official web site

 

#そういや、中古で買った”BUSHIN”に、まだ手を付けていない事を思い出したヨ。

投稿者 Wut : 21:13 | コメント (0) | トラックバック

2009年4月16日

戦場のヴァルキュリアがアニメになったそうで

SEGAのPS3用ゲーム「戦場のヴァルキュリア」がTVアニメになったそうで、

4月15日からはPlayStationStoreでも配信が行われているそうです。

 

ゲーム自体は触っていないのですが、何となくサクラ大戦の二匹目のドジョウを

狙ったような雰囲気のゲームという印象があったので、これも自然な流れ

なのかなぁ……とも思えます。

キャラクターデザインや世界観は、むしろ良さげな感じではありましたし。

 

ゲームの方はベスト版も出ておりまして、SEGAとしてはこれを機に新規の

ファンを獲得したいところなのでしょうか。

ついでに、関連グッズなども販売して、稼げるところから稼いでみたり……なんだか、

だんだんとコナミに似てきていないか、セガ?

 

戦場のヴァルキュリア 公式サイト

 

TVアニメーション「戦場のヴァルキュリア」 公式サイト

投稿者 Wut : 21:42 | コメント (0) | トラックバック

2009年4月14日

プロデューサーインタビュー&Wiiで遊んでね :朧村正

impress GAME Watchの方に朧村正のプロデューサーである、

はしもとよしふみ氏へのインタビューが掲載されています。

 

また、iNSIDEの報じるところでは、公式の質問箱にて他機種での発売は無いのか?と

いう質問が投稿されたところ、「ぜひWiiで」という答えが記載されていたそうです。

私も持っていないハードがあった頃は、持っている機種で出ないかな…と思った

事はあるのでこの気持ちは分かりますが、それを切欠にWiiの購入へ踏み切る為の

言い訳にして欲しいところです。

面白いですよ、朧村正。

 

 

impress GAME Watch:

爽快さと緻密さの2つの楽しさを持つ2Dアクション

「朧村正」プロデューサーインタビュー

 

iNSIDE:

『朧村正』はWiiで遊んで! 「他の機種でも・・・」という声に対して

投稿者 Wut : 15:32 | コメント (2) | トラックバック

相変わらず興味を惹かれる映像を作りますな

Wii版モンスターハンターGのCMを見る事が出来るというので、公式サイトの方で

見たのですが、この辺のCMの作り方は相変わらず上手いですね。

 

ついでにPVも見てみたら、何だか懐かしくなってしまいました。

MH2ほど出切る事は無いのですが、その分の自由だった気もするアノ時代。

と書いたりしていますが、無印は遊んでいてもGは遊んでいなかったり。

 

流石にWii版のGは買わないだろうと思いますが、気の迷いなどの珍妙な

理由で買う場合もあるので、100%無いと断言できない己の優柔不断さに

惚れ惚れします。

 

映像を見るだけはタダなので、tri‐に向けて気持ちを高めておくのも有りでしょう。

 

Wii「モンスターハンターG」公式サイト

 

ちなみにオンラインサービスの利用料金はWiiポイントで支払うのだだそうです。

ハンティングチケットを購入するという形だそうで、料金は30日券が800Wiiポイント、

60日券が1500Wiiポイント、90日券が2000Wiiポイントと、まとめて買えば少しお得に

なる計算に。

……って、どこかで見たな似たようなの。

投稿者 Wut : 15:10 | コメント (0) | トラックバック

2009年4月10日

知らなかったよ!

何か、王様が本当に宇宙に行っておられたようで……。

 

えーと……モンディンでも倒しに?

 

Game*Spark:

費用は30億円!本当に宇宙へ旅立ったロード・ブリティッシュ、

地球へのメッセージが到着

 

宇宙から帰還したリチャード・ギャリオット、自らの夢を求めてNCsoftを離脱

 

で、これらの記事で始めて、タブラ・ラサが正式にサービスしている事を知り、

どんな具合なのかなー…と公式を見に行った結果がこれ

 

あー…えーと…うん…。

何というか、世間的にはSFよりもファンタジーな世界観が好まれる傾向に

あるという事なんですかね?

SWGも面白いゲームだったのに、加入者数が伸び悩んでいたという話ですし。

 

で、同サイトが調査した2007年11月08日時点での結果がこれ。

 

Game*Spark

「ゲームの世界観、あなたはファンタジー派?それともSF派?」投票結果発表

 

私はどっちも好きなのですが、世間的にはファンタジーがやや優勢な様子。

それは、恐らく今も変わらないのでしょう。

ただ、近頃の和製RPGにしても、ガッツリとしたファンタジーというのは、少ない

感じですよね。

D&Dや指輪物語といったゴシック・ファンタジーが好きな人の割合にも、少し興味が

あったりしますが。

 

MMORPGに関しては、World of Warcraftがもう鉄板なんですかねぇ。

ローカライズの気配もないので、全く持ってノーチェックです。

いや、まぁ、MMORPG自体ここ数年は触ってないのですけども。

一番最後に触ったMMORPGってなんだっけか……。

 

それはそうとして、BlizzardといえばDiabloⅢなんですが、具体的な発売日の

発表はまだなんですかねぇ。

まぁ、DiabloⅡは体験版しか触っていないので、発売までⅡで遊ぶというと

いうのも有りなのかもしれませんが。

投稿者 Wut : 14:12 | コメント (2) | トラックバック

すっかり忘れてた!

mixiの方を何気なく眺めてたら、コミュニティ更新情報の項目に

”Wiiレビュー:朧村正”というのが見えまして……。

慌てて公式へ飛んでみると、公式サイトには好評発売中の文字が。

 

うーわー……発売日をすっかり失念してた。

何だか最近、こういう事が多いなぁ。

欲しいものが無いのにふらりと立ち寄って、衝動買いしてみたりとか。

 

よし!

明日、買いに行こう。

 

朧村正 公式サイト

投稿者 Wut : 12:20 | コメント (0) | トラックバック

2009年3月19日

頑張ってるねぇ PA works

PA worksは富山にあるアニメーション製作会社なのですが、何とこんど発売される

トリガーハート エグゼリカ エンハンスドのOPムービーもPA worksなのだとか。

 

普通のアニメなら特に紹介する事はないのですが、ゲームに関係しているので

ちょっと紹介してみたり。

ちなみに、トリガーハート エグゼリカ エンハンスドは従来のSTGだけでなく、

AVGの要素が加わった“ストーリーモード”が追加されているのだとか。

こういうのが求められるという事は、根強いファンがいるという事なんでしょうねぇ。

 

ちなみに、PA worksの公式を見てみると、Level5製作のDSソフトである

レイトン教授と魔人の笛や、レイトン教授シリーズの初アニメ映画レイトン教授と

永遠の歌姫のアニメーション製作にも関わっているのだとか。

という事は、間接的に大泉洋とも関わっているという事か!

なんだか羨ましいですな!

 

余談:

そういや、428のタイプムーンが書いたおまけシナリオがアニメ化されるそうですが、

そのアニメ製作もPA worksなんだそうで。

何だかんだで、凄い所なんですかね。PA worksってのは。

投稿者 Wut : 21:25 | コメント (0) | トラックバック

2009年3月10日

戦闘員 :バイオ5

何とか難易度ノーマルをクリアしました。

終盤になると、ハンドガンの弾はあるけども、威力のある銃器の弾が無いぞ!とか、

上手い倒し方が今ひとつ分からずに、銃弾を切らせてしまった事など、一気に遊ぶと

割合に銃弾の余裕が無い気がしましたが、緊張感が出て逆に良かったように

思います。

 

バイオハザードといえば、銃弾の残弾数をみながら、足りるかなー、足りないかなー、

無くなったらどうしよう、というような背後からにじり寄られる様な緊張感が

醍醐味の1つではないでしょうか。

 

ちなみに、最後の戦いで使ったのは、威力を最大値(2000)まで改造した、

ライフル/S75でした。

威力だけならマグナム/S&W M29の方が2000を越えていて高かったのですが、

いかんせん残りの弾が13発しか残っていませんでした。

最後の戦いというシチュエーションで、無くなったら武器を持ち帰るという一手間を

かけるのは、万が一でも慌てて失敗するという事になりかねないので、残りの弾が

50~60発くらいあるライフルで挑んだ訳です。

 

クリアの後は弾数無限仕様の武器は登場するのですが、それを入手する為に

大金が必要だったり、大量のクリアポイントが必要だったりするので、これまた

やりこみが必要だなぁ…という塩梅に。

 

難易度はベテランの上にまだ1つ高い難易度があるようなので、無限~な武器を

用意してから、上の難易度に挑んでみようかなぁ…と思っております。

 

シングルが一息付いたので、co-opなどもしたいですね。

投稿者 Wut : 17:55 | コメント (0) | トラックバック

2009年3月 9日

無かった事になれ~ :Timeshift

流石に完全に無かった事にはなりませんが、時間を操る事の出来るFPSの

TimeshiftがPLAY-ASIAから届きました。

 

バイオ5もあるし、ちょっとだけプレイしてみようと遊んでみたら、何だか

ズルズルと遊んでしまいます。

時間を操る以外は、そんなに目新しい事はしていないんですけどね。

 

体験版をプレイした時にも書いたかもしれませんが、プレイヤーは時間を

ある程度操る能力を持っています。

1つはスロー、一つはストップ、1つはリバースです。

これらの能力は、能力を使う為のゲージを消費して行使されますが、スロー、ストップ、

リバースと順番にゲージの消費量が多くなってゆきます。

 

最初の方こそ、時間をスローにすれば楽に敵を倒せるなぁ…などと思っていましたが、

途中からスローにしても、ゲージを回復させる為に途中で隠れる必要が出てきたりと、

能力を盾に押し切るというようなパワープレイが出来なくなってきました。

考えられていますねぇ。

 

時間を操る事で抜けられる謎解きみたいなのは、そんなに多くはないのですが、

シューティング主体であるようなので、これはこれで面白いように思えます。

 

傑作ではないかもしれませんが、良い佳作ではないでしょうか。

投稿者 Wut : 22:40 | コメント (0) | トラックバック

2009年3月 3日

いよいよ来月になりました

Wiiのソフトで楽しみなのはヴァニラウェアの『朧村正』。

プリンセスクラウン、オーディンスフィアが楽しめた人なら期待できそうな、

ヴァニラウェアテイストたっぷりの横スクロールアクションRPGになりそうです。

 

発売日は4月9日。

価格は税込み7140円だそうです。

 

 

投稿者 Wut : 22:05 | コメント (0) | トラックバック

マジコンのアレ

ニュースを読みながら、「己の首を締めてるのに、まだ気付かないのか。

そういうの続けていると、そのうちにネットでの承認必須か、本体通して

キャッシュを支払わないとゲームが動かなくなるんじゃないか?」とか思って

いたら、よくブログを読ませてもらいに行く本業でゲームを製作している方が、

同じようなことをブログに書いておられて、思わず吹いてしまいました。

 

この手のモノに興味の湧く時期というのは在りますが、それを正当化したり

当たり前と思っちゃあきませんぜ…という話。

今回の判決は、絶対数の抑制になると思うので、良くやったと評価して

いいんじゃないでしょうか。

投稿者 Wut : 21:19 | コメント (0) | トラックバック

2009年3月 1日

結局買ってきちゃったんだゼ

毎度毎度、「この子には我慢が無い」でお馴染みの私めでありますが、

舌の根も乾かないうちにPS3とDemon's Soulsを買ってきましたよ。

部屋が片付いていないので、まだ箱を開けてはいないんですけどネー。

 

これでPS3で面白そうなゲームが出た場合に、そんなに躊躇なく買えるように

なりましたヨ。

それが良い事かどうかの判断は、その辺に転がしてありますが。

 

今週はバイオハザード5もある事ですし、来週からの自宅待機の際に部屋を

片してPS3の置き場を確保しなければ。

 

しかし、PS3もXbox360に負けないくらい、箱がデカくて重いです。

流石、ライバルハード。いい勝負だ!

 

 

 

 

んー…あー…んー…まぁ…その…何だ。

ほら、思い立ったか吉日とか言うしね。

投稿者 Wut : 19:14 | コメント (2) | トラックバック

2009年2月28日

気になるアレのレビュー

impress GAME Watchに、Demon's Soulsのレビューが記載されています。

読んでいると、だんだんと遊びたい気持ちが高まるから、困ったもんです。

 

何時かXbox360に移植されるかなぁ…などと知り合いとスト4をプレイしながら

話していたのですが、このレビューで発売元がSCEだと大判明。

移植される要素が無いじゃないか。

素直に、PS3を買えという事か…。

 

impress GAME Watch:

PS3ゲームレビュー「Demon's Souls」

投稿者 Wut : 21:57 | コメント (0) | トラックバック

2009年2月27日

バイオ5のタレントCM

温水洋一さんが、妙に格好良い演出で笑ってしまいました。

好きなんですよね、温水さん。

今回のCMも良い感じです。

 

バイオハザード5 公式: ムービー

投稿者 Wut : 13:18 | コメント (0) | トラックバック

これまでの使用キャラを思い出してみる :スト4

括りはスト4にしてありますが、ストリートファイターシリーズの話です。

最新の4では主に、ルチャ・レスラーのエル・フォルテを使っていますが、

何気なくこれまでのシリーズでどんなキャラを使っていたかを振り返ってみようかと

思いました。

 

ストリートファイターシリーズは2作目が初体験だと記憶しております、初代の

デカイボタンも見た様な記憶はあるのですが、はっきりと覚えていないので、

恐らく2作目からじゃないかと思われます。

それに、1作目は基本としてシングルプレイでしたしね。

 

ストリートファイターIIでは、最初はコマンド入力の難しさから、ガイルや春麗といった

タメ技系のキャラを使っていました。

それが、コマンドを練習して昇竜拳コマンドが入力できるようになってからは、

リュウを使うように。

そこから、ダッシュ、ダッシュターボとリュウを使っていた記憶があります。

スーパーII からは新キャラのディージェイやキャミィを。Xからはリュウ、ディージェイを

使っていた記憶があります。

 

映画を題材にした”ストリートファイター リアルバトル オン フィルム”も一応

触っては見ましたが、そんなに遊ばなかったり。

使っていたのはカミカゼアタックが印象的なキャプテン・サワダ。

ネタ万歳。

 

時間軸としてはⅡより昔のZEROシリーズでは、ファイナルファイトでもお馴染みの

ガイを使っていました。初代ZEROでは小旋風脚が無闇に強く、対空から

カウンターまでこの技1つでこなせた記憶があります。逆に獄鎖拳はダメージソースと

しては弱く、ゼロコンボを利用した小P→中P→大K→屈中K→疾駆け・影すくいが

基本のコンビネーションだったと記憶しています。

獄鎖拳がダメージソースとして活躍しだすのは、ZERO3からでした。

初代ZEROからZERO3まで、メインはガイ、主なサブはダンでした。

 

ARIKAから発売されていたEXでは、基本はホクトでした。サブにアレン

アレンは「うりゃー!キック 」や「空中で5発決めてうぉっしゃー」という技名が

素敵過ぎたので。後に普通の名前に改名されてガッカリ。

EX2 PLUSからはロッソの髪型やら技やらに惹かれて、ロッソがメインに。

昔、ゲーメストに連載されていた広告漫画”そんなんARIKA”で、ドクトリン・ダークの

コンボが呪文のようにささやかれていたのが、印象的なシリーズでした。

 

Ⅲはいぶきがイメン。サブにはアレックスやらネクロやら。

3rdからはサブとしてトゥエルヴやまことも使い出してみましたが、結局対戦では

余りモノになりませんでした。

いぶき使用時のSAは鎧通しに拘っていたのは、懐かしい思い出。

打撃当たりすると泣けますが、投げとして入ると痛いんです。

 

こうして振り返ってみると、キャラに一貫性が見当たりません。

その時のキャラのフィーリングで使っている印象が。

武神流というキーワードに引かれるのは、間違いないのですが。

Ⅳのエル・フォルテを使う理由は、ルチャなマスクマンだからに他なりません。

うーん。割と華のあるキャラを選んでいるのかしら?

投稿者 Wut : 13:03 | コメント (2) | トラックバック

発売していたんだ!

怒首領蜂大往生ブラックレーベル EXTRAは、もう発売していたんですね。

2月下旬あたりとしか覚えていなかったのと、スト4の予想外のハマリ具合に

すっかり忘れていました。

 

思い出したのはこの記事を読んで。

 

XNEWS:

怒首領蜂大往生ブラックレーベル EXTRA タイトルアップデートを実施

 

私の腕前では関係の無い話なのですが、ARCADE MODE -OLD VERSION-白

で、「Xbox LIVE GAMEでプレイして2周目に到達するとある条件でゲーム

がフリーズする」といった不具合が発生しているそうです。

 

うーん。

ゲームそのものを買うのは、アップデート後でもいいかなぁ…などと思えてきました。

スト4も楽しいですし、以前に記事にしたDemon's Soulsに関しても、未だに気持ちが

ふわふわしていますし、バイオハザード5も間近ですので。

 

どちらかというと、スト4とDemon's Soulsが主要因かしら。

Demon's Soulsに関しては新規タイトルなだけに、未体験ゾーンなんですよね。

気になるなぁ。

投稿者 Wut : 11:21 | コメント (2) | トラックバック

2009年2月25日

ずびずばびずば :Fallout3

体調を崩したらしく、鼻っ風邪をこじらしているようです。

昨日は若干、目元が熱かったのと、ちょっと頭が痛かったのもありましたが、

一日寝てそれらはなくなった様子。

 

まぁ、それでも夜勤から帰ってきて、素直に寝ずにゲームをしていたんですけどね。

流石にスト4をするのは体力的にも、判断能力的にも辛かろうと思い、Fallout3で

荒廃した世界をウロウロしておりました。

 

廊下に地雷を並べた後に、消音機付き10mmハンドガンで壁を撃って、敵を引き寄せ

巻き込んだり、タレットのコントロール端末をハッキングして、ターゲットを無差別に

してみたり。

バニスター砦の中を散策して回りましたが、これといって収穫は無く、入手できたのは

大量のレーザーライフルとコンバットショットガン、幾つかのミサイルランチャーくらい

でしょうか。

良かったのは、スナイパーライフルが一丁入手できた事ですか。

リペア用に重宝します。

 

結局、やったことと言えばタロン社の傭兵が根城にしている砦を、ひとさくり

爆発物で荒らして、親玉らしき人物をレーザーで灰にした事くらい。

会話の余地もなかったですしねぇ。

実績の解除はなかったですが、こういう散策だけでも地味に面白いんですよね。

 

中立と悪人のカルマ実績は、何時やろうかしら。

投稿者 Wut : 13:53 | コメント (2) | トラックバック

2009年2月24日

やはり気になる 欲しくなる

coco's bloblogさんのエントリを読むと、ますます「Demon's Souls」が気になり

出しましたわ。

 

キーワードは「スペランカーなみによく死ぬ」と「積み重ねは確実に進歩に直結する」。

いいね。いいね。トライ&エラーの極みやね。

力押しが出来ないというのも、凄くいい。

 

うわー。どうしようかな。

これはMGS4以上に遊んでみたいという気持ちが、高まってきているなぁ。

PS3本体ごと購入するのはやぶさかではないのですが、まずその本体の置き場所を

確保しなければならないという事を考えると、ちょっと億劫になってしまうんですよね。

PS3の本体も結構デカイですからねぇ。

 

でも、遊んでみたいなぁ。

投稿者 Wut : 13:58 | コメント (0) | トラックバック

思わず購入1,600円

PLAY-ASIAから届いたメールに、「TimeShiteが1週間だけスペシャルプライスで

US$ 16.90です」と書かれていたので、思わず購入してしまいましたよ。

日本語版は出なさそうですしね。

日本円での価格は、約1,600円。

 

勢いあまってF.E.A.R 2 Project Originまで買いそうになりましたが、特別価格品と

一般価格品を合わせてかって50ドルを越えてもクーポンの割引対象外なので、

慌ててカートの中から取り除きました。

ただ、2本で6,700円程度なんですよね。安いわー。

 

どちらも一人称な3Dシューターなのですが、TimeShiteは時間を止めたり

巻き戻したりと自由に操れる特殊な能力を駆使しながら攻略を進めるゲームで、

F.E.A.R 2 Project Originは相手がスローモーションで見える能力を持つ男が

主人公のホラー系FPS。

 

F.E.A.R 2 Project Originは「たのみこむ」でローカライズを頼み込む為の表を

集めていますが、「たのみこむ」は余り好きになれないので賛同していません。

ローカライズは確かにして欲しいのですけどね。

投稿者 Wut : 13:06 | コメント (0) | トラックバック

2009年2月12日

難しくなってるのか、腕がなまってるのか :スト4

予約をしていないにも関わらず、何とか無事ストリートファイター4を購入できました。

会社の帰り道に寄った某Y電気では、Xbox360版は売り切れ。

だもんですから家を通り越して、よく予約などを頼むゲームショップに出向いたところ、

何とか確保に成功しました。

 

とりあえず、ゲーセンでも使っていたルチャ・ファイターであるエル・フォルテで

アーケードモードを遊んでみたところ、4人目で見事にノックアウト。

難易度はミドルだったのですが、まさか4人目でゲームオーバーになるとは

思いもよりませんでした。

ちなみに相手はアベル。

くるくる回るなー!

二度目はベガに立ちはだかれて終了。

ぬぅ。

 

しかし、牽制技が早くてリーチのあるキャラと当たると、エル・フォルテの近距離

通常技の出の遅さを改めて痛感させられます。

強パンチループを習得せねばいかんかなぁ。やはり。

難しいのよなぁ、アレは。

 

しかし、全体的にコマンド投げが強い印象なのは、相変わらずか。

アベル。ザンギエフなどに投げられること投げられること。

 

そうそう。結局、片付けが間に合わず、ジョイスティックは胡坐をかいた足の上に

置いて操作しております。

そんなに違和感は感じないのですが、実際のところ微妙にコマンド入力に

失敗したりと、操作するとゲーセンとの環境の差が分かります。

うーん。こんなんでラックマッチに挑戦しても、大丈夫なのかー?

 

そして、隠しキャラクターに関してですが、うーあさんの所に書かれた情報ですと、

ダンを使うには”リュウ”でアーケードをクリアして”さくら”をまず出し、次に”さくら”で

アーケードをクリアする必要があるのだそうな。

……。

 

長そうだなぁ。

簡単なモードでも、隠しキャラでるんかしら?

投稿者 Wut : 21:14 | コメント (2) | トラックバック

2009年2月11日

さぁ、終わった :アナザーコード:R

犯人はヤス!

 

…違う?

 

冗談はさておき、1つの仕掛け箱を開けるのに、1時間以上悩んだのは内緒です。

開ける事が出来たときも、押すボタンは間違っていないのに、アレする事で

開いたのはよく分かりません。

何でだろう?

 

何はともあれ、再度章が切り替わって”終章”と表示された時には、アシュレイの

長い一日がようやく終わるのだなぁ…と感慨にふけりたかったのですが、

犯人の外道振りにそれどころじゃなくなったり。

 

最後の章は、それほど謎解きらしいものもなく、すんなり進める事が出来ました。

全体を通してみると、簡単な仕掛けとそうでない仕掛けの差が極端なような気が。

それとも、答えの意味に気付かずに解いてしまったから、難しく感じているのか…。

そんな事をエンドロールを見ながら考えてみたり。

 

2周目もあるようなのですが、1周目との差が殆ど無いようなので、

アナザーコード:Rのプレイはこれで一旦終了です。

 

さて、明日はストリートファイター4の発売日なのですが……部屋が余り片付いて

ないですな…。

強引にモノをどかして、スツールだけ引っ張り出そうかしら。

投稿者 Wut : 23:04 | コメント (0) | トラックバック

2009年2月10日

終盤もイイトコです :アナザーコード:R

クルーソー・リゾート跡地、JCヴァレーと潜入し話も終盤になってまいりました。

 

謎の男の正体も分かり一安心かと思いきや、JCヴァレーに入ってからは誰を

信用してよいのか今ひとつ分からない状態に。

とりあえず、父親であるリチャードのいう事ならば間違いない……ハズ。

 

ここにきて一箇所だけ難問に直面し、あーだこーだと悩んだ偶然に答えを

出しましたが、何故この答えなのかが分かりません。

恐らくアイコンらしきモノのから導き出される文字と、数字とで何かしらの関係が

あるのは間違いないのですが……どんな関係?

 

そこから、更にあっちでモニョモニョ、こっちでモニョモニョ。

事実と真実を聞き、そしてついにアナザー登場。

そして、更にお使いを頼まれました。

 

というのが今現在、これを書いている時点での進行状況。

色々書くと、思いっきりネタバレになるのでモドカシイー。

 

アドベンチャーゲームは、自分で考え、自分で発見してこそ面白いので、

抽象的な事位しかかけませんわ。

遊んでいる人がうっかり見ても大丈夫な文章を心掛けていますが、遊ばないと

決めている人には抽象的過ぎて面白味にかけるかもしれません。

申し訳ありませんが、ご了承ください。

後、アナザーコード:Rの攻略情報を求めて、ここに流れてきた人。

ここには、そんなものは無いですよ。

むしろ、自力解決を推奨するんだぜ!

 

要は「もう少しで終わるかも?」という事です。

ここから更に二転三転したら、話に付いて行けるか心配です。

しないよな~。したらしたで、面白いかもしれないけど、引っ張りすぎだとも思うし。

投稿者 Wut : 20:26 | コメント (0) | トラックバック

2009年2月 8日

5章突入 :アナザーコード:R

少しずつ話が進んでいるアナザーコード:R。

ようやく時計台に入れるようになりました。

 

こちらスネーク。

今から時計台に潜入する。

 

それはさて置き、サーモン・ライスバーガーというアイテムがゲーム内に

登場するのですが、何だか描写を読んでいると旨そうに思えて仕方が

ないんですよねぇ。

ライスで作ったバンズに焼きたてのサーモンをはさみ、特性のソースで

味付けするのだとか。

ある日本人が教えてくれた「おにぎり」をヒントに、店のマスターが発案した

メニューだそうです。

冷めても美味しく、冷凍しても解凍する事で味を落とさず食べられる。

そんなライスバーガーらしいのですが、任天堂がどこかとタイアップして、

実際に販売しないかなぁ…などと思ったり。

 

去年にサークルk・サンクスと「テイルズ オブ」シリーズがタイアップして、

マーボーカレーをコンビニで販売しましたし、これは終了してから知ったのですが、

モンスターハンターとパセラというカラオケボックス・チェーン店がタイアップし、

「狩人達の宴」と称してゲーム内で登場する料理などを実際にメニューとして

販売していたそうです。

 

こういう事はしないかなぁ、任天堂。

昔にこういう事をして、痛い目を見たと言う話もどこかで読んだ事がありますし。

上記2作品ほどの知名度もないので、やらないかもしれませんねぇ。

 

感覚的には、ゲームはまだ中盤くらいなのかしら?と予想しております。

JCヴァレーの社屋も、崩れた土砂の向こうにある、クルーソー・リゾートの社屋にも

まだ行けないので。

もしかしたら、行かないのかもしれませんが、クルーソー・リゾートくらいは行けそうな

感じなんですよね。マップをみていると。

ライアンもジョン・スミスとあからさまな偽名を名乗った男も、まだまだどういう理由で

動いているのか良く分かりません。

うーん。先が見えないなぁ。

 

それにしても、今回の謎解きは、前作よりも簡単になっている気がするのですが、

気のせいですかねぇ?

投稿者 Wut : 19:34 | コメント (0) | トラックバック

2009年2月 7日

リモコンを見立てる :アナザーコード:R

現在は第4章。

 

屋外の移動は行ける場所といけない場所が割りとハッキリしていて、ゲームの

進行に合わせて新しいエリアへ進むための謎解きに挑戦できると言う塩梅。

また、時と場合によっては、人物の存在によりその先に進む事ができない事も

しばしばあります。

こういうハッキリした仕切りが用意されているのは、好き嫌いが分かれるところかも

しれませんね。

フリーダムに散策させてくれー!という人には、ちょっとじれったいかもしれません。

 

Wiiのソフトですと、リモコンの傾きセンサーを使うゲームがいくつもありますが、

このアナザーコード:Rでも幾つか傾きセンサーを使う要素が幾つかあります。

例えば何かを投げる際にはリモコンを振って投げ、振りの強さで投げたモノの

距離が変わってきたりします。

 

今現在は、水質検査キットというアイテムを使う際に、リモコンを使っています。

水を試験管にすくうまでは自動的に行ってくれて、試験液を試験管の中に垂らす際に、

リモコンを試験液の瓶に見立てて傾けると、ゲームのなかで液剤がポトポトと

試験管の中に滴下されます。

適量の液剤を注いだ後、次はリモコンを試験管に見立てて軽く振ります。

すると徐々に色が変化し、サンプリングした水の水質が分かるという仕組みに

なっています。

 

他には、ガムボールマシーンの取っ手を捻る際には、ポインタを合わせてAボタンを

押したまま、リモコンを捻るという動作をしたり、ダンボールの切れ端で風を送る為に、

リモコンを団扇で扇ぐように上下させたりする事もありました。

 

アドベンチャーゲームなので、しょっちゅうそんな変わった操作をする訳では

ありませんが、逆にアドベンチャーゲームだからこそ、リモコンを何かに見立てるという

頭を使った発想を求めるのも面白いかもしれませんね。

 

しかし、今回は割りと次に何をすれば良いのかという誘導が多くて、そんなに

悩む事がないかもしれません。

変に媚びないで構わないので、もっと骨太のアドベンチャーゲームを遊ばさせて

下さい。

アドベンチャーゲームは、悩んでナンボですよ。

 

#家を探せ。

投稿者 Wut : 20:31 | コメント (0) | トラックバック

2009年2月 6日

怖がりだけどホラー好き :F.E.A.R. 2

しばらく前に海外タグの方で新着デモなどが無いか見ていましたら、

F.E.A.R. 2: Project OriginというSFホラーFPSの続編がアップされていたので、

遊んでみたわけですよ。

 

演出がゲームというよりも映画に近い感じで、日本のゲームですとムービーに

切り替わった後に風景が急に変わったりという演出が入ったりしますが、

F.E.A.R. 2ですとゲームをプレイ中に急に風景が変わり、そのままゲームを進める

事になったり、白い靄のような人影(よく見るとちゃんと顔もある)が襲ってきたり、

遠くに少女の影が見えたりと、なかなかにホラーなゲームになっています。

 

海外のホラーというと、比較的物質としてそこにある恐怖…みたいなモノが

多いですが、 F.E.A.R. 2: Project Originはそれに加えて心霊的な怖さも

含まれているそうです。

それもそのハズで、開発者は日本の「零」にかなり影響を受けているのだとか。

 

廊下で急に電気が消え、通路の両側に並んでいるロッカーが、画面奥から

順番に勢い良く開け放たれたり、戦場になっているハズの屋内で、どこからともなく

赤ん坊の泣き声が聞こえてきたり。

思わす「怖ェー」と口にしてしまう演出を、デモ版でも体験する事が出来ます。

 

ゲームの方は、主人公がちょっと特殊な能力を持ったFPS。

Yボタンを押すとしばらくの間だけ、敵の動きがスローモーションになります。

それ以外は、特に変わった点に気付きませんでした。

体力はゲージ制で、まずアーマーのゲージがあって、通常はアーマーが

失われてから、体力が減ってゆきます。

メディキットのようなものを1つだけ持ち歩けるようで、体力ゲージだけならば、

それを使い捨てることで何処ででも回復が可能なようです。

兵器に関しては近未来的で、サブマシンガンから始まりレーザービームを照射する

兵器や、中に乗り込んで戦うパワード・アーマーも存在します。

ホラーなシーンと、近未来な戦いの場面とがギャップになって、お互いを

引き立てているように思えます。

 

デモは時間性なのか、途中でぷっつりとゲームが終了してしまいました。

ですが、ゲームの醍醐味は体験できたと思うので、怖いモノもFPSも大丈夫と

いう方は、海外タグでデモをダウンロードしてみては如何でしょうか。

 

前作のコンシューマー版は、日本でも発売予定でしたが中止になってしまい、

PC版でのみフルローカライズされたモノが遊べるそうです。

今作はなんとか移植して欲しいなぁ。

 

F.E.A.R. 2: Project Origin ロンチ・トレーラー

投稿者 Wut : 13:35 | コメント (0) | トラックバック

DSiとWiiリモコン :アナザーコード:R

相変わらず家を開けっ放しのパパから、新型のDASを送りつけられたので、

しぶしぶ出かけるのがWii版のアナザーコード:Rの出だしです。

 

DS版から2年後の話なのですが、アシュレがギターを弾いていたりして、

「あー。月日が流れたんだなぁ」という事を実感させてくれます。

 

さて、アシュレイ パパが送ってきた新型DAS。

どうみても、DSiにしか見えません。カメラ機能まで付いていますし。

前作はDS発売から間が無いという事とプラットフォームがDSという事もあり、

DASもDSにしか見えなくても「雰囲気だしてるなぁ」という具合にみていましたが、

今作のDASがDSiに見えてしまうのは、ちょっと狙いすぎな気もしないでも

ありませんが、もしかすると、この作品はもともとDS用に開発されていたんじゃ…と

邪推してしまいます。

ちょっとゲームを進めると、Wiiリモコンにしか見えないRASというのも出て

来ますしねー。

 

ゲームの基本は前作と同じく、色々なところを調べ、仕掛けを解いてゆく、

ちょっと懐かしい感じのアドベンチャーゲーム。

時々、Wiiリモコンの傾きセンサーを使った操作もあったりと、積極的にハードの

ギミックを使おうとしている所も、前作と変わりありません。

 

今作は3Dなポリゴンで、キャラクターやオブジェクトが動くので、パッと見た感じは

今風のゲームに見えるのですが、根っ子の方はDS版と変わらない印象なので、

DS版が楽しめた人であれば楽しめると思います。

 

今回、移動には2種類ありまして、前作のようにドアなどの行き先をクリックして

移動する方法と、道路にそってキャラクターを走らせる方法の2通りです。

前者は今のところ屋内での移動方法。後者は屋外での移動方法です。

後者の移動は移動方向に表示される矢印をポイントし、Aボタンを押し続ける事で

移動し続けますが、リモコンに付いている十字キーでも代用できます。

 

移動以外にも、DASを開くのには+ボタン。会話などのログを見るのは②ボタンと、

ショートカットできるボタンがあります。

 

今回は舞台が湖に面したキャンプ場という事もあり、人と接することが多く

あります。

時々、会話の中から、キーワードのようなモノがピックアップされ、後でそれに

ついて訊ねる場面があったり、人物に何かを聞かれ、その答えや意思表示を

選択する事があったりします。

今のところは、それで何かが分岐したんじゃないか?と感じる事はないのですが。

恐らく、このゲームも肝は、仕掛けを探して、それを解明する事なので、

会話では謎解きよりもストーリーの追従に重きを置いているのかもしれません。

 

とは言え、まだまだ序盤のような印象ですし、プレイ時間も長くは無いので、

これからどのような仕掛けや謎が待ち受けているのか楽しみです。

 

そうそう。前作と同様に、今回も章の終わりにまとめの設問があるので、余り

ボーっとゲームを進めていると、大事なことを聞き逃したりするかもしれません。

注意して下さい。

投稿者 Wut : 13:00 | コメント (0) | トラックバック

2009年2月 5日

来たぜ、来たぜ EXSEが来たぜ

以前に紹介した、Xbox360用 リアルアーケードスティックPro.EX SEが

今日届きました。

運送やの兄さんが運んできた箱をみて、「でかっ!」と心の中で思ったのは

内緒です。

 

大きさは、こんな感じ。

 

 

ダンボールの上に載っているのはタウン情報誌TJ TOYAMA。

大きさはA4変形だそうです。

A4変形と言われても分からないんだぜ!という人の為に、更に身近だと思われる

一般的なサイズの漫画単行本と比較してみましょう。

 

 

うーん。やはり、デカイですよねぇ。

一番良いのはXbox360本体との比較なのでしょうが、ケーブルを取り外すのとかが

面倒なので止めました。

では、御開帳。

 

 

装飾に拘らない、質実剛健な感じが伝わってきます。

 

 

さらにドン。

 

 

そして、製品本体です。

 

質量2600g。大きさは412×243×135mm(幅×奥行き×高さ)。

片手で持ってみると、なかなかの重量感。

レバーは入力するごとに、カチカチと小気味の良い音がします。

嗚呼。このレバーが好きなんですよ。

これでなきゃという訳でもないですが、慣れ親しんだ感触というのでしょうか。

いい感じです。

 

余談ですが、私のレバーの持ち方は俗に「ぶっさし」と呼ばれる持ち方だそうで、

格闘ゲームなどの操作にはレバーの玉を上から握りこむ様に持つ、いわゆる

「かぶせ持ち」と呼ばれる持ち方が良いと聞いた事があります。

しかしながら、癖と言うのは恐ろしいモノで、なかなか直らないんですよね。

なので、相変わらず「ぶっさし」のままです。

左側へ、トントンと続けて入力するのが、ちょっと辛いですが。

 

ジョイスティックも買ってしまったことですし、スト4も買おうかしらねぇ。

宝の持ち腐れにならないように、使っていきたいトコロです。

まずは、部屋の片付けからですか。

 

置き場所確保ダー!

 

パイプスツール周辺の空間が確保できれば、パイプスツールの上に置いて

プレイ出来るのですが、やはりベストはスツールに座りながら、円卓の上に

置いて操作なんですよねー。

短期間で卓上までは、無理かなー…っていうよりも、面倒だなぁ。

 

とりあえず、今は出勤時間まで買ってきたアナザーコード:Rをプレイするのです。

投稿者 Wut : 13:32 | コメント (3) | トラックバック

2009年2月 3日

20体に届かない :忍者部

落ち着いてやれば出来る。

落ち着いてやればデキルンダァー!

とか思いつつ、変に緊張しちゃってデキマセン。

テヘッ☆

 

いえね、NINJA BLADEの実績に「Mission2"巧" フィニッシュ攻撃20回以上して

クリアしてください 」というのがあるのですが、これがなかなか難しいんです。

今に思えば、武器を強化する前にやっておけばよかった…と思うくらいに、

フィニッシュ派生前に敵が死ぬので。

また、フィニッシュ攻撃に派生しても、タイミングよくランダムに表示されるABXYの

どれかのボタンを押さなければならないので、変に緊張してしまい違うボタンを

先走って押してみたり。

サッキハコノボタンダッタジャナイカー!(ランダムに表示される仕様です)

派生のタイミングも敵で微妙に違ったり、与えるダメージの量で派生しなかったりで、

「これは新しいデータで始めた方が、解除できるんじゃないか?」と思えてきました。

 

ちなみに、一番フィニッシュ攻撃に派生しやすいのは太刀なのですが、ゲームを

クリアした時点での太刀は最大強化になっているので、触るもの皆傷つける

ギザギザハートの子守唄な武器になっています。

 

純粋に反応速度だけを試されると、辛いわー。

年齢的にはゲーマーのピーク越えてるってのもあるのだけど、それより何より

覚える要素が無いっていうのが辛いわ。

受付時間が長めなのが、不幸中の幸いと言うか。

 

ミッション2の”功”を解除する為に、何度も何度もミッション2を繰り返していたら、

何時の間にか評価Sも普通に取れるようになっていたり。

でも、20体まで届かない。

今のところの最大は17体。

変に緊張するし、覚えられないし、ちょっと爽快に思えた時期も合ったけど、

そればかりを狙いだすとなかなか達成できないので、爽快感も失われたし、

もうね。

 

誰だよ!覚えゲーはダメだなんて言ったヤツは!

 

人は記憶をして、成長するんだよ!

 

蓄積された技術が反映されないゲームは、辛いわぁ……。

投稿者 Wut : 13:26 | コメント (4) | トラックバック

2009年2月 2日

東京解放 :忍者部

真面目にバカをやるニンジャゲーム NINJA BLABE の難易度 -普通- をクリア。

 

最後のステージも、バカ演出でした。

おバカ万歳!

 

それにしても、小さいのよりも、大きいのの方が攻略が大変だったなぁ。

双刀振り回していれば、弾き返せる攻撃もあったりするので、そういう攻撃は

比較的安心感があるのですが、剣を刺しての波状雷撃がどうも苦手で、

結局は収まるのを待って、収まった隙に太刀に持ち替えニンジャビジョン。

時間を遅くしてから一気に近付き、そのまま攻撃というのが一番良かったような

気がします。

 

そして、ライフゲージを0にしても、TODOME BLOWの発動に2度ほど失敗し、

Go to やり直し。

ライフが1/3ほど回復した状態から、もう一度ゼロまでダメージを与えなければ

ならないハメに。

ウワーン。面倒クセェー!

 

小さいのは、特定の武器で殴っていれば良い事に気付いた時点で、オレヴィクトリー。

 

ミッション9は、リトライ6回もして評価S。

これは正直、どうかと思うんだぜ。

 

とりあえず、現在は各ミッションの”巧”実績を狙っていますが、ミッション2の

フィニッシュ20回は辛いわー。

しっかり見てこなせばいいんでしょうけど、武器が強くなりすぎて、どのタイミングで

Yボタンが出るか今ひとつ把握できなかったり。

その後も、ボタンがほぼランダムっぽいので、しっかり見てから出ないと

反応できません。

ここでのボタンを押すタイミングは評価の対象にならないので、受付時間は

割と長いハズなのですが……。

「○○分以内にクリア」な実績は、武器を強化してしまえば楽に達成できそう。

 

「武器・忍術を全て最大まで強化」な実績は、ゲームをクリアしても4つ目の

忍術が得られずに、アレ?と思っていたのですが、調べてみたところ、4つ目の

忍術は難易度 -難しい- をクリアしないと、入手できないのだとか。

ナンダソリャー!

何だよ、そのプレイ時間稼ぎみたいな罠はよぅ。

そんなだったら、強化にどれくらい突っ込めばいいんだよぅ。

 

むぅーん。

とりあえず、気が変わらないうちは、NINJA BLADEで実績解除かのう。

5日にはWiiのアナザーコード:Rも発売される事ですし。

 

余談:

ムービーアクションパートは「覚えゲー」にした方が、成功時の達成感があると

思うんだぜ!覚えていれば、パーフェクトを狙えるかも!というモチベーションの

上昇にも繋がると思いますしね!

ランダム要素が混じるQTEは、正直ダルイです。

投稿者 Wut : 12:32 | コメント (4) | トラックバック

2009年2月 1日

これはちょっと興味深い Demon's Souls

今遊んでいるNINJA BLADEを製作した会社であるFROMSOFTWAREが、

PS3でアクションRPGを出すそうです。

 

impress GAME Watchの記事を読んでいると、「チャレンジ」、「発見」、「達成感」を

提供するというコンセプトがあるらしく、「丁寧すぎる誘導」、「過剰で一方的な

ムービー演出」を排除したゲームになるのだとか。

 

システム面の詳しいことは記事を読んでもらうとしても、オンラインに繋げる事で、

間接的な協力関係…というよりも「助け合い」を意識できるようなシステムを、

ゲームの中に盛り込んでいるそうです。

 

ただ、メッセージに関しては「先行利益」的な要素が大きいと思うのですが、

後発はメッセージを見て、攻略のヒント(或いは攻略そのもの)を知るのだから、

それで調整がとれているんですかねぇ。

ちょっとシステムの調整結果が気になります。

残せるメッセージの数に制限があったり、時間と共に失われたりするのかしら?

 

プロモーションムービーだけみると、そんなに面白く思えない辺りが悩ましい。

 

プラットフォームはPS3。

発売日は2月5日。

価格は6,980円也。

 

impress GAME Watch:

“助け合い”がテーマのアクションRPG。

SCEJ、PS3「Demon's Souls(デモンズソウル)」

 

Demon's Souls:

公式サイト

投稿者 Wut : 18:11 | コメント (0) | トラックバック

2009年1月31日

バカは誉め言葉 :忍者部

現在は、ミッション4まで攻略。

 

難易度はニンジャガイデンよりは低い印象なのですが、どうも今ひとつ操作の

感覚になれないというか、アスレチックな移動をするパートで、壁走りからジャンプを

して、反対側の壁に移って壁走りというアクションの操作が、なかなか上手く

いかないなぁ…とか思っていたら、Aボタンと移動方向のスティックを同時に

操作しなくても大丈夫な事が判明。

 

先にスティックを移るべき壁の方向へ入れても、Rトリガを押していれば下に

落ちないんですね。スティックを先に操作してから、Aボタンで安定して壁移りが

出来るんだ…と気付いたときには、遊びやすく親切だけど、この操作は従来の

アクションゲームとはちょっと違うよなー…などと思ってしまいました。

 

あと、初期の黒いスーツでゲームをしていると、暗がりの中での引いた画面で

戦うシーンでは、自キャラがどこにいるのか判別できない瞬間が、何度かありました。

コスチュームは出撃前に変更できるので、ここで明るい色に変更しておくのも、

1つの攻略なのかなぁ……などと思うと同時に、その場面にならないと分からない上に

分かった直後に対応できない仕掛けは、ゲームの仕掛けとして破綻しているんじゃ

ないか?と勘繰ってみたりも。

 

色々書いていますが、ゲームとしては面白いんですよ。

演出なんかも、真面目にウケを狙いすぎて、バカ演出になっている事がありますし。

ただね……なんていうか、こう……ゲームとして濃くないっていうか……1つの

ミッションをクリアしても、達成感がちょっと薄いっていうか、満腹にならないっていうか。

 

ムービーみがならボタンを押すパートが結構多いので、気が抜けない割りに爽快感や

達成感が薄く感じられるというか、リスクな殆ど無い代わりに、リターンもそんなに

多くないというか。

ネギ、豆腐、油揚げの入った味噌汁だと思って飲んだら、お吸い物だった…というか。

何だろうなぁ。

面白いのは間違いないんですが。

 

#何かこうグッと惹かれるモノが感じられないというか、魂に響いてこないというか。

#出来が良い印象で、尖った「何か」がないのかしら?

投稿者 Wut : 21:23 | コメント (1) | トラックバック

2009年1月30日

アクションとアスレチックとシネマティック :忍者部

NINJA BLADEですが、現在はステージ2まで攻略終了。

初見でミッション評価Sを出すのは、難しいですわ。

 

DEMO版は結構短い時間しか遊べなかったのですが、実際に1つのミッションは

それなりに長い印象でした。

今のところのゲームの印象は、敵とばっさり斬り合うアクションパートと、

如何に素早く障害を渡れるかというアスレチックパート、そして、このゲームの

売りであるムービーアクションパートの3パートに分類できそうな気がします。

そして、それぞれのパートがミッションの1/3ずつを占めている感じです。

その為に、ニンジャガイデンのようなガッツリ系アクションを期待していると、ちょっと

肩透かしを食らってしまうかもしれません。

 

ムービーアクションパートは、ムービー中に表示されるボタンや、スティックの

表示にあわせて操作するパートで、成功するとムービーが先に進み、失敗すると

巻き戻ってやり直しになります。

難易度「普通」では特にダメージなどのペナルティはありませんが、ミッションの

評価に関わってくるので、何度もやり直していると評価も鰻下がりに下がって

ゆくでしょう。

操作のタイミングで、パーフェクトからグッド、ミスなどという評価が得られるのですが、

グッドで成功するだけであれば、結構な余裕があるので、慌てて操作ミスを

しなければ、そんなに難しいパートでは無いように思えます。

ただ、実績にあるように「パーフェクトを10回連続で成功させる」となると、難易度が

一気に跳ね上がります。タイミングや操作のパターンを熟知する必要があるでしょう。

 

ニンジャガイデンほどカメラワークに無理が無いので、遊びやすいアクションという

印象があるのですが、ゲームのタイプとしてはトライ&エラーで遊ぶタイプで

ある事に違いはありません。

 

敵に止めを刺すアクションとしても、表示されるボタンの順に押してゆくという、

操作を求められる事がありますが、こちらも成功するとボーナスが入るものの、

失敗のデメリットはありません。

 

良質なゲームであるとは思いますが、結構選り好みされるゲームの部類に

入りそうな気がします。

極端な話をすると、ゲームの3分の1は、映像を見ながら表示される操作を、

順番にこなしてゆくダケになるんですから。

個人的には、もっと純粋なアクション部分を多くして、ムービーアクションのパートを

要所要所のスパイスとして盛り込んでくれた方が、より私好みのゲームに

なったように思えます。

 

爽快感としても、God of warやGA:BRの方がフィニッシュアクションの爽快感は

上であるように思えてしまいます。

ムービーアクションのパートは、パーフェクトを取っても今ひとつ爽快感が薄いと

いうのが、正直な感想なんですよね。

 

一度クリアしたミッションはフリーミッションとして何度でも遊べ、そこで得られた

強化血晶はそのまま累積されるので、先に進むのが困難になってきたと感じたなら、

強化血晶を貯めて武器や忍術を強化して、改めてチャレンジするという選択も

出来ると思われます。

 

遊びやすく楽しいのだけど、何かこう……ちょっと物足りないんですよね。

投稿者 Wut : 20:50 | コメント (2) | トラックバック

2009年1月29日

NINJA DIVE! :忍者部

Xbox360の物語で、未だ始まっていないモノが幾つかある。

 

それは、広大な宇宙を舞台にした、一人の兵士の物語である。

それは、大空を舞う鋼の鳳の物語である。

それは、林立するビル群を駆け抜ける、女性の物語である。

それは、王子と一人の女性の物語である。

 

だが、それらの中を駆け抜け、1つの影が東京の夜空に舞い降りる。

 

NINJA BLADE 始っまーるよー♪

 

という事で、つんであるゲームを消化する暇も与えずに、新作が続々とでる

Xbox360のタイトルリリースに嬉しい悲鳴を上げつつ、ちょっと遊んできます。

DEMOを遊んだ限りでは、ニンジャガイデン2よりは遊びやすい印象がありますが、

製作はあのFROM SOFTWAREですからねー。

気が抜けません。

 

それでは、シネマティックにニンジャダイヴ!

詳細な報告は、後の感想をお待ちください。

投稿者 Wut : 21:46 | コメント (2) | トラックバック

アルファでありオメガである :Fallout3

何とかメインのクエストを全て攻略し、エンドロールを見る事に成功しました。

最後の暗証番号は「そんなん覚えてるかーい」という話で、1回爆発させてます。

 

リトルランプライトからVolte87へ向かった後は、さながらジェットコースターの

ようなストーリー展開。

大統領を口先で説き伏せ、スーパーミュータントの友人ができ、ブラザーフットオブ

スティールと共に最後の決戦へ。

大型の兵器が飛び交うなか、巨大な兵器を先触れに、前進するB.O.Sの面々。

戦争さながらの迫力に、否が応でも盛り上がります。

うーわー。爆弾、手で投げてるー。

 

目的地に着いたところで、最後の障害が登場するも、スピーチのスキルを成功させて

戦いを回避。

そして、最後に暗証番号を入力する場面で、暗証番号が分からずドカーンと

やらかしてしまいました。

でも、エンディングはエンディング。

 

クエストに関係するメモは見ていたのですが、正直に良く分かりませんでした。

後で調べてみると数字は判明したのですが、その数字の意味が分からず

ウンウンと考えた挙句に思いついたキーワードを入力して検索みると、それは

黙示録の章節であるという事が分かりました。

 

聖書の事なんか分かるかーい!

 

たしか、ゲームの最初のほうで、父親から母の好きな言葉だと言うことで、確かに

教えては貰っていますが、その答えは日本人であり仏教徒である私にとって、

非常に分かりにくいモノでありました。

 

これからFallout3を遊ぶ人、或いは現在遊んでいる人。

ヨハネの黙示録を気にかけておいて、損はないですよ。

 

さて、後は合間を見て実績に関係するクエストを攻略するのと、中立と悪人でレベルを

20まで上げて、レベル関係の実績を解除しないとであります。

話のよれば、海の向こうではDLCが配信されたそうですし、それのローカライズにも

期待したいですねー。

投稿者 Wut : 21:20 | コメント (0) | トラックバック

2009年1月27日

リアルアーケードPro.EXにSE登場

Xbox360ユーザーで格闘ゲームやSTGをプレイする人にはお馴染みの、HORI製

リアルアーケードPro.EX。

業務用パーツを使用した、信頼と安定が売りのこのジョイスティックにスペシャル

エディションが登場したようです。

 

それが、リアルアーケードPro.EX SE。

 

具体的にどの辺りがスペシャルなのかというと、スティックやボタンのパーツに

アミューズメント機器パーツの製造でお馴染みのセイミツ工業のパーツを

使用しているそうです。

SEはスペシャルエディションというだけでなく、セイミツ工業のSEでもあったり

するんでしょうか。

 

価格はPro.EXより1,500円お高い13,500円。

発売日は2月5日。予約は26日から開始されているようです。

 

現在、Pro.EXが品切れの状態なので、どうしてもPro.EXが欲しい!という方は、

少し高いですがSEを購入するのも、1つの手かもしれません。

 

impress GAME Watch:

HORI、Xbox 360用「リアルアーケードPro. EX SE」発売決定。

レバーとボタンにセイミツ工業製を採用

 

HORI :

リアルアーケードPro.EX SE

投稿者 Wut : 21:06 | コメント (4) | トラックバック

2009年1月24日

ハリウッド的ドラゴンボール ゲーム

某所で見かけた情報です。

ハリウッド映画のDragonball: Evolutionがゲーム化されるそうで、どうもその製作が

バンダイナムコらしいという話。

プラットフォームはPSP。

 

画面だけ見ていると、ドラゴンボールと言われるまでドラゴンボールと気付けない、

スバラシイ画面になっています。

 

詳しいネタはこちらをそうぞ。

 

411mania.com (英文)

Games - Namco Bandai Announces Dragonball: Evolution for the PSP

投稿者 Wut : 11:39 | コメント (2) | トラックバック

2009年1月22日

延びてました

なんとぉ、楽しみにしていたアナザーコード:Rがぁ、2月5日に発売延期していた

というオチ。

そりゃぁ、売り場を探しても無いハズだわ。

 

一緒に楽しみにしていたフラジールの方は、とある筋から「10時間で終わるらしい」

との情報を得た為に、まずは情報収集することに。

 

私としては大事なのは実プレイ時間の長さよりも、遊んで満足できるかなのですが、

流石に「10時間」というのには「むむむ…」と思ってしまいます。

それでも、アーク・ザ・ラッドの1作目や、バイオハザード0などもプレイ時間は

短かったですが結構楽しめたので、そういう感じのゲームであれば”買い”なの

ですけどねー。

 

何れにせよ、L4Dが日本で発売される日でもあるので、PS0とL4Dとの両方を

もにょもにょ遊ぶには丁度良いのかなぁ…なんぞと思ったりもします。

L4Dは、出来る事なら言葉の通じ合う日本人と遊びたいぜー!

外国人と遊ぶのがダメという訳ではないのだけど、言葉が通じないという事と

英語が苦手という事に、やはりコンプレックスはある訳なのだなぁ。

だったら、頑張って英語を覚えやがれという話なのかもしれませんガ。

投稿者 Wut : 20:47 | コメント (2) | トラックバック

2009年1月18日

DEATH OF THA ADDER :戦斧 獣騎手

なんとか難易度ノーマルを攻略しましたぜ。

デス・アダー戦でDragon Statueを1つ使って、その場復活したのですけネ。

 

クリアすると、新たな難易度のBrutalが登場。

ダメージが痛いだけでなく、敵の攻撃に色のエフェクトが付きません。

げぇー。モーションだけで、回避とパリィを見極めろと!?

どんなマゾゲーモードですか。

 

後は、クラッシック・コスチュームも追加。

初代ゴールデン・アックスで着ていた、白地に赤の縁取りがされたビキニウェアです。

こうして見ると、無駄に露出度高いなぁ。

 

それにしても、LEGENDARY GOLDEN AXEは近付くだけで雑魚敵がボンッ!ボンッ!

と爆ぜて死ぬ、なんともスプラッタでパワフルな出鱈目武器でした。

デス・アダーと戦っている最中も、LEGENDARY GOLDEN AXEでダメージを与えると、

Healthが少し回復するという能力まで持っています。

これじゃ、負ける気がしないぜー!とか思っていたら、攻撃を見切れなくて1回死んで

しまいましたが。

雑魚が斬りつける前に死ぬので、Titan Bonusを稼げないのが、LEGENDARY

GOLDEN AXEの唯一のネックですかねぇ。

 

ただ、LEGENDARY GOLDEN AXEをゲーム開始時に選択できるようになるには、

評価のポイントが累計で1億点必要なのだとか。

そんなにポイントが集まる頃には、きっと燃え尽きているんだぜ。

ちなみに現在の累計ポイントは、25000点くらい。

トータルのプレイ時間は、約8時間弱。

1億かぁ……まずは難易度修正が等倍な、エキスパートで良い点数を取れるように

しないとだなぁ。

 

Titan BonusとLOOTを如何に稼ぐかが、エリア攻略の評価を高める肝のように

思うのですが、Titan Bonusは攻撃を貰うと0%に戻ってしまいます。

Titan Bonusは目押し攻撃を当てたり、カウンターで止めを刺したり、Brutal Strike

(演出の入った技)を出したり、ビーストに乗って敵を攻撃すると上昇します。

上限は1000%なのだとか。

実績には「Titan BonusをMAXにする」という項目もあるのですが……結構大変な

話ですね。

仕掛けを動かさない限り、無限に湧いてでるポイントで稼いだ人もいるようですが、

骨の折れる作業な感じがします。

 

他の実績も各ステージの評価がA+の実績とか、流石洋ゲーと言わんばかりの

マゾさで、目眩がしてきます。

ハック&スラッシュなアクションゲームとしては、なかなかに面白いのですが、

作業をするとなると、これまた辛い話ではあります。

現在の時点で得られた実績は225G。

本当に暇を見て…という感じになるのか、その気がある内にちょっとでも頑張るのか。

実績システムは本当に悩ましいですね。

投稿者 Wut : 17:03 | コメント (0) | トラックバック

2009年1月17日

仕掛けの意地が悪いなぁ :戦斧 獣騎手

アクション関係はなかなかに良好な印象のあるGolden Axe: Beast Rider。

普通に走っていれば、崖の端に立っても落下しないところを、敵の攻撃で飛ばされて

落下し、一撃死でゲームオーバーなどというシーンもちらほら見かけるように

なって来ました。

 

その場復活のコンティニューには制限回数あり。

リスタートする場合は制限回数が減りませんが、チェックポイントまで引き戻される

という、なかなか硬派なアクションになっております。

それでも、チェックポイントでのオートセーブ機能とコンティニューがあるので、

その日のゲームを中断しても再開できるので、遊びやすいゲームだと思います。

一昔前だと、数時間かけてクリアしなければいけないゲームが、当たり前に

ありましたからねぇ。

 

そんな中、ちょっと気になるのはゲームの要所にある仕掛け。

ゲームを進める以外に、回復アイテムや、場合によってはその場復活の回数を

増やすアイテムへの通路を開く為に、仕掛けを作動させるの事があります。

その仕掛けは割りと理屈が簡単に分かるのですが、それを作動させる為の手順に

ちょっと手間がかかったりするのが、意地の悪いところ。

 

Aの敵をフックに吹き飛ばして串刺しにした直後から、制限時間内にBとCの敵も、

同様にフックに串刺しにしなければならないという場面がありまして、直進で

他の敵に近付こうとすると、地面から槍が飛び出してきて目の前を遮るんですね。

それを迂回してゆくと、迂回する先にも槍が出て、実は近付かないと分からない

槍で仕切られた通路が、地面に仕込まれているという有様でした。

ウヘー。面倒臭い。

 

また、あるときは、スイッチを踏んでから一定時間内に爆弾の並んでいる道を

進んで扉を抜けないと扉がしまってしまい、またスイッチを踏むところからやり直し

というシーンも。

 

現在は、巨大なモンスターにまたがって、モンスターの腹を満たしながら進まないと、

尻尾で叩き落とされて、自分がモンスターの餌になりそうになる…というような

なんとも嫌なエリアを攻略中。

Aボタンで敵を尻尾に刺して、X+Aボタンでパクリ。

満腹ゲージ(仮名)がなくならないように、注意しなければなりません。

敵に回すと、ダメージがデカイのう。

投稿者 Wut : 23:48 | コメント (0) | トラックバック

2009年1月15日

今風といえば今風 クラシカルといえばクラシカル :戦斧 獣騎手

結局、PLAY-ASIAに頼んでしまったGolden Axe: Beast Riderが先日到着。

他にも遊ぶべきゲームがあるのですが、とりあえずどんな感じか触って見ました。

 

Golden Axe: Beast RiderはSEGAの名作アクションゲーム「ゴールデンアックス」の

新作…といっても、見た目だけではゴールデンアックスだと分からないくらいに、

今の海外のアクションゲームっぽい見た目になっています。

 

プレイヤーの操れるキャラクターはティリス=フレアのみで、アックス=バトラーや

ギリウス=サンダーヘッド は、ステージ間のムービーで登場する程度です。

見た目は今風でも、ゲームの内容は昔と変わらぬハック&スラッシュなスタイル。

如何に上手く敵を倒すか。それがこのゲームの面白さの大部分であるように

思えます。

 

Beast Riderのタイトルの通り、このゲームは乗り物となるモンスターにも力を

入れており、モンスターに乗っていないと壊せない扉や箱があったり、モンスターの

スポーンするポイントがあったりします。

モンスターはどれもパワフルなのですが、小回りが利かない様子。

それでも、ステージの評価に関わってくるタイタンボーナスというモノを得るには、

モンスターに乗っていた方が簡単だと思えるくらい、モンスターの重要性が

あります。

もちろん、モンスターに乗らないで戦うという方法もありなので、モンスターに乗った

敵ごとぶった斬るのも可能です。

 

操作はLスティックで移動。Rスティックで視点移動。

Aでノーマルアタック。Xでヘビーアタック。

ボタンを押す順番で繰り出されるモーションが変化したり、ジャストタイミングで

ボタンを押すことによって、通常より強力な攻撃を放つ事ができます。

X+Aでノックバック攻撃。ときどき、この技で敵を蹴り飛ばす必要に迫られます。

Bでマジック。十字キーでマジックを選択し、Bで発動となります。

Yはジャンプ。ジャンプで敵の攻撃を回避したり、ジャンプ攻撃で敵をモンスターから

引き摺り下ろしたり出来ます。

Lトリがで走り。Rトリがでモンスターに乗り降りできます。

 

そして、このゲームの醍醐味の1つであると思われる、回避とパリィを

行うのが、LボタンとRボタンです。

LがスウェイでRパリィなのですが、オレンジのエフェクトが付いた攻撃は回避で

しか避けれず、青いエフェクトの攻撃はパリィでしか防げません。

緑のエフェクトはどちらでも避けることが可能で、赤はジャンプでのみ回避が

可能な攻撃のようです。

他にも魔法を回避で避けたり、パリィで打ち返したりできますが、私がプレイした

時点ではまっすぐ飛んでくるモノはパリィで弾き返せますが、上から降ってくるものは

回避で避けるしかない模様。

避けた直後に攻撃すると、強力なカウンター攻撃を出します。これもタイミングよく

ボタンを押すことで、ダメージの大きな攻撃になったりもするようです。

ただ、敵によって大ダメージになるボタンは、違うのかもしれません。

複数の敵に囲まれたりすると、攻撃エフェクトの色に注意を研ぎ澄ませ、対応した

ボタンで攻撃を回避しカンウターを入れる…という事が続けざまに起きたりします。

 

今のところノーマルでゲームを進めているのですが、難易度も評価の対象に

なっている為か、C+の評価を取るのがやっとな状況です。

攻略時間や受けたダメージ、倒した敵の数。

うーん。評価を上げるには、プレイヤーが上達するしか無い訳ですね。

評価画面のスコアでGift of the Godというゲージが増え、目一杯になると

ヒントやら剣やらがもらえるのだとか。

根を詰めずに、繰り返し遊ぶしかないですかねぇ。

ゲームのテンポが速いので、根を詰めると目が痛くなってきます。

 

E3の動画が合ったので添付。

 

投稿者 Wut : 23:50 | コメント (2) | トラックバック

2009年1月 8日

気になるWiiのゲーム2本

1月22日に発売されるゲームが、2本も気になっております。

1つはアナザーコード:R。もう一つは、FRAGILE。

どちらもWiiでの発売です。

 

アナザーコード:Rの方は、DSで発売されたADV「アナザーコード 2つの記憶」の

続編です。

物語は、DS版からの2年後なのだとか。

CINGのADVは、アナザーコードもウィッシュルームも好きなので、この作品も

遊びたいところです。

 

CINGは元リバーヒルソフトのスタッフが設立した会社なので、「JBハロルド」、

「琥珀色の遺言」、「殺人倶楽部」というタイトルに反応してしまう人は、

チェックしてみても良いかもしれません。

 

ある意味で鉄板とも言えるアドベンチャーゲーム。

 

FRAGILEの方は、3Dで構築された世界を探索する、今風のRPG。

製作はバンダイナムコゲームス。

 

公式を見てもらうと分かるのですが、物凄く雰囲気の良いゲームに思えます。

ヌンチャクで移動、リモコンで懐中電灯の明かりを操作するようです。

また、Wiiリモコンのスピーカーにも、ちゃんと役割が与えられているのが、

とても好印象。

 

RPGという事なので戦闘があるようなのですが、個人的には本当に必要な

戦い以外をとっぱらって、探索型のアドベンチャーゲームにしてしまった方が、

ゲームとしても非常にスマートになりそうな気がします。

 

和製RPGですと、レベル上げ作業が必須な印象が私の中にはあるんですね。

探索の楽しみと、レベルを上げる楽しみは、ちょっとベクトルが違うので、

個々の面白さが剥離してしまわないか、ちょっと心配だったりします。

雰囲気の良いゲームだけに。

丁度良いバランスで、融合してくれてい事に期待したいトコロ。

 

どちらも同じ22日というのが、憎らしいですね。

日本版のLEFT 4 DEADも22日発売ですし、22日には何かあるのかもしれません。

 

公式サイト:

アナザーコード:R 記憶の扉

 

FRAGILE ~さよなら月の廃墟 ~

投稿者 Wut : 21:11 | コメント (0) | トラックバック

2009年1月 4日

皆、損をしたくない気持ちは同じ

ときどき拝見している、ゲーム屋さんのお店だよりさんをまとめ読みしていたところ、

マジコンについての話が出てきました。

 

マジコンという物を知らない方の為に、ザックリとですが説明しますと、

ゲームソフトのROMイメージを他の媒体にコピーしたり、コピーしたROMイメージを

ゲーム機で動かしたりする機械の総称です。

 

話の内容としては、「小学校低学年の親子、或いは子供からのマジコンに関しての

問い合わせが多くて困る。以前は、犯罪ですと言うとそのまま帰る親御さんが

多かったのに、今は『どこで買えますか?』と聞かれてがっくりする。ゲームに

お金を使いたくない家計の大変さも分かるが、小学生に犯罪をさせているという事を

もう少し理解してもらえると助かる」というモノでした。

「一番怖いのは、小さな頃にお金払わずタダでなんでも手に入るという意識を

持ってしまうと、今後いろんな場所で タダで手に入れる方が得という間違った認識を

持ってしまう事」とも。

 

私の専らの意見は、メーカーにもショップにもお金が還元されないので、ゲームの

開発や流通に影響が出て、まともな(に)ゲームが買えなくなるのではないか?という

危惧があるからだったのですが、流石に小さな子供への心理的な影響までは

考えていませんでした。

 

コメントを読むと、ゲームを改造して遊んでいる小学生もいるそうです。

改造して遊ぶ分には問題はないですが、それで「最近のゲームは…」などと

感想を言われた日には、「それはちょっと違うだろう」と突っ込まずにはいられません。

「最近のゲームは改造していて…」という感想ならば納得も出来ましょうが、ゲーム

そのものについては、まともに遊んでいない人間に、感想なぞ語られてたまるか、

と思ってしまいます。

 

こういう様々な意識の低さが、ゲームの面白さを損なわせている1つの原因に

なっているのかもしれません。

ちゃんと身銭を切らないから、ちゃんと正規のルールで遊ばないから、感動も悔しさも

ぼやけてしまうのではないかと。

(正規のルールに飽きたから変則ルールというのは、大いに有りなのですが)

小学生ならば、お小遣いを貯める、誕生日やクリスマスにお願いする、正月の

お年玉でやりくりする、などの努力を身に着けて欲しいところ。

苦労した分だけ、ゲームを見る目も養われると思うのです。

 

コメントの方で「それならダウンロード販売は?」という意見もあったのですが、

ちょうどダウンロードコンテンツに関してのエントリを、島国大和のド畜生さんが

ダウンロードコンテンツで食えるか。というタイトルで書いておられるのを見て、

こっちはこっちで大変なのね…と思わされました。

DLCのメリットは先行者利益だけか……。

投稿者 Wut : 20:52 | コメント (2) | トラックバック

前回までのトゥエンティ…じゃない… :Alone in the dark

とりあえず、クリアしたぜ!

 

最後のチャプターで3度目のドライブがあって「ウヘ…」と思ったのですが、以前の

二つと比べてまだ優しい感じだったので、そんなにストレスは貯まりませんでしたよ。

ただ、美術館の入り口が分からなくて、ちょっと困りましたが。

 

正解は、まっすぐ進んでそのままジャンプだったのですが。

障害物があったりして、分かりづらいっての。

 

「実績解除が簡単だ」という話も聞いていたので、クリアのついでに残っていた4つの

実績を解除して、点数を1000点にしておきました。

実績数は49なのですが、普通に遊べば解除されるもの、アイテムの組み合わせで

解除されるもの、特定の方法で解除されるものがありますが、運が関係するモノや

時間をかけなければならないモノ、難易度の無闇に高いモノがないので、クリアできる

腕前があれば、チャプター選択の機能を利用して、割と簡単に取ることが出来ます。

 

一番の気がかりは、最初のドライブパートである「『59丁目通り』を、一人称視点で

クリアせよ」というモノだったのですが、挑戦してみると、コースを覚えていたことも

あってか、一発で解除に成功できました。

意外と、一人称視点の方が、ドライブパートは遊びやすいのかしら?

 

ドライブパートに比べれば、アドペンチャーパートはそんなに難しくはありません。

見かけた敵を全て倒すとなれば話は別ですが、迂回して避けられるモノもありますし、

走って逃げられるモノも多いので、問題ありません。

 

人型の敵は、動かなくなった状態で火をつけるか、炎で攻撃するか、体に走っている

数箇所の亀裂に火炎弾を射ち込む、という方法でしか完全に倒せないので、

結構、面倒くさかったりしますが。

 

エンディングは最後の決断で二通りのエンディングに分かれるのですが、どっちも

グッドエンディングに思えない辺りがAlone in the dark。

 

多少の忍耐は要されるものの、荒削りですが面白い体験が出来たもの事実。

達成感も割りとありますし、実績の解除も簡単です。

ただ、人には勧められません、万人受けは絶対しないでしょう。

ドライブパートさえなぁ…。アレさえ何とかなれば。

ともあれ、それなりの満足感は得られるゲームである事に、間違いはありません。

 

#イライライするところは、かなりイライラするかもしれませんけどネ。:P

投稿者 Wut : 17:55 | コメント (0) | トラックバック

2009年1月 3日

前回までのアローン・イン・ザ・ダーク :Alone in the dark

中断していたゲームを再開したり、チャプターを任意に移動させたりすると、

主人公の声をあてている声優さんが24よろしく「前回までのアローン・イン・ザ・ダーク」

と言い放ってから、トレイラームービーのようなあらすじ紹介が始まり、ちょっと

笑ってしまいました。

 

ゲームのスタート時から敵っぽい関係のクローリーが若本則夫氏の声で、

「はぁやぁくゥ!」とか叫ぶので吹きそうになってみたりと、そういう意味では

ネタが豊富なAlone in the dark。

 

前回は街中を車で移動するドライビング・シーンにつてい愚痴ってしまいましたが、

また、車を運転しなければならないシーンが登場しましたよ。

勘弁してくれー!

 

今回はセントラルパークの中を、コウモリの化け物から逃れる為にドライビン!

特定のスピードを出さないと、どんどんコウモリが張り付いて、終いには車ごと

持ち上げられて落とされてENDという始末。

車の外に出ても、直ぐに戻らないとOUTな上に、乗り換えの車も見当たらないので、

実質には最初に乗っている車で、目的地まで進まなければなりません。

 

それだけならいいのですが、ある程度の量のコウモリが車に張り付くと、

頑張って持ち上げようとしなさるんですよ。彼ら。

頑張り屋なのは評価しますが、当然の如く浮いた瞬間からハンドルもアクセルも

効かないジャンプと似たような状態。

車の制御もままならず、あっちへゴツン。こっちへゴツン。

ぶつかる度にコウモリは離れますが、少しするとまた張り付いてきます。

何かの拍子で車が引っくり返れば、後は死を待つのみ。

 

ドライビングテクニックとか関係有るのか?などと毒を吐きつつ、物凄くイライラ

しながらリトライする事、十数回目にして何とかゴールへ。

うへぇ。もう、車を強制的に運転させるシーンは勘弁してくれ。

開発者はこのシーンの何が楽しいと思ったんだ。

アメリカでのゲームレンタルシステム対策にもなってないしなぁ。

 

トータルで良ければ、1点の最悪な場面でさえ良い思い出になるのですが、

今作のAlone in the darkでは、それが適っていない印象を受けます。

炎のエフェクトの美しさや、その動き。数々の実験的な試み。映画のような

演出など、魅力的な要素はあるのですが、ある程度ゲームに対して我慢強い

人で無い限り、その魅力を見出す事もなく投げてしまうでしょうし、見出した人には

更なる我慢を強いられるゲームであるように思えてなりません。

 

海外での評価は悪かったので多少の覚悟はしていたものの、それでも体験版で

見せられたシステム面での面白さに引かれて購入したら、この有様ですよ。

ドライブシーンがなければ、75点くらい付けてもいいのですが、ドライブシーンが

ある為に50点というのが私の評価です。

 

謎解きを攻略した時の達成感はありますし、全体的な雰囲気も良いゲーム

なのですが、そんな魅力でさえ闇の奥底に取り残され、輝きを奪われそうに

なっているという感じです。

 

魅かれる要素はあるので最後まで遊びますが、ドライブはもう勘弁して

欲しいのが正直な感想です。

投稿者 Wut : 14:16 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月31日

海外で点数の低い理由も分からないでもない :Alone in the dark

楽しみにしていただけあって、やはり気になりちょっとプレイをしてみた

Alone in the dark

海外のゲーム雑誌では軒並み点数が低くて、アタリの偉いさんがゲーム雑誌に

抗議したという話もあります。

 

まぁ、そんな感じなのでローカライズは非常に嬉しかったのですが、海外で

評価が低い理由は、インターフェイスやら操作性やら当たり判定やらに関係する

理由が大部分。

私も慣れるまで「はぁ?」と思っていた口なので、点数の低い理由は

納得出来ない理由ではありませんでした。

それを承知で購入した訳ではあるのですが……。

 

チャプター2で巨大な裂け目から逃げる為に、街中をタクシーで走りぬける

カーチェイスシーンで「はぁ?」が再発。

後ろから迫る裂け目。

左右に走る亀裂。

周囲やこちらへ向かって走る車。

変化する地形。

要所要所で演出を重視し、勝手に視点を変化するカメラ。

コース。地形の変化パターン。車両の配置パターン。カメラワーク。

全てを覚えないと、クリア出来ない印象のチャプターでした。

 

ほぼ 1Miss = Die という状況。

 

何度も、何度も、何度も、何度もリスタートポイントからのリトライを繰り返し、

物理演算で微妙に違ってくる車の動きを見切り、「何でアドベンチャーゲームで

スタントマン イグニッションみたいな事せなアカンねん」と思いながらも、

何とか根性だけで攻略しました。

レースゲームは嫌いじゃないのですが、得意という程でもなかったりするので、

正直参りました。

最後に建物のガラスを突き破ってダイブするシーンがあるのですが、あすこで

勢いが足りなかったからか、ガラスに引っかかったりしてね。

多少、誘導っぽい演出はあるのですが、それにしても…という感じでした。

 

アドベンチャー自体は、しっかり考えちょっとしたアクションも混ぜながら進めてゆく

タイプなので、嫌いではないのですけどね。

 

それにしても、拳銃よりも回復スプレーの方が、武器として優秀な気がして

なりません。

火炎放射万歳!

ケース・バイ・ケースではありますが。

 

余談:

若本紀夫万歳!

投稿者 Wut : 13:42 | コメント (488) | トラックバック

2008年12月29日

邪教の館 名前だけ版

webを見て回って見かけたのですが、面白そうなので試してみましたよ。

 

とりあえず、1つ目の名前はwutで良いとして、2つ目はどうするかなぁ?と

思案した挙句、割とゲーム内で性別関係なく付けているRustyという名前に

決定。

 

この2つを混ぜて生まれたモンスターは…

 

まぜまぜモンスター
wutとRustyから生まれたモンスター
by ふりーむ! 無料ゲーム/フリーゲーム

(C)まぜまぜモンスター (C)無料ゲーム屋ふりーむ (PR)オンラインゲーム

 

表にはでないが中身は熱いというwutのかりそめの情熱と、

なんだかわからないけどすごそうだというRustyのハッタリにより

生み出されたモンスター。

太陽の神として世界を治めていると言われていて、全知全能。

 

全知全能はいいけども、HPが少なすぎるだろう…。

アレですか?裏から操っているタイプですか?

パーティに入れるなら、間違いなく後衛です。

 

ちなみに名前の入力順を逆にすると、結果まで真逆な感じに。

うはははは。

……誰か、合体事故だと言って下さい。

 

これを見かけたのは、割とネタを引っ張らせてもらっている島国大和のド畜生さん

なのですが、同じ場所でどこでもLast Guyなるモノも発見。

Last GuyはPS3のダウンロード専用コンテンツなのですが、それと同じような

ゲーム性をweb上で再現してしまうのが、どこでもLast Guyのようです。

シンプルなレスキューゲームで、クリアだけならば難しくないけども、高得点を

目指そうとすると難易度が上がるという、アイディアが良く練られたゲームのように

みうけられます。

島国大和氏のサイトでは…

 

もろもろが意欲的だなーと思うわけですが、これ、殆どの人が存在を知らない。

ダウンロードのみコンテンツって、宣伝足りないし、web徘徊する人とも接点ないしで

ひじょーにもったいない。

 

と紹介されています。

私も「どこでも~」を遊んでみたところ、なかなかに面白いと思うのではありますが、

これで1000円(キャンペーンで半額)と言われると、ちょっと二の足を踏んで

しまいそう。

 

もう一声、負かりませんか?

私はPS3持ってないけども。

 

そう考えると、Xbox360のマイクロソフトポイントは微妙に金額がぼやけていて、

上手いと言うか阿漕と言うか。

投稿者 Wut : 20:33 | コメント (463) | トラックバック

2008年12月24日

日本でも感染者続出 :L4D

LEFT 4 DEADの体験版が、しばらく前から日本でも配信されだしたようです。

mixiのXbox360コミュなどを見ていても、「体験版を遊んだから、買わずには

いられなくなった」などという感染報告を、再び目にするようになりました。

 

こういう「楽しーい」というような報告をみていると、気持ちがモニョモニョしてきます。

なまじっか製品版を持っているだけに。

ギャー。オンラインco-opで遊びたいけど、外国人は言葉の壁があってツライワー。

って事で、ゲーマータグの方をWut Jpに変えてみたり。

これでちょっとは日本人だと認識しやすくなるハズ。

 

…L4Dは野良カスタムでも、部屋に入るタイプじゃなくて自動マッチングだっけか?

 

むぅ…。

とりあえず、FPSはサッと遊べるから、PS0と平行しても大丈夫じゃろう。

…大丈夫じゃと信じたい。

 

 

 

 

大丈夫…だとイイなー。

投稿者 Wut : 21:06 | コメント (2) | トラックバック

英雄は集まらない :FableⅡ

ようやく3人目の英雄を探しに出かけましたが、明日は25日。

PS0の発売日だったりする訳です。

 

すまん。アルビオン。

当分の間、平穏は訪れないものだと我慢してくれ…。

 

そんな感じで、とりあえず今日の間に進める所まで進んで見ようか…と

コントローラーを握ってみるも、深夜勤務から帰ってきたばかりなので、また

コントローラーを握ったまま睡眠。

昼頃に友人の電話で目が覚めるも、再度寝てしまうという睡眠スパイラル。

目が覚めたのは16時過ぎでした。

 

いざ行かんと向かった先は、懐かしのオークベール村。

嗚呼。何だか随分と変わり果てて…。

見覚えのある橋や地形を通るたびに、懐かしいと同時に複雑な心境に。

この辺の感情移入度は、前作を遊んで良かったと思える部分でしょうか。

 

周囲を探索しながら進む癖があるので、どうしてもゲームの進行度は遅くなって

しまいま……(ワン!)お?どうしたBlowbell(犬の名前)。ここを掘れと言うのか?

よーし、よしよしよし。Yeah! 2000G GET!

 

……えーと、次はどこへいくんだっけか。

 

 

■余談

クエスト「光への寄与」で貰える武器には、邪悪な敵に対して大きなダメージを

与える事のの出来るオーグメントが付与されているのですが、そのオーグメントの

名前が「聖なる暴力」だったり。

言いえて妙。

 

■余談ノ弐

初回特典のダウンロードコードを使ってもらえるアイテムの中に、謎の戦士の剣と

いう武器があるのですが、攻撃力22 オーグメントの空スロット3という、序盤に

してはなかなか良い武器です。

ただ、私は序盤で鉄製のハンマーを購入してしまっていたので、攻撃力という

面で見劣りしていたという事もあり、使ってはいませんでした。

これを何とかして(協力プレイの時でもよいので)使えるようにと考えた結果、

お守り(攻撃・防御UP)、死神(敵からライフドレイン)、痛み(攻撃UP・自分に

スリップダメージ)のオーグメントを突っ込んでみた結果、殲滅速度では今持っている

上級ハンマーには適いませんが、なかなか面白い武器になったと思います。

よし。今日からコイツの名前は呼嵐丸だ。

 

■余談ノ参

攻撃系ウィルのどれか1つが星4つになると、かなりウィルに頼った攻撃ばかりに

なりそうな予感。

私はショックを星4つにしたのですが、感電による行動不能とスリップダメージで、

かなり良い感じに。行動不能な相手に打撃や銃で、追い討ちも出来ますし。

難点はチャージまでの時間が長い事なのですが、敵が寄ってくると分かっていれば、

予めチャージしておき寄ってきたところで開放。先に遭遇してしまっている場合は、

スロータイムをチャージ2か3で使って時間を稼ぎ、その間にショックをチャージという

按配です。

基本的に私は、どんなゲームでも使える能力は何でも使う器用貧乏タイプ

ですので、打撃や銃もからめてウィルをガンガン使っていたら、あっという間に

ウィルの模様が体中に描かれましたとさ。

でも、頭は謎の戦士の~…。

投稿者 Wut : 20:43 | コメント (428) | トラックバック

2008年12月23日

どゆ…こと? :FableⅡ

FableⅡで第一子の娘さんに「パパ。あのカッコイイアクションを見せて!」と

せがまれたので、とりあえず”ダンス”踊ってみた。

 

娘「うちのパパより上手ね。

 

……ナヌ!?

投稿者 Wut : 11:34 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月22日

二人目の英雄と第二子 :FableⅡ

すっかりゲームにもなれて、アルビオンの世界を満喫しております。

 

結婚して、子供作って。

結婚して、子供作って。

結婚して、子供……アレ?

 

冗談はさて置き、コアクエストの方で二人目の英雄を助けるために、ちょいと

船に乗り込んで出かけたら、助けて帰ってくるまでに10年もかかりました。

帰ってきたら、子供も9歳。そりゃ、でかくなるわなぁ。

 

で、奥さんのステータスが「ベッドインしたい」とあったのでベッドイン。

 

奥さん「赤ちゃんが出来たみたい」

 

ナニー!

第一子が赤ちゃんの頃は、避妊しなくても妊娠せなんだのに、大きくなったら

いきなり妊娠かい。

つまり、子供をもうける事が出来る条件は、家を持っていて結婚し、ベビーベッドが

空いている状態で、避妊せずにベッドインかいな?

 

んー。まぁ、いいか。

「英雄、色を好む」って言うし。

 

クエストに出て奴隷を解放し、酒場でバーテンダーの仕事をこなしてお金を稼ぎ、

家に帰って家族奉仕。合間をみて、三人目の英雄を探す準備をしなければ。

……英雄をするのも、大変やのう。

 

余談:

ちなみに、私の英雄の称号は「マスターチーフ」ですヨ。

どんな服装をしても、「かぶりもの」だけは「謎の戦士の…」を外しません。

マスターチーフですから。

投稿者 Wut : 21:04 | コメント (2) | トラックバック

奴等が日本語を喋る日 :GoW2

Gears of War 2のローカライズが発表されましたよ。

 

ィヤッホォゥゥゥ!

 

XNEWSさんによりますと、、「欧米では11月に発売した人気アクションゲーム

Gears of War 2については、来年中に日本向け商品を発売する」と、マイクロソフトの

インタラクティブエンターテイメントビジネス部門上級副社長ドン・マトリック氏が

語ってくれたそうです。

 

ファミ通Xbox360の編集長であるムネタツ氏が「Gow2の発売日未定は、伊達や酔狂で

載せている訳ではない」という男気発言も、これで報われるというモノです。

 

1作目のGoWはキャンペーンのプレイ時間こそ、そんなに長くは無いものの、

続きの気になるシナリオだったので、プレイするのならばストーリーのしっかり

分かる日本語版を……と思いアジア版は我慢していたのですが、なかなか

ローカライズのアナウンスが流れずにヤキモキしておりました。

ことあるごとに「前作は北米版から半年」という事を思い浮かべ、ローカライズを

信じて気長に待っている中でのこのアナウンスは、非常に嬉しいモノがあります。

一時はアジア版を買うかどうか迷いましたが、これで、安心してローカライズを

待てるというモノです。

 

日本だと年齢制限とかCEROの問題もあるので、ビッグタイトルですと特に調整に

時間はかかるかもしれませんが、多少規制されてでも発売されないよりは

随分良いので、がんばってローカライズして欲しいモノです。

 

前作が半年という事でしたから、2は春過ぎ辺りなんですかねぇ。

 

XNEWS :

Gears of War 2が2009年に日本で発売

投稿者 Wut : 20:39 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月21日

PSOの古い記録

25日に発売されるファンタシースターZEROのオンラインプレイ環境を良くするために、

IRCで内輪なチャンネルでも立ち上げた方が良いのかしら?IRCなんて随分と

使っていないから使い方どんなだっけ?などと思いつつIRCに関して調べていたら、

昔、IRCでPSOに関しての座談会みたいなのの記録をサイトにアップして、ソニチに

もメールしたなぁという事を思い出し何気なく読んでみたら、意外とこの頃に

思い描いていた要望が、シリーズの更新と共に実装されたのもあったりして、

「へぇー」と思ってしまいました。

 

初代PSOの発売が2000年12月21日で、Ver2が翌年の6月7日に発売。

GC版(2002年9月12日発売)トライアル開始前の記録なので、そう思うと7~8年前の

記録なんですね。

懐かしいなぁ。

 

IRCで座談会をするので…と呼びかけ集まってくれた面子は、当時からよく

PSOでつるんでくれた友人達で、今でも少なからぬ付き合いがあります。

こういうので集まってくれるのは、熱心にゲームを遊んでくれる人達なので、

話のなかでも個々のこだわりが見えて面白い印象でした。

おそらく全員、ファーストキャラのプレイ時間が1000時間Overだと思われます。

 

言いだしっぺの私が仕切るつもりでいたのですが、まったく仕切れて居ないのは

ご愛嬌。

最終的には普通のゲーム雑談になっていますが、Blogの方にもリンクして

おきますので、もし興味があればご覧ください。

 

第一回 PSO座談会(前編)

第一回 PSO座談会(後編)

 

第二回 PSO座談会(前編)

第二回 PSO座談会(後編)

 

PZ0発売まで後4日。

とりあえず、LiveメッセンジャとSkypeと、面子によってはXbox360のLiveパーティと、

後は何があると快適になるなぁ。

IRCのチャンネル起こしても、下手をすると余り使われない気がするんだよねー。

”私に関係する友人の待ち合わせ場所”として機能してくれれば、それだけで

十分なのだけども。

投稿者 Wut : 13:05 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月19日

シンプルさを追求…し過ぎた…か? :FableⅡ

18日に購入したFableⅡなんですが、とりあえず4時間ほど遊んだ感想を。

 

少々苦言が多くなるかもしれませんが、FableⅡ自体は面白いですし、やはり前作と

比べながら遊んでしまう部分もあるので、前作をプレイしていない人には気にならない

かも分かりません。という事を前提として読んでもらえれば幸いです。

 

正直、ちょっと期待をし過ぎたか?という感じがなくもないのですが、前作の時も

序盤は「んー?普通かなぁ?」という按配だったので、後半になり色々と分かってくると

面白くなるのかもしれません。

 

というのも、前作のイメージが強く残っているので、色々と違和感があるんですね。

例えばマップ。

前作は全体マップはスクロールさせながら、位置関係の分かりやすい大きな

モノでした。街のマップも大きくて分かりやすいというモノだったのですが、

今作では32インチワイドのTVから約2mくらい離れた場所に座っていても、

ちょっと小さいか?と思ってしまう感じの細かなマップになっています。

1つのエリアの広さが、前作より広くなっているというのも、原因の1つかも

しれません。

 

そしてルートマーカー。

今作では光のラインという形で、目的の場所まで導いてくれるのですが、

これが思っていた以上に鼻に付くんですね。

寄り道などをしても、カーナビの案内のように逆方向に伸びて、まるで「何で

そっちに進むんや?道違うやろ?」とでも言っているかのようです。

チュートリアルでは、ルートマーカーばかりに気を取られて、他の道や隠された

アイテムを見逃さないような注意はされるのですが、デフォルトの明るさでも

ちょっとうっとおしい感じがします。

前作は画面の上の方に矢印で方向をしめしていただけだったので、これくらいが

普段意識しないでも済む程度の道しるべとして、丁度良かったと思われます。

 

なんというか総合的に見て、シンプルで分かりやすいインターフェイスを目指した

ところ、前作を遊んだ私にとっては前作の方が分かりやすかったなぁ…と

思えてしまう結果となってしまった印象。

 

それでも、遊びやすくなったポイントも幾つかありますし、カルマやらなにやらが、

通常のステータスとして隠れていたり、ウィルは1つの魔法を範囲と単体を任意で

直ぐに切り替えられるというのは、なかなかユニークで面白い発想だと思われます。

また、魔法はポイントを消費して使うものではなく、Bボタンを押しっぱなしで

チャージして使うというのも、使いどころを考えなくてはいけなくなるので好印象。

 

細かなところで、もどかしい場面があったりはしますが、アルバイトの存在で

序盤でもそれ程お金に困らなかったり、防具という概念を廃し、コスチュームとして

外見の印象が(NPCへの影響としても)変化するようにしたのは、これまでのRPGの

枠から一歩踏み出した面白い試みだと思います。

 

まだまだ、懐かしのオークフィールドにたどり着いたところなので、これから

もっと面白くなるに違いありません。

 

あと、相棒の犬の存在は、大きいですよ。

見えにくい宝や宝箱を見つけたり、埋まったアイテムを教えてくれたり。

敵が近くに居れば、うなって警戒を発してくれたりします。

特定の本を読むことで、犬の出来ることが多くなるので、犬も成長するんですね。

そうでなくても、ただプレイヤーの方をチラチラみながら、プレイヤーの前を一緒に

走ってくれるだけでも、なかなか愛嬌があります。

うーん。かわいいヤツめ。

 

#さて、Fallout3とどっちを先に終わらせよう。タイムリミットは1週間。

投稿者 Wut : 19:16 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月17日

結局のところ、コアクエストはまだジョバンニ :Fallout3

友達の同級生はカムパネルラ…という話ではなくて、要約するとFableⅡが

明日発売なんだけど、Fallout3は終わる気配すらみせやがらねぇ…という話。

寄り道せずに、まっすぐコアクエストばかりを進めれば終わったのかもしれませんが、

それは、このゲームの醍醐味では無いよなぁ…と思うのですわ。

 

まぁまぁ、ある意味では予定調和であり、想定内であり、オブリビオンと同じで

1年くらいのスパンで進めても良いかなぁ…とか思い始めては…まだいないゾ!

結果的に、そうなるかもしれないけどネ。

 

とりあえずのところ、コアクエストをちょこちょこ進め始めました。

レベルの方はすっかり20。「人類最後の希望」という実績を解除したものの、

ステータスの経験点のところを見るとXP MAXという表示が。

うわー。なんや、Lv20でキャップかい。

ロード中に表示されるゲージでは21が表示されているので、DLCか何かで

新たなクエストが追加されたりする様であれば、もしかするレベルキャップの

上限が上がるかもしれません。

もちろん、上がらないかもしれません。

 

えーとそれで、話をもどすとコアクエストを進めたのですが…あー…その…、一言だけ。

 

 

おやじぃぃぃぃっ!!

 

 

今日からFallout3の主人公は、火引 弾と名乗るんだぜ。

投稿者 Wut : 23:08 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月16日

余りにデタラメで素敵過ぎるゲーム

とりあえずは、次のリンク際の動画を見て下さいな。

 

Game*Spark :

素手で戦車を粉砕!『Prototype』CESで公開予定のデモ映像や画像が大量リーク

 

Kotaku:

Prototype: New Prototype Footage, Screens Leaked

 

どうですか。

人を投げつけてチョッパーを落としたり、フライングエルボーで戦車を大破させたり、

生身で空を飛んだり…映像を見ているだけでも爽快な感じです。

 

『Prototype』という名のゲームだそうなのですが、北米では2009年4月に

Activisionからリリース予定なのだとか。

しかしながら、アクティビジョンの日本法人はしばらく前に日本からの撤退を発表。

果たして、このゲームはローカライズされるのでしょうか…。

 

面白そうなゲームなので、ローカライズして欲しいなぁ。

投稿者 Wut : 21:54 | コメント (0) | トラックバック

寝てしまう :Fallout3

仕事の疲れからか、寝てしまうことが。

夕飯を食べて風呂に入り、Xbox360を電源ON!

Fallout3をモチモチとプレイし、メガトンの自宅に戻ると安全なエリアの安心感からか、

左手でコントローラーを掴んだまま、寝ていましたというオチ。

22時くらいまでの記憶はあるんですが…。

 

目覚めたのは午前4時半。

うーん…起きるには早いと判断して二度寝してやったり!

 

そんな事はさておき、18日のFableⅡまでのコアクエストを終わらせるべ…と

思っていた矢先に寝てしまったので、残り2日でゲームクリアは諦めました。

折角買ってきたミラーズエッジもまだ未開封だしね。

L4Dも結局日本語版と同時に始めようという雰囲気に。

今はじめても、遊んでいる日本人は少なそうだしなぁ。始めるタイミングを、

見誤った感があります。

 

そんな中、実績を解除する為だけに、ちょっとズルをしてみたり。

パラダイス・フォールズの奴隷商人から「リストの人物を奴隷として捕まえてくれ」

という旨の依頼があったんですが、とりあえずお金を払って街の中に入れるようには

したので、クエストは実績解除の為だけに結構。

まず、クエストを受けた時点で手動セーブ。

リストの人物をメスメトロンという特殊な銃で撃ち、意識が朦朧としているところへ

話しかけて、爆弾付きの首輪をつけてもらった上で、奴隷である事を自覚させる

言葉を投げつけるという作業を繰り返し、全員をパラダイス・フォールズへ送り込めば

クエスト達成で実績解除となります。

Xbox360ユーザーにはお馴染みの実績解除音がなったら、クエストを受けた直後の

データをロード。

データの上では奴隷は送っていない状況になり、実績だけ解除済みになります。

20点ゲットだぜー。

 

このゲーム、カルマが特定の状況で一定レベルまで達すると解除される実績も

あるので、そういうのにも使えるかもしれません。

まずはグッドカルマで実績を解除して、何かを盗み続けてカルマをニュートラルに

してから解除。更に盗み続けてバッドカルマで。

解除が終わったたデータをロード。

あからさまに作業なので、最初のプレイではやらない方が楽しめそうですけどねー。

 

さて、そろそろボルト102に行かないとなぁ。

投稿者 Wut : 21:28 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月14日

気が付けば… :Fallout3

Fallout3のプレイだけで一日を潰し掛けたりしそうになったので、室内で着るための

上着でも見てこようかと、慌てて外出したりしてみる今日この頃。

コンビニなんぞで、普段は気にも留めないコカ・コーラを思わず購入してしまったりと、

かなりゲームの方に引っ張られている感がありますが、余り気にしないように

して過ごしています。

 

嗚呼!FableⅡも4日後だ!

 

とりあえず、ゲームの進度の方は、案の定というか何というか、オブリビオンでも

有ったようにコアクエストをほったらかしで、サブクエばかりを遊んでいたり。

ライリーレンジャーを救出して、レンジャーアーマーとマッパーを貰ったり、

口先三寸で公文書会館から独立宣言書を頂戴してきたり、 技術博物館に

展示してあるロケットからアンテナをひったくって来て、ワシントン記念館の

屋上にある壊れたアンテナと交換したら、ギャラクー・ニュース・ラジオの

スリードッグがご機嫌になったりと様々。

 

ステータスやらスキルやらがあると、パワープレイ以外にも攻略法が表示されるので、

出来る限り武力に訴えない方向で解決していってはいますが。

戦わないで済むのだったら、スリ取るのも有りだぜぇ~。

 

mixiのコミュなんぞを見ていますと、仲間とか犬とかの話が出てきていますが、

私のプレイスタイルは基本的に敵地ではスニーキングスタイルなので、仲間が

いると逆に煩わしいような気がしないでもありません。

スニーキングの状態からV.A.T.Sを使わずに遠距離からスナイプとか、暗がりから

サイレンサー付き10mmハンドガンで撃ってみたり、ダートガンでスリップダメージ&

足を殺したところで今いる付近に地雷の置き土産。こちらを調べにきたエネミーを

地雷でお出迎えしたりとか。屋内では曲がり角に身を潜め、よって来たエネミーに

対してコンバットショットガンで集中的にヘッドショットを狙ったりとか。

段差の上から、グレネードを投げ込む事もあります。敵がこちらに来そうな進路上に

あらかじめ地雷を撒いてからですが。

 

流石に3人以上の敵と対峙するとなると、そんなゆっくりも出来ないので、グレネードを

撒いてみたり、ロケットランチャーで足元を狙ったり、ダートガンで足を殺した上で

一人だけおびき寄せてから、個別にアサルトライフルで処理したりします。

 

場合によっては、V.A.T.Sを使わない方が良い事もあるので、そんなシチュエーションの

場合には、逃げながらアサルトライフルやらショットガンやら地雷やらで対応して

おります。

V.A.T.Sで部位を狙うと、どうしても足を止めた状態での攻撃になってしまうので、

サソリなどは逃げながら攻撃するのが良い感じ。

遠距離の攻撃も、V.A.T.Sを使うと完全に確立という数字での成否になってしまうので、

手動で狙った方が命中しやすい事もあるようです。

 

しかし、作業台で自作しなければならない武器は、結構強力なモノが多い様子。

ダートガンは体のどの部位に当てても、両足を重傷に出来る上に、結構なスリップ

ダメージを与えてくれます。弾はダーツで、手術用チューブをゴムのように使って

撃ち出すボウガンのような武器なので、発射音も小さく敵に気づかれにくいです。

 

レールライフルはレールスパイク(日本で言うところの犬釘?)を、汽笛のような

音と共に撃ち出す武器。レンジが長く、威力もアサルトライフル並。

 

シシカバブはメレー武器。重量も3wgとバットと変わらないのに、威力はバットの

2倍以上&炎でのスリップダメージ。V.A.T.Sを使わないようなら、コッチの方が

使いやすいかも。

 

ロック it ランチャーは以前にも書いたガラクタ砲。

ブランジャーは吸盤の方が敵に向かって飛ぶものとばかり思っていたのですが、

実際に飛ばしてみたら吸盤が地面の方を向いていて、柄の部分が敵にビターンと

当たりました。

吸盤が顔に張り付いて、ぎゅー…とか引っ張っるシチュエーションは流石に

無いですか。そうですか。

投稿者 Wut : 21:38 | コメント (413) | トラックバック

2008年12月13日

己を振り返ってみる

もちろん、ゲームの方面に関しての話なのですけどね。

 

島国大和のド畜生さんを読んでいて、気になるエントリが。

 

12月5日付のエントリの中に、「■シューティングゲームで何を売るかという話」と

いうのがありまして、その中に一文に

 

アーケードに限らず、ゲーマー向けのゲーム作ると、モンクばっかでお金落とさない

人って凄く居て。

 

というのと、

 

シューティングゲームで、うるさがたを唸らせつつインカムゲットってのは難しいなぁ。

マジで。

 

という文章があった訳ですよ。

やはり、夢や理想だけでは飯は食えない訳で、面白いだけではなく如何にして

お金を落としていってもらうかというのは、アーケードでゲームを構成する上で

大切な要素だったりする訳です。

 

短い時間でもプレイヤーが納得すれば良いんでしょうが、対戦がメインの格闘ゲーム

ならばいざ知らず、シューティングゲームともなるとその落としどころは難しいと

思うのが正直なところ。

先のエントリの中で島国大和氏は

 

結論としては、「怒首領蜂大復活」みたいなのが好きなシューターから金を取るのは

わりと難しいので、違う客を相手にした方が良いという結論に達した。

 

というような、1つの回答を書いています。

今で言うと、丁度「オトメディウス」がそんな感じ。

企画時のタイトルが「モエディウス」だった事からも分かる様に、メインとなる

客層はシューターとは別の方向。

ゲームは3ステージで1プレイ終了。e-AMUSEMENT PASS でのデータ保存に加え、

武装やキャラクターのカードを集めるといった収集要素でのリピート狙い。

そして何より、キャラクターを前面に押し出したゲーム作りと、従来のシューティング

ゲームとはかなり毛色の違うゲームに仕上がったのは、知っている方も多いかと

思われます。

 

”オトメディウス”や”デススマイルズ”が発表された当初は、本当に大丈夫なん

だろうか?と色々心配もしたのですが、今ではこれらが間口となってシューティング

ゲームで遊ぶ人口が増えないかと思ったりもします。

 

”旋光の輪舞”も普通のシューティングとは違う対戦がメインのスタイルですし、

キャラクターを前面に押した作りではありますが、逆にこのタイトルはゲームの

スタイルが極めて特殊なので、このゲームからシューティングというジャンルを

遊び始めた人は、一般的なシューティングゲームにはなかなか流れてこないのでは

ないだろうか?と思うのです。

 

話がずれましたが、さぁ、振り返ってみて自分はどうなのだ?と。

今月だけ見ると他の月以上に、ゲームを購入しているのでそうでもないように

見えますが、基本スタンスとして遊んでいないゲームには、文句を付けないようには

しているんですけど、買わずに愚痴だけ…なんて事にはなってないだろうか?と

自戒をせずにはいられません。

 

Xbox360を持ってからは、体験版だけ遊んで云々と日記に書くことも多くなりましたが、

やはり体験版だけでは分からない部分があったり、下手をすると体験版を遊ばないで

製品を遊んだ方が、結果的に面白かったなんて事もあるので、体験版だけで

モノをいうのも良し悪しなのではありますが。

 

ただ…ただね。

どんなゲームでも、これは何の要素が面白いのか?どんな遊び方が楽しめるのか?

と自らゲームの面白さを探そうと努力しない人は、自分のストライクゾーンにゲームが

投げ込まれない限り、文句しか吐き出さない可能性はあるんですよね。

 

ユーザーもメーカーも、互いに育てあえるような環境が一番なんでしょうが、多くの

ユーザーは大きな口を開けて飢えをさえずり、まずかったら吐き出すだけだったり

しますから。

自分に合わなければ、どこが自分に合わないかを具体的に洗い出す事で、

そのゲームに対して違った角度から見られるようにもなると思うのですが…

如何か?

 

一時ほど、人柱買いもしなくなったなぁ。

投稿者 Wut : 19:47 | コメント (2) | トラックバック

2008年12月12日

Rock it ! :Fallout3

ちょっと体を壊しそうな勢いで遊んでいる気がするFallout3。

とあるクエストで崩壊した世界の現実を突きつけられ、ヘコまされたりしています。

 

ロブめっ!

人の善意で、穏便にタワーに入れるようにした結果がソレか!

ポケットにグレネード突っ込んで飛ばすゾ、コラァ!

ロブだけ殺す方法は無いものか。

 

それはさておき、メガトンの雑貨商であるモイラの無茶なリクエストにさんざっぱら

ベストを尽くして、ようやくウェイストランド・サバイバル・ガイドが遂に完成しましたよ!

ィヤッホゥッ!

個人的な見解を書かせてもらうなら、書いてあるような所に近寄らないのが

一番安全だと思うんだぜ。

 

アーリントン図書館の調査をした時にはブラザーウッド・オブ・スティールの

学者姐さんが、”戦前の本”を買い取ってくれるという話をしてくれたので、

新しい稼ぎ口+経験点が出来たのも良かったなぁ。

 

金策というと、何かの死体なり屍骸なりを運ぶと移動速度が落ちるのですが、

所持重量オーバーするよりは早く移動できる事を利用して、何かの骸(可能なら

モールラットが一番移動しやすい)にアイテムを詰めるだけ詰込んで、マップに

表示されるロケーションポイントまで移動し、骸を地面に置いてから持てる重量

限界ギリギリまでアイテムを回収した後に、ファストトラベルで最寄のトレードの

出来る場所へ移動し、全て売却。取って返して、再び中身を持てるだけ持って…

というのを繰り返して、小銭を稼いでいましたわ。

現在の所持金は3000キャップ程度。

 

個人的にはメガトンに自宅を得てるので、クレータサイド雑貨店のモイラと

多くの取引をしています。

家の備品を買う事があるので、モイラの資金も潤沢にあるというのが一番の理由。

店が開いていない時間帯は、他所の店で処分しても良いですし、自宅のコンテナに

放り込んでも良いですし。

 

注意したい点は、骸はファストとラベルで運べないという事と、ロードの発生して

画面の切り替わる扉を越えて運べないという点。

ソレさえ注意すれば、アイテムの持ちすぎで足が遅くなる事に悩まされないで

済みます。

いざ戦闘となれば、骸を放すだけで身軽に戦えますしね。

 

そんなお金(ばかりではないですが)で購入したロック it ランチャーの設計図。

必要な部品は、掃除機、リーフブロアー、コンダクター、消火栓のノズル。

そんなの拾ってきてないわ!

てな訳で拾ってきて作成してみました。

 

この武器は、その辺にあるガラクタを弾丸として射出する事が出来る武器だそうで、

手に入るものならバターナイフからティディベアまで、何でも発射する事が出来ます。

その威力は飛ばしたモノに依存するそうな。

アイロンを飛ばしてスーパーミュータントを肉片に変えた時は、流石に笑って

しまいました。

アイロンは、痛いです。

目下、屈辱的にレイダーを倒すためにブランジャー(トイレの詰まりを直す、棒の先に

吸盤の付いたアレ)を収集中。

頭部を狙って、窒息させてやるぜ!

投稿者 Wut : 13:14 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月10日

爽やかテイスティ Nuka-Cola  :Fallout3

前回の日記で「マニアックな世界だなぁ」とか書いていたら、ヌカ・コーラーマニアから

数の希少な”ヌカ・コーラー クオンタム”を、買い取るので持ってきて欲しいという

依頼を受けましたヨ!

 

ヌカ・コーラー クオンタム持ってくる度に買い取り、冷蔵庫の中がヌカ・コーラー 

クオンタムで一杯になったら(30本だそうです)、更にボーナスとしてヌカ・グレネードの

設計図をくれるんだそうで。

ヌカ・グレネードに必要な素材は、やはりヌカ・コーラなんだろうか?

 

ちなみにヌカ・コーラー クオンタムはクリアなビンの内側から、青白く光る概観を

持ったソフト炭酸ドリンクだそうで、17種類ものフルーツを合わせたフレーバーと、

放射性物質によるパンチの効いた刺激が癖になるのだとか。

マニアの間での評判ははカロリー2倍、炭水化物2倍、味も2倍で上々との事。

とある男の話では、コーラを飲みながらもう一方の手に握り締めた砂糖にかじり付き、

頭を力いっぱい殴りつけたような感じだそうで、オマケに3日間、発光する尿が

出たという話。

マニア、恐るべし。

 

そんなこんなで、とりあえずヌカ・コーラの生産工場へ、出荷先のリストを調べる為に

忍び込んでみたら二足歩行カニ・ミレルークのが青い姿でおり、名前も

ヌカ・ラークとなっているじゃないですか。

しかも、脚が早くて、攻撃が痛いときています。

…ヌカ・コーラー クオンタムの影響を受けた変種か!?

 

そして、数ある難関を潜り抜け、ようやく発見した配送先のリスト。

三箇所のショッピングマートに配送されたヌカ・コーラー クオンタムを手にするため、

男の旅が始まる!(「北斗の拳」のOP BGMをバックにフェードアウト

投稿者 Wut : 20:22 | コメント (2) | トラックバック

香港発 クラシックスタイルシューティング SOLDNER-X

PLAY-ASIAから着たメールを見ていたら、SOLDNER-Xというタイトルが気になったので

リンク先のページを見てみたら動画が貼ってあったんですね。

 

Youtubeの動画なのですが、それを見ていたら何だか面白そうに思えてきたので、

ちょっと調べたらPLAY-ASIA.comが発表したオリジナルゲームだそうで、プラット

フォームがPlayStationNetworkかPC用だというんですよ。

Xbox360では出ないのかー!?

 

ちょっと派手な壊しまくり横スクロールSTGというような感じで、ダライアスやR-type、

グラディウスなどをよく勉強して雰囲気を作っているように思えます。

 

ただ、ちょっと気になるのは、武器によるリーチの差が極端である事。

武器の性能差が酷いと、物凄く大味なゲームになってしまう可能性さえあるので、

その辺りのバランスには気を配って欲しいところです。

 

個人的にはダウンロード販売でもパッケージでも良いので、質の良いSTGが

もっとコンシューマで発売してくれたら…と願ってやみません。

もちろん、ベルトアクションもネ!

 

monotunes :

気合の入った横シュー「Soldner-X」先行予約キャンペーン

 

4Gamer.net :

横スクロールシューティング,

「Soldner-X」のプレイムービー(Soldner-X: Himmelssturmer)

投稿者 Wut : 19:18 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月 9日

スカッと爽やか Nuka-Cola  :Fallout3

ヌッカ・コーラを飲も~およ~♪

と、前歯が気になる細身の男性が歌うCMなんぞはありませんが、ヌカ・コーラは

Fallout3の世界ではポピュラーなソフト・ドリンクです。

多少、放射能で汚染されてはいますが、至る所に自販機があるので、中に

2~3本は見付かるんですね。

そして、飲めば体力微量回復、RAD+2。そして、通貨であるキャップが1増えるという

オマケ付き……って、この世界の通貨は、コーラのキャップかい。

なんて、マニアックな世界なんだろう…。

 

そんな事はさて置き、戦いの能力以外にも、放射能で身体の重傷を再生したり、

輸血パックの血で体力を回復したり、蟻の知覚を手に入れたりと、徐々に人から

ミュータントになってきている気がしないFallout3。

 

一応は父の後を追いながらも、この世界のサバイバル本を作るという女性の

与太話に付き合ったり、適当な廃墟に侵入しては、モノを物色したりしています。

とにかく持ち物を持てる量が少ないなぁ…と思っていたら、手持ちの武器が…

 

10mmサブマシンガン、アサルトライフル、ハンティングライフル、中国軍アサルト

ライフル、コンバットショットガン、ヌカ・ランチャー、ミサイルランチャー、ミニガン、

レーザーピストル、レーザーライフル、グレネード、地雷、ボトルキャップ地雷、

パルス地雷、スコープ付き44マグナム、バット、シシカバブ、リペレントスティック…

 

んー…書き出してみると、同じ銃弾を使うのはアサルトライフルの2種類だけなのね。

減るのは1つだけか。

リペレントスティックはネズミ用だし、シシカバブは燃焼スリップダメージが入るけど、

APの消費が大きい…とか悩む以前に、商売でも始めるのかと思う量の

武器を整理した方が良いのかしらん?

ハンティングライフルとかアサルトライフルは比較的拾うから基本持たずに、

現地で拾ったら修理しながら使うとか。

そして、街に戻ったら売却と。

 

しかし、グレネードの使い勝手が良いなぁ。

地雷は逃げながら撒く事が多いけども、グレネードは能動的に攻められるのが

便利だなぁ。

そして、打撃武器では意外にバットが強いのが何とも。

木製なのになぁ。

 

それじゃ、次は独立宣言書を、資料館から拝借してきますわ。

後、図書館とかも探さないとねぇ。

…セクシーな寝巻きも1wgとはいえ、いい加減に渡さないと荷物になるなぁ。

 

余談:

リベットシティにて結婚式に出席。

何故か新婦一人での挙式で、新郎が見当たらず。

それでも、神父は気にせず進行し、何故かつつがなく終わってしまいました。

バグかしら?

投稿者 Wut : 16:49 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月 4日

アリが強いデスヨ :Fallout3

深夜勤務の帰りに、よく予約をするショップに行って、Fallout3を引き取って

きました。

そして、Fallout3と共に、SaintsRow2も購入する猛者を目撃。

午前10時から熱い買い物を見たぜ。

 

ゲームの内容の方は核戦争の後の世界を舞台に、地下シェルターから

外に出たらしい父を探し出すというストーリーのが、大まかなストーリー。

レベル制のRPGではあるものの、戦いだけでなく、スキルを使って成功した

場合などにも経験点を入手できる成長システム。

 

会話の選択肢が多く、その言動が相手の心象をあからさまに左右したりします。

スピーチというスキルが高いと、相手を説き伏せる事が出来たりも。

 

戦闘はFPSっぽいですが、Rボタンを押すと狙撃モードになり、時間の止まった

状態で部位を狙う事も出来ます。その際の攻撃の成功は、命中率に依存します。

狙撃はAPというポイントが無い状態ではできませんが、APは自然回復するので、

基本的にRボタンを押して狙い撃ちメインでも良いかもしれません。

ただ、FPSほど移動速度が速くないので、相手の攻撃も割りとしっかり貰うのが

RPGらしいと言いましょうか。

 

とりあえず、現在のゲームの進度は、ヴォルトの地下シェルターから脱出し、

メガトンの街にで幾つかのクエストをこなしている状態。

パッドのボタン配置は概ねオブリビオンと変わらないので、それほど違和感は

無いのですが、オブリビオン以上に色々と制約があるのが荒廃した世界と、

緑が豊かな世界の差なのでしょうか。

 

とにかく、何から何まで手探りな状態なので、なかなか楽しいモノが有ります。

 

ただ、エネミーにゴキブリやら巨大アリやら出てくるので、虫が嫌いな人には

辛いゲームになりそうですねぇ。

 

正直、オブリビオンより複雑な要素、カツカツな要素があるので、色々と

把握しきれていません。

少なくとも、バリバリと戦闘をするRPG……ではない様子。

投稿者 Wut : 19:09 | コメント (0) | トラックバック

2008年12月 3日

ノーコンテニューもありんすよ :オトメディウスG

とりあえず、全キャラクターでゴージャスモードの一周目実績は達成せり。

今のところ、ノーコンティニュー1週目クリアできたのは、亜乃亜とマドカだけ。

ティタで何度かトライはしていますが、ウェーブがLv1になると……泣ける。

 

しかし、2周目は何故にアレほどまで激しくなるのやら。

ちと急ではあるまいか?

 

それにしても、オリジナルモードよりも、やはりゴージャスモードの方が面白いような

気がしてなりません。

オリジナルはボム有りきという感じですし、カプセルが沢山出るのでミスをしても

立て直すのにそれほど苦労しません。

D-バーストの使い方を、パターンとして組み込む事を考えれば、面白くなって

くるのかしら?むぅ。

 

何れにせよ、武器カード及びイラストカードを全て集める実績を達成する為にも、

オリジナルモードはプレイせにゃならんのですが。

武器カードはゴージャスモードのポイントで購入するとして、イラストカードは

今のところ1/50枚。

先は長そうデス。

 

明日、Fallout3も発売されるので、更に長引きそう。

投稿者 Wut : 15:08 | コメント (2) | トラックバック

2008年11月29日

一週目はゆるめです。 :オトメディウスG

どちらかというと、ゴージャスモードを期待して購入したオトメディウスG。

アーケードでもちょこっと使っていた、エモン・5をチョイスゴジャスモードを

レッツプレーイ!

 

といっても、アーケードじゃ片手で数える程しか、遊んでないんだけどネ。

 

3回目のプレイでラスボスに到着。

ぅぇぇぇえええ!?

…マジっすか。

 

ゴージャスモードはプレイの内容によってポイントを獲得し、そのポイントで

決められた中から武装を購入する事ができるのですが、確かにそれで

フライングトーピードをLv2まで、テイルガンとツインレーザーをLv3まで買いましたが、

それでラストステージ、ラストボスまで進めるとは…。

ある意味で、STGファンでは無い人を取り込もうという目的を持ったタイトルでは

ありますが……まぁ……2週目は弾数、敵数共に増加+打ち返しと突き放した

内容だからいいのか?

 

とはいえ、今のところラスボスを、ノーコンティニューで倒していない人が言うことじゃ

ないネ。ウヒ。

 

エモン・5で5~6回。トロンで4回。ティタで1回。

コンティニューを使って倒せました。むぅ。

2週目はまだ越せていません。

 

全ての機体を使ってみた感想としては、ティタ、エモン・5、ジオールという感じで

使いやすい印象。

私はある程度、オプションが固定できる機体が好きな模様。

 

ティタのパワーアップは、

/スピード/アクアレーザー/テイルガン/オプション/ホーミングミサイル//

という順番なのですが、アクアレーザーをウェーブに換えてLv3まで買い、

ホーミングミサイルをLv2まで買うだけで、使い勝手がかなり変化します。

レーザーが2つ目なのでカプセル6つでウェーブLv3まで強化可能なんですね。

ウェーブはダライアスに出てくるあのウェーブの性能なので、地形も貫通して

なかなか便利。

Lv3の状態でいられる時間は短いのですが、それも必要なカプセルが2つという

お陰で余り苦になりません。

ティタのオプションの特徴である攻撃方向の拡散、収束を場面で使い分ければ、

色々なシーンで活躍できます。

ホーミングミサイルは、ウェーブがLv1の時のショットパワーの弱さをカバーしたり、

背後の敵の迎撃に活躍。

んー。ステキ過ぎ。

 

エモン・5は、

/スピード/フライングトーピード/オプション/テイルガン/ツインレーザー//

という順番。

とりあえず、フライングトーピードのLv2と、テイルガン、ツインレーザーのLv3までを

買えば、割とそのままでいける感じです。

場面に応じてテイルガンとツインレーザーを切り替え、手早く火力を上げたい時は、

フライングトーピードをLv2に上げるという寸法。

テイルガンがLv2~3の状態だと、オールラウンドで戦える印象があります。

 

ジオールのパワーアップの順番は、下記の通り。

/スピード/ワインダー/スプレッドボム/シャドウレーザー/オプション//

こちらもワインダーをLv3まで、スプレッドボムをLv2まで買い、オプションを3つ装備

する事を前提とした、スプレッドボムでの短期決戦が熱い印象。

ジオールのオプションはショット/ボム・ボタンを押しっぱなしにすると、その位置で

固定出来るので、オプションを前方一列に並べて固定し、ボスへ接近戦を挑みます。

ちょっとリスクが高いのがネックですが。

ティタのウェーブLv3の方が安全で早いカモ……と思うと……。

オプションの固定は、色々と応用が利くのでとても便利。

ワインダーを別の”ダブル系”に換えると、化けるかしらねぇ?

 

今のところ、一番困っているのがマドカ。

ショットパワーが無くて、泣けてきます。

 

まずは、どの機体でも安定してラストまで進めるようにならねばなぁ。

投稿者 Wut : 00:09 | コメント (2) | トラックバック

2008年11月26日

Xbox360用ソフトの初週販売本数の歴代トップ5

タイトルのようなデータが、忍之閻魔帳さんに書かれていましてね。

 

どんな具合かみてみると…

 

1位:約10.1万本:テイルズ オブ ヴェスペリア

2位:約8.6万本:インフィニット アンディスカバリー

3位:約8.2万本:ブルードラゴン

4位:約6.6万本:エースコンバット6 解放への戦火

5位:約6.1万本:Halo3

 

で、最近発売した、「ラストレムナント」が、初日終了の時点で4位にランクインなのだ

そうで、同サイトでは「週末での伸びを加えれば、週間でも歴代トップを狙えるか。 」と

コメントしています。

また、初日売本数としても、「ラストレムナント」は歴代1位なのだとか。

 

和製ゲームが日本で売れるのは理解できるし、仮に「ラストレムナント」が最終的に

初週販売本数のトップに輝いたとしても、それはそれで構わないのですが…んー。

なんというか…その…自分のゲームの趣向が、如何に大衆向けの方を向いて

いないのか…という事をデータとして裏づけされたような、そんな気分デス。

 

それが嫌という訳でもなく、むしろ「望むところだ!」と言えなくもないのですが。

 

あ、そうそう。

ランクインしてるエースコンバット6とHALO3は、ちゃんと持っていますよ。

未開封で。

投稿者 Wut : 20:35 | コメント (2) | トラックバック

ダメビトゲージ 120%スペシャル BURNING Fest. ●

某部費争奪格闘大会なゲームとは、関係ないのであしからず。

ちょっとだけ触れるなら……Fill in Cafeを一時的にでも再結成するか、

トレジャーの方で新作を作ってくれー。

SS版も嫌いじゃないけど、個人的に非常に使い込んでいたアクションである

”避け”が無くなったのが痛恨でした。

LimitOverを知った頃には、配布も終わってるみたいだったしナー。

 

という話ではなくて、どうも年度末になってダメな人として勢いづいているという

お話なのさ。

というのも……

 

周囲が遊んでいるのをみて、買うの辞めた音頭をさんざっぱら踊った挙句に、

オトメディウスGをお買い上げ。

加えて、日本語版まで我慢するにしても、どうせなら既にローカライズが

済ませてある安いアジア版を今買った方が、金銭的にも得なんじゃないか?と

PLAY-ASIAでLEFT 4 DEADをお買い上げ。

 

現在、26日。

9日後に予約しておいたFALLOUT3を購入確定。

 

さぁ、どう遊ぶ!?

他にも予約したソフトは2本もあるのにね。

衝動買いもいいところさ。

何のストレス?何のストレスなんダ?

 

とりあえず、LEFT 4 DEADの到着は早くて4日。遅くて1ヶ月くらいらしいから、

これはこれで別にいいとして…。

 

あとねー、PLAY-ASIAに登録しちゃったから、日本でローカライズされていない

Timeshiftと、海外での発売元はSEGAなんだけど敵の首やら胴体やらが

ちょーんと斬れちゃう表現をしている為に、ローカライズが非常に怪しげな

Golden Axe: Beast Riderが欲しいのよねー。

流石にこちらは、何とか抑制したのだけども。

 

遊びたいと思った旬を逃すと、なかなか新品の値段で買おうとしなくなるから、

結果的に買えないという事になったりするんですよ。

それはそれで、お金を使わなくて良いのですが。

オレンジボックスが、その典型。でも、遊びたい。けど、発売日から日が経って

いるので定価での購入は嫌。という我侭スパイラル。

せめて3,900円くらいなら…と思わなくも無い。

できれば、3,500円以下がステキ。

 

話がずれて来ましたが、欲しい時に買い。遊びたい時に遊ぶ。

それが俺の旬!

と旨を張って言えるようになったら、ダメだと思う

自覚はある。でも、自制心が弱くなってる今日この頃。

ボーナス時期なので、知らない内に浮かれてるのかしら。

投稿者 Wut : 19:56 | コメント (0) | トラックバック

2008年11月21日

HDDに放り込んではみたものの :Xbox360 NXE

若干の差なんですが……インストールしない方がレスポンスがいいんじゃないか?

エリアを切り替えた際の読み込み時間といい、アイテムを売る際のレスポンスといい、

何だかDVDで遊んだ方が、オブリビオンに限ってはサクサク動く模様。

ただ、DVDが回転していないので、音は静かになります。

冷却ファンの音しか聞こえません。

そうそう、ちなみにオブリビオンをインストールした際に使用したHDD要領は、

6GB程度でした。圧縮してるのかしら?

 

でも、レスポンスが悪いのって気になるなぁ。

アイテムを売ろうとする度に、何かに引っかかるような反応があるんですよね。

間違いなく、ロード時間もインストールの後の方が長くなってるし。

ゲームに集中すれば、DVDの回転音などは気にならなくなりますしねぇ。

 

他にHDD落とし込むと良さそうなゲームは、無い気がするなぁ。

Xbox360のゲームでRPGというと、今はオブリビオンとToo Humanだけですし。

海外のゲームは区切りの頭でまとめて読み込んで、次の区切りまで読み込みが

無いというスタイルがほとんどなので、ゲーム中は余り気にならないんですよね。

DVD n枚組(nは2以上の任意の整数で)というソフトも持ってないので、特別

インストールしなければ、ゲームのレスポンスが悪いというゲームは無いかも

しれません。

 

強いて言えば、ゲーム中にフリーズする可能性のあるダークネスくらいかしら?

あれも、本体をエリート様に変えてからは、特にフリーズする事もなくなったのですが。

何かフリーズしやすいゲームを購入してしまったら、HDDに落とし込んでみますか。

 

余談:

XboxクラシックのFableは結構フリーズして泣いたなぁ。

クリアしたクエストがフイになるのが嫌で、クエストクリア→即SAVEのを心がけましたヨ。

投稿者 Wut : 12:47 | コメント (0) | トラックバック

2008年11月20日

予習を終了 :Fable

Xboxクラシックで購入したFableも、ようやく終了。

Fable2も同じ街が登場したりするそうなので、これで2を遊んでニヤリとできますわ。

 

最後のボスは、ちょっとズルかったですねぇ。

ポーションをガブガブ消費しながら戦って、勝つ事が出来ましたよ。

KOFのオロチみたいな全体攻撃は、防御で防げるのかしら?と今になって

思ってみたり。

 

それにしても、ちょっとファニーな見た目とは違って、本筋の話は結構ハードな

内容でした。

オープニングから村が焼かれてしまって、主人公は天涯孤独になっちゃうし。

 

モラルのプラスとマイナスに関しては、システムを理解してしまえば割と自由に

上下できるような感じだったので、何かの拍子でうっかり一般人やら衛兵やらを

殺してしまっても、評判などはかわらなかったり。

モラルや名声で、街の人々の態度が変わるという程度のようで、シナリオそのモノには

大きな変化は無いようでした。

話の途中で、これまでしてきた行いについて、振り返るように話しかけられる事は

あったりするので、良心が痛むような行いをした場合は、その都度思い出したり

するかもしれません。

 

それでも、本筋であるコアクエストが変わるという要素はないようですし、街さえ違えば

重婚出来てしまうし、盗みをしてもお金で解決できるみたいだし、悪事に対しての

リスクが低い感じ。っていうか、重婚は悪事でもないのか。

そういや、男と結婚してベッドインする事もできるそうな。

主人公の見た目とかが、パタリロのバンコランみたいだったら、その筋の人にも

受けたのかもしれないなぁ。

だーれが殺したクックロビン。いや、殺したって訳じゃないらしいが。

 

惜しむらくは、最後の辺りで使っていた武器が、レディグレイの寝室から失敬した

ヒリュウのカタナと、アンデッド用にロノックのアックスだったのが、個人的に

残念っていうかマスターグレートハンマーを買い忘れたーっていうだけの

話なんですが。

オーグメントは銀、ウィル、貫通と選り取り緑だったんだけどなぁ。

 

Fable2では、女性主人公も選べたり、アルバイトを続けることで木こり、鍛冶師、

バーテンダーといった職業に精通する事が出来たりと、遊びの幅も広がっている

ようなので、非常に楽しみです。

メイン・クエストを無理に進めなくとも、楽しめるようになっているんだとか。

塗料の存在で、髪や服の色を変えたり出来るそうなので、UOなどでファッションに

凝っていたこだわりの人でも、楽しめそうですね。

投稿者 Wut : 21:41 | コメント (0) | トラックバック

New Xbox Experience ! アバターは意外にいいかも?

会社の帰りに結構な雪に降られ、帰り道は車の4WDスイッチをONに

して夜道を岐路に付いた今日この頃、如何お過ごしでしょうか。

 

昨日の夜は仕事だったので、帰ってきてから深夜にアップデート。

アップデート時間自体は、それ程長くはかかりませんでした。

 

アップデートが終わると、しょっぱじめに派手なオープニングが始まり、

それが終わると「アバターを作ってください」という流れに。

パーツは顔の各部位からシャツにズボン、アイシャドウや口紅、眼鏡、アクセサリ、

靴、手袋となかなか多目。

 

で、出来たのがコレ。

 

 

大阪の友人が「似てるわw」と太鼓判。

 

体格に関しても標準+2のサイズで、慎重の高低や横幅を決める事が出来ます。

顔の特徴の中には、ホクロの位置でも目元、口元という具合にいくつかあり、

そばかすという普通のモノから、インディアンのフェイスペイントのようなモノ、

虎のペイント。MGS3に出てきたゾンビのペイントに似た変り種もあり、

カラーバリエーションも考えると割と個性を発揮できそうな感じです。

 

 

パーツの中には男女共通のモノもあったりしますが、流石にファッション関係は

固有のパーツになっている様子。

眼鏡など、一部のものはコッチのコレをアッチで使いたいなぁ…と思わせる

アイテムがあって、少々歯がゆい部分もあったりします。

 

アバターはゲーマータグ1つに1体となっている模様。

また、同一のゲーマータグで現在のアバターと異なる性のアバターを作る場合は、

一度、アバターを削除しなければならないようです。

クローゼットという形でファッションのコーディネイトは保存でき、簡単に切り替える

事は出来ますが、顔の形や体型などは1つずつ弄っていかなければなりません。

アバターの編集はゲーマータグの画面から、何時でも行えます。

 

 

海外タグの方もサインインしてみると、アバターの製作を求められたので、

こちらは女性のアバターを作って遊んでみました。

モチーフはPSO、PSUのメインとなったキャラだったりしますが。

 

 

耳とベイントが特徴です。

残念ながら”眼帯”のパーツはありませんでした。

眼帯でも、スネーク・プリスキンみたいなヤツね!

 

よく「Miiみたい」と言われますが、カスタム性はMii以上。

PSOのキャラクターメイクに近いモノがあります。

Xbox Live アーケードのゲームにも、アバターを直接操作して王国建設の手伝いを

するというゲームが登場していますし、UNOのキャラクターとしてアバターを使ったり

出来るモノも登場しています。今後もアバターを使ったゲームが、予定されている

ようです。

そのうちに、アバターを使うアクションゲームや、RPGが登場するカモしれませんね。

 

ゲームのインストールに関しては、とりあえず移動中でも豆にシークするオブリビオンを

放り込んでみました。

まだ、遊んではいませんが、プレイ中が静かになれば、それに越したことは

無いですしね。

他は、特に頻繁に長く読み込みをするようなゲームは買っていないので、

HDDに落とし込んでも効果は無さそうだなぁ…という感じ。

HDDにインストール可能となった事で、今後DVD n枚組というソフトが増えてくるかも

知れません。インストール推奨、或いは要インストールというソフトが出る…カモ。

そういや、オブリビオンの追加ディスクは、要インストールとなっていますね。

 

他はまだ未経験ゾーンが多いのが現状。

そうそう、Liveコンテンツの読み込み時間が以前より長いのは、NXEが当たった事で

ネットワークが混雑しているからなんですかねぇ?

情報量が増えて、重たくなったという事でなければ良いのだけど。

 

後、関係ないけど…誰かに似てるんだよねぇ、これ。

誰だっけ?

野口英世じゃない、板垣退助でもない。

誰や?

 

投稿者 Wut : 19:43 | コメント (0) | トラックバック

2008年11月19日

inside XboxでのNXE紹介 :動画

inside Xboxで配信されていた動画が、Xbox360ブログにアップロードされていました。

こちらは先に紹介したモノとは違い、日本のinsideで配信されたモノなので、

きちんと日本語で説明してくれています。

 

このアップデートそのものが大きな売りにはならないかもしれませんが、便利な

機能が増えるというのは嬉しい事です。

 

Xbox 360 ブログ :

・システムアップデート紹介映像 ~はじめに~

・システムアップデート紹介映像 ハードディスクへのゲームの取り込み

投稿者 Wut : 02:33 | コメント (0) | トラックバック

2008年11月18日

明日は待望のXNE!

いよいよです。

いよいよ明日ですよ!

 

Xbox360ユーザーには、本当にいよいよ。

半期に一度の大決算セール大型アップデートの日がやってきます。

特に今回はインターフェイス周りが大きく改善され、ぶっちゃけていえばMiiの

ようなアバターも作れるようになり……というよりは、アップデートが終わると

アバター製作画面になるようですが……一新されたダッシュボードと、

HDDにゲームをインストールできる機能などが付いて、よりエキサイティングな

Xbox360 Lifeを過ごせるようになるハズ。

 

これまで、ダッシュボード上では1対1だったボイスチャットが、アバターを使っての

最大8人とやりとりの出来るボイスチャットになるのも、魅力の1つ。

私は今のパンダアイコンが好きなので、頭だけパンダの被り物とか

出来ないんですかねぇ?

DLCでPanda Head 80pとかなら、買ってしまいそうですが。

そういえば昔、遠距離恋愛中なので旧Xboxを電話代わりに使っているという人が

いましたが、今は結ばれたのでしょうか。

 

マーケットプレイスの検索効率もあがるという話。

確かに今のマーケットプレイスは、お世辞にも探しやすいとは言えないので、

この辺にも期待したいところ。

そして、日本でも映画やTV番組を配信Plz。

 

概ねのアップデート配信予想時刻は、明日の17時~18時台になるんじゃないかと

いう話ですが、この手のイベントは混雑するのが常。

世界的に見ても日本のユーザーは少ないとはいえ、どういう形でアップデートサーバに

接続されるのかが分からない状態なので、もしかするとサーバがパンク…という事も

あるかもしれません。

あるいは、大幅に帯域制限をかけられるかもしれませんが。

 

ネットに接続していない方でも、アップデートの方法はあるそうなので、

Xbox360を持っているけどオンラインはしていないという方も、アップデートを

体験する事ができるようです。

 

ユーザーとしては、本当に進め!ワクワク!な状態なので、早くアップデートを

出来るようにならないかと切に願っています。

 

もっと詳しい事を知りたい方は、下記のリンクLからそれぞれの記事へどうぞ。

 

XNEWS :

・New Xbox Experience レビュー

・ New Xbox Experience Xbox LIVE パーティ機能を紹介

・New Xbox Experienceへのアップデート方法を紹介 (英語動画)

 

公式 :

・Xbox 360 システム アップデート

・Xbox 360 システム アップデート の 入手方法について

投稿者 Wut : 13:48 | コメント (0) | トラックバック

2008年11月17日

こんなん見てる分には、面白そうよねぇ :PS0

TGS2008でのステージ動画だそうです。

こうなってくると、TGSに行くのにDSをカバンに忘れてしまった事が悔やまれます。

SEGAブース近辺で、体験版をダウンロード配信していたんですよね。

どんな形でも体験しておけば、買うにしても買わないにしても決断は早かった

ろうに…と思うと…嗚呼、悔しいっ。

 

 

投稿者 Wut : 20:01 | コメント (0) | トラックバック

2008年11月15日

MIRROR'S EDGE 体験版

日本のXBLAでも一瞬だけ公開された、MIRROR'S EDGEの体験版。

海外では既に配信されているという話なので、とうとう海外アカウントを

取得して体験版をダウンロードしてしまいました。

体験版の内容は、チュートリアルと最初のステージ(?)まで。

 

操作はちょっと煩雑な印象ですが、慣れてくるとなかなかに面白いです。

 

ゲームのスタイルは一人称視点の3次元アスレチック。

ビルの屋上を飛び回りながら、公に出来ない書類などのやり取りをするのが

主人公の仕事なのだそうです。

 

操作はLスティックでキャラクターの移動。

長く同じ方向に倒すほど、走る速さが上がってゆきます。

Rスティックでカメラの移動。

Lボタンでジャンプしたり、段差を飛び越えたり、体を上に持ち上げるというアクション。

Lトリガは、走り中だとスライディングになり、ジャンプ中だと体を曲げて高さを稼ぎ、

落下中だと前転受身をして落下ダメージを逃すアクション。

基本的に体を曲げるアクションがLトリガに当てられています。

Rボタンは180度ターン。振り向きアクションです。

Rトリガはグラップル。立ち状態でパンチ。ジャンプ中とスライディング中は、

それぞれの高さのキックを繰り出します。銃を手にしている場合は、射撃になります。

また、扉を蹴り開けたりするのもRトリガの役割です。

Yボタンはパリーアクション。敵の銃を奪ったり、相手の打撃を受け流して、カウンターを

決めたりします。銃を持っている場合は、無力化の後に投棄します。

Xボタンはちょっと特殊で、ボタンを押した瞬間からわずかな間だけ、全ての

動きがスローモーションになります。自分の動きも遅くなるので、認識のし易さは

上がりますが、場合によってはタイミングが合わせにくい事もあるかもしれません。

超集中ボタンという感じでしょうか。

次に使えるようになるまでしばらくの間がある事以外に、利用制限は無いようです。

AとBボタンは…使わなかったような気が…。

 

操作やルート、タイミングなどをトライ&エラーで覚えてゆく感じゲームですが、

慣れてきてテンポ良く移動できた時の気持ちよさは、これまでのゲームには

無かった爽快感があります。

受身の時や壁を登った時など、少々視点の移動が煩雑ですが、感覚的に

なれてくれば主人公との一体感を得られそうです。

敵をどんどんと倒すパワースタイルでも、敵の視線を掻い潜るスニーキング

ゲームでも無い、新しいスタイルの3Dアスレチックアクションなので、

出来ることなら多くの人に経験をして欲しいタイトルのように思いました。

 

Youtubeの方にPS3版のプレイ動画が上がっていたので、張っておきますね。

 

投稿者 Wut : 20:27 | コメント (0) | トラックバック

2008年11月13日

怒首領器 :Fable

フリーズしたりする事もあるけど、私は元気です。

 

PCもですけど、Xboxクラシック版Fableも何かのタイミングでハングアップしなさるので、

少し前にクリアしたクエストの結果が水の泡になってしまった事が、何度かあったり。

PCの方は、もう大丈夫みたいなんですけどね。

 

エミュレーションが上手くいっていないのか、たまに固まるんですよねぇ。

苦労して、宣言したチャレンジの条件も満たした状態でクリアしたクエストの

結果がパァになった日には、ブーたれながらやり直したさ。

 

そんな英雄さまも、気がつけば54歳。

54!?

ゲーム内での経過日数は14日となっているのに、髪はすでに真っ白ですよ。

どうも、このゲームの年齢はキャラクターの強さと連動しているようで、キャラクターが

成長するのに比例して歳をとっている模様。

「英雄として洗練された技術を持つ物が、若年なハズが無い」というのは、非常に

アメリカらしい発想な気がします。

TRPGのトラベラーを思い出してしまいましたよ。

ただ、14日間で20歳から54歳になるというのには、疑問はなかったのかしら?

むーん。

ちなみに調べたところでは、年齢の上限は65歳だそうで、老衰での死亡は無い

との事です。これを知るまでは、余りにも歳をとるのが早いので、制限時間でも

あるのかと思いましたよ。

 

武器に関しては最終的に攻撃力優先になりそうな予感。

攻撃力以外の差は、オーグメントをセットできるスロットの数と、重量くらいの

ようなので、重い武器の扱いになれてしまえば、より攻撃力の高いモノの方が、

敵を早く処理できそうに思います。

鈍器に関してはスチールハンマーピック→黒曜石のハンマーピック→マスターメイス

と使ってきましたが、現在は宝箱から得た黒曜石のグレートハンマーがモーションは

遅いものの殲滅力が高くてよい感じ。

武器モーションの速さも、素早さを上げればある程度フォローできますし。

何よりベルセルクの魔法を使うと、敵がダウンする&攻撃力・攻撃速度UPなので、

通常時の手数の多い少ないは気にならない感じです。

大型鈍器万歳!

 

ストーリーの核となるコアクエストの方は、連れ去られようとしている考古学者を

助け出したところまでクリア。

これは制限時間のあるクエストなのですが、ベルセルクとマルチストライクを

使って、攻撃力及び攻撃速度の増加に、ガード不可能攻撃、ダウン効果と、

Buffテンコ盛りで挑んで攻略しました。

ウィルポーションの消費は余り気にしていませんでしたが、4~5本以上は

使っているハズ。

 

話的には折り返し地点っぽいのだけど、コアクエストは後どれくらいあるのかしら?

サブクエストもキッチリこなしてきているので、それもちょっと楽しみだったり。

しかし、旧Xboxのソフトとは言え、実績システム未対応なのはちょっと寂しいなぁ。

投稿者 Wut : 21:11 | コメント (0) | トラックバック

2008年11月 9日

故きを温ねて、新しきを楽しむ準備をする :Fable

半ば勢いで、XboxクラシックのFableを買ってしまいましたよ。

12月に発売されるFable2の予習も兼ねて。

 

XboxクラシックをDL購入なので、価格は1200ポイント(1600円くらい)也。

ショップを探せば、クラシックで買うよりも安く売られているトコロがあるかも

知れませんが、衝動買いに近い勢いだったので探す手間もありませんでしたぜ。

イェーイ。

 

ゲームの基本はシンプルで、スキル性に近いアクションRPG。

成長に関しては近接、遠距離、魔法を使うと、それに関する経験点がたまり、

敵を倒すと上記3つに共通して使える経験点がたまってゆきます。

それを消費して、生命(HP)やウィル(MP)、すばやさ等のステータスを伸ばしたり、

魔法の技を習得&強化してます。

また、行いによってモラルが増減したり、クエストなどを達成する事で、

名声が手に入る事で、周囲人々の反応も変わってきたりします。

もちろん、装備品や髪型、髭の形やタトゥーなどの外観の印象でも、人々の

反応が変わってきます。

 

とりあえず現在は、ピックハンマーと魔法を扱いながら幾つかのクエストを

こなし、山賊のアジトを調べるところまで進めました。

ちゃんと成長させてゆけば、それほどクエストの攻略には、困らない印象です。

 

成長の方は力系を主軸に、スキル系ではすばやさを主に上げ、ウィル系はヒールや

バーサークといった、サポート系魔法を中心に習得しています。

この手のゲームだと、どうしても高ポテンシャル器用貧乏を目指してしまう私。

何かに尖った方が、早く強くなりそうな気もするんですけど。

 

結構、アクション部分もしっかりしていて、魔法を使わないと多少地味な感じが

無くも無いですが、クエストの最中でも出てきたりする選択肢を考えながら、

ゲームを進めていたりするので、試行錯誤できる部分が多くて面白いですね。

そういや、家を購入したり、結婚できたりもするそうですよ。

海外のゲームってぇな、妙な所が凝ってるよねぇ。

投稿者 Wut : 23:56 | コメント (0) | トラックバック

2008年11月 6日

ミラーズエッジのデモが出てただとぅ!?

何でも10月31日にXbox Liveのマーケットプレイスにて、12月11日発売予定である

ミラーズエッジの英語版デモが1日だけ配信されていたそうですよ。

 

海外での発売に合わせての配信が、間違って日本でも配信されたようなのですが、

直ぐに消えてしまったとの事。

 

うわーぃ。見逃してたヨ。

興味のあるタイトルだけに、この見逃しはショックが大きいですわ。

デモを遊んだ人の話では、酔うけど面白いとか、思っていた以上に酔わないなど

様々。

動画を見ていると、一人称視点で結構ゆれたり、視線の移動が頻繁に

ある印象があるので、3D酔いになる人にはちょっと辛そうではあります。

それでも、アサシンクリードのようなヤマカシを、一人称視点で行うのですから、

その迫力は動画からもステキに伝わってきます。

 

むーん。デモを逃したのは、痛かったですねぇ。本当に。

11月中に日本語版の体験デモは、配信されたりするのかしら?

投稿者 Wut : 21:33 | コメント (0) | トラックバック

80GBモデルが発売されていたようで

機会があれば欲しいとは思っているPS3。

そのPS3の80GBモデルが、10月30日に発売されいたんですね。

アナウンスされたのは知っていましたが、発売日まではそんなに気にしていなかった

ものですから。

 

そんなPS3の消費電力などの比較を、impress GAME Watchで行っていました。

記事をみていると最新の80GBモデルが、消費電力も排熱も抑えられている様子。

値段も据え置きですし、もし買うのであれば最新モデルなのかもしれません。

と同時に、これまでの40GBモデルの値段がどうなるのか、ちょっと気になります。

公式ではオープン価格となっていますが……。

流石に40GBの差では、1万円も下がらないですかねぇ。

5千円が難いところかしら?

 

アイレムがパンピートロット2をPS3用にシフトしたので、それが出る頃には

購入するかもしれません。

などと、以前にMGS4の時も書いていたような気がするなぁ。(笑

投稿者 Wut : 21:16 | コメント (2) | トラックバック

2008年10月24日

本日の購入品と予約品

えーと、アクションが好きな人としては外せない悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印

購入するついでに、ゲームの予約をしてきましたヨ。

 

全てXbox360でのタイトルなのですが、Fallout3(12月4日)、Fable2(12月18日)、

そしてAlone in the Dark: Near Death Investigation(12月25日)の3本。

( )の日付は発売日。

RPG2本。ADV1本。どうやって捌くかは、まったく考えていませんが。

とりあえず……積んでおく?

一番時間がかかりそうなゲームの発売日が一番最初っていうのも、オイラは

どうかと思うよ?

 

後は気になるのもチラホラあるんですけどね。

フラクチャーとか、オトメGとか、428とか、 ファンタシースターZERO とか。

侍道3も気になりますが、あれは本体ごと買うことになるので、選考基準としては

別枠扱いでしょうしねぇ。

 

有る意味、嬉しいデスマーチではありますが、開封しないままのソフトが

また出てきそうなのが不安です。

本当に年末にかけて、ゲームメーカーはボーナスやら子供の小遣いやらを

回収するのに必死ですね。

いい事だ。

投稿者 Wut : 20:21 | コメント (2) | トラックバック

投げた球が届かなかったらしく

Xbox360にプリペイドカードでポイントを突っ込もうとしたところ、ちょっと挙動が

おかしく、直ぐにポイントが追加されなかったのですよ。

妙に思って実際の所持ポイントを確認してみたところ、やはりポイントの追加が

されていなかった模様。

 

Xbox360とPCの方から、同じプリペイドカードのコードを入力しても、

そのコード自体は使用済みという扱いになってしまっていて、にっちもさっちも

いかない状態になってしまいました。

 

仕方が無いのでサポートに電話してみたところ、タグと本人確認、そして使用した

コードを聞かれたので答えると、コード自体はまだ使用されていないとの事。

「少々、お待ちください」といって奮闘してくれているカスタマーサポートの兄さんの

向こうでは、何だか英数字を読み上げる別の人の声が。

あー。似たような状況の人がいるのねー。

 

サポートの人の話では、どうやらLiveのサーバーがメンテナンスをしていた

タイミングだったそうで、反映されるまでもう暫くまってみてもらいたい…と

伝えられたところでメンテ終了という絶妙なタイミング。

カスタマーセンターの方でサインインし、色々と試してみたいという事だったので、

パスワードを変更した後に変更後のパスワードをサポートの人に伝え、

しばし待つ事に。

 

向こうでもコードの入力が受け付けないという事が確認されたようで、最終的に

プリペイドカードの表と裏の画像を撮って、メールで送って欲しいという事に。

確認の後、何らかの形でポイントを追加してくれるとの事だったので、撮影後、

メールに添付して送信。

後でまた連絡するとの事。

 

今日は深夜勤務のシフトだったのと、妙な汗と緊張感からの疲れか、睡魔に

襲われだしたので、待ち時間でうとうとし始めました。

 

メールを送って1時間ほどしてからでしょうか、連絡がきまして、カスタマーセンターの

方でポイントを追加しておいた事、問題点は使用されたコードの方にあった事、

が伝えられました。

 

うーん。珍しいこともあるもんですね。っていうか、ポイントを投げたタイミングが

サーバメンテの微妙な隙間にタイミング悪く飛び込んだという事なのかしら?

何れにせよ、ポイントはちゃんと追加されたので良しとしましょう。

カスタマーサポートの兄さんも、根気強く奮闘してくれた様子で有難い限り。

 

変な汗をかかなきゃ、面白い経験だったかもしれないなぁ。

投稿者 Wut : 19:37 | コメント (0) | トラックバック

2008年10月23日

XBLAのPortal: Still Aliveが面白い

2色の光線銃を壁面に撃って空間を繋ぎ、3次元のパズルを解いて部屋から

脱出するという、珍しいタイプのゲームPortal: Still Alive

作ったのはHalf-Lifeで御馴染みのValve社。

Portal: Still AliveはXbox360で発売されたThe Orange Boxの Portalに

14ステージを追加したモノなのだそうです。

 

体験版をプレイしたのですが、物事を3次元で捉えるのかこんなにも難しい事だとは

思いもしませんでしたよ。

最初の内はまだ把握できる難易度だったのが、途中からは横方向へ長く飛ぶ為に、

高い位置からポータルに飛び降りるという攻略まで出てくる始末。

物理エンジンが使われているので、位置エネルギーとか運動エネルギーとか

そういう理屈なんでしょうか?

 

なんていうか、壁と天井をポータルで繋ぎ、移動した後の位置感覚は、これまでに無い

なんとも形容しがたい「hm...hmm??」といった感覚に襲われます。

楽しいー。

 

具体的な遊び方は、こんな感じ。

The Orange Box - Portal .trailers

 

これは、ちょっと面白いですヨ。

1200mspというのは、ちょっと値は張りますが。

今だと1200円弱くらい?

 

#The Orange Boxは中古を見かけないので、新品で買うしか無いかしらねぇ?

投稿者 Wut : 19:51 | コメント (2) | トラックバック

2008年10月15日

今更だけど、TGSの話をザックリと

11日から日にちは経っていますが、TGS2008の話なんぞを。

 

基本的に試遊台の待ち列に長時間ならぶほどの気合もないので、目的のところ

だけをチラホラと。

 

まずはアイレムブースへ直行。

例の地震体験マシンを見てからIREM BURURUNを貰う。

その際に、配布をしていたコンパニオンのユニフォームがユニークだったので、

正面からと背後からの写真をお願いしました。

 

 

背面のポケットにファスナーが付いていて、リュック一体型っぽいのが魅力的。

実用性が低そうな辺りもNice。

 

そのままアイレムの物販ブースである「アイレム横丁」へ一直線。

去年は入手できなかった、残機お守りをGET!ただ、前回のモノとはデザインの違う

Ver2であったのが、やや心残り。

おみくじも買って周囲を撮影しようかとしたところへ、ファミ通の取材クルーが登場。

DVDか何かの収録なのか、カメラが回っていました。

ファミ通ご一行様が慌しく去っていった後に、アイレム横丁をのんびり撮影。

 

 

 

 

これは、IREM BURURUNの裏表紙にある四コマ漫画の最後のコマに捺す、

オチが彫られたスタンプ。

金のオチとふつうのオチの2種類があり、オチを自分で選べるという画期的な

四コマになっています。

 

 

今から思えば、この絶対絶命タオルも買って置けば、よかったかしらん。

 

 

おみくじは一回百円になっています。

お賽銭感覚でお金を投入。

 

そして、ちらりと奥に目をやると……。

 

 

今年も出ていました、ゲームセンターCXブース。

どこかで見たような顔の人達が、ブースで店子をしていましたよ。

ADの人だと思うのですが、名前を失念して話しかけられませんでした。

なお、有野課長は12日にこのブースに登場したそうな。

ここでは、名言湯呑と4ウェイクロックを購入。

 

 

そして物販ブースから立ち去ろうとしたその時…

 

「シュウォッチ販売中でーす!

 

なぁにぃぃぃぃぃ!?

 

 

 

 

売ってますよ。売ってましたよ。2年程前に予約登録までして、そのままチップの

精度に納得がいかないという理由で発売延期。そのまま音沙汰がなかった、

あのシュウォッチが売っていますよ。

 

 

高橋名人のポップもありますよ。

「1つください」は、ほぼ脊髄反射で出ました。

 

そして、ゲームメーカーのブースをチラホラ拝見。

 

 

ドラキュラの新作も出るのねー。

ただ、3Dなドラキュラには良い思い出がないんだよなぁ…などと思いながら、

 

 

にこやかな高橋名人のステージを横目に、

 

 

カルドセプトDSのステージをチラリと見やり、館の通路を渡ろうとすると…

 

王子発見!

 

 

脇から撮影、失礼しまーす。

そしてやってきたカプコン ブース。

 

 

目玉はやはり、バイオ5とモンハン3なのですが、バイオ5の試遊台は長蛇の列。

見るからにゲンナリとするような列を尻目に、モンスターハンダーも似たような

モンだろうなぁと探してみると、

 

 

並ぶ事さえ適わぬ有様でした。

人気あるねぇ。

 

 

でかいサカナが吊るされ

 

 

MH3コーナーの模様は、新作で追加される海エリアをモチーフにした飾りつけな様子。

ちらりと、操作方法の紹介動画を見ていたところ、武器を出したり仕舞ったりするのは、

+と-ボタン。体験の操作はAボタンで縦斬り、リモコンを左に捻った状態でAを

押すと薙ぎ払い、右に捻った状態でAを押すと斬り上げとなるそうな。

んー、リモコン振り回すよりは、幾分マシな印象だけど……。

複雑な気持ちで、カプコン ブースを後にしましたよ。

 

 

そして、やってきたXbox360ブース。

何だか前回よりも、人の数が多い印象。

ここでもバイオ5には長い列が。

CERO Zのコーナーにも長い列……。

むぅ。

XBLAのところは、そんなに人が並んでいませんでしたが、流石に開いている台は

無い様子。

 

ちらちらと見て12時をまわったので、食事をしながら休憩する事に。

再び物販ブースのある館に戻り、出店にならんで牛肉は出しだけとって、

引き上げたんですか?と聞きたくなるくらいに肉が見当たらないビーフカレーを飲む。

 

 

そして、個人的に好きなゲームであるキャッスルクラッシャーズの開発スタッフが、

来日されていた様子。

mixiの360コミュの報告では、コミュニケーションを取った人が素敵なグッズなどを

入手された模様。

羨ましい限りですが、これも努力をした人への特典なのでしょう。

しかし、あのニワトリのTシャツはいいなぁ。

 

あ、王子。

 

 

こちらは携帯電話のコーナーだったので、何かしらの携帯アプリで塊魂が出る様子。

携帯電話では、ようゲームはせんなぁ。

 

アイレムブースのスペランカー試遊台が少し空いて来ていたので、ならんで

遊んでみたところ、んー、紛いも無くスペランカーという印象。

先に並んで遊んでいた人のプレイを観ていると、最初のエレベーターから降りる際に、

ミスしてしまう人、地形のカドに引っかかり、復帰しようとしてミスしてしまう人が

いました。

有る意味で、100面ある新マップとリニューアルのグラフィック&BGMを起こした

意外は、まるっきりファミコンのスペランカーという感じでした。

グラフィックは、ドット絵とリニューアルCGを選べるのも好印象。

 

そして、今一度Xbox360ブースで色々散策していたところ、以前に紹介した

PVに似たモノが流れてきて、思わず見入ってしまいました。

mixiの方でニコニコ動画の方のPVを製作した方の足跡が残っていたので

話を聞いてみたトコロ、自分が作ったものでは無いのではないかという話でした。

 

そして、そこから少し離れたところでMSKKのエライさんである泉水氏を発見。

最初見かけたときは「おや?」と思ったのですが、間違いないことを確認して、

写真をお願いしたところ、以前にお伝えしたように一緒に写真を撮ることに。

 

 

私の顔は、一応ゲーマータグに使っているアイコンで伏せておきますね。

実際の泉水氏は、映像や画像でみるより、はるかに人の良さそうなNice Guyです。

「これからも応援お願いします」と言ってくださったので、「頑張ってください」と

握手をしました。

 

泉水氏と写真&握手の時点で必要以上に充実してしまったので、この気分のまま

会場を後にする事にしました。

外へ向かうロビーの途中では、まだ頑張って撮影を続けているファミ通クルーや、

一息ついている海外からの取材クルーをを見て、心の中でお疲れさまと言い、

外に立って会場を守っている巨大なノートン・ファイターにさよならを告げ、

幕張メッセから東京へ向かいました。

 

 

そうそう。以前に動画で報告したZUNTATAのステージは、カレーを飲む前に

見たんでした。

時系列とか以前に、記憶がぐだぐだになりつつあるなぁ。

ゲームの話、余りしていないし。

投稿者 Wut : 23:18 | コメント (0) | トラックバック

2008年10月13日

TGS2008 MSブースで流れていたニコニコ動画

んー。確かに、MSのブースでこの曲が聞こえていたような…。

 

 

投稿者 Wut : 21:00 | コメント (0) | トラックバック

TGS2008 撮影動画関係

TGS2008でちょろっと撮影してきた動画を、Youtubeにアップロードしてきました。

内容としては、アイレムブースの地震体験マシンの様子と、みんなでスペランカーの

ひとりでスペランカーのプレイアブル。そして、タイトーブースで行われた

ZUNTATAのステージの模様となっております。

ZUNTATAのステージに関しては、諸般の事情で最初と終わりの方が中途半端な

状態です。ご了承下さい。

 

 

TGS2008 Iremブース

 

 

みんなでスペランカー 試遊デモ

 

 

TGS2008 ZUNTATA ステージ

 

 

投稿者 Wut : 20:48 | コメント (2) | トラックバック

戦果は上々

東京から無事帰宅。

詳しいことはまた改めて書きますが、TGS2008の戦果は個人的には上々でした。

分かる人には分かってもらえるハズという戦果ではありますが。

 

特筆すべきは、ZUNTATAのステージを見る事が出来た事と、Xbox360ユーザーには

妙にアイドル的な存在になっているMSKK 執行役 ホーム&エンターテイメント

事業本部長の泉水 敬氏と握手&写真撮影をしてもらった事。

 

泉水氏には写真をお願いしたところ、氏の方から「じゃぁ、一緒にどうですか?」と

言って下さいました。

ええお人や。

写真を撮った後、「頑張って下さい。応援しています!」と一方的に固い握手を

してしまいました。

この一件でTGS2008に関しては、かなり満足度が高いです。

 

泉水氏をよく知らない方の為に:

 

泉水敬とは (センスイタカシとは) - ニコニコ大百科

 

 

 

これ以外の話は、また後ほど。:)

投稿者 Wut : 01:20 | コメント (0) | トラックバック

2008年10月10日

TGSの予定

兎にも角にも、アイレムぶるるんと、スペランカー残機お守りは手に入れるぜ!

 

後は…後は、えーと…バイオ5とかモンハン3とか、Xbox360関係とか、

そんなとこかしら。

 

何か見てきて欲しいモノとか、撮影(可能なら)してきて欲しいモノとかあります?

モノによっては、気が向けば、撮影してさしあげなくてもなくってヨ。

ヲホホホ。

 

あー、コスプレとかは勘弁な。

あすこの通路周辺は、魔空空間だから。

 

#若さ 若さ って何だ!

投稿者 Wut : 13:35 | コメント (2) | トラックバック

2008年10月 6日

TGS2008 今年のIremにも期待大

私の中でほぼ年中行事になっている東京ゲームショウ。

特に期待しているのは、お隣の石川県で頑張るソフトウェアメーカー”Irem”。

毎年予想以上のブース作りをしてくれて、ゲームを見ずにブースを見ているだけでも

非常に楽しめたりします。

 

今年の出展案内のページを見てみると…相変わらず、開発費とか開発時間とか

大丈夫なの!?と心配したくなる程の入れ込みようです。

パンピートロット2のアナウンスがあった年には、1/1トロットビークル(動きませんが

乗れます)がブースに登場したりと、中堅ドコロとは思えないくらい無闇に力が

入っていました。

貴方達のの遊び心は判ったから!と叫びたくなるくらい。

言ってみれば、エイプリルフールのノリをTGSで発揮している感じです。

今年のアイレムぶるるには、カルタが付くようですし。

宣伝費という名目になるのかもしれませんが……採算取れる予定あるんですか?

アイレムさん。

 

しかし、「みんなでスペランカー」かぁ……。

色んな意味でキラーソフトな感じがしますが、新たなネタ伝説を築くのか、

本当に良質なソフトとして評価されるのか。

非常に興味があります。

でも、PS3専用ダウンロード配信なのよね…。

パンピートロット2もPS3専用になってしまったし…。

みんなでスペランカーは、プライアブルだったらいいなぁ。

「最新情報を手に入れよう」となってるから、遊べないかもしれませんね。

 

なお、ポンコツラジオではアイレムブースの全貌を68%教えちゃいます特集!

をやってる様子。興味のある方は是非。

投稿者 Wut : 12:16 | コメント (0) | トラックバック

2008年10月 4日

「ゲーム系編集者だけど質問ある? 」というのを見かけたのさ

人生VIP職人ブログwww

ゲーム系編集者だけど質問ある?

 

真摯な感じで好印象な上に、仕事への姿勢にプライドが感じられます。

興味深い事も書かれていたりして、ゲームが好きな人には楽しめると思われます。

 

使える本なのは一番なんだけど、 ほんとは布団に寝っ転がって 読んで

楽しめるのが理想の攻略本なんだよね…。

 

こんな考えをもっているゲーム系ライターが居ると言うだけで、有難い話ですよ。

最近、ちょろっと雑誌を立ち読みしたりすると、自分の感情を前面に出している

ような人がライターなどをしていたりして、全体的に質が落ちてきているのかなと

危惧していたり。

 

私がまだ購入していた頃(電撃王が刊行されていた頃)の電撃系ゲーム雑誌は、

確かに感情前面の人もチラホラいましたが、本当にゲームが好きなんだなぁと

感じられる人が多く、信頼に足る記事が多かったモノです。

びぃず羽岡氏の「GPMの楽しさが分からない人とは、友達になりたくない」発言は、

最初こそ「んん?」と思ったものの、実際にガンバレードマーチを遊んでみると、

「嗚呼、なるほど。言いたい事は分からなくもない」と思えましたし。

 

個人的には電源系ゲームではなく、M;tGが発売される以前のRPGマガジンやら

LOGOUTやらのテイストを持ったゲーム誌が発売されて欲しいのですが、ニーズは

少なそうだなぁ。

ロール&ロールは殆ど読んだことが無いのだけど、どんな感じなのだろう。

製品のサポートが主で、面白い資料とかは無いのかしら?

投稿者 Wut : 17:49 | コメント (0) | トラックバック

2008年9月26日

10月16日 それは飛来する

任天堂が大冒険……というよりは、私には物凄い鋭い角度を、物凄い勢いで

飛んでくる飛び道具にしか見えません。

 

Wii Music

 

とりあえず、公式サイトを見た感じでは「ビデオゲーム」では無いもよう。

平たく言えば、楽器演奏の真似事をするソフトなんですが、その真似事を

保存し、同じソフトを持っている友達に送ることが出来き、更にそこに

演奏を付け加える事も出来るのだとか。

そして、その付け加えたファイルをまた別の友人へと送り、そこへ新たに演奏を

加えて別の友人へ……などという事もできるそうです。

 

これって、本当にデジタルな”おもちゃ”ですよね。

ゲームのように何かしらの決め事がある訳でなく、成功と失敗の具合が曖昧で、

具体的な褒賞もペナルティーもありません。

そこにある確かなものは、それを使って楽しめているかどうかだけなように

思えます。

 

バンドブラザーズKORG DS-10は楽器ですが、Wii Musicはもっと気楽に、

もっと気軽に扱える、楽器では無い似て非なる何かだと思うのです。

アピールの方向はカジュアル層と、パフォーマーかしら?

手軽にネットにアップロード出来る環境があれば、一部の人達に人気がでるかも

しれませんね。

投稿者 Wut : 22:31 | コメント (0) | トラックバック

2008年9月25日

ロックマン9がやはり面白そう

Wiiwareで配信が開始されたロックマン9 野望の復活

ニコニコ動画でプレイの様子をみていたのですが、なかなかよさそうな

塩梅なんですよね。

 

 

1000ポイントかー。

Too Humanの合間に遊ぶには……モノが重いなぁ。

投稿者 Wut : 23:14 | コメント (0) | トラックバック

2008年9月11日

未だに

ゲームハードの性能云々と書いている人が居るようですが…

 

遊びたいゲームの無いハードなんぞ、いくら性能が良くても買わんじゃろ。

 

性能で買うモノじゃ無いと思いますよ?

実際に、まだ件の3機種のどれも持っておらず、購入を迷っている人がいますが、

それはハードを買ってでも遊びたいゲームが無いって事でしょう?

だったら、まだハードを買う必要に迫られていないんだと思うんですよ。

或いは、そのハードでどんなゲームが出ているのかを知らないか。

ハードに惹かれて買うのは、よっぽどのハードマニアくらいですしね。

 

迷っているのだったら、正直買わないのが正解です。

安い買い物じゃありません。

そして、ハードを買ったのなら、簡単に売らない方が良いです。

自分好みのゲームがでる可能性を考えてください。

今、流行ってるみたいだから買う。などという買い方は、一番考えていない

買い方だと思いますよ。流行っているのは、今だけ。アナタが価値を見出して

いるのは、今だけ。という事もあるのですから。

ゲームハードを買ってはみたけど、今は動いていないという話を結構聞きます。

 

アナタがそのハードで何をしたいのか。

 

その辺を見据えてからの購入を、お勧めします。

投稿者 Wut : 21:19 | コメント (2) | トラックバック

2008年9月 5日

そうか! :キャプテン★レインボー

このゲームのノリは、64ゼルダの魚釣り場店員などでみられる、

いわゆる”濃い任天堂”のノリじゃないですか。

いやぁ、何故今まで気づかなかったんだろう。

 

時々任天堂ゲームにみられる”場違いな雰囲気”を、キャプテン★レインボーでは

全開にしているだけだったんですよ。

そういう意味では、レインボーも間違いなく任天堂のゲーム。

 

ジーンズの下からゴルフボールを出したり、大人の事情な電話で露出を控えたり、

庭に咲いている花の1つがパックンフラワーだったり、土管に入れたり、土管に

入る音がマリオのそれと同じだったりとネタが多いです。

 

濃い……というよりは、ちょっとクド目の任天堂ゲームを楽しみたい方には

キャプテン★レインボー。お薦めです。

投稿者 Wut : 01:34 | コメント (2) | トラックバック

黒くしのびよる あくのかげ :キャプテン★レインボー

説明しよう!

キャプテン★レインボーは正義のヒーローだ。

ミミン島の住民の夢を適えるため、キャプテン★レインボーは(以下省略)。

 

そんな感じでキャサリン(スーパーマリオUSA)とおっさん(ゴルフ)が

お星様になりました。

願い事をかなえた住人は、大きな星に乗って打ち上げられ、最後に

夜空一杯にそのキャラクターの顔が表示されるんですが、その演出だと

死んじゃった演出にしか見えない辺りがなんとも。

 

小さな星を一定数集めると、流星夜という大きな星を運ぶイベントが始まり、

信頼されている島の住民一人を伴って、大きな星を祭壇に返しに行くことが

出来ます。

その道中、シャドーというMOTHERに登場するスターマンを真っ黒にしたような

キャラが、星を奪いに体当たりしてくるんですが、主人公が星を持っている

時に体当たりされると、ボタン早押しのバトルとなります。

ひかり(ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島)の説明によると、その戦いで負けてしまうと、

主人公は死んでしまうのだとか…。重いなぁ。

そこで、バスケットボールの要領で島の住民と星をパスしあって、可能な限り

戦いをさけて星を運ぶ事になるのですね。

で、最後に自分の願いか、一緒に来てくれた住人の願いをかなえるかの

選択をする訳です。

しかしながら、主人公ニックはキャプテン★レインボー。

落ち目とはいえ正義のヒーローなのです。

本当のヒーローなら、選択に悩む必要はありません。

 

流星夜を起こす条件である小さな星は、比較的簡単にあつまるのですが、

問題は一緒に来てくれる住人がその時いるかどうか…なんですよね。

リトルマックは過剰な減量で痩せ細り、独り浜辺で落ち込むは、鷹丸の

座禅はボタンを押す指が滑ったりして、座禅を失敗させてしまったり。

ファミコン兵士のバレーボールの腕前は、特訓の成果もありタコヤキから

イカタマへ1階級昇進致しました。が、先はまだ長そうです。

デビルはまだ話が進まないようだし、リップは花の妖精なのに花粉症で

ズビズバズズズだし、トレイシーは大人の事情だし、タオは犬だし。

信頼を得るには、まだまだの様です。

そういや、ひかりも願い事があってこの島にやってきたのだろうけど、彼女の

願い事が何なのか聞いていないなぁ。

流星夜自体は、そんなに急いで起こす必要が無いのかもしれませんね。

 

それにしても、任天堂から発売されるゲームの割りに、台詞や演出のアクが

強いゲームです。毒有り、シモなネタ有り。全体的にのんびりしたゲームだから、

大丈夫なんですかねぇ。昔のゲームの宣伝にもなりそうだし。

これでバーチャルコンソールの売り上げも増やして、一石二鳥を…と思うのは、

考え過ぎかもしれませんが。

でも、ちょっとは興味がでますよね。

投稿者 Wut : 01:14 | コメント (0) | トラックバック

2008年9月 4日

しょうりのサインに 虹をかけろ :キャプテン★レインボー

先月28日に買っておきながら、月を跨いでのご紹介。

Wiiのキャプテン★レインボーです。

 

ストーリーのあらすじなどは紹介ムービーを見てもらうのが一番なので、

そちらをどうぞ。

ゲームとしては、島の住人に頼まれたことを解決したり、バレーボールの

特訓をしたり、一緒に座禅を組んだり、島を散策したりと、割とのんびりしています。

乱暴な例え方をすれば、どうぶつの森のような雰囲気でアドベンチャーゲームと

いう感じでしょうか。

 

登場するキャラクターは任天堂のマイナーキャラクター達なのだそうですが、

元ネタが分かるのから分からないのまで11人と1匹。

公式サイトのミミン島案内で、どのキャラクターがどのゲームに登場しているかが

紹介されています。

ギフトピアやちびロボはゲームそのものがマイナーで分からないでもないですが、

謎の村雨城の主人公である鷹丸がマイナーキャラとなっているのは、何というか、

世知辛いというか、世の無常さを感じさせるというか。

そりゃぁ、ゼルダの伝説と同時発売だった為に、ゼルダの影に隠れてしまって

パッとしなかったかもしれないですし、ゼルダは続編が出ているのに村雨城は

そんなそぶりもないですが……。面白いんだけどなぁ、謎の村雨城。

 

ゲームの進行度は、まだ序盤です。

何しろ、島の住民全員に会えていません。

島を散策したり、壊れそうな岩を壊してみたり、紛失物を探していたら頼まれ事を

されたりという感じ。

そして某所の遺跡でディスクシステム型の遺物を発見し、必殺のダブルヨーヨーを

身に着けました。

ダブルヨーヨーを放つには、リモコンとヌンチャクをシェイク!

ウワー。また、この手の操作かー。

 

ちなみに、遺物の作動音は直接録音でもしたんじゃないかと思うくらいに、

ディスクシステムのソレの音でした。

ナツカシスギル…。

投稿者 Wut : 00:27 | コメント (0) | トラックバック

2008年8月24日

エクスぅ!?

ネットを練り歩いていたら、妙なタイトルを見つけましてね。

ジェネレーション エクスというんですが、エクスはアルファベットで「XTH」と

書かれているんですよ。

これはウィザードリィ エクスのシリーズなのかしら?と考えていたら公式サイトの

下の方にc 2008 Team Muramasa / Experiense Inc. All rights reserved. と

あったのどうやらそれっぽい感じです。

学園生活とか書いてありますし。

 

それにしても、思考型3DダンジョンRPGって、どんな風なんでしょうか。

体験版が落とせるようなので、ちょいと遊んでみようかしらねぇ。

ムービーを見ていると独自の単語が多いので、ウィザードリィとは関係が

無い様子ですが。

 

それにしても、製品を購入する手段は通販だけなのかしら?

余計なところを通さないからこその、 \5,500 なのかもしれません。

投稿者 Wut : 23:24 | コメント (0) | トラックバック

キャプテェーンンン ★ レインボゥッッ!

気になる、気になるキャプテン★レンボー

なんていうか、ノリがかなりちびロボのそれに近い匂いがするんですよ。

ちびロボ、好きなんスよねぇ。

 

キャプテン★レインボー 紹介ムービー

 

発売日は8月28日か……豆腐マンと被るのね。

考えることをやめた……豆腐でいるために。

 

とりあえず、キャプテン★レインボーの主題歌を覚えることから始めようかしら。

投稿者 Wut : 01:27 | コメント (0) | トラックバック

2008年8月23日

GO!GO!GO!バイオニック! :BC マスターD復活計画

ここしばらくSC4などそっちのけで、バイオニックコマンドー マスターD復活計画

なんぞを遊んでいたのですが、「はぁ?」「なんやそれ?」などというボヤキを

吐きながらも何とかノーマル難易度をクリアできました。

 

解除できた実績は、まだ2つだけですけどね。

 

本編の方はファミコン版のリメイクというだけあって、かなり懐かしい感じの

ゲームなのですが、全てポリゴンでモデリングされているので、ヌルヌルと

動くのが印象的。

こういうのも遊びたかったんですよね。

とにかく頑張って続ければ、ちゃんと報われる感じのつくりなのが好印象。

運任せの要素が少なくていいですね。

 

とはいえ、これがドット絵だったら落ちないんだろうなぁ…という場面に何度も

出くわしたり、毒ガスの判定が分かりにくかったりするのはご愛嬌なのかしら?

アーマー関係の効果も、最初の一人だけにしか効果を得られなかったりと、

仕様なのかそうでないのか分からない部分もチラホラ。

 

チャレンジモード?

えっと…あー…うん。難シイヨネー。

なんていうか、最初にアームをアンカーするポイントで、後の成否が確定するような

ミッションがほとんどなんじゃないかしら?

制限時間30秒で進みながら攻略を立ててゆき、全体の流れをある程度把握

したあとで、後はトライ&エラーあるのみという感じ。

一度失敗すると、時間の関係でリトライが出来ないモノがほとんどなのですが、

指を慣らすためにあえて挑戦したりという具合。

1~20くらいまでは全て星を1つ以上付けましたが……全て終わらせるには、

まだ半分以上あるなぁ。

 

しかし、チャレンジモードに取り組む事で身に付くテクニックは多いですし、

アームでぶら下っている状態(揺れていない状態)でショットガンを撃てば、

再度体を振る事が出来ると発見してからは、かなり行動の幅が広がったように

思えました。

 

アップグレードされていない武器も幾つかありますし、データベースも全て埋まって

いない状態なので、ノーマル難易度でもまだまだやる事はありそうです。

ありそうなんだけど…ギャラガレギオンの完全版も買っちゃったんだよネー。

 

バイオニックコマンドーもギャラガレギオンも良いアレンジです。

こういうのがもっと世間に知られれば、Xbox360の見方も変わりそうなモノなのですが。

投稿者 Wut : 22:18 | コメント (2) | トラックバック

2008年8月21日

嬉しいんだか、悲しいんだか

Xbox360のスタンダードモデルが色んなところで売り切れている件で、

マイクロソフトの方からアナウンスがあったようです。

 

Xbox 360 本体の品切れに関するお詫び

 

いわゆる「テイルズ効果」という事なのか、とうとう私の家から最寄のヤマダ電機で

さえもスタンダードモデルに「完売」の札が貼られていました。

アーケードモデルとエリートモデルに関しては、まだ在庫があるようです。

 

旧Xboxから遊んでいる人間としては「売れて嬉しい」という思いと、

「このタイミングで何をしているんだ」という悲しさ、そして「ユーザーが増えることで、

変にカジュアルなゲームが乱発されなければいいのだけど」という、何とも

複雑な気持ちが入り混じっております。

 

ともあれ、ユーザーの数が増えれば、海外の面白いゲームをローカライズして

くれたり、日本では未配信というXBLAのソフトが経てくれるハズ……と期待。

Mass EffectやTIME SHIFTのローカライズはまだかー!

 

何はともあれ、今は素直に喜んでおきましょう。

本当に夢みたいな話ですし。

投稿者 Wut : 19:40 | コメント (2) | トラックバック

2008年8月19日

予約してきたんだぜ :Too Human

よく足を運ぶゲームショップでToo Humanの予約しようとしたら、限定版と

通常版のどちらか聞かれましたよ。

限定版なんてあったのかー。

値段設定がまだ書かれていなかったらしく、恐らく同じ値段だろうという

話だったので、可能であれば限定版、無理であれば通常版という事で

予約を入れてきました。

 

 

海外のサイトによると難易度が自動調節になっており、武器の強化にも

対応して敵が強くなるので、お気に入りの武器を作っても、最終的には

破棄する事になるのだとか。

後、死亡時のペナルティがアーマーが損傷(修理はできるらしい)する事と、

エリアのスタート地点へ戻されるだけなので、ディフェンダーとバイオエンジニアに

大きな意味を持たなくなってしまっているのだとか。

Co-opもレベル差があると高い方のレベルに合わせた敵が出てくるので

低いレベルの人は大変なんだそうです。

情報を集めるほど、オンラインでのCo-opよりも一人でコツコツ詰めて行く

ゲームなんじゃないかと思えてきますね……。

大丈夫か?

Co-op自体は楽しいらしく、Diabloのようなアイテム集めが好きな人にも

楽しめるという事らしいですが。

 

Hmm。

3部作という話もあるので、Co-opを主体にするのは2作目以降なのかなぁ?

とりあえず、アレですわ。PSOをイメージして買った人は、エライ目を見そうな

感じのゲームではありますね。

投稿者 Wut : 20:18 | コメント (0) | トラックバック

2008年8月15日

what's your name? :忌火起草 解明編

お盆という事もあって、忌火起草 解明編をやっております。

ストーリーは面白いのですが、話が詰まるとこれがまた進まない進まない。

とりあえず1つエンディング(「終」が表示されるエンド)を見たので、今は

真相を究明中。

 

出来る事ならテキストを読みながら解いてゆきたいのですが、1つ思い込むと

進まなくなる様子なので、フローチャートに切り替えてこれはと思う選択肢に

あたりをつけて進めております。

それでも、とあるトコロからフローチャートには表示されなくなるのですが…。

 

今のところ2~3つエンディングをみていますが、どれもちょっと後を引くような

終わり方でして、真のエンディングとは程遠い感じ。

休みの間に謎を解明できるのか!?

 

#公式サイトでオリジナル小説の配布もしているようなので、興味のある方はどうぞ。

投稿者 Wut : 21:24 | コメント (0) | トラックバック

2008年8月 6日

体 験 版 : Alone In The Dark と 豆腐マン

気になっていたゲームタイトルの体験版が、Xbox360のマーケットプレイスに

上がっていたので早速体験。

 

Alone In The Darkの方はサバイバルアドベンヤーの原点的作品の最新作。

今作で5作目なのですが、実際に遊んでみるのはこれが初めてだったりして。

 

ゲームの雰囲気としては非常に良い感じで、演出などに関しては非常に高い

レベルであり、映画などにも引けを取らないすばらしさだと思う反面、

リアリティを追求した為か、特定の状況で視界がぼやけたりする際に、

Rスティックを押して瞬きをしなければならないなど、ちょっと煩わしい操作を

強いられる事があります。

暗闇に関しても演出が凄いのですが、懐中電灯を取るまでは暗い場所は本当に

暗くて見辛いです。

 

操作関係は一人称視点と背後視点での移動方法に違いがあるので、慣れるまでは

少し大変かもしれません。

一人称視点の際はLスティックを倒した方向に歩き、Rスティックで視線を操作します。

背後視点の場合はLスティックの上下で前後に移動。左右で右あるいは左の方向へ

回転をするというラジコンの様な移動方法に切り替わります。Rスティックは手にした

オブジェクト(椅子や消火器など)を振り回すのに使うようです。

オブジェクトを振り回すのにも一癖ありまして、振りかぶりの動作が必要に

なるようです。例えば消火器で扉を叩き割るシーンがあるのですが、その際には

まずRスティックを↓に入れて振りかぶった後で↑に入れることで、消火器を

打ち付けるというアクションになります。

 

また、アイテム選択画面(ジャケットの内ポケット画面?)の状態でも時間は

進んでいるので、外敵が居る時には悠長にジャケットの内側を眺めている

訳には行きません。

状況判断は迅速に。

 

全体的に一手間多い操作を要求されるようなゲームでしたが、それにさえ慣れて

しまえば、良質なサバイバルホラーが楽しめそうな印象でした。

色々とアイテムを組み合わせて使えたりするので面白そうなのですが、日本語版は

でるのかしら?

 

Game*Spark

気味の悪い敵との死闘! 『Alone in the Dark』最新トレイラー by RIKUSYO

 

 

Too Humanの方はアクションとは言い切れない感じのRPG。

体験版を触ってみた感じではつまらなくはないのですが、今ひとつ面白さの

核が見えてきませんでした。

ダンジョンに何度も潜ってレベルを上げたりトレジャーハントをしたりするゲームは

好みではあるのですが、それにこだわったストーリーがあるので、少々邪魔気な

気がしないでもありません。

ストーリーを楽しむ部分とは別に、スラッシュ&ハックを主に楽しむ部分が

あれば良いのですが……。

 

スキルの選択やクラスのこだわり。拾えるアイテム等が多そうなので、やり込みの

要素は高そうです。

 

何れにせよ、マルチプレイの対応人数が2人というのは、非常に痛いところです。

最初は4人になっていたんですけどねぇ。

投稿者 Wut : 13:26 | コメント (0) | トラックバック

2008年8月 2日

難易度ハードは要忍耐? :SCⅣ

シングル:ストーリーの難易度ハードで、何か新しい要素が追加されないか

と思い、攻略を始めてみたのですが……ノーマルとの難易度差が結構違うのですが。

A+G投げなんぞ、こちらのボタンを入力してから屈んで避けられますよ!

ムキー!

 

途中で倒れてリトライすれば、もちろんそのステージの最初から。

4人居れば、4人の一番手から再戦となる訳で……。

遠くにNINJA GAIDENⅡの影が見えそうな程度に、トライ&エラーの繰り返し。

クリアして得たものは、新たな称号と新しいステージでした。

ぎゃふん!

ちなみに、使用キャラはタキでしたヨ。

 

次にアーケードモードの方で遊んでみますが、こちらも最後の2人が無闇に強く、

トライ&エラー!トライ&エラー!バンティングセンターでバ・ン・ト!と鳥居みゆきが

脳裏にちらつく程でした。

というか、この2人だけストーリーモードの難易度ハードと、変わらない強さじゃ

ないか!

とりあえず、あれですよ。アプレンティスへの正面からの攻撃は、控えたほうが

いいかもねぇ。

まずはタキでクリアし、次にヨーダでクリア。

そういえば、ヨーダでは思ったほどリトライしませんでしたね。流石、ジェダイマスター。

ノーコンティニュー?あー、無理無理。

 

そして、タキの修練度が最大値に達しました。

……修練度の最大値、低いなぁ。

投稿者 Wut : 17:44 | コメント (2) | トラックバック

2008年7月31日

May the Force be with you :SCⅣ

結局のところ、大人しく発売当日に購入したソウルキャリバーⅣ。

えーと、確かⅠでソフィーテァ、Ⅱからタキを使っていたのは覚えているのですが、

技関係は霞のかかった記憶の向こうに、おぼろげに思い出せるだけ。

タイトル画面でいきなりの実績解除報告が。

 

 新たな時代の幕開け:ソウルキャリバーの新しい世界へようこそ 5G 

 

実績解除で演出をするとは、なかなか小憎らしい事をしてくれるじゃないですか。

 

とりあえず、シングルプレイでタキを選択し、ポーズをかけて技表を確認。

あー、あったあった、こんなコマンド。

それにしても、見辛いなぁ、この技表は。

見辛い表で確認するのはあきらめて、プレイしていくうちに思い出すことに期待。

或いは、思い出して技表を確認するという方向で、遊び始めました。

 

シングルのストーリーモードでは、キャラクターにステータスやらスキルやらが

設定されているようで、その都度になにかしらのエフェクトが有るようですが、

それほど気にせずモチモチとプレイ。

ソウルチャージをしようと思ったら、タキの姿がドロンと消えて「これがインビジブルの

スキルなのか」と逆に困ったり。

 

ジョイスティックを持っていないのでパッドでプレイをしているのですが、遊んでいると

これはジョイスティックが欲しくなってきます。

DOA4の時も確かそんな感じはあった気がしますが、それでもパッドである程度は

こなせました。SCⅣだとDOAシリーズとくらべて、ボタンが1つ多い為かしら。

 

てな感じで遊んでいると、見慣れないキャラが登場。

名前は修羅。

後で調べたらGANTZとかを書いている漫画家さんがデザインしたキャラクター

なのだそうです。タキのカスタムキャラかと思いましたよ。

そういう意味では違和感がないなぁ。

で、いきなり負ける。

何でも、ゲームオーバーでそのままメニューに戻ると、プレイの内容が

まったく反映されないそうで。

全く反映されないのはいやなのでコンティニュー。

そのまま辛勝した勢いで、最後の相手であるジークフリートもガチガチ攻撃して

タキでのノーマルモードをクリア。

修羅が使えるようになりましたー!

 

キャラクターを使っていると修練度というものが上がってゆくようで、どうやら

キャラクターのカスタマイズをする際に、色々と影響があるようです。

もちろん、カスタマイズ設定無しでの対戦もあるので、その辺りの心配は無用。

 

さーて、次はジェダイマスター・ヨーダですよー。

発売前から気になっていたヨーダなのですが、これが攻撃をするとピョンピョンと

跳ねるというか、浮くというか。映画で例えるならエピソードⅡのような感じの

動きを見せてくれます。

流石に映画ほどの速度はありませんが、攻撃中に→B+Kなどを出すと、

緑の光を発散させながら更に空中で回転斬りなどをみせてくれて、最初こそは

戸惑いましたが、使ってゆくうちにだんだんと面白いキャラに。

癖はかなり強い感じなのですが、SWが好きな私としては大満足。

B+Kで相手の武器攻撃をフォースで受け止めて、押し返す事もできるようです。

ただ……下段技って、どれなん?

中に浮く分、対人をする場合は揺さぶりとか難しそうねぇ。

で、こちらは特に苦になる事も無く、ダークエッジを作り出した偉い人を倒してクリア。

偉い人が使用可能に。

それにしても、ヨーダの声は永井一郎さん(サザエさんの波平さんの声)なのかしら?

昔、テレビで聴いた記憶のあるヨーダの声とは、明らかに違うんですよね。

 

後は、カサンドラで話を進めれば、ソフィーティアを使えつようになるかな…と

思いきや、さにあらず。途中、出渕裕氏デザインのシェラザードも登場しましたが、

こちらも使えるようにはなりませんでした。むむう。

カサンドラってソフィーのコンパチではないのね。使ってみて始めて知る事実。

こちらのストーリーは途中でロックが仲間になったりと、面白い要素が。

で、最終的にはロックは抜けて、偉いさんを倒して終了。

 

とりあえず、難易度ノーマルのストーリーモードは、意外と何とかなる事が

多い様子。

ゲストキャラのアンロックは、特定のキャラでクリアなのかしらん?

神斬蝕とかを倒しても、使えるようにはなりませんでしたし。

ストーリーモードをクリアすると、クリアの状況に応じてお金がもらえるので、

それらで装備品を購入したりして、既存キャラクターをカスタマイズしたり、

オリジナルキャラクターを作ったりできるようです。

TOWER OF LOST SOULSモード辺りは、オリジナルを使って遊びたいなぁ。

 

とりあえず、一度トレーニングでゲームに関する基礎知識を知っておこうかしら。

覚えておけるかどうかは、また別の話ですけども。

 

それにしても、ベイダー卿がDLCでの課金で使えるようになるという話は、

本当なのかしらねぇ。それはそれで、ちょっと嬉しくはある話ですね。

という事は、PS3でもヨーダを使えるようになるわけですか。

SWのキャラクターでソフトを選んだ人には、複雑な話かも知れませんねぇ。

 

ちなみに今作の登場キャラクターはこんな感じだそうです。

投稿者 Wut : 21:05 | コメント (3) | トラックバック

2008年7月30日

やはり売れてる?

今日、ソウルキャリバーⅣのフライング販売がが無いかちょろっと回って

見たのですが、世の中そうそう甘いモノではないようです。

というより、昔より厳しくなりましたね。フライング。

 

そんな中、よく足を運ぶゲームショップに置いてあった中古のXbox360が、

無くなっていました。

恐らく売れたのか、他の店舗に中古の在庫を確認されてそちらへ回したのか。

何れにせよ、その店舗ではXbox360の本体は(取り寄せなのか)1つも

並んでいませんでした。

某Y電器では、学童がXbox360の試遊台を弄っていたりするし、スペースも

以前より広がっているし、良い傾向だなぁ……と思う反面、リテラシーの低い

ユーザーがXbox360のソフト市場の動向をも左右するのか……と思うと、

嬉しいような、そうでもないような……。

 

そこのキミ!

売れているソフト=キミが楽しいソフトでは無いのだから、注意するんですよ!

投稿者 Wut : 21:03 | コメント (0) | トラックバック

2008年7月27日

今年触れてみたゲーム 上半期

うーあさんの方でクリアしたゲーム(1月~7月)にコメントしたところ、

「ラスさんもゲーム好きだからリストにしたら 結構な量になりそうな予感w 」と

返されたので、ネタにも良いので調べてみる事に。

とりあえず、上半期に遊んだ、クリアした、体験版を触ってみた、購入したけど

未開封などのソフトタイトルを挙げてあります。

順番は日記を見返して、タイトルを見かけた順。

もしかすると、日記には書いてないけど実は遊んでいるのに、記憶から抜けている

タイトルもある可能性があるかも…。

 

 

虫姫さま ふたり (アーケード)

基本はマニアックモードでパルム:アブノーマル。

 

デススマイルズ (アーケード)

使用キャラは主に白いの。

 

キングダム アンダーファイア:サークル・オブ・ドゥーム (Xbox360)

ディアブロのどこを参考にしたのか分らないゲーム。途中から苦行に。

ノーマルはクリアしたけども、それ以降は精神的な苦痛が伴いそうなので終了。

 

有野の挑戦状 (NDS)

ミニゲームの割りには、ボリューム満点。色々と技を使ってクリア。

 

シヴィライゼーション4 (PC)

時間を食べるゲーム。終わらないSLG。

 

Omega Five (Xbox360 LA)

色々な意味でオシイSTG。面白い事は面白いのだけど、オシイ。

 

テストドライブ アンリミテッド (Xbox360)

オワフ島を目的を持って、或いはひたすら気ままにドライブ&レース。

ラジオはカスタムサントラでどうぞ。これも終わらないゲームだなぁ。

 

DEVIL MAY CRY 4 体験版 (Xbox360)

今に思えば、体験版で充分だった気もするなぁ…と思わないでもない。

 

Undertow (Xbox360 LA)

5周年記念だかで無料レジストリできたので。遊ぶと結構面白い。

 

Rez HD (Xbox360 LA)

過去にDCやPS2で発売されたものの移植。リズミカルに。

 

DEVIL MAY CRY 4 (Xbox360)

こちらは製品の方。悪いわけではないのだけど……・ねぇ。

 

大乱闘スマッシュブラザーズX (Wii)

全てはスネークの為に!ストーリーモードはクリア。

 

世界樹の迷宮II (NDS)

あー。面白いのだけど、時間がかかるから進めてないわー。

ただ、攻略が属性で縛られるというのは、ちょっと納得いかない要素。

ごちーん!

 

Bioshock日本語版 (Xbox360)

ストーリーが分るってすばらしね、Mr.B。

リトルシスターを全員救助してクリア。

 

DVS (アーケード)

カードを使ったディアブロクローンっぽいゲーム。個人的にはテンポが今ひとつ。

 

スターソルジャーR (Wii ware)

タイムアタックは終わらない。普通のスターソルジャーもリメイクしてPlz。

 

darkSector (Xbox360)

グレイブ投げて首チョンパなゲーム。グレイブの扱いは面白いですヨ。

ノーマルはクリア。

 

RAIDEN FIGHTERS ACE (Xbox360)

硬派な縦スクロールSTG。えーと、自分はAC版では何をつかってたっけ?

 

斑鳩 体験版 (Xbox360 LA)

まだ完全版を解除していなかったり。面白いのですが…色々と…。

 

STRANGLEHOLD (Xbox360)

二丁拳銃。横っ飛び。バレットタイム。鳩。ジョン・ウー。

ノーマルにてクリア。

 

サムライスピリッツ閃 (アーケード)

消えるの早かったなぁ。努力は認めたいゲーム。ゲームバランスはSNK。

 

The Darkness (Xbox360)

黒いにょろーんで心臓ウマウマな金城武。ハングアップの現象への対処は

なされたのかしら?ノーマルにてクリア。

 

OVERLORD (Xbox360)

ピクミンっぽいゲームなのですが、考える事が多くて面白いゲームです。

 

NINJA GAIDENⅡ体験版  (Xbox360)

地獄はここから始まりました。

 

NINJA GAIDENⅡ  (Xbox360)

こちらは製品版。難易度”忍の道”と”強者の道”にてクリア。”悟りの道”は

進めようかどうか……。イライラしそうだしなぁ。運が必要っぽいしなぁ。

 

Battlefield Bad Company 体験版 (Xbox360)

ソロモードの体験版。そこそこ面白い感じでしたが、馴染めない部分もあったり。

 

The Elder Scrolls IV:OBLIVION  (Xbox360)

本編よりサイドクエストが楽しい困ったゲーム。終わらない、終われない。

Xbox360版に関しては近々DLCがあるという話。追加クエストなのかー!?

 

ガンダム オペレーショントロイ (Xbox360)

ソロミッションはノーマルにてクリア。ソロよりマルチが面白いゲーム。

 

モンスターハンター フロンティア (PC)

意外と続いています。

 

挙げたタイトルの中でクリアしたのは、28タイトル中8タイトルですか。

体験版や終わらないのもありますが、思ったよりクリアしてるのねー。

そして、意外にも未開封という購入タイトルが上半期にはありませんでした。

去年購入して、まだ未開封というのならあるんですけどね。

投稿者 Wut : 21:46 | コメント (2) | トラックバック

アニキ熱唱 :バイオニックコマンドー マスターD復活計画

うなる~ うなる~ うなる う~なるぜ 

 

オ~レ~の バァーイオニーックアァームッ!

 

トップシークレットのファミコン版「ヒットラーの復活」のリメイクとなる「バイオニック

コマンドー:マスターD復活計画」の発売がXbox360版は7月30日から、PS3版は

7月31日から延期となったそうです。

その為か、ムービーの方で水木一郎アニキが、このゲームの応援ソングを

熱唱するというコンテンツが追加されていました。

 

これはXLAでも配信されていたムービーなのですが、何というかある種の

間違った方向にベクトルが働いていて、非常に楽しいモノにしあがっています。

例えて言うなら、対象年齢が10歳前後になったような印象でしょうか。

反面、倒産したコンパイルのピーク時みたいなノリを感じてしまい、ちょっと

心配でもあったりします。

大丈夫かしら。カプコン。

 

余談ですが、主人公のイメージイラストを書いている人が、もともとSNKに勤めていた

イラストレータな為に、スペンサーが龍虎の拳に出てきた軍人ジョン・クローリーに

見えてしまう罠。

そうか。メガスマッシュはバイオニックアームから撃っていたのか。

投稿者 Wut : 12:41 | コメント (0) | トラックバック

2008年7月15日

Xbox360でFF13が発売!?

欧米だけですか。

そうですか。

 

いや、FFシリーズは買ってないのでいいんですけどね。

 

『FFXIII』、欧米ではXbox 360でも展開 - ファミ通.com

投稿者 Wut : 04:36 | コメント (2) | トラックバック

2008年7月 9日

クリアできず不貞寝する :NINJA GAIDENⅡ

そういえば やってなかった

”悟り”の難易度 試してなかった

覚悟決めて 始めてみた”悟り”の

最初のチャプターのボスで 何度も死にまくる

 

無理か!? 無理か!? 僕の実力では

無理か!? 無理か!? 越えられない

 

もう ダメなのか ダメなのか サジ投げようか

むずかしすぎて 進めない

good night

 

 

 

というくらい難しい”悟りの道”な訳ですが、終いにゃ腹立たしいを通り越して

呆れてしまうほどになってきました。

 

チャプター1の変化した地蜘蛛忍者なんぞは、あれは運ですよ。運。

腕前も確かに必要ですが、運が無いとクリアできませんて。

ボス一体だけならまだしも、その取り巻きに無数の爪忍者がいて、爆破手裏剣を

投げてくるんですよ。

 

爆破手裏剣の何が嫌かって、まず刺さると溜めアクションなどを被ダメージの

モーションでキャンセルされ、その後に間を置いて手裏剣が爆発。

爆発の際に防御か裏風をしていないとそれなりに痛いダメージが入る上に、

こちらのアクションがキャンセルされてしまいます。

つまり、まず手裏剣そのものに行動を阻害される上に、当たろうものなら

爆発に対して行動を有る程度控えなければならないという二重の構造を持つ

いやらしい攻撃が、飛び道具という形で四方八方から襲い掛かるわけです。

 

そしてここの爪忍者は、どうやら無限に湧いてくるらしく……。

あー、イライラする。

 

とにかく、数体の爪忍者を倒してから棍の絶技がLv1溜まった瞬間に開放。

爪忍者に当たっても良し。ボスに当たれば尚良しという戦い方で、運良く勝てました。

運が悪いと、ジャンプ着地Yでもエッセンスが寄って来なかったり、溜めを手裏剣で

潰されたりします。

 

ある種、理屈だけでは攻略できない域に達している感が。

”強者の道”で腹を立てていた自分が、バカみたいに思えてくる始末。

今の私が難易度を分りやすい言葉に置き換えると、こんな感じになります。

 

忍の道 ⇒ イージー

強者の道 ⇒ ノーマル

悟りの道 ⇒ ベリーハード

超忍の道 ⇒ アルティメットか、はたまたエクストリームか…

 

XBLのリーダーズボードを見ていると”超忍の道”をクリアした人がいるのだから、

クリア出来ない訳ではないのでしょうが……心が持つかなぁ。

投稿者 Wut : 17:47 | コメント (2) | トラックバック

2008年7月 6日

”強者の道”をたどった先に :NINJA GAIDENⅡ

難易度”強者の道”をクリアしたどー!

倒し方が分っていれば、何とかなるモンですね。

やはり、ボスより雑魚が厄介でした。

犬、ウザイ。犬、ウザイ。

 

とりあえず、難易度”強者の道”のチャプター11以降は、ボスでコンティニューを

する必要が無かったくらいで、”忍の道”ほどの苦労はしませんでした。

幻心に至っては、2度出てきますがどちらも回復アイテムを使わずにクリアが

出来てしまった始末。

飛行船での苦労は、一体なんだったのか……。

 

そして同時に使用した武器が龍剣のみだったので、「龍剣を極めた」の実績も

同時に解除できました。

飛燕などの使い勝手が良かったので、思ったほどの苦労はしなかったように

思います。振り返ってみれば、殲滅戦が一番の一部に苦労したような気がしますが、

本編では……あー……爪とか爆破手裏剣とかロケットランチャーとか、色々な

雑魚には苦労したか……。

それらは恐らく、どんな武器を使っても苦労させられると思うので、龍剣で

苦労したという事では無いと……思います。

 

まだ、難易度では”悟りの道”、”超忍の道”と上のランクが有るわけですが、

どうしようかなぁ…。悟り~はかじる程度には試してみるつもりですが。

 

#嗚呼。水晶のドクロの最後の一つは何処にあるんだ…。

投稿者 Wut : 20:55 | コメント (2) | トラックバック

2008年7月 1日

ボスよりも… :NINJA GAIDENⅡ

”強者の道”チャプター8の殲滅戦が、チャプターのボスより攻略が難しいとは

是如何に。

ロケットランチャーと多脚ロボのバルカンの組み合わせが、なんともウザイDeath。

 

先にロケットランチャー忍者を片付けようとしても、リスポン場所によっては

二体が一緒のところに登場して弾幕張ったりするし。

もーね。

ロケットランチャーだけ無くさせて忍者をそのまま生かせておけば、邪魔臭い

ロケットランチャーを使う敵が出てこなくて楽になるじゃないかしら?と思ったら、

爆破手裏剣でロケットランチャーをもいだ時点で、次のロケットランチャー忍者が

スポーンしやがんの。

誰でも考える事は一緒ですか。そーですか。

キィィィッ!

 

で、チャプター8はクリアしたけど、相変わらずロケットランチャーとか爆破手裏剣を

投げる爪忍者とかウザーイ。

ゲームの難易度ででこんなに腹立たしいのは久しぶりだなぁ。

せめて”強者の道”くらいは、何とか攻略したいなぁ。

投稿者 Wut : 21:51 | コメント (2) | トラックバック

コナミのその気

コナミがオトメディウスGに合わせて、こんなモノを発売するそうです。

 

ハイパースティック PRO オトメディウスG ver.

 

このジョイスティック……タッチセンサーが付いてやがるっ!

実際にどの程度使えるものなのかは分りませんが、その気概は買いたいところ。

ゲームの方での主な選択操作は、レバーとボタンになるとは思いますが。

 

ただ、オトメディウスそのものは、もう少し練って欲しいと思うんですよね。

切り捨てるべきところを切り捨てて、もっとシャープにした方が良いんじゃないかしら?

投稿者 Wut : 21:48 | コメント (0) | トラックバック

2008年6月29日

まぁ、こいつを見てくれないか :動画

 

反応速度が変だゼ!(笑

いやぁ、人の腕だとしたら、大したモンですわ。

 

そして、アーケード版のこちらも、上手すぎて参考になりません…。

 

投稿者 Wut : 17:01 | コメント (0) | トラックバック

2008年6月28日

トロイ作戦体験版 :ガンダム オペレーショントロイ

ンダム オペレーショントロイのマルチプレイ専用デモがXbox360の

マーケットプレイスに上がっていたので体験してみたのですが……

うーん……という感じでした。

体験版は5分間1マッチ アサルト(チームサバイバル戦)ルールのみというのも、

初のプレイには厳しいモノがあったのかもしれませんが。

 

少し前にBFBCのデモも体験していたのですが、こちらは割と普通な感じで、

面白い!とまでは感じなかったので、BFのゲームエンジンそのものが、

余り好みではないのかもしれません。

楽しみ方が分るほど遊んでいない…というのも有るかもしれません。

 

ゲームに慣れていないからかなぁ。

MSに載って戦っている時は、普通のFPSと微妙に感覚が違うんですよね。

兵士の時の動きはそうでもないのですが、MSに載った際のゲームテンポは

同じガンダムFPSである戦場の絆のそれよりも少し遅い感じがします。

遅いこと自体は別に気にしないのですが…何というか、もっと底の方で何かが

引っ掛かっている感じがしてなりません。

 

まぁ、私が参加したセッションにやたらと上手い人が一人居て、マップを覚える

暇さえもなかったというのが、一番楽しめなかった理由なのかなぁ…とか

思ってみたり。

それとも、ガンダムへの思い入れがほとんどないのが一番マズイのかしら?

でも、戦場の絆は割りと楽しめたのよね。

 

余談:

ちなみにDBZBRも一緒にダウンロードしてプレイしてみたのですが、こちらも

何だか微妙な感じで切なくなりました。

もしかすると、ディンプスのゲームそのものが肌に合わないのかも……とか

思ってみたり。

投稿者 Wut : 21:21 | コメント (0) | トラックバック

2008年6月27日

爆破手裏剣が~  :NINJA GAIDENⅡ

例のアルマジロを倒して先のチャプターに進めましたよ。

ただ、その後に出てくる爪忍者の爆破手裏剣のウザイ事、ウザイ事。

ダメージこそ爆発する時に、ガード⇒裏風でほぼ皆無ではあるものの、

刺さっていると上記のアクションをしないとまともにダメージが入るので、

こちらの行動が制限されてしまうんですね。

数が多いと余りにウザイので、忍法に頼ってしまう始末。

 

我慢して、我慢して、我慢しても行動に移るタイミングを遮られてしまうっていうのは、

イラっとしてしまうわぁ。

まぁ、初代Xboxのやつも、色んなところでイライラさせてもらいましたが。

 

そうそう。

このチャプターでよく登場するミサイルランチャー忍者(ここまでくると、既に

忍者なのかも怪しいですが)は、バズーカ忍者と違って爆破手裏剣で爆破すると、

ミサイルランチャーを持っている方の腕が欠損するので、大量の山なりミサイルを

封じるのには、まだ有効であるようです。

爆破手裏剣が無い場合は、裏風でくぐっていってもいいんですけどねー。

 

あー、イライラするー。(笑

投稿者 Wut : 03:28 | コメント (0) | トラックバック

2008年6月24日

強者の道を歩む :NINJA GAIDENⅡ

とりあえず、難易度を「強者の道」へシフトして再挑戦しております。

実績である龍剣の極みも兼ねて、武器は龍剣でのみ進行中。

現在はチャプター7の最後の方なのですが、一番最後に出てくる亀だか

アルマジロだかのモンスターに苦戦しております。

鎌を使えば楽なんだけどなぁ…。

 

手前の幻心に関しては、下手にジャンプせずに忍術で雑魚を殲滅し、幻心の

コンボの最後を裏風で避けてから龍剣で斬ると割りと楽でした。

何が嫌かっていうと、雑魚の存在がとにかくウットウシイのですよ。

幻心を狙った斬撃が、そばでチョロチョロしている雑魚の方へターゲットを

持っていかれ、折角のチャンスがふいがなったりするんです。

本当に立派な邪魔役になっているので、レベルデザイナーの人は狂喜乱舞でしょう。

あー、ウザイ。

 

雑魚などの倒し方は龍剣のしばりもあって、主にジャンプの着地にYで出る、青い影を

引く攻撃。これが忍者などを相手に決めると欠損を起こしやすく、そのままもう一度

Yを押すことで直ぐに滅却できてとてもステキ。

人狼やら魔神やらは同様に着地Yか、ジャンプからの飛燕で欠損を。

4脚マシンガンロボには飛燕×3を。2脚の大型ロボには風の忍術で欠損させてから、

滅却を狙います。

曲がり角などの向こうから敵が走ってくるのが見えた場合は、角の陰に隠れて

Yボタンを押して絶技をLvMAXにし、角から敵が飛び出したところに撃ち込んで

見たりと、少し忍者っぽい事もしてみたりしています。

細かな蜘蛛みたいな敵には離れて絶技を為つつ、寄ってきたら開放というのが

まとめて倒せてよいのかも。

龍剣以外を使えれば、もっと楽に倒せるとは思うのですが。

 

忍の道との難易度的な差は、一部の場所で各上の敵(忍犬が登場するところで、

魔神が出る等)が出るようになった他は、敵が積極的に投げを狙うようになって

いたり、人狼が頻繁に死体の肉片を投げてきたり、コウモリがY攻撃の一太刀で

落ちなかったりと、結構変更点はある模様。

後、バズーカ忍者に爆破手裏剣をあてても、欠損部がバズーカでない方の

腕になっていたりしたのは、地味に嫌な変更ですね。

それでも滅却できるように欠損はさせておくのですが。

 

そういえば、骸骨巨人との戦いの最中に敵に捕まってしまい投げ技に持ち込まれた

のですが、急にカメラのアングルが上空からの見下ろしになったかと思うと、そのまま

通常のカメラのように寄っていき、骸骨巨人の投げ技であるハヤブサを口にくわえた

まま壁に頭突き(?)を始めたのですが、ボタン連打+Lスティックガチャガチャさせても

一向に抜け出す気配がないんですね。

で、何やらボタンを連打している最中に、飛び道具やら気力やらが減って

いくんですよ。

で、何気なくBボタンだけを押してみると、気力ゲージが減りまして。忍法を使う気配も

ありませんで。

……バグなのかしら?と、しばらく、ひたすらに頭突きを繰り返す骸骨を眺めて、

苦笑いしておりました。

前に書いたかもしれませんが、エリザベート戦でアイテムの使用もポーズも一切

出来なくなるバグに出会って、非常に切羽詰った気持ちになったりと、意外に

バグ持ちなゲームなのかもしれませんねぇ。

投稿者 Wut : 21:46 | コメント (1) | トラックバック

2008年6月21日

やっと終わったー :NINJA GAIDENⅡ

いやぁ。本当に。

やっと終わったというのが、正直な感想です。

一番低い難易度である”忍の道”を無事クリア。

クリアまでのプレイ時間はランキングにアップしたモノを観ると、11時間強と

言う事になっていますが、実際はもっとかかっているハズ。

死亡の回数も7回じゃ済んでいないのだけど、何故か7になってるなぁ。

 

最後のラッシュまでは良い感じに思っていましたが、最後の最後で「やっちゃった」な

ゲームになってしまった印象が。

いやまぁ、「やっちゃった」っていうより「騙し討ちに遭った」という感の方が強いかしら。

最後の最後にアイテムを使い切った状態で戦いが始まってしまい、どうにもこうにも

詰んだような感じでしてね。もう、腹立たしいやら、悔しいやら。

一撃で体力の1/3を持っていかれては、流石にノーアイテムでは涙さえ出て

きませんでしたヨ。

 

さて。

後続の苦労やら絶望感やら憤慨やらを危惧して、ここはネタバレの攻略を書いた方が

良いのか、それともネタバレを我慢して攻略を進め前述の感情を分かち合える

体験をしてもらった方が良いのか悩むところですが、ここを読んでいる方で

NINJA GAIDENⅡを遊んでいる方は少数な様ですし、検索で来られる方の

大半は「攻略」というキーワードが入っているようなので、注意書きをした上で

ネタバレをば。

 

関係ないけどいつぞやのTGSのコナミブース内で収録されたヒデチャンラジオで、

「ニンジャガイデンにライデンを出していいですか?」「是非、出してくださいよ」みたいな

やり取りがあったと覚えているんですが、結局ライデンは出てこなかったなぁ。

残念。

……む。これも楽しみにしていた人(どれくらいの人が覚えていて、かつ楽しみに

していたのかは分かりませんが)にはネタバレだったかしら?

 

 

 

** おおっと !! **

この先には”忍の道”チャプター14での最終戦のネタバレが含まれて居いるようだ。

キミはこの先の長文を読んでも良いし、読まずに頑張る事も出来る。

読まない異邦人は立ち去れ。

[マピロ・マハマ・ディロマト]

 

 

 

 

チャプター14では合計5回のボス戦がありますが、幻心とエリザベートは

特に対処法は変わらないと思うので、以前に倒したように戦ってください。

幻心⇒エリザベートとデモムービーを挟んでの連戦になるので、回復アイテムの

利用は計画的に。

この後の戦いを考えて、全快アイテムの類は温存しておきたいところです。

魂返の護符はエリザベートを倒した後にショップがあるので、使っても

問題ありません。

 

最後のセーブポイントの側にはショップがあります。

以後、回復アイテムは手に入らないモノと考え、買えるだけのアイテムを

買っておきましょう。

正確には1つ手に入るのですが、余り当てにしてはいけません。

 

扉を抜けると洞窟の様な所を通り抜けますが、ここでは悪魔っぽい敵が

数体待ち受けています。翼の有るのと無いのとの混成チームですが、龍剣なり

二刀流なりの飛燕でスッパリ欠損させて滅却を狙うのが良いでしょう。

余裕があればコンボを繋げてカルマを稼いでも良いですが、中距離から飛び付いて

組み伏せられる事も多いので、速やかな対処を。

単体~2体が遠距離で居る場合は、風車手裏剣(或いは破魔矢)の溜めMAXを

投げつけてやるのも手早く倒せて良い感じです。

洞窟を抜けるとボス3連戦になるので、出来るだけダメージは貰わないように

しましょう。

 

●ダグラダイ

個人的な感想としては、3連戦最初のボスにしてキモです。

この戦いでどれだけ回復アイテムを残せるかが、攻略の鍵となります。

 

行動のパターンは…

 ・雑魚悪魔召還(本体空中-高)

 ・地面から黒レーザー+本体から白レーザー(本体空中-高)

 ・空中を漂う(本体空中-低)

 ・剣による3連斬

 ・剣の先から雷

 ・剣による突き

 ・触手振り回し

 ・テレポート(被ダメージ中にも行います)

くらいかしら?

武器は使い慣れたモノで良いと思いますが、私は二刀流で何とかしました。

 

攻撃のチャンスは「空中を漂う(本体空中-低)」「剣による3連斬の後」「剣による

突きの後」なのですが、3連斬の最後と突きはガード出来ないので、タイミングを観て

本体の方向へ裏風で避けます。

その後でY連打のコンビネーションを仕掛けましょう。

斬っている最中にテレポートで逃げられたら、すぐさま回避に専念しましょう。

3連斬の後に雷というパターンもあるので、注意してください。

 

雷は裏風ジャンプで、レーザーは本体の周囲を回るようにして裏風で回避すると

良い感じです。

 

雑魚は基本的に無視したいのですが、飛び掛って投げられたり、本体を斬ろうとしても

雑魚にターゲットを持っていかれたりする事があるので、最初の出現時に近間の

一体を絶技で倒しておくと良いかもしれません。

可能であれば、一体だけのこしてボスと立会いたいのですが、雑魚にかまって

ばかりもいられないので、やはり基本は無視で倒せそうだったり、かまってしまって

欠損させたようならば、滅却しておきましょう。

 

ダグラダイを倒したならば、宝箱が1つ置いてあります。

霊命夏草が3つ無ければ霊命夏草が、霊命夏草が3つあり雲仙龍骨丹が3つ

なければ雲仙龍骨丹を入手できるようです。

ここで全快アイテムを全て使い切ってしまったのであれば、Backボタンで

「ゲームを終了する」を選ぶのも1つの手段ではあります。

邪神を未経験なのであれば、ゲームオーバーの覚悟をして体験しておきましょう。

「百聞は一見にしかず」といいますし。

 

●邪神(幼体)

活動を始めたばかりの邪神で、破魔矢を使って倒します。

頭を溜めMAXで射抜くと腹部の水晶のようなところが光るので、光っている間に

溜めMAXで射抜きます。

攻撃を当てると怯んで行動をキャンセルさせる事が出来ますが、同時に吐血を

してくるので裏風で避けましょう。

吐血の後に左腕を振り下ろしてくる事があるので、これも裏風で回避を。

矢はその辺に転がっている死体から生えているので、減ってきたら補充しましょう。

 

時折、カメラが邪神を注視しなくなる事がありますが、そんな時はRボタンを押すと

カメラアングルが切り替わります。

忍術を使った後や、矢を拾った後に。

 

幼体は2回の移動を行います。

移動の際は体力が回復(赤ゲージはそのまま)するので、戦いの途中で回復を

する場合は、霊命夏草で少しずつが良いかもしれません。

 

◆1段目 行動パターン

 ・腕振り下ろし(最大3回)

 ・吐血

 ・雑魚呼び出し

 ・口からレーザー

 

腕の振り下ろしは大きく腕を振り上げるので、しっかり裏風で避けましょう。

自発的吐血は2回飛ばしてくるので、こちらも裏風ジャンプで。

口からレーザーは頭を地面のところまで下げてくるので、溜めがMAXなら狙い撃ち。

溜まっていなければ走って避けて、レーザーを吐いているところに溜め撃ちを

決めましょう。

雑魚の呼び出しは複数の幽体を呼び出し、体当たりさせてくる攻撃です。

ある程度は破魔矢や棍などで対処できますが、全てを落とす事は難しいでしょう。

一度体当たりを貰うと、立て続けに数体の攻撃を貰います。

時々、空中に残っていたものが思い出したようにカメラの死角から体当たりをして

くるので、これは蚊に刺された思って諦めましょう。

忍術での対処が、一番無難かもしれません。

 

◆2段目 行動パターン

1段目の行動パターンに、腕の薙ぎ払いが追加されます。

手を開いた状態で、腕を地面と平行に置かれたら薙ぎ払いがきます。

タイミングを合わせて裏風で。

 

◆3段目 行動パターン

2段目の行動パターンに、腹部からレーザーが追加されます。

腹部からのレーザーは縦と横薙ぎの2つがあり、縦の場合は簡単に

避けられますが、横薙ぎの場合は裏風を合わせるタイミングが難しいかもしれません。

 

●邪神(成体)

初めて見る人は、誰しもゲンナリするであろう邪神の成体です。

ムービーの後、体力は完全回復していますが、アイテムの量はそのままなので、

この時点で全快アイテムが2つ以上有る人は、小躍りして喜びましょう。

これが最後の戦いですので、今一度気を引き締めて。

 

行動パターン

 ・頭部からレーザー(崖際)

 ・腕を振り下ろし(崖際)

 ・投げ(崖際)

 ・火炎弾(飛行中)

 ・体当たり(飛行中)

 ・雷撃(飛行中…だったと思う)

 

レーザー以外の避け方は、裏風が基本です。

複数飛んでくる火炎弾と、地面のほぼ全域が攻撃範囲となる雷撃は

裏風ジャンプで何とか避けましょう。

腕の振り下ろしと投げは、崖とは反対方向に裏風で移動すると避けやすいかも

しれません。

 

レーザーは邪神の左右にいるとその方向に薙ぎ払ってくるので、裏風やジャンプで

避けるか、有る程度の距離を離れて崖の際にいると当たりません。

上手く懐に潜り込めれば、当たらないかも?

 

全ての攻撃において、緊急回避で術を使うのも良いかもしれません。

 

投げられた後や体当たりの後は地上に体が出ているので、足の辺りなりを

攻撃しましょう。

尻尾に当たらないよう注意。

他の攻撃チャンスは、崖に居る時。

注意しながら手を攻撃し、攻撃のモーションに反応しましょう。

ボタンを連打してしまと反応が遅れる事もあるので、目押し推奨。

 

危険になったら、回復は惜しまず使おう!

 

 

とまぁ、長々と書きましたが、参考になったでしょうか?

どんな行動をしてくるか、どのくらい戦わなければならないかを知っておくだけでも、

結構違ってくると思います。

出来る事なら、九字神珠は全て使わずに取っておきたいモノですが、多くの人は

時既に遅し…だと思われます。

邪神の成体で詰まったならば、ダグラダイからやり直すのも攻略法の1つだと

思うので、決して諦めることなく頑張って下さい。

 

かなりむかっ腹は立つと思いますが。

投稿者 Wut : 16:18 | コメント (2) | トラックバック

2008年6月19日

重鬼王は本当に王なのか :NINJA GAIDENⅡ

現在、チャプター5を進めておりますが、途中の雑魚やら区切りのボスやらは

結構大変な印象がありますが、チャプター最後の締めに出てくるボスの強さが

どうにも納得いきません。

 

龍剣と回復があれば、頭使わなくて倒せるっていうのはどうなのさ。

苦労するのは、一撃のダメージが大きいので如何に攻撃の初動をみて

キッチリ避けるかという事くらいで……。

 

確かに海外のゲームでは、ボスっぽいモノが居ないゲームとかありますけども、

仮にもNINJA GAIDENⅡのステージ構成は和製ゲームのそれであるので、

もう少し盛り上がっても良いんじゃないかなぁ……と思う訳です。

 

…もしや、MGSと同じでプレイヤーが強くなっても、敵は強くならないという

レベルシフトを……あー、いや、雑魚忍者は嫌らしくなってるなぁ。中型の敵には

そんなに苦労はしないのだけど。

このゲーム。飛び道具を使う敵が、悩みどころですわ。

投稿者 Wut : 19:56 | コメント (0) | トラックバック

2008年6月16日

チャプター5を抜けました :NINJA GAIDENⅡ

道中は面白かったのですが、ボスがツマーンナーイ。

攻略とか特に考えなくても、苦労せずに倒せてしまうのは如何なものか。

例え戦いの場が水上だったとしても。

水中に潜っても、それなりに戦えたりするから、死なないように回復するだけって

いうのは、Aボタンを連打して戦闘をこなしているだけのRPGに匹敵するほど

面白味に欠けますよ。

 

まだ途中に出てきた骨のボスの方が、尻餅をつかせてから攻めるといったような、

メリハリのあるアクションが楽しめて良かったなぁ。

 

とりあえず、武器は鎖鎌と爪が新たにLvMAXになりました。

鎖鎌LvMAXは、Yボタンを連打しているだけでも強いなぁ……。

体格の良い敵には、攻撃の合間に割り込まれて投げられたりするけども。

投稿者 Wut : 21:57 | コメント (0) | トラックバック

2008年6月13日

ようやくチャプター4をクリア :NINJA GAIDENⅡ

相変わらずボス関係を初見で倒せない状況です。

それ以外では、なかなか死なないんですけどねー。

 

ボス戦はダメージを与える切欠がつかめれば何とか倒せるのですが、その

切欠をつかむまでが大変です。

例えばチャプター4のボスだと、距離が離れている際に、こちらへ突進して掴みかかる

攻撃に対してカウンターを取れば跪くので、そこが攻撃のチャンスとなります。

 

逆にチャプター4の途中に出てくるボスの攻撃のチャンスが、今ひとつ

掴めませんでした。

そんなに攻撃の隙は大きくなかったような気がするのですが。

むぅ。

 

武器は龍剣をレベルMAXにして、それを中心に使っております。

他の武器は出てくる敵に応じて使い分けを。

犬なら棍が楽な感じだったりします。

ただ、どこでどの武器が拾えるとかが一切分かっていないので、取り逃しとか

あったら……まぁ、龍剣が一番好きだから別に……いやいや、やはり気になるなぁ。

 

そうそう、チャプター4の展示場内にて初代のプロトタイプである通称”シルバーX”を

発見しましたよ。いやぁ、懐かしいフォルムだなぁ。

投稿者 Wut : 00:40 | コメント (2) | トラックバック

2008年6月 8日

Fallout3に期待を寄せるが…

オブリビオンを開発したところの出すRPGと聞いて、気になっている人は多いと

思われる Fallout3。

やはり、私も気になっているのですが、「3」という事は前作はどんなやねん?と

ネットで検索してみると、こんな記事が見付かりました。

 

【4Gamer.net】 - 誰もがRPGを愛していた -

第13回 Fallout

 

最初の作品はターン性のRPGで、ルールの基本ではTRPGが好きな人には

よく知られていると思われる”GURPS”のルールを使っているそうです。

ウヘェ。

 

3種類のアーキタイプキャラクターを自由にカスタマイズできるのだそうですが、

7種のステータスに、スキル、タイプ固有の能力と調整できる要素が多いようです。

こちらのプレイ風日記もみていると選択肢などの幅も広く、自由度は高目な様子。

FALLOUT2はこれに輪をかけたような感じなのだそうです。

 

PS2の方でもFallout BROTHERHOOD OF STEEL というのが出ているそうですが、

こちらは同じくPS2で発売されているバルダ-ズゲ-ト・ダ-クアライアンスと同じ

エンジンを使っているゲームなのだとか、

バルダーズゲードは最初のPC版しか遊んだ事はないのだけど、PS2版だと

アクションなのかしら?.

で、こちらも検索したら、こんな紹介文を発見。

あー、なるほど。

これは、これでちょっと遊んでみたいかも。

 

で、肝心の3に関しての情報は、こんな感じ。

 

Game*Spark :

エンディングは200種類以上『Fallout 3』まさに圧倒的!

 

進化したオブリビオン!?『Fallout 3』海外誌の特集記事から色々明らかに

 

360 Games Zone:

Fallout 3 プレビュー

 

もう既にGURPSは関係なさそうですが、面白そうな雰囲気で興味を引きます。

 

近い未来にはToo Humanも発売されるので、こちらもRPGとしては気になるところ。

誰ですか?豆腐マンなんて言ってるのは。

投稿者 Wut : 14:32 | コメント (0) | トラックバック

2008年6月 6日

やはり最初の難易度はやや低め? :NINJA GAIDENⅡ

クビチョンパ クビチョンパ トドメを決めろ

行くぞ 龍剣忍者 リュウ・ハヤブサ 

(ゴールドライタンOP曲で)

 

特に明日に願いをかけてはいませんが、NINJA GAIDENⅡを購入してきたので

ちょろっとプレイ。

出来ればチームロゴからチャプター1クリアまでの動画をアップ出来たらなぁ…と

録画してみたのですが、普通に探索していたら54分くらいかかったので断念しました。

動画のアップ改めて手早くクリアしたのを録画できれば…と考えております。

 

で、肝心のゲームの方はというと、武器のレベルが1からであり、初期の武器が

龍剣のみという事もあって、体験版よりも弱体はしっかりしていましたが、

難易度自体はそんなに変わらなかった様子。

技そのものが少ないので、ここでこの技が出来れば…具体的にはイズナ落しを

決めたいんだゼ!と思う事がありましたが、手数よりは手負いの敵にざっくりと

トドメを刺してゆく方というやり方がゲームのテンポを崩さず、体験版の爽快感に

近いモノを維持できていたと思います。

首斬り投げ。

 

やはりこのゲームでの爽快感を維持してくれるシステムでもあり、海外のFPSに

多少影響を受けたのではないかと思われるユニークなシステムが、

ライフゲージ周りのシステムではないでしょうか。

アクションゲームには珍しく、減少したライフゲージが周りに敵が居ないと回復する

というシステムを採用しています。このような自動回復のシステムはCondemned 2

くらいしか私は記憶にありません。

ライフが自動的に回復するのであれば、回復アイテムは要らないのじゃないかと

思われるのですが、そこでこのシステムに深みを出しているのが壊死と呼ばれる

赤いゲージの存在です。

このゲージは特定の割合でダメージを受けたときに発生し、ライフゲージの右側から

徐々に蓄積してゆきます。つまり、赤いゲージが伸びるほど、一時的にライフの

最大値が減少するんですね。

この赤いゲージは青いエッセンスや、回復アイテムを使う事で回復できますが、

ライフの最大値が一時的にでも下がる事を考えると、迂闊なダメージを貰い続ける

ことは、遠からず己の首を絞める結果となる事が見えてきます。

もちろん、赤いゲージ云々以前に、普通に敵から連続でダメージを貰えば死んで

しまうので、攻撃を貰わないというのは基本なのですが、それでも大量のダメージを

貰ってもその場を生き延びれば、次への活路が見出せるというこのライフ周りの

システムは、アクションゲーム初心者への間口を広げ、遊びなれた人にも

難易度そのモノが余り下がらない事で温さをそれほど感じさせない、良い

レベルデザインの方法ではないかと思うのです。

 

まぁ、それでもアスレチックな部分でタイミングが合わず、キィー!となる事は

ありますが。

 

それでもやはり、チャプター1のボスで死ななかった事を考えると、前作よりは

難易度設定が易しめという印象はあります。

回復アイテムも割りと拾えますし、最初から1度死亡しても大丈夫なアイテムも

持っているので。

まぁ…私はチャプター2のボスで辛勝している程度の腕前なので、これくらいが

遊びやすいといえば、遊びやすいかなー。

 

さり気無くランキングなどを観て見たら、もう2度もクリアしている人とか居ますゼ。

発売日前にフライング購入という人もいるでしょうけど、どんだけ遊んでんねん。

投稿者 Wut : 11:51 | コメント (2) | トラックバック

ゴールデンヒルズ強襲 :OVERLORD

という程の事でもないのですが、エルフからの”とある頼み”もありまして、

ドワーフの根城であるゴールデンヒルズの攻略へ向かいました。

名前だけ聞くと、何だか成金連中の住まう趣味の悪い高級住宅街みたいな

響きがありますね。実際には歩くビヤ樽が居る訳ですけども。

 

爺情報によるとドワーフは爆発するモノに眼が無いそうで、時折道の脇に置いてある

大きな棘付き鉄球(大きなモーニングスターの先端といった感じのモノ)をミニオンが

持ち上げると、そちらに向かって近寄ってきます。

この棘付き爆弾は持ち上げるとタイマーが作動し、タイマーゲージがなくなると

爆発するという代物。で、これを持ち上げてドワーフ達の間を走り回り、時間が切れる

直前で放り出して帰ってこさせてドワーフだけボカンですよという事もできるようです。

うっかりタイミングを間違えると、気分はゴブリングレネード。

 「ミニオン一体をサクリファイスする事で、相手に5ダメージを与える。」(違

一部の爆弾は爆発した後でリスポーンするので、爆弾側のドワーフは全て

爆死させる方向で処理しました。

爆発は漢の浪漫だゼ。

 

探索を続けると、爺からのドワーフ情報が幾つか入ります。

曰く、ナメクジはドワーフを見かけると攻撃をする。

曰く、ドワーフはミニオンと同様、酒を飲むと凶暴になる。

ナメクジが湧く場所ではナメクジを囮に使い、酒を飲んでいるドワーフとはやりあうな

という事ですか。

 

そして、特に進展も無いまま……タワーの品を一品回収はしましたが……エリアの

探索を続けると、何やら捕らわれたエルフ達が。

牢の扉を壊すと、ドワーフ達がワラワラ登場。哀れ脱走エルフは斧の錆びに。

一人でも生き延びさせれば、いい事あるのかしら?

 

そして岩巨人が登場。

倒さないと、奥の鉱山に入れないようなので、こちらもナメクジを劣りに背後から

攻撃。無事倒して、鉱山に侵入したところで一旦終了しています。

 

そういや、ダウンロードコンテンツが配信されていましたね。

400MSPで新しい難易度と新マップ1つ。800MSPで新マップ8つとか。

ちょっとNINJA GA_IDENⅡを買ったので、流石に遊んでいる暇はないかしら…。

投稿者 Wut : 03:35 | コメント (0) | トラックバック

2008年6月 5日

残るはドワーフ連中なのだけど… の続き :OVERLORD

多くのXbox360ユーザーがロストプラネット コロニーズを遊んでいる中、OVERLORD

遊んでいる少数派のweblogへようこそ。

世間では余り注目されていないようですが、個人的にはとても洋ゲーらしくて

楽しいゲームなんですよ。オーバーロード。

ストラテジーが好きな人にも、やり込み派の人にも楽しんでもらえると思うので、

まずは体験版を遊んでみてください。

もし気に入ったら、パッケージの購入を検討してみて下さいね。

 

日時的はNINJA GAIDENⅡの発売日なのですが、今しばらくは前回の続きを

書きたいと思います。

ニンジャガイデンは買いますが、ちょこっとだけ遊んでからオーバーロードの方を

先に仕上げてしまおうかと思案しているところであります。

 

さて、前回はヘブンズピークの酒場に到着したまでを書きましたが、スラムの酒場は

普通に賑わっていて怪しい雰囲気もなかったので、とりあえず壊せるものを壊して、

武具や金品の回収をしていると、突然とあるドアが開いて一人の男が倒れたかと

思うと、そのドアへフードを目深に被った赤いローブの人物が駆け込んでゆきました。

あからさまに怪しいので後を付けてゆくと、その先は何やら怪しい宗教団体の

集まりのようでした。全員、赤いローブ姿でフードを目深に被っています。

赤いローブには、余り良い思いでがないんですよね。UOなどでも赤ローブのPKの

団体が居ましたし、他のスタンドアロンなゲームでも何かの拍子に襲ってくるので、

今は無害でも気が気でなりません。

案の定、先ほどの人物が通り抜けて要った鉄格子の扉を、からくりを作動させて

無理やり開けたとたんに襲い掛かってきましたよ。

あー、これだから赤いローブの人って好きになれないのヨ。

……これは、私が悪いのか?

 

で、その置くにもまた鉄格子の扉がありまして、中央にあからさまな位に、鉄格子を

開ける為らしいホイール。そして、その周囲には赤ローブの人々が

ウロウロしています。

もうね、ホイールを回そうとしたら攻撃してきそうというのが分かりますよ。

ええ、分かりますともさ。

ですから、部屋の入り口にミニオンを色別にガードマーカーで固定して、ブラウンを

一匹だけホイールへピンポンダッシュ。

襲い掛かってきた赤ローブを順番に返り討ち…と思ったら近くの扉が開いて

一人ずつオカワリがくるじゃないですか。

仕方が無いので、オカワリ要員以外を倒したら、ブラウンとブルーはホイールを

回して扉を開くのに専念させ、残りのレッドと魔王サマでオカワリの足止めを。

扉が完全に開くと、オカワリも出てこなくなりました。

オナカ一杯デス。

 

更に奥へ進むとサキュバスの女王とやらと、普通のサキュバスが2体登場。

普通のを倒すまでは女王は定位置から動かないので、まずはノーマルから対処。

順番にさらわれるミニオンを助けながら撃退すると、女王が動き出しました。

基本的な動作はそんなに変わらないのですが攻撃がちょっと痛いので、直接攻撃は

主にブラウンチームに担当させ、魔王サマはさらわれミニオンの救助に徹しました。

 

えーと、その後はヘブンズピークの城へ行って、領主さまとご対面。

何だか「お前はあの塔で死んだはずだ!」と、魔王サマの事を見知った様子。

どういうことか分かりませんが、何か魔王サマがあそこに居たのには何やら

ただ眠っていた…というのとは別の理由がありそうですね。

何だかんだクッチャベって逃げてゆきましたが、当然後を追います。

で、最終的には領主さまと戦う事になるのですが、この領主さま、範囲は狭いモノの

円状の範囲攻撃をしてきたり、突然テレポートしたり、暴れだしたりと大変です。

最初はまともに相手していたのですが、流石にライフが点滅してくるとまともに

相手をしていられないので、例によってブラウン部隊が攻撃開始。

倒れたブラウンはブルーが蘇生した後にガードマーカー要員になるので、引っ張り

出して再度けしかけます。

嗚呼、是、楽チン也。

 

そして、サキュバスに旦那を取られて軟禁状態だった奥様候補を救出。

何とこの奥様候補はベルベットと言いまして、先にタワーに押しかけてきた

ローズの妹なのだそうです。姉曰く、「口先だけの妹」なのだそうですが、領主さまを

誑かすには充分な、ボンキュボンなグラマラスボデーの持ち主です。

さて、ここで問題です。

爺が言いました。タワーの女主人は一人しか選べません…と。

真面目で質実剛健な姉と、享楽的で妖艶な妹。姉は自分を選べばブラウンと

ブルーを、妹は自分を選べばレッドとグリーンを強化してくれると言います。

選ぶなら…DOCCHI!

ここは一つ、魔王サマの器の広さを見せ付けるべく両方…はダメですか。そうですか。

私としてはレッドの強化も魅力的なのですが、よく使うブラウンの強化と真面目な

印象で姉を選びました。

どちらを選んだかで、ストーリーの分岐とかあるのかしら?

それが気になります。

 

その後、沈黙の教団とかいう連中が避難民受け入れないので、ちょっと懲らしめた

ところ、魔王サマを新しい崇拝の対象にすると謝って来ました。

うむうむ。良きかな、良きかな。

我欲するは、眠りと崇拝なのだ。

いや、今、起きたばかりだから、眠りは要らないのか。

 

.これで、メローヒルズ、エバーナイト、ヘブンズピークの3つのエリアのクエストを

全てこなした形になり、残るはドワーフが住むエリアのゴールデンヒルズのみ。

いや…もしかすると…これは8割がた確信できる予想なのですが、ゴールデンヒルズを

攻略した後で、最後のエリアが登場するかもしれません。

メローヒルズの城を襲った連中。エバーナイトの神殿で出会った盗賊団。

ヘブンズピークの領主が漏らしたとある人物の名前。

そして、ソフトに付属してきたマップに見え隠れするルボリア砂漠の文字。

これらを察するに、ドワーフどもをやり込めても、もうひと悶着ありそうな予感がします。

投稿者 Wut : 04:56 | コメント (0) | トラックバック

2008年6月 4日

残るはドワーフ連中なのだけど… :OVERLORD

ヘブンズピークの病気を解決し、エルフの英雄も打破ちゃったんだゼ。

 

前回、エルフの森ことエバーナイトでミノタウロスやら、ミサイルユニットやらで

進む事を断念した場所は、ちょっと遠巻きに周囲を移動して、脇の階段から

進入して一匹ずつ倒してゆく事で解決しました。

ここもまた、城と同様に正直に真正面から攻略するのではなく、頭を使いなさいと

たしなめられた感じです。

 

そして、そこにあった5つ目の木の根の源を破壊すると、周囲からワラワラと

敵が出てきましたが、これは木の根があったところの縁にブラウン13:レッド7:

ブルー6の混成部隊を分けずに固定する事で、割と楽に撃破できました。

ミノタウロスに限っては、レッドの射程内まで寄ってきたところを魔王サマが

ポンスコ殴りつけ、槌を振り上げたら離れ、振り下ろした後に再度殴るという、

Hit&Awayとミサイルで倒すのが良さそうでした。

ミニオンで攻撃をすると、張り付いたのを引き戻すまでに若干のタイムラグが

あるので、無駄な犠牲者がでるかもしれません。

 

そして、最後の木の根は森の中の神殿の奥にあったのですが、ここは最後の扉を

開けるためにそこここにある棺の蓋を開けねばらなず、それを護衛するエルフの幽霊に

見付かってはならないというシチュエーションな為、部分的にミニオン5匹くらいの

少数部隊でうろつきました。

エルフの幽霊は基本的に悪意の無いモノなので、倒してしまうと「堕落度」を

上昇させそうなので、見付からない事を前提に墓荒しに勤しみます。

どうも、この辺りから”別の勢力”がコソコソと行動しているのがハッキリと分かるの

ですが、一体何者なのか…。

 

で、木の根が無くなり、バリアが剥れた英雄とご対面。

英雄というにはあんまりな姿ではありますが。

まず、エルフの英雄本体に対して、ブラウン・ミニオンをけしかけて攻撃。

すると、周囲から雑魚が湧いてきたので、それらの対処をして再度本体への

繰り返しで勝てます。

傍にはブラウンを呼び出す為のゲートもあるので、数が減ったらスポーンさせれば

問題ありません。

 

ヘブンズピークの病気の方ですが、こちらはブルーを使って柱を退け、下水を

通って街へ侵入。

一通り街のオブジェクトを破壊して、軍の攻撃力を上げたあとは、兵士を倒して

門を開放。その後でスラムの酒場へ行くのですが、ここで気を付けたいのは、

広場とスラムを隔てている大きな燃え盛る障害物を破壊すると、際限なくゾンビが

湧いてくる事になるので、直ぐ側の階段を上って脇から抜ける道を通る方が、

後が楽そうという事。

酒場までの敵はゾンビがほとんどで、キチンとミニオンを揃えてガードマーカーで

固定し迎撃体制を取れば、数で押されない限り苦労する事はありませんでした。

数で押された場合は、魔王サマが殴りつける事でゾンビをノックバックさせたり、

火炎放射の魔法で焼き払う事で対処。

1~2体程度ならば、ブラウンを10匹けしかけてやれば楽に倒せるのですが、

そこは洋ゲーらしいといいましょうか、弱い敵でも数が集まれば十分に死ねる

ゲームバランスになっています。

ステキ。

 

苦戦しそうなのはサキュバスで、これは誘惑でミニオンを動かなくしたり、1匹さらって

離れた場所で踏みにじって殺すという事をするので、ガードマーカーで待機している

ブルーの行動範疇外な為、死体を回収蘇生できません。

なのでミニオンを守る為には、ミニオンが死ぬ前にサキュバスにある程度ダメージを

与える事が必要なようです。

移動が間に合うようであれば武器で殴り、マナに余裕があれば火炎放射で

対処しました。側にゲートがあれば呼び出せば良いのですが、無い場合は

戦力の減退は避けたいので、一体でも無駄には出来ません。

 

そうこうしてると酒場に着きますが…長くなったので、この話は後ほど。

投稿者 Wut : 14:23 | コメント (0) | トラックバック

2008年6月 2日

女主人ゲットだぜーっ! :OVERLORD

まぁ、ゲットというか、勝手にタワーのプライベートルームに住み込まれた訳ですが。

 

エルフの森の奥へ進もうとしたのですが、奥へ進んだ先に出てくるミノタウロスやらと、

ミサイルウェポンを放ってくる輩+地形的な障害というコンビネーションに悩まされて、

しかたなく城の調査に戻った訳なんですが、これが以外にアッサリと攻略出来て

しまいまして、その結果としてローズという女性がタワーに住み着いてしまった

訳です。押しかけ女房?

 

前回の調査の時に強いと思った黒い戦士は、軍の強さがしっかりあがっていれば、

割と大した事も無かった様子。目安としては150%程度あれば楽なのかしらねぇ?

後は障害物やら、高低差やらを利用して、レッドの遠距離攻撃でチクチクと殲滅。

最後のビホルダーみたいなのは、爺さんの指示に従ってレッドを配置した頃には、

直ぐに死んでしまった訳で…。

うーん。グリーンの出番が無かった…というか、グリーンをスポーンさせるための

ゲートが城の中に無いじゃないか!

なんというか、アレですか。ちゃんと準備をして、頭を使いなさいよって事なのかしら?

 

ローズがタワーにくるとヘブンズピークというエリアに行ける様になるのですが、

その先でブルーの巣も回収。

ブルーミニオンは戦う事は苦手ですが、倒れて魂が抜けかかっているミニオンを

拾ってきて蘇生させたり、物理攻撃の効かない相手(ウィスプなど)を倒す事が

出来たり、水辺を溺れることなく進む事ができるという特徴を持ったミニオンです。

その巣を回収するのに、数々のミニオンが水に沈んだり、ウィスプにかどわかされ

て行方不明になったり、間欠泉でボイルされた事か…。 

 

とりあえず、これで全てのミニオンが揃った訳ですが、この後はどうしようかしら?

このままヘブンズピークで起きている奇病(感染するとゾンビになるそうな)の

原因を探してみようかしら?

 

メモ:

ミニオンの数を増やすだけならば、グリーンが一番手っ取り早い。

ダンジョンでグリーンビートルを選択し、呼べるだけのグリーンを呼び出し

ガードマーカーで固定して隠密状態に。

そこへ魔王サマを使ってグリーンビートルを1~2匹ずつ引張ってゆけば、ほぼ被害の

無い状態で緑のライフフォース3つを獲得する事が出来る。

全てのビートルを倒す頃には、グリーンのライフフォースは+50くらいになっているので、

後は探索に使うなり、鋳造釜に飛び込ませるなりすればよい。

ブラウンのミニオンは、やはり羊が一番早いのかしら?

投稿者 Wut : 20:37 | コメント (0) | トラックバック

2008年6月 1日

XYXXXY :NINJA GAIDENⅡ体験版

ニンジャガイデンⅡの体験版が配信されましたね。

ちなみにタイトルはDNAの染色体ではなくて、切り上げからのイヅナ落しとなる

コンビネーションのボタン入力…だったハズ。

 

感想としては、体験版という事もあって難易度が低めに設定されいましたが、

中々遊びやすい感じで良いのではないでしょうか。爽快感がありましたし。

武器のレベルが最初からMAXになっているので、製品版ではもう少し苦戦するモノと

思われます。

ただ、ゲームをプレイしていると、肉体を欠損した敵に止めを刺すという行動が

出来るようなので、最初は与ダメージ云々よりも優先的に止めを刺して倒してゆく

という方向で敵を処理してゆくと、早めに片が付くのかもしれません。

 

難点は、多くの人が言及していますが、カメラワークが余り宜しくないという事。

Rスティックでカメラを動かす事はできるのですが、自動的に元の位置に戻ろうと

するのが非常にネックです。

その方向を確認しながらの移動をするには、常にその方向にスティックの入力を

しておかなければなりません。

また、カメラのリセットがRトリガなのも…慣れれば良いのかも知れませんが、

ちょっとやりにくい印象です。

主観視点や、主観視点からのズームなども、他の操作との組み合わせが

難しいので、何とも。

 

あと、Xboxの前作と比べると、ムービーシーンが少し多い感じですかねぇ?

前作は随分昔にプレイしたので「前作も結構あるよ」とか言われると、「そうだっけ?」

としか返せない程度の記憶なのですが。

 

上記で肉体を欠損云々と書きましたが、今作のニンジャガイデンでは腕やら首やら

が頻繁に斬り飛びます。イズナ落しを決めようモノなら、頭はスイカを高所から

落としたように飛び散るという、何とも血生臭い演出がされています。

うーん。この手の演出って必要なんスかね?

血が飛び散るのは良いにしても、部位欠損とかという表現ばかりがクローズアップ

されそうで、何だかちょっとなぁ…という気分になってしまいます。

表現の手段はいくらでもあったと思うんですけどね。

余り残虐表現ばかりに走ると、その内に自分で自分の首を絞めることに

成りかねませんよ。各メーカーの方々。

刺激的な表現に走るのも良いですが、ほどほどにね。

海外じゃGow2のミートシールド(敵の死体を盾に使う)の事で、ひと悶着あった

そうですし。

 

とりあえず、アクションゲームとしては堅い一品ではないでしょうか。

アクションという視点でみるなら、個人的にはDMC4よりはこっちがオススメ。

投稿者 Wut : 11:39 | コメント (2) | トラックバック

2008年5月30日

オーバーロード暴れ旅 :OVERLORD

なんだかタイトルのような印象すらあるOVERLORD

結果的に、世直しぶらり旅な水戸黄門というか。

いやぁ、悪い事をしようと思えば出来るゲームなんですけどね。

農家の羊を全滅させるのは、悪い事じゃないようですし。

「羊ダイスキ~~!」なお嬢さん曰く、「羊は直ぐに増えるんで、殺しても構いません」

という事なのだそうな。

…本当に羊好きなん?

 

さて、今回の黄門サマ魔王サマの所業ですが、城の敵が妙に強かったので、

いったん村まで引き返し、村の周囲を探索する事にしました。

すると、村の西にハーフリングから取り返した農場があり、荒れて作物が

なかなか実らないとの事。ハーフリングの連中が奥に逃げたという情報もあったので、

ついでに見てくることにしました。

 

農場の道なりに進んでゆくと、奥に壊れた建屋のようなモノと、鋳造釜を発見。

これをタワーに持ち帰れば武具の鋳造が出来るらしいので、ミニオンに運ばせる事に。

ところが、持って帰る途中、村への門に差し掛かると、ハーフリングの連中が村へ

侵攻。村人は慌てて入り口の門を閉めてしまいました。

 

** OOPS!! **

 

一番近いタワーへ戻るポータルは村の中なので、ハーフリングを殲滅すべく、

とりあえず釜を地面に置いて襲ってきた一団を駆除。

それでも門は開かれなかったので、別の道を探す事に。

 

農場をウロウロしていると、何だか近くの森が可笑しな事になっていると話す

農夫に出会いました。木の根がおかしいとか、森が酷い事になっているのに

エルフは何もしないだとか。

 

ゴーン(SE)

クエスト:エルフの森への入り口を探せ

 

んー。後でねー。

ウロウロしていると、またハーフリングが襲ってきたので、魔王サマ自らファイアの

魔法で攻撃。ハーフリングを襲った炎は周囲の麦(?)畑に燃え広がり、他の

ハーフリングも一緒くたで焼畑に。

焼畑の近くに跳ね橋があったので傍のホイールを回して下ろすと、以前に通った事の

ある道にでたので、後は道なりにもっとも近いポータルへ釜を運んで終了。

 

早速、釜を使って支配力を上げるべく兜を鋳造してみましたが、出来たのは

最初から持っている兜と同じ物。

スチールの釜だと作っただけでは能力は上がらないのね…。

能力を上げるには、釜の中にミニオンを生贄として飛び込ませ、武具の

アップグレードを図る必要があるようです。

とりあえず、作った兜をアップグレードするべく、ブラウンのミニオンを50匹ほど

釜の中にルパンダイブ。

結果……兜の支配力ゲージは増えましたが、数字は上がらず…。

50匹じゃアップグレードには足りないのかー!?

恐らく、このゲージが目一杯になったら、アップグレードされるんだろうなぁ。

50%も溜まってないじゃないッスか。

 

気を取り直して、先ほど出てきた森の入り口を探すクエストをする事に。

入り口自体は直ぐに見付かったのですが、奥に進むとエルフの森は荒れ放題。

途中、出会ったエルフのゴーストから話を聞くために、病んで血を欲すようになった

ユニコーンを倒す羽目に。

違うゲームですが、オブリビオンのユニコーンが結構強かったのを記憶していたので、

このゲームでも強いのかしら?と思っていたら、これが意外とサックリ対処できました。

「オウマ~!」と叫ぶくらいですから、色々と退化してしまったのでしょう。

 

で、エルフの話なんですが、どうやら森がこうなってしまった原因は、森の主である

オベロンだかの悪夢が原因なのだとか。

彼は元々エルフの英雄だったそうなのですが、旅から帰ってきて今に至ると

いう事なんだそうです。

早い話が倒しとけ…と。その為にはオベロンの周囲にある障壁を何とかしなければ

ならず、それを何とかするには根の先にあるエネルギー源を破壊する必要があって…

あー、色々と手順を踏ませるなぁ。

 

そんなこんなんで根っ子の先端部を見付けるべく探索をしていると、グリーンの

ミニオンを発見。どこかに巣があるハズなので、持ち替えろという方向に趣旨が

変わりました。森には毒を噴出する植物がそこここにあって、それを処理する為にも

グリーンの力が必要なのだとか。

 

グリーンを追いかけると浅い沼のようなエリアに。

魔王サマは浅い水辺ならば歩いて渡れますが、ミニオンは背が低いので、

浅い水辺でも溺れてしまいます。その為、魔王サマは浅瀬を歩き、ミニオンは

狭い陸地を別行動で移動する事に。

Rスティックでミニオンの集団を操作する訳ですが、15匹もいるとそこそこ幅が

ある訳で、うっかり移動させすぎると、あっちでドボン、こっちでドボンとなる訳です。

幸い、落ちて直ぐに死んでしまうという訳ではないようなので、すぐさま陸地へ戻し、

魔王サマが浅瀬から見守るなか、エッチラオッチラとミニオンを進めてゆきます。

無事合流地点に到達したら、そこで待機。

魔王サマもその場へ向かいます。

2名ほど欠員が出ていますが、まぁ良しとしましょう。

 

そうこうしている内に、とある洞窟に到着。

どうやら、グリーンはここを住処にしているようで、更にグリーンの巣を見付けるべく

後を追いかけます。

洞窟の中では毒を噴出する植物をやり過ごし、玉虫のような緑色の丸い虫を

除去し、様々な仕掛けを看破(というほど大そうなモノでもないですが)して、

ようやくグリーンの巣を発見。

持ち帰るのも一苦労で、毒の植物を排除し、野性のトロールでバーベキュー、

襲い掛かる玉虫を蹴散らして何とかポータルへ運び込む事へ成功しました。

 

グリーンを召還できるようになった事で、まずは先ほど見付けた毒の植物に囲まれた

根の先を破壊。

これで2つ目になります。

うーん。城の調査より先に、エルフの英雄を倒しておいた方がいいのかしらねぇ?

投稿者 Wut : 20:47 | コメント (0) | トラックバック

2008年5月29日

Welcome back, sir. :OVERLORD

魔王サマの、おな~り~。

 

我が家のXbox360に、OVERLORDが降臨なされました。

とりあえずの大まかな目的はタワーの再建なのですが、魔王サマのなさるべき

事柄はクエストという形で表示され、それを徐々に解決してゆくという具合で、

ゲームが進行してゆきます。

語弊を恐れずに書くのであれば、ピクミンのような側面を持つRTSと言えましょう。

 

まず、魔王サマにはミニオンと呼ばれる部下が付いて回ります。

道を塞ぐ障害物を動かしたり、タワーから奪われたオブジェクトなどを運ぶのに、

この小さな輩は必要になってきます。もちろん、戦いの際の戦力としても。

ミニオンはゲートから呼び出す事が出来るのですが、呼び出す為にはライフフォース

というモノが必要になります。

ライフフォースは生き物を倒す事で得られるので、手始めにその辺のモコモコした

羊を殲滅と参りましょう。

 

初期の魔王サマは呼び出せるミニオンの数も、その最大数も少ないので、

ライフフォースを獲得しつつ、メインの目的とは別に持ち帰る事の出来るオブジェクトを

探し出して持ち帰る事で、一度に移動できる数を増やしてゆきます。

まぁ、ミニオンどもはコマでありますので、死んでもゲートから簡単に補充を

できるのですが。

その際のデメリットは勿論ありますが、細かな説明はそのうちにでも。

 

さて、まず魔王サマがなさるべき事は、タワーハートと呼ばれるタワーの心臓機関の

発見、回収にございます。

 

…うーん。

この調子で色々説明したりするのは、少々面倒なので普段どおりに戻しますわ。

 

基本的に目的はクエストとして表示されるのですが、クエストでの最後の決断は

プレイヤーの裁量に任される部分もあったりします。

例えば、村人は無害な上、新たなクエストを提示してくる事があるので、基本的に

殺す必要はないのですが、罪の無い者を殺す事で魔王サマの「堕落度」が

上昇するそうです。「堕落度」影響に関しては、最大レベル魔法の効果が変化する

意外は、まだ分かっていません。

村人が「悪いハーフリングから食料を取り返してきて欲しい」と懇願してきた

クエストなども、最終的に食料を村人に返すかどうかは、プレイヤーが決める事に

なります。

食料は大量のライフフォースに還元されるそうなので、もし返さない場合は

目撃者の始末もお忘れなく、との事。

 

とりあえず、私の魔王サマの所業はといいますと、タワーハートを回収し、

タワーのオブジェクトの一部を見付け、村人を強制労働キャンプから解放、

そこにあったクレーンを回収し、タワーの再建に乗り出しました。

また、村人の頼みで奪われた食料を奪還し、ハーフリングのチーパーティにも乱入、

醜悪な程に大きくなったハーフリングの英雄を打ち負かし、その屋敷の奥から

とらわれた炎のミニオンであるレッドを開放、その巣をタワーへと回収しました。

そして現在は、北にある城が何者かに襲撃されたらしいのでその調査と、ミニオンの

爺さんが女主人が必要だというので、女主人探しをしております。

 

2種類のミニオンを呼び出せるようになってからは、用途に応じて動かすミニオンを

切り替えたり、レッドを特定の場所で固定させて炎による遠距離攻撃で、

敵を足止めさせている隙に、ブラウン(最初のミニオン)で別の仕掛けを動かしたり

という、ちょっとしたパズル要素が増えてきました。

ピクミンと比べるとストーリーを追ったり、クエストをこなしたいりという傾向が強く、

RTSとしても結構な異色作になっています。

過去にあったダンジョンキーパーというゲームとも毛色が違うので、

ダンジョンキーパーをイメージして購入を検討されている方がいれば、注意して下さい。

Xbox360があれば、まずは体験版のプレイをオススメします。

ミニオンのリアクションも多彩で、なかなか面白いですよ。

難点があるとすれば、操作関係が少しなれるまで面倒な印象がある事かしらねぇ?

後、思ったようにミニオンが動いてくれない事もあるので、その辺りは改善の

余地がありそうな感じです。

投稿者 Wut : 21:24 | コメント (0) | トラックバック

2008年5月27日

終 劇 :ストラングルホールド

ストラングルホールド、難易度ノーマル終劇。

香港映画らしくエピローグ無しという、何ともアッサリとした終わり方でした。

 

しかし何というか、7章は最後のステージだけあって、飛び交う弾の数が

尋常ではありませんでしたよ。

迂闊にダイブしようモノなら、四方八方からダイブの着地を目掛けて銃弾が

飛んできます。迂闊に飛べないので、手動でテキーラタイムを発動し、星を

稼いだり、敵を倒すたびに手榴弾のセットを落とすので、所かまわず手榴弾を

投げていました。近いと自滅したりしましたが。

 

ピストルなどという優しい武器を持っている相手は最早居らず、サブマシンガン、

アサルトライフル、ショットガン、下手をするとヘヴィーマシンガンやロケットランチャーを

手にした敵が襲ってきます。

中にはナイフのようなモノを投げる敵や、それこそ徒手空拳で殴りにくる者、銃器の

反対側には中華包丁を手にした者もいて、ちょっと笑ってしまいましたが。

 

何れにせよ、ゲームの終盤は容赦がなかったなぁ。

 

このゲームに関して思ったことは、ボス戦にはある種の攻略法(必勝法?)があり、

その条件を満たしていれば大体勝ててしまうという事です。

例えば、終盤から稀に出てくるヘヴィーマシンガンなどは、バラージと組み合わせると

すこぶる協力で、その他の武器でバラージを使うのが悲しくなる程の威力を

発揮します。

ロケットランチャーは逆に発射感覚が長いのと、拾える所がほとんど無いので、

余りバラージには向いていないと思います。

遠距離の敵を、爆発に巻き込みつつ倒すのによいかもしれません。

個人的に好きなのはサブマシンガンの二丁持ちなんですけどね。

 

さて、難易度ノーマルをクリアしたことで、難易度カジュアルクリアの実績も

一緒に解除されるという親切さでしたが、流石にノーマルでこの難易度とあっては、

最高難易度のハードボイルドは一体どうなるのか……。

弾を避けつつ敵を狙うスタンドオンも、物凄い近距離での打ち合いとかあったしなぁ。

余りもう一度…という気には……。後のゲームも控えていますしね。

 

ロストプラネット コロニーズは…遊びたいけど、手を出しているお金も暇も

無さそうだなぁ。

投稿者 Wut : 20:59 | コメント (0) | トラックバック

2008年5月23日

ジャッジ! :ストラングルホールド

えーと、昨日は正直なところ帰ってから泥の様に寝てしまって、日記が

書けなかったので、今回書くのは昨日の話+αという感じで。

いえね。仕事で一日中シンナーを吸っていたら、体調が芳しくなくて。

現場の5SKとかで、床やら、手摺りやらにペンキ塗りですよ。

 

肝心のジャッジメントなんですが、

 

5月22日で間違いありませんでした。

ダッシュボードに表示されているのだから、当然といえば当然なのですが。

お店の店員さんは「すいません」と苦笑い。

調べたところ6月5日というアナウンスは2月発売のファミ通の情報っぽいです。

 

また、ファミ通か。

 

やれやれ。

 

で、ゲームの方は、体験版と相違無く面白いです。

……いや……何だか、体験版よりも飛んでくる弾の数が多い様な……、

敵に囲まれたスローモーションのシーンでの弾の速度が速い様な……、

難易度がノーマルだから?

て事は、体験版の難易度はイージーでしたか?

今現在、ステージ3まで進んでいるのですが、弾にスローの演出がかかる場面で、

敵を全滅させる事が出来たのは、最初の1回だけだったり。

以外に難しいゾ、ストラングルホールド。

 

そうそう。ステージ3になって、ようやくテキラーボムで鳩を飛ばせるようになりました。

正式名称はスピンアタック。

横っ飛びじゃないのが少し残念ですが、トゥーハンドで回転しながら敵をなぎ倒し

周囲に鳩というシチュエーションは、これはこれで熱いモノがあります。

横っ飛びやら、手摺りを走りながらやら、カートの上に乗りながら敵を倒して星を

稼ぎ、ゲージがたまったら敵の量を見てスピンアタック!

うーん、爽快。

 

余談:

22日にゲームショップでオレンジボックスの事を聞いてみたところ、午前中に

入荷した分が売れ、午後から追加された分も直ぐに売れてしまったのだとか。

恐るべし、みかん箱……とか書くと、中にソリッド・スネークが隠れていそうですが。

…むしろ、隠れていて欲しいなぁ。

投稿者 Wut : 22:19 | コメント (0) | トラックバック

2008年5月21日

さて、明日は22日な訳ですが

Xbox360のダッシュボードでは、ストラングルホールドの発売日は未だ22日のまま。

私が予約を入れてきたお店のレシートには、6月5日と明記。

どちらが正しいのか、明日ジャッジメントしてくるんだゼ!

 

何だか気が付いたら、みかん箱ことHalf-Life2 The Orange Box【日本語版】

発売されているようで……えぇぇぇー…という状況です。

ニンジャガイデン2も6月5日、なかなか発売されなくて伝説になりつつあった

ガンダム オペレーショントロイも6月26日だそうですし。

あー…オペトロは買うか決めてないんですけどね。

前回お伝えした魔王サマも合わせると、mixiのXbox360で騒いでいた訳が

ようやく分かりましたヨ。

 

確かにこりゃぁ、財布に優しくないワ。

逆に言えば、THE Darknessが妙に早く終わってしまった事で軽い鬱になり

かかっていたフヌケには、調度良い抗鬱剤ではありますナ。

 

 

大変結構!

投稿者 Wut : 21:30 | コメント (0) | トラックバック

2008年5月19日

to be continued :THE Darkness

終わったのですが、続くようです。

そういうゲームがチラホラありますが、このゲームも海外では続編の制作が

始まっているのだとか。

GoWやアサシンクリードなどと一緒で、これも3部作なのかー!?

 

難易度NORMALが終わったので試しにHARDに挑戦してみると、これが

結構な速さで死亡しますよ。特に最初のトリニティー墓地の辺りで。

いくらダークネスが発現する前だとしても、ちょっと軟らかいなぁ。

流石、難易度HARD。

 

折角なので、簡単そうな幾つかの実績を解除しようかと思っていますが……

思ったより早く終わったなぁ……流石に魔王サマまでは、手をだせないかしら。

むぅ。体験版が面白かったので、欲しいのですけどもね。OVERLORD

投稿者 Wut : 22:42 | コメント (0) | トラックバック

2008年5月17日

ウマウマにょろーん :THE Darkness

昨日はゲームがハングアップするんで、ゲームを始めるたびにAボタンを押しながら

起動している事を書きました。

今回は、このゲームの特徴などを少し。

そうそう。このゲームの年齢レーティングはCERO Zなので、暴力的だったり

クロテスクな表現が苦手な人は、遊ぶ際に注意してくださいね。

 

このゲームの一番の特徴は、タイトルにもなっているダークネスというモノの存在です。

主人公ジャッキー(ちょっと金城武に似ている)に寄生しているらしい存在が

”ダークネス”で、彼のお陰で様々な特殊能力を使う事が出来ます。

例えばダークネスアームという能力は、その先端がスパイダーマンのベノムのような

眼と口を持ったアームを自在に蛇の如くに這わせ、離れた敵を倒したり、アイテムを

回収できたりという事ができます。

また、ダークリングという手下のようなモンスターも、特定の場所で呼び出す事が

出来ます。

 

これらの能力を使ったり、ダークネスを呼び出している最中に攻撃を貰うと、

ダークネスエナジーが消費されてゆきます。

ダークネスエナジーは、影や暗闇となる場所でダークネスを呼び出す事で

吸収されますが、明かりのある所では逆に消費され、やがてはダークネスを

呼び出した状態が維持できなくなるので、積極的に照明器具などを壊してゆくのも、

1つの戦術となります。

ダークネスを呼び出しているれば夜目も利くので、心配はありません。

 

ダークネスの能力やダークリングの種類は、敵の心臓を食べる事で

獲得してゆきます。

ダークネスはより多くの心臓を喰らう事で強化され、一定量に達するとレベルアップが

なされます。レベルアップを繰り返せば、やがてはブラックホールをも操る事が

可能になるでしょう。

また、心臓を喰らう事で、ダークネスの活動源となるダークネスエナジーが、

全快まで回復します。

 

ダークネスに関した事は、こんな感じでしょうか。

後はトゥーハンドが基本なFPSという感じです。

最初から持っているハンドガンにも弾数制限がありますが、弾がなくなれば

ダークネスを使って敵を倒せばよいので…というより、だんだんと銃よりダークネスが

活躍する場面がゲームの進行と共に増えてきている気がしないでもないですが。

 

特にダークネスアームを使った時には、視点が主人公からダークネスアームの

視点に切り替わり、地面だろうが壁だろうが入れる隙間さえあればニョロニョロと

這って進めるのが楽しかったりします。

そーっと敵の背後から回り込んで後ろからパクリとやれば、敵はイチコロ。

這いずっている間はダークネスエナジーが常に消費されているので、倒した

敵の心臓をまふまふと食べれば、活動時間が延長されて更に侵攻が可能に。

ただその間は、主人公は棒立ちの無防備状態なのですけどね。

 

ゲームのノリとしては、戦術を駆使して勝利を得るというよりも、主人公の

アクションそのモノを楽しむタイプのFPSという感じ。

ただ、実績の中には「ダークネスと完全一体化」という旨のモノもあるので、

果たして完全に一体化するのは良いのか?ダークネスの力に頼ってばかりだと、

ダークネスに支配されるのではないか?などと悩みながら、ゲームを進めて行くのも

1つの楽しみ方かもしれません。

投稿者 Wut : 13:44 | コメント (0) | トラックバック

2008年5月16日

これは試されているのか?

昨日買ってきたThe Darknessなのですが、プレイをしている最中にポーズをかけ、

トイレにいって戻ってきたらハングアップしていました。

それから1時間ほどプレイしてみただけでも、軽く片手くらいは止まったかも

しれません。

かなり短いタイミングでハングアップを繰り返した時は流石に、「本体が壊れたか?」と

思ったのですが、まずは同じ状態の人がネット上に書き込んでいないか

検索をしてみました。

 

ネットで調べてみると、私のようにプレイ中に止まるという症状が出る人は

少なくないようなのですが、まったく止まらないという人もいるようで、

原因が今ひとつ分かりません。

Xbox360のキャッシュをクリアするとしばらく遊べる(ハングアップしなくなる訳では

ないらしい)との事なので、設定画面のストレージ選択からHDDのオプションを

開いてX X LB RB X Xと入力「整理しますか?」と聞かれるので「はい」を

選択。すると、2秒ほどの間があって、元の画面に復帰したのでゲームを遊んで

みると 、確かに先ほどと比べ物にならないくらいに、長く遊べるようになりました。

まぁ、最後は仕事にでかける10分前にハングアップしたのですが。

 

後はゲームを起動する際にAボタンを押しっぱなしにする事で、キャッシュメモリを

空にするという方法があるそうなので、ゲームを再起動する度にそれを

行っていると、最初の頃ほど頻繁にハングアップしないようでした。

 

そして、とあるシーンを過ぎたと時から、気がつけばハングアップせずスムーズに

遊べている事に気がつきました。

ネットでもハングアップの報告は序盤が多いようなので、しばらくゲームを進めると

ハングアップする要素が減るのかもしれません。

原因の特定は出来ませんが。

 

私が買ったのはXbox360版なのでPS3版がどうかは知りませんが、Xbox360版を

これから買うか迷っている方は、不意に停止するゲームと戦う覚悟を持って

購入するか、スパイクの方から正式なアナウンスがあるまで購入を控えるのが

良いと思われます。

 

ハングアップの問題を除いては、なかなか良い雰囲気のゲームではないんでしょうか。

アメコミが原作のゲームなのだそうですが、FPSとしてもユニークなところが

いくつかありますし。何より原作付きなので、ストーリーが良いですね。

システム面などの詳しい事は、また明日にでも…。

投稿者 Wut : 13:50 | コメント (0) | トラックバック

2008年5月14日

偵察兵の素質があるそうな

ゲームでの話なんスけどね。

 

世界観やら演出やらグラフィックやらは好みなのですが、ゲームのシステムが

どうにもこうにも中途半端な印象のある戦場のヴァルキュリア

公式のサイトを見ていたら入隊志願テストというモノがあったので、ちょっと

やってみました。

私の結果は…

 

偵察兵タイプ

 

 

まー、先陣切って突っ込むタイプではないと、思いますけどネー。

 

 

肝心のゲームの方なのですが私が認識している範囲で説明すると、

マップの画面でコマンドポイントを消費してキャラクターの行動を開始。

アクションモードにてアクションポイントのゲージを消費して移動。移動中は

敵からの攻撃がある模様。敵に狙いを定めている間は攻撃されなかったり、

命中はキャラクターの能力依存なので、アクションの腕前は余り要らないという感じ。

というよりは、がっぷり四つなストラテジという枠の中に、移動と攻撃判定だけ

リアルタイム風のテイストを持たせた感じなのでしょうか。

 

良く取れば、RTSやTPSは難しかったり、慣れなかったりする人に向けて、

「なんちゃって」なシステム融合で敷居をさげて入り口を作っているという

塩梅なのかもしれません。

逆にそれが、どちらも普通に遊び人にとっては、半端に思えてしまうのかも。

 

PS3というとMGS4が出るので、PS3はどうしようか?しばらくすれば、恒例のように

(サブスタンスやサブシスタンスの様な)完全版が出るんじゃないか?と思うと

しばらく様子を見てみようかな。様子見ている間にXbox360でリリースするなどという

アナウンスが流れれば更に締めたモノだしなぁ。などと、まだ考えています。

どうするかなぁ。

投稿者 Wut : 14:02 | コメント (0) | トラックバック

3D SHOOTERモノが多いなァと改めて思う

ストラングルホールドを予約しに行ったら、発売日が6月5日に延びていた!

ギャァァァァ。

The Darknessを買う良い口実になってしまったじゃないか。

 

以前は15日、22日という近い発売日だったので片方に絞りましたが、2週間近い

発売日の延期、そして給料日をまたぐ(重要!)という事もあって、充分積まずに

遊べるモノと判断に至りました。

これは予想ですが、The Darknessならノーマル難易度で2週間くらいあれば、

クリアだけなら出来ないかなァ…と考えています。

最近はそれくらいのスパンで終わるゲームが、心身ともに楽な感じですね。

もちろん、神経がキュッとなるくらいのゲームも好きなのですが。

 

で、思い出したようにレインボーシックス Vegasをプレイしたり。

2ではなく1の方を…。

始めたばかりの頃は気が付いたら死んでいたりと、難易度が高い印象があり、

そうこうしている内に次の遊びたいゲームが出てしまったので、そっちを遊んで

放置していました。

 

そして私のゲームに関するジンクスとして、「詰まっていたゲームをしばらく放置すると

進めるようになる」というのがありまして、多分これは間を置いて冷静になった

からなのだとは思いますが、Vegasの方もこれに当てはまり再び進めるように

なりました。

リアル系FPSなので、難易度が高い事には変わりないのですが。

流石にVegas2が出ていますが買いませんし、買えません。

 

The Darknessが発売されたらThe Darknessをプレイして、時間があればVegasで

潰して、ストラングルホールド待ちですかねぇ。

投稿者 Wut : 13:07 | コメント (0) | トラックバック

2008年5月12日

認める部分は認めてあげないと

たとえば努力とか。

 

いえね。ゲーセンにポリゴンサムライスピリッツの新しいのがあったんですよ。

サムライスピリッツ閃というのが。

従来のポリゴン侍魂とくらべると、ちょっと毛色が違っているんですね。

何といいましょうか、ある意味では吹っ切れてしまった感がありまして、従来の

2D格闘ゲームを3Dに起こしましたという感じではなく、バーチャファイターや

鉄拳などの3D格闘ゲームに近くなってきているんですよ。

ぶっちゃけると、ソウルキャリバーっぽくなったというか。

キャリバーよりは2D格闘ゲームの匂いがあるので、また若干違う感じだとは

思うのですけども。

 

インターフェイスは八方レバーと縦と横の斬りボタンが1つずつに、蹴りボタン。

投げなどにもつかう特殊ボタンの1レバー+4ボタン。

 

1回遊んだだけなので、ゲームの駆け引きなどは良く分かりませんでしたが、

2D格闘ゲームのテイストを若干残しつつ、一般に受けている3D格闘ゲームらしさ

へ移行しようと模索しながら作ったような感じがする作品でした。

その過渡期な匂いが、私にはちょっと魅力的に思えます。

一般受けはしなさそうですけどね。

 

わざわざ取り上げたのは、今後、上手く調整ができたなら初代サムライスピリッツの

ような純粋に駆け引きが楽しめるゲームになるかもしれない…という”何か”の

気配があったような気がしたから。

昨今は2Dも3Dもコンボ重視な印象があるので、駆け引きと読み、一撃の重さを

感じられるゲームになったらいいなぁ…という期待も込めて紹介させて頂きました。

まぁ…次が出る前にコケそうな気も、しないでもないですが。

バケないかなぁ。

 

とりあえず、アレだ。ショットガンとか止めようや。

相手はボスなのかしらないけど、ガード不能な上に連射可能ってどうなのさ。

投稿者 Wut : 20:21 | コメント (0) | トラックバック

2008年5月11日

二丁拳銃+横っ飛び=鳩

Xbox360のダッシュボードにて5月22日にSTRANGLEHOLDが発売とあったので、

体験版をマーケットプレイスからダウンロードして遊んでみたところ、これが少し

荒削りな印象はあるものの、面白いゲームでした。

 

ゲームのジャンルとしてはTPS(Third Person Shooting Game)。

このゲームは映画「ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌」の続編にあたるそうで

製作総指揮はジョン・ウーが、主演はチョウ・ユンファ。

 

DEMOをプレイした感じはとにかく破天荒で、色々なオブジェクトが破壊でき、

看板を落とせば敵を倒せ、テーブルがあればその上を滑り、階段に手摺りが

あればそこを駆け上がったり、滑り降りたりしつつ時には画面がスローで

流れるのでその間に敵を狙い打ち、横っ飛びも背面飛びも好きなだけできて、

スローモーションがかかるものだから、攻撃を避けつつ反撃をしやすかったりと、

説明を書いていても「乱筆乱文お許しください」と書き足したくなるくらいの

破天荒っぷりです。

挙句の果てにはゲージを消費する事で、体を回転させながら二丁拳銃の乱射などを

しながら鳩を飛ばしたりできる(文脈がおかしい)そうで、如何にもジョン・ウーと

いう感じのゲームになっています。

関係ありませんが、映画版アップルシードの二作目「エクスマキナ」では、流石に鳩は

飛んでいなかったなぁ…と、今になって思ってみたり。

 

「百聞は一見にしかず」というので、こちらの動画もご覧あれ。

 

参考動画:

投稿者 Wut : 10:54 | コメント (0) | トラックバック

2008年4月19日

UOなインタビュー

少し前にmixiの方でUOな話がチラリと出たので、私的にはちょっとタイムリー。

4Gamers.netさんの方で、現在、来日しているらしいUO開発メンバーに

インタビューをしています。

 

具体的なシステムの話というよりも、過去を振り返りながら、これからの方向性

みたいなモノへの言及といった感じのインタビューですが、興味深く読ませて

貰いました。

個人的にはトラメルが出来たあたり(UO:Renaissance)から、コレまでとは違う

方向に進みだしたような気がするんですけどね。

 

システムとしては成熟してきていると思うのですが、The 2nd Ageの頃の

良くも悪くもシステム面での配慮が薄い…言い換えれば縛りの無い頃の方が、

それぞれがそれぞれの楽しみ方を見付けていて、面白い時期だったと思うのです。

その楽しみ方が受け入れられると、周囲に波紋のように広がってゆく様も、

非常に身近に感じられましたし。

私の遊んでいたWakoku・シャードでは、有り合せのオブジェクトを使ったインテリア・

コーディネイトや、ピンキー・ツリーなどがその最たるモノじゃないかと思います。

タイトブーツを主軸に作られるツリーを編み出したピンキー氏は、色々な人に

「私のところへもピンキー・ツリーを」と引っ張りダコでした。

私立探偵(Forensic [検死]スキルの職業タイトルはDetectiveなのです)として

探偵社を運営していたMaddog氏も居ましたね。

横のつながりの強いゲームだったなぁ…とか思い出していたら、何だか

懐かしくなってしまいましたよ。

 

再びUOを遊ぶかどうかは微妙なところですが、スキルベースの成長をする

MMORPGは、今でUOをおいて他にあるのかしら?と思ってしまいます。

私はスキルベースのモノで、遊びたいんですけどね。

SWGもコンバットアップグレートという日寄ったパッチのせいで、擬似レベルベースな

ぐだぐだゲームになってしまいましたし。勿体無い。

他にスキルベースのゲームは、何かあるかしらねぇ?

嗚呼、マビノギがあったか…。

マビノギもタイトル発表当初は、期待していたんだけどなぁ。

戦わないでも十分に楽しめるオンラインRPGとか、無いもんかねぇ。

 

4Gamer.net :

新しいメンバーを迎えた「ウルティマ オンライン」の開発チームに聞く,

これからのUO(ウルティマ オンライン)

 

#EAJのバシネットマンが、ちょっとカッコイイゾ。

投稿者 Wut : 14:24 | コメント (0) | トラックバック

2008年4月10日

しろくろ雑技団 :斑鳩

さて、ついにXBLA版 斑鳩が配信されましたねぇ。

アーケード版、DC版ともに触っていたものの、結局はクリアできていないSTGの

1つだったりします。

 

DC版のソフトはまだ持っていますし、DC本体もまだ持ってはいるのですが、

どちらも要発掘な現状において800MSPで気軽に遊べるXBLA版は、

とても有り難いというのが正直なところです。

 

斑鳩というゲームを知らない人の為に簡単に説明すると、自機や敵機に

白と黒の属性がありまして、自機はボタン一つで色の切り替えができます。

相反する色の敵への攻撃はダメージが増加し、同色の敵弾は吸収する事が

出来るというのがこのゲームの特徴です。

 

さっそくプレイしてみたところ、いきなりステージ1でゲームオーバー。

ネックはステージのボスで、3段階目だかは右肩口で白い状態で居れば

ほぼ安全地帯だったような記憶があったのですが、どうやらうろ覚えらしく、

安全地帯にするまでに何かあったんだっけ?

うーん。

ネットで検索しても攻略記事は主にスコアアタックな内容なので、

正攻法でなんとかしますかねぇ…。

 

同じ色の敵を3体ずつ倒す(白3→黒3でもOkay)とボーナスが入るシステムの

おかげで、本来ならスコアアタックにも熱が入るゲームなのですが、私には

今のところそんな余裕はありません。

まずは、ノーマルをクリアせねば。

 

…あー、RFAもあったなぁ。

STGファンには嬉しい悲鳴なのには間違いないのだけど、時間が欲しいなぁ。

投稿者 Wut : 20:02 | コメント (2) | トラックバック

2008年4月 6日

神技 :RFA

神技なんて書くと、どちらかというとトーキョーN◎VAを思い出してしまう方なのですが、

それはさておき、2~3日前に購入してちまりちまりと遊んでいる

RAIDEN FIGHTERS ACE

そのソフトに初版限定特典として同梱されていた攻略DVDこと「INSANITY DVD」を

ちらりと見てみたのですが、やはりトッププレイヤーともなると一般人には「うへぇ」

などと思いながら半笑いで眺めるしかないような動きをしています。

 

もう、ね。

攻略とかそういう話じゃないですよ。

神技なんて書くと聞こえはいいですが、怒首領蜂 大往生の特典DVDと同様に、

変態っスよ。変態。

あんな動きが出来るようになるまで、どれくらいやり込めばいいんだろうか。

全くもって、変態です。

羨ましい。

 

動きをトレースできないまでも、参考になるところは沢山あったので有り難いのですが、

自分のプレイがDVDに思いっ切り引張られそうな感じだったので、途中で見るのを

止めてしまいました。

いやぁ、だってさー。

「ここでこうすれば、スコアが稼げる」と知ったら、やっぱり稼ぎにいってしまうでしょ。

ゲームクリアも重要だけど、スコアも気になるじゃないですか。

なので、このDVDはしばらく封印です。

まずは、オレイズムで。

鉄板?セオリー?

知った事かー!

投稿者 Wut : 20:14 | コメント (2) | トラックバック

2008年3月30日

終わり…なのか? :darkSector

darkSectorの通常難易度をクリアしたのですが、あの終わり方だと……

続編が……ある…のか?

肝心のウィルスの原因やら、頭に響いてくる声の主やらが、ほとんど明らかに

されないままゲームが終了しました。

 

ゲームの方は総じてGoWと比べてしまうと、遊びにくい部分もありながら、

普通のシューティングアクションとしては及第点の面白さ。

主人公の特殊能力やら、グレイブやらがこのゲームなりの楽しみ方を

させてくれました。

 

逆に不親切であるが為に、攻略の糸口を見つけるのにやっきになってみたりと、

裏を返せば熱い展開もあったりする訳です。

ほぼ一撃死の攻撃を避けながら、逆転のチャンスを窺うスリルといったら、

もう…ね。

まぁ、最初の2~3回くらい分からずにゲームオーバーになった時は、ちょっと

ムカッときましたけども。

 

”調査主任”の実績は、最初のアップグレードケースを取り逃した事が原因で

取れなかった様ですし、また解除されていないオフ用実績も幾つか有ります。

5万ルーブル溜めるヤツは…武器を買い換えずに、お金を集めていけば

何とかなるとは思いますが。

手榴弾とかは結局使わなかったりするので、ブラックマーケットに入るたびに、

あるだけ全て売却しても良さそうです。

@450と安いですが。

中盤辺りから、属性を付加させたグレイブを使って、周囲に属性の爆発を

起こさせる技も使えるようになったりしますし。

 

さて…実績には”最兇難易度「Brutal」 をクリアする”というモノがあったり

するのですが…110Pかぁ。どうするかなぁ。

投稿者 Wut : 18:18 | コメント (0) | トラックバック

2008年3月29日

赤い縁取り :darkSector

今頃になって敵が赤く光ったら、フィニッシュムーブのチャンスなんだという事に

気が付きました。

説明書?

ちらっと読んだけど、書いてあったかなぁ…?

 

とりあえず、現在はチャプター8。

遠距離は速射能力のあるハンドガン&グレイブ。近距離はダブルショットの

カスタマイズをしたショットガンという使い分けをしております。

 

ダブルショットというのは、1回のトリガで2発の弾を発射するカスタマイズで、

当然のことながら弾薬の消費量も2倍というモノ。

しかしながら、それをショットガンに付けて近距離で使うと便利な事なんですね。

近距離射撃を1回当てると敵が赤く光るので、近寄ってフィニッシュムーブでEND。

近距離で使うという事もあり、装填数増加と射出速度強化のカスタマイズも

してあります。

 

とりあえず、アレですわ。

暗闇のなかでの戦いはヤメテー!

マジ、怖いッス。

投稿者 Wut : 21:17 | コメント (0) | トラックバック

2008年3月28日

不親切だからこそ :darkSector

現在チャプター6まで進行中。

 

グレイブの扱いにも慣れてきて、柱の影に隠れている相手にも、Rスティックで

操作をして首チョンパを狙っていたりします。

クリティカルヒット!

クリーピックコインの首を刎ねた!

 

このゲーム、どうも私には途中でドン詰まりする箇所が多く、出口が分からなかったり、

倒し方が分からなかったりというところがあって、何度も同じシーンをリトライする事が

多かったりします。

基本的に倒し方はノーヒント。

周囲にあるモノと、自分が取れる手段などの状況を考えて、倒し方を

導き出さなければなりません。

 

其れは、敵が燃え盛っている最中に近寄ってフィニッシュブロウだったり、其れは、

感電している最中に背後に回り込んでパイロットを引きずりだしたり、其れは、

敵の撃った弾をシールドで跳ね返し、怯んだところをフィニッシュブロウだったりと、

気付くまでが大変です。

移動するにしても、制限時間などが設けられていると、変にあせって周囲を

よく見渡せなかったりと、もう大変。

うろうろと出口を探し回った挙句に、時間切れでゲームオーバー。

リトライです。

 

それ故に、そこを越したときの達成感は大きく、歓喜の声よりも安堵の溜息が

出てしまうくらいだったり。

 

ストーリーの方も大きく動き出したようなので、先が楽しみです。

投稿者 Wut : 21:47 | コメント (0) | トラックバック

2008年3月27日

狩リノ時間ダ…… :darkSector

darkSectorはSFホラーっぽいTPSです。

 

ストーリーのあらましは、主人公の上司が任務の途中で行方知れずになったので

探し出そうとしたら、世界に蔓延しだしているウィルスに自分も感染してマイッチング。

ウィルスの進行は抑えたいし、上部からの命令で上司も探さなきゃいけないし。

主人公の明日はどっちだ?というような話。

 

システムとしてはGoWにも似た、ジャンプの代わりにカバーアクションを持つタイプ。

他のTPSと違うのは、主人公にはハンドガンと同時に使える”グレイヴ”という、

映画「プレデター」でいうところのDiskのような武器が使える事です。

この武器は投げると一定距離を進んだ後に、ブーメランのように手元へ返ってきます。

Lトリガで狙いを付ける事で、特定のアイテムを吸着回収するという使い方もできます。

放電や燃焼中のオブジェクトと接触させる事で、それぞれの属性をしばらくの間

帯びた状態で扱え、状況に応じてそれを扱う、ちょっとしたパズルのようなシーンも

あったりします。

 

TPSとしては普通に面白いのですが、カバーとグレイブ以外に特徴的な要素が

無いので、マルチプレイの方は(未経験ですが)余り特色が無いかもしれません。

モードとしては、一人が主人公となり、残りの面子がそれを追いかけるモードと、

2つのチームに別れ、それぞれのチームに主人公キャラを一人立て、それを

倒そうとするモードの2つです。

 

ゲームの雰囲気はかなり良いのですが、タイトルがダークセクターなだけあってか、

暗がりが多く、ところどころでウィルスの感染者がわらわらと出てきたりして、

結構ヒヤヒヤさせられたりします。

怖いのは、射撃をしてくる相手よりも、白兵戦をしかけようとしてくる相手でしょうか。

射撃はその場で隠れながら撃ってくるので、こちらも同じように応戦すれば

十分なのですが、白兵戦を仕掛けてくる相手に対して、こちらも白兵戦…という

訳にはいかず、離れて射撃というのが基本な模様。

相手の攻撃は痛いのに、こちらの攻撃は(射撃をしてくる相手を殴る分には、

十分効果があるのに)そんなに効果が無いという始末。

 

主人公の初期装備はハンドガンとグレイブです。

敵が持っていた銃火器にはセンサーが付いていて、感染者に反応して

自動的に爆発するというのも、ちょっと面白い要素です。

主人公もウィルスに感染しているので、敵から奪った武器のセンサーが

作動するのですが、直ぐには爆発せず警告アラームが数回なった後で爆発するので、

奪って少しの間利用して、爆発する前に破棄。そして新たな敵の武器を…と繰り返して

行く事が出来ます。

途中でマシンガンやらショットガンやらのセンサーなしを、ブラックマーケットで

購入する事が出来ますが、敵から奪う事で弾薬の節約にもなります。

またセンサーの無い武器はカスタマイズが可能になっていて、弾倉の容量を

増やしたり、リロードの時間を短縮したり、マンストップパワーを上げたりする事が

可能になります。

ただ、カスタマイズを行うには、それを行うためのアイテムが必要になるので、

それはステージの中を探したりして入手します。

 

現在は3つめのステージっぽい感じなのですが、まだ序盤な為かストーリーの

先が一つも読めません。

ウィルスの原因。上司が失踪した理由。感染者の末路。

今のところ、難易度的にはそれ程難しいという印象はないので、純粋に先へ進んで

ストーリーを追うのが楽しみな感じです。

ただ、わさわさと大勢で襲い掛かる感染者と真っ暗闇のなかで戦うのは、

これ以上は勘弁して下さい。

懐中電灯程度の明かりが、あれほどにも心細いとは…。

投稿者 Wut : 20:54 | コメント (0) | トラックバック

2008年3月26日

Rっていうのは、リターンなのかリボーンなのか

3月25日からWiiのショッピングチャンネルにて、Wii wareというカテゴリの

ソフトが公開されました。

これはXbox360でいうところのLiveアーケードにあたる感じのモノで、ダウンロード

販売専用ソフトの配信を開始したという事になります。

料金はソフトによってまちまちなのですが、私はいくつかあるなかから

スターソルジャーRを購入してみました。

ゲームの内容は紹介ムービーでもみてもらうとして…

 

とりあえず5分間のタイムアタックをプレイしてみたのですが、シンプルなシステムで

シューティングゲーム本来の敵を倒す面白さと、得点を稼ぐ面白さがしっかりと

同居しており、とても爽快感のあるシューティングになっています。

 

1回のプレイ時間はとても短いのですが、その中に潜むハイスコアへの道を

手探りで探し、確認し、構築してゆく作業というのは、ファミコンの時代から

変わらない面白さであると私は思います。

 

シンメトリー。合体の内側。隠された「Z」。散らばるスコアアイテム。パワーアップ。

破壊の順番。速度。フォースの扱い。

それらに1つずつ気付いてゆく度に、5分ないし2分のプレイ時間は徐々に

濃密なモノになってゆくでしょう。

 

もちろん、そんな細かな事を考えずに「わー」っと遊んでも、結構面白いと思います。

800円の価格が高いか安いかは、遊び手の感性とダイレクトに直結している

ゲームだと感じました。

私は「いい値段を付けたなぁ」と思いましたヨ。

 

タイムアタック以外に、おまけてきな連射測定モードのようなモノもあるので、

人が集まったときにでも試してみても面白いかもしれません。

ちなみに私は3回やって最高が9.5shot/secでした。

昔は11~12連射/秒だったのになぁ。

これが老いというやつか…ふぅ。

 

Star Soldier R - 5 minutes mode

 

Star Soldier R - fast shot mode

投稿者 Wut : 21:52 | コメント (0) | トラックバック

2008年3月24日

恐縮だが、難易度ハードをクリアしてくれないか

そうアトラスに言われたかどうかは別にして、バイオショックのハードモードに

取り組みだしました。

ただ、今月の27日にはダークセクターが発売されるので、それまでに……は

難しいか。

 

ハード攻略と兼ねて、前回取り忘れた”歴史家”と”トニックコレクター”、そして

”幸運な勝者”の実績も取りたいんですけどもねぇ。

そうすれば、実績が全て解除に…。

投稿者 Wut : 22:10 | コメント (0) | トラックバック

2008年3月22日

急ぎましょう Mr.B :バイオショック

バイオショック日本語版も難易度ノーマルを無事クリア。

最後のボスは、相変わらず○○ーを使って倒しました。

卑怯?勝てばいいのさ、勝てば。

フハハハー。

 

実績の解除ポイントはアジア版より多いものの、”トニック コレクター”や、全ての

レコーダー(日記)を聴く事で解除される”歴史家”を解除する事ができませんでした。

どこの何を逃したんでしょうか。埋めることの出来るマップは、全て埋めたつもり

なのですが。

トニックに関しては、確かに買い逃しはあるカモ。

 

まだ解除されていない実績は上記の2つと、難易度ハードをクリアすると得られる

モノ、そして、スロットマシンでジャックポットを出すと得られるモノの4つ。

ジャックポットに関しては…運だろうなぁ。

欧米ではダウンロードコンテンツとして、幾つかのプラスミドやトニックと共に、

難易度ハードでヴィタジャンバーを使わずクリアすれば、解除される実績が

あるのだそうですが、日本語版ではまだ未実装。

 

難易度ハードかぁ…。

後半が大変そうだなぁ。

やるんだったら、まだ気持ちのある今のうちだと思うのですが。

投稿者 Wut : 20:54 | コメント (0) | トラックバック

2008年3月20日

クリアまでもう少し :バイオショック

ラプチャーの創造者であるライアンを退け、ようやく潜水球で行ける最後の

階層へ到着。

最終決戦も間近…とはいえ、まだやる事は沢山あったりしますが。

 

とりあえずは、アジア版と同じ道を歩んでいるので、アジア版をプレイしている時に

言われていた事が確認できて満足。

多少のバグやら、DVDの回転音がアジア版に比べてうるさい(何故?)事やら、

アジア版にくらべて妙に処理が重い時がある事など、他にも不満はあるけども、

まぁ、良しとしようじゃないか。

 

そしてなにより日本語版での収穫は、ジーンをいくつか組み合わせれば、

レンチがかなり使える武器になるという事に気付いた事実です。

運動能力2、レンチ使い2、ダメージ研究2などがあれば、マシンガンで何発も

弾を撃ち込んでいた相手に対しても、レンチでポクポクポクと3回ほど叩けば

昇天させる事ができてしまったりします。

ブラッドラスト、組織帯電2、レンチストーカー2もあれば、なお良い感じ。

もちろん、写真撮影での研究は欠かせません。

 

そんななので、強い弾薬を出し惜しみして、新たに見つけた時に拾えない

という現象は日常茶飯事だったり…。

 

オレを~神は~み~はな~さな~い♪

投稿者 Wut : 20:48 | コメント (0) | トラックバック

Action と Caution は似ているねぇ

何かを得るために、行動をする人がいる。

何もしないよりは…といって行動をする人が居る。

 

泣きつく相手が神なのか、それとも悪魔なのかは考えてみたかい?

もっともキミは、それを知ろうともしないのだろう。

結果がどうであれ、直接迷惑を被るのはキミではないからね。

 

何を言っているか分からないだって?

…困ったなぁ。

噛み砕いて言うと、

「何でもかんでも”たのみこむ”に頼めばいいってもんじゃねぇ

事に気付きやがれ、バカヤロウ!」

という事だよ。

特にゲーム関係は、どれだけのメーカーが採算を取れるのか分からないからね。

ご利用は計画的にってこった。

投稿者 Wut : 20:30 | コメント (0) | トラックバック

2008年3月 6日

CAVEのSTGが360に?

mixiのXbox360コミュで情報を見たのですが、ケイブのSTGがXbox360に

移植されるとの事らしいです。

 

どうやら、情報元はそうたはうすさんらしいのですが、そうたはうすさんの

情報元はどこなんでしょうかね?やはり楽天?

 

移植されるのは、以下の2タイトル。

 

・怒首領蜂 大往生 ブラックレーベルX(仮)

・ケツイ ~絆地獄たち~X(仮)

 

怒首領蜂 大往生はPS2版を持っているけど、ケツイは素直に嬉しいタイトルです。

これまたmixiでのコミュ情報なのですが、移植はアリカでもタイトーでもなく、

5pbというメーカーなんだとか。

うーん。意外。

 

エグゼリカがXLAで発売され、パッケージでは今月にライデンファイターズが控え、

斑鳩の移植も確定されていますし、シューターだったらXbox360という図式が

成り立ちつつある感じがしますね。

 

#そういえば、アリカのSpecialのページにムービーが上がっていた

#ケツイDS(仮称)はどうなったんでしょうね?DSでの移植では、ユーザーが

#納得しなかったから中止…という可能性はありそうですが。

投稿者 Wut : 12:12 | コメント (0) | トラックバック

2008年3月 4日

この気なんの気 気になる 気になる

ドラゴンボールな話ではなくてですね。

気になる発売中のゲームの話。

 

パッケージで気になって、公式を覗いて気になって、ムービーを見てやられそうに

なっている現状。

バックグラウンドに「しゃけん の りょうきん」と「つまれた ゲーム」及び

「また つみゲー」という半永久的なシチュエーションを背負っている為に、

ガッツを消費して何とか凌いでいるというのが現状。

 

1つはパタポン

リズムとアクションとキャラクター性。

そして、ムービーを見た時に理屈抜きで楽しそうだと感じたのが、

一番の原因だったりします。

□ □ □ ◎! パタ パタ パタ ポン!

◎ ◎ □ ◎! ポン ポン パタ ポン!

× ×× ××! ドン ドドン ドドン! ウー ヤッホッホイ!

太鼓の音って好きなのよね~。

 

2つ目はソーマブリンガー

パッケージを見てどこかで見た事がある絵柄だなぁ、と気になったんです。

昔、コミック ゲーメストでガンバードの漫画を描いていた夏元 雅人氏と、

何だか似ている気がするんですよね。色の塗り方とか、が。

線はかなりスッキリした印象なので、違う人なのかも知れないと調べてみましたが、

結局は分からず終い。

夏元 雅人氏の方を調べてみたら、最近の絵柄はもっとカッチリとした感じに

なっていて、以前の雰囲気が薄まっていました。

やっぱり、人違い?

 

ゲームの方は、アクションRPGで凝ったシステムに、シンプルな操作。

通信でのマルチプレイも出来るようなので、ちと気になっています。

 

3つ目はコール・オブ・ファレス

これの理由はただ一つ。

西部劇だからさ!

ヤァーフゥー!

カッコイイー!

西部劇らしい要素が、てんこ盛りらしいですよ。

 

とまぁ、欲しい順番に並べて見ましたが、今月の27日には待ちに待った

darksectorが発売になるようですし……。

時間とお金が欲しぃー!

貰ったら貰ったなりに、もっと欲しくなるだろうけど欲しぃー!

投稿者 Wut : 15:19 | コメント (0) | トラックバック

2008年3月 1日

どうやらPS3の購入日が決まったようだな

6月12日。

それが、潜入任務の開始日だ。

 

impress GAME Watch:

KONAMI、6月12日に全世界同時発売。

PS3「METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS」

投稿者 Wut : 18:46 | コメント (0) | トラックバック

2008年2月28日

それは謎めいて~ :Bioshock

3つ目の階層にあたるネプチューンバウンティで、何故か存在表示以上の

リトルシスターに遭遇。

確かアジア版の時は3人だったのに、日本語版では4人の存在を確認。

この階層にいるリトルシスターの数も最初は3人と表示されているのですが、

4人目をレスキューしてみたところ4人目の表示が…。

 

どうなってるのさ?

移植の際に紛れ込んだバグかしら?

そのまま進もうとしたら、「まだエリアのリトルシスターを、全員ハーベスト或いは

レスキューしていません」という旨のメッセージが表示されるので、

もしかすると実績なんぞに影響しやしまいかと冷や冷やしています。

やり直して3人に調整するべきか、無視してこのまま進むか。

3人でも同じ警告がでるようならば、警告表示のバグだという事になるのですが。

むー。

 

面倒臭いから、このまま進めるか…。

もし、実績が取れなかったら、難易度ハードで3人に調整してプレイすれば

良いわけですし。

 

しかしまぁ、アジア版をなまじっか体験しているだけあって、変なバグを見つけると

非常に気になるなぁ…。

 

とりあえずは、ネプチューンバウンティ踏破…と。

投稿者 Wut : 16:03 | コメント (0) | トラックバック

2008年2月22日

ばいおしょっく :Bioshock

Bioshockの日本語版を少しさわってみましたが、若干ラジオからの声が

小さいような気がするのは、私だけなのかしらららん?

それでも日本語で喋ってくれるので、ストーリーの細部まで良く分かります。

 

概ねはアジア版の時に聴いた英語で、「こんな事を言っているんじゃないかなぁ…」

というアバウトな翻訳の通りなのですが、敵が何と叫んでいるか、メインストーリー

以外の台詞がどうだったかまでしっかり分かるのはあり難いですね。

 

それにしても、概ねの内容は覚えているのに、演出関係はさっぱり忘れていたので、

改めて遊んでも意外に楽しめています。

現在はメディカルパビリオンに進入したところまで。

えーと、この先はどんなだっけか…。

とりあえず、テレキネシスを見つけないとなぁ。

投稿者 Wut : 20:57 | コメント (0) | トラックバック

2008年2月21日

久しぶりのRPG

本日はゲームの発売日なので、Bioshock日本語版と世界樹の迷宮IIを

買ってきました。

 

Bioshockはアジア版を一度終わらせているのですが、ゲーム内の全てのメッセージが

英語だった為にストーリーは”雰囲気”で理解していた訳です。

ゲーム全体の雰囲気も良かったので、ローカライズされた日本語版では

改めてストーリーの理解を深め、どうじに遊び易いゲームなのでアジア版で

解除しなかった…というよりは、アジア版を購入して1週間しない内にローカライズの

アナウンスがあったので、クリアした際に残った実績は日本語版で取ろうと

思ったんですね。

 

とりあえずは、アジア版と同様に全てのリトルシスターを助ける方向で、

クリアを目指そうかなぁ…と思っています。

 

そしてもうひとつは世界樹の迷宮II

こちらは一作目は未経験で、前作の評判を聞いて「それじゃぁ久しぶりに

RPGでも買うかー」と購入したモノ。

ATLAS製の3DダンジョンRPG。

NDSのソフトなので、ゆる~く進める予定。

 

で、Bioshockは一度経験しているので、世界樹の迷宮IIからさわって見ました。

見た目に反して骨太のRPGと聞いていたので楽しみにしていたら、まずキャラクターの

職業選択で詰まってしまいましたわ。

12種類の職業があるのですが、一度にパーティを組めるのは5人という事もあり、

とりあえず、5人を登録する事に。

 

これまでオンラインRPGで使ってきたキャラクターを思い出しながら、それっぽい

職業に当てはめて行きました。

 

そして、ギルド 『フォーチューナーズ』が誕生。

何だか後で「フォーチュンクエストみたいでアレだなぁ」と思ってみたり。

フォーチュンホイールと名付けたかったんですけどね。

 

今のところの在籍メンバーは…

 

wuty:メディック

Rusty:ソードマン

ムラサメ:ブシドー

ラスフィール:レンジャー

スメラギ:ドクトルマグス

ハングドマン:ガンナー

 

以上の6名。

ドクトルマグスというのが巫女術を使う職業だそうで、ありていに言えば

シャーマンみたいなモンじゃないかと。

 

とりあえずは、ハングドマンを除く5名で公宮へ出向き、ミッションを受けて迷宮へ。

最初のミッションは、1階の地図を描いてくるようにとの事。

適当な場所まで引張られて、そこから地図を描きながら戻ってくるように

言われましたヨ。

 

適当にうろつきながら、タッチパネルに地図を記入。

そして、とある扉をくぐると休息するかと聞かれたので休息し、小さな部屋のような

ところを探索しようとするとモンスターのクロウラーが登場。

クロウラーの攻撃で、ブシドーが一撃死しました。

ウヒ。

うわー。こんなのWizerdry以来だなぁ。

Ultima Onlineだってここまでじゃなかったですよ。

 

で、電源リセットしたり、パーティー全滅をしたりしながら、何とか最初のミッションを

達成し公宮へご報告。

 

 

うむ。

手応え十分!

ぬるぬる進めるとしましょう。

投稿者 Wut : 20:20 | コメント (2) | トラックバック

2008年2月17日

猫目なアイツ :スマブラX

ちょっと気合を入れて、シンプルをスネークで頑張ったところ、シンプルの

最後にシルエット姿の挑戦者が登場。

「このシルエットはもしやー!?」と思ったら、やはり猫目リンクでした。

「これを倒せば、猫目リンクを使える」という気持ちが急いてか、小さなリンクに

敗北しまして、使用可能キャラクターの追加はお預け。

むぅ。残念。

 

個人的には風のタクトのグラフィック表現は、リアル志向が顕著な3Dグラフィックの

ゲームに一石を投じた感があるだけに、非常に好きな表現なのですが、

巷ではリンクの姿が「変」だとか「リアルな方がカッコイイ」という理由だけで、

吹く風や流れる雲など、周辺の表現やゲームそのものさえも否定されていたような

気がします。

 

まぁ、確かに、トライフォースの破片を集めるために、広い海をサルベージして回る

という正直だるい部分があったりもしますが、基本がしっかりしており、表現も

ユニークで、新しいアイディアが幾つも盛り込まれていた風のタクトは、

トワイライトプリンセスよりまとまっていて面白いと思うのだけどなぁ。

 

さて、次はどのキャラでシンプル頑張ってみようかしら。

 

余談:

イベント戦は28ステージで終わりなのかしら?

何だか中途半端だなぁ。

投稿者 Wut : 19:37 | コメント (0) | トラックバック

2008年2月13日

世界はそれを  と呼ぶんだぜ :DMC4

思い出したようにDMC4をプレイ。

スマブラXを遊びだしてから大絶賛放置中だったけど、それも今はいい思い出。

 

今現在はミッション8に到達したところ。

相変わらずアクションゲームとして魅力的な部分はあるモノの、バイオハザードから

派生したシステムがアクションの部分に硬さを残しているという印象が

拭い去られていません。

 

ムービーも多めで、どうしてもムービーの格好良さには負けてしまうなぁ…と言う

思いを引きずってしまう私。

できる事の中で。可能な技の中で。スタイリッシュに。

そう考えると、色々と面白い事もできない事は無いんですけどね。

 

シークレットミッションもいくつか発見しましたが、これはネロ以外のキャラクターで

攻略すべきモノもあるようで、ロイヤル・ブロックというネロの技には無いような

名前が出てきたのでネットで調べてみたら、ダンテの技なんだそうで。

「ロイヤル・ブロックってどうやるんだー?」とか考えながら、ネロで頑張っていた

自分が滑稽に見えてきましたヨ。

今のところダンテは使えないので、このシークレットは放置となりました。

 

プレイしていると、なんとなく遊園地のアトラクションを決められた順番で遊んでいる

という印象が出てきまして、1つのミッションも何かしらのテーマがあるという

感じではなく、割とそのパート、パートで仕掛けを考えているように思えます。

違うミッションでも、話の流れで同じ施設の中で行われるので、遊びそのものは

面白いのですけど、世界観の整合性としては相変わらずぎこちない感じがします。

まぁ、それはバイオハザードの続編が出た辺りから、そうだったんですけども。

 

そうそう。途中セーブしても、取ったアイテム以外はミッションの頭から

やり直しというのは、ちょっと辛いかなぁ。

アクションゲームとしては、それが当たり前なのかもしれませんが、ADVとしての

側面も持っているので、もう一回アレをやるのか…と思うと、面倒になる事もあったり。

ムービーはスキップできるので、一度見たのは飛ばせば早くなるんですけど、

それでも億劫だったりします。

 

うーん。面白い部分があるだけに、色々と惜しいなぁ。

一作目のインパクトを越えるのは難しいとよく言うけど、本当ですよねぇ。

投稿者 Wut : 14:45 | コメント (0) | トラックバック

2008年2月 6日

次の任務に移行する :スマブラX

「亜空の使者」の方をクリアしました。

クリア率は90%程度で、まだ旗が残っているところもありますが、とりあえずは

良しとしましょう。

100%にすることで、何かしらのコレクションが解除されそうな気もしますが。

 

後はWi-Fiでの対戦と他の一人用モードなのですが、競技モードの組み手をプレイ。

とりあえずは「100人組み手」に挑戦してみましたが、残り60人くらいでOUT。

「情け無用組み手」の方は最高2人…。

 

「情け無用組み手」は初プレイの時などは10秒持たなかったんじゃないかしら?

2~3回殴られて場外へ吹っ飛び、何事かとあっけにとられてそのままOUT。

その後、何度も再挑戦し、フィールドの際で壁を作られ、下から突き飛ばされ、

余りの情け無用加減にGCコントローラーを投げ飛ばしそうになった辺りで、

最高記録が2人。

どうやるんだ、アレは!?

投稿者 Wut : 14:47 | コメント (0) | トラックバック

2008年2月 5日

任務を続行する :スマブラX

「亜空の使者」も終盤になって、ようやくスネーク登場。

第一声は「またせたな」

そりゃぁ、まったさ。

 

使ってみた感想は、結構考えて使わないといけなさそうな技があって、

慣れるまでが大変そうだなぁ…という事。

そして、爆発物は自分にもダメージが入るので注意という事。

自分で埋めた地雷を踏んだ日にゃぁ…。

C4爆弾などは、乱闘中にはダメージソースとして使っていけそうな感じだけど、

1対1じゃ牽制技になりそうな感じ。

リモコンミサイルも使いどころが難しそう。意外と近距離用なのかしら。

そうそう、投げた手榴弾は爆発前であれば、拾えるみたいですよ。

癖の強いキャラには、間違いなさそう。

 

何はともあれ、まずは「亜空の使者」を終わらせよう。

このモードは面白いのだけど、難度の高いアスレチックになると、

スティック操作判別の微妙なタイムラグが、気になったりしますが。

私だけかしら?

まぁ、あからさまに根性悪な配置になってたりする所もあるけども。

あー、Mr.ゲーム&ウォッチを回収できなかったー。

という感じで、現在は大迷宮を徘徊中。

投稿者 Wut : 19:32 | コメント (0) | トラックバック

2008年2月 4日

シャドーモセスステージは何処だ? :スマブラX

しょうっぺ大佐の指示に従い潜入任務に戻った私でしたが、目指すべき

シャドーモセスステージはまだ見つからず、更にそのステージを15回プレイしないと、

スネークが使えないという情報。

 

まぁ、情報をもらった時は、まだ「亜空~」最初のステージしか終わって

いなかったので、気合を入れて一日で12番目のステージまで進めましたが、

そこで疲れて一旦終了。

アイクが使用解禁になりました。

でも、ファイヤーエムブレムはプレイしていないから、思い入れがないしなぁ…。

 

シャドーモセスのステージはどのなのか……。

…。

…。

いや、待てよ?

単にシャドーモセスのステージで15回プレイせよという事なのか!?

対戦モードでシャドーモセス島って選べたっけか…。

投稿者 Wut : 08:29 | コメント (1) | トラックバック

2008年2月 1日

スマブラX GETだぜ!

昨日書いたとおり、スマブラXを購入してきましたよ。

 

さーて、念願のスネークを……。

スネーク…スネークが居ないじゃないか!?

スネェェェェェク!!

 

ソニックも居ないところを見ると、ゲスト2キャラを使えるようになるには、

条件が必要なのか。

ぬうぅぅ。

投稿者 Wut : 21:05 | コメント (0) | トラックバック

2008年1月31日

あーくまのちぃーからー みぃーにぃーつーけたぁー :DMC4

まぁ、なんだかんだ思いながらもとりあえずDEVIL MAY CRY 4を買ってきました。

一緒に買う予定だったスマブラXは、そのお店の当日入荷分が全て捌けて

しまっていたので、店員さんに聞いてみたら明日の入荷もあるという事で、

それを予約してきました。

 

そんな感じでStage2まで進めた雑感などを。

 

ムービーが観たいんじゃねぇ!

 

ゲームで遊ばせろ!

 

最初のムービーデモの長い事。

聖堂でダンテとやらかす前に、ムービーがね、あるんですよ。

で、ダンテと一戦やらかして外に出た時も、ちょっと長いムービーが

あるんですよ。

でも、このタイトルのジャンルをスタイリッシュアクションと銘打っている訳ですよ。

確かにアクションは面白いんですが、それまでにプレイヤーの待ち時間が

長いというのは、正直頂けません。

 

そういうゲームと割り切るべきなんでしょうが、日ごろから「ムービーを見たいなら

映画館に行け!」とか言っている私としては、アクションパートをクリアした

ご褒美に、更に楽しいアクションパートを下さい!と思ってしまう訳で。

ムービーがダメな訳じゃないですよ。これはこれで、確かに格好良いんですが

……その格好良さは自分で操作した格好良さじゃないんだよねー。

 

スタイリッシュに遊ばせてくれー!

 

まだまだ序の口なので、これからアクションに比重が置かれるのかもしれませんが。

まずはファーストインプレッションでした。

投稿者 Wut : 20:10 | コメント (0) | トラックバック

音と光の間にて :Rez HD

Xbox360のLiveアーケードにて、Rez HDが配信されたのでダウンロード。

試しにプレイしてみると、相変わらず楽しかったので完全版に移行する事にしました。

 

Rez HDは以前にDCやPS2で発売されたRezのリメイクです。

3Dシューティングという体裁は取っているものの、その実は光と音楽を扱う

楽器のようなゲームで、敵を撃ったり、Aボタンを押したりすると音が鳴るという

変わったスタイルを取っています。

そのプレイの様は、さながら音楽を奏でているかのような感じで、プレイヤーの

気分しだいでリズムの感覚や、音の微妙な違いを演出できたりします。

 

シューティングゲームとしてみると、Res HDは簡単なゲームなのですが、

音楽を扱うゲームとしてみると、楽しさや遊びの幅が広がるゲームなんですね。

 

慣れないうちは、普通に出てきた敵を倒すだけでも、それっぽいリズムに

なってくれるので、それだけでもなかなかに楽しかったりするモノです。

慣れてくればタイミングをずらしたり、音階を途中で切ったりと、自分の好みの

リズムでゲームを楽しむ事ができるようになるはずです。

 

正直、毛色のかなり違うゲームなので、こればかりはXbox360を持っている人は

体験版で遊んで、自分の好みに合うか確認してもらわなければなりません。

私はPS2版のトランスバイブレーター同梱版を買うくらいの人だったので、今回も

バッチリです。

何故、DC版でないかというと……DC版でのトンランスバイブレーター同梱版が

そのお店で売っていなかったんですよ。

まぁ、それだけの事なんですけどねー。

まだ、手元にあったりしますよ。

PS2版のバイブレーターはUSB接続だったので、Xbox360でも使えないかなぁ…

などと思っているのですが。

使えないんだったら、パッチ当ててくれるようにメールだしてみようかしら?

 

Rez HD area 1

投稿者 Wut : 01:53 | コメント (0) | トラックバック

2008年1月25日

360でDMC4の体験版などを

DEVIL MAY CRY 4の体験版が360のLiveアーケードで配信されていると昨日知り、

とりあえずはダウンロード開始。

ついでにマーケットプレイスをちらちらと見ていると、カプコンの新タイトルらしき

モノのトレイラーがあったので、こちらもダウンロード。

妙に気になったTurning Point: Fall of Libertyというのがあったので、

これもダウンロードリストに追加。

後は体験版としてすでに遊んでいた、Undertowの完全版を解除。

 

DMCシリーズは、実は1作目しか遊んだ事がなかったり。

好きなんですけどね、1作目。

 

体験版は10分間だけ遊べるモードと、2種類のボスとの対戦を楽しむモードが

あるのですが、まずは10分間トライアルのモードをプレイする事に。

さわってみた感じは、良くも悪くもこれまでと変わらない印象。

バイオハザードや、鬼武者といった一連の流れのシステムなので、フリーカメラでは

ないという制約がゲームとしての特徴を際立たせており、逆に目新しさを感じにくい

要因を作っているのかもしれません。

一応はアクションなんですが、アドベンチャーゲームの上に載ったアクションという

スタイルが今でも拭えないのは残念かなぁ…と。

バイオハザード4の様に変化が欲しかったなぁ。

逆に従来どおりで安心できるユーザーも多いとは思います。

 

新タイトルの方はBionic Commandoというモノのトレイラー。

Bionic CommandoというのはトップシークレットのNES版タイトル名なのだとか。

トップシークレットはヒットラーの復活と名前を変え、ファミコンにも移植されたので、

そちらの名前の方がなじみのある人も多いかもしれません。

映像はトップシークレットの様なワイヤーを次々と繰り出し、映画「スパイダーマン」の

ようにビル郡の中を飛び回ったりするモノでした。

これは見ているだけでも気持ちがいいです。

今確認をしてみたら、公式サイトの方でも同じトレイラーが見られるようなので、

興味のある方は要チェック。

 

Turning Point:Fall of Libertyは、1931年にアメリカを訪れたチャーチルが、

ニューヨークで自動車事故に遭って命を落としてしまっていたら、という歴史の「IF」を

世界観に置いたFPSだそうです。

プレイできるのは本当に最初だけですが、基本的な操作を覚える事のできる

チュートリアルにもなっています。

さわった感じは悪くないのですが、ゲームとして特徴があるのかどうかは

分からないままDEMOが終了してしまいます。

レベルデザインは良い……のかな?

ストーリー が面白そうなので、日本語にローカライズされれば遊んでみたい

一本ではあります。

投稿者 Wut : 14:38 | コメント (2) | トラックバック

2008年1月13日

張り合いがある :Omega Five

というのも、Xbox360はフレンド同士のハイスコアを簡単にみる事が出来るのですが、

Omega Fiveで妙に友人のラムネ氏とスコアを意識しあっており、ゲームクリアと

スコア稼ぎの狭間で悶絶しております。

 

まぁ、稼ぎらしい稼ぎはステージ1くらいでしか、出来ないのですが。

兎にも角にも目標があるというのは、ゲームを遊んでいて張り合いがでます。

あちらはステージ4までノーコンティニュークリアを達成しているし、私も

まずゲームのクリアを目指そうかしら。

敵の出現パターンに慣れておくと言うのは、やはり大事な事ですしねぇ。

(↑パターンを頭で覚える気が無い)

 

1つのステージでスコアアタックをするチャレンジモードのリプレイを観て、攻略の

参考にしようとしたのですが、個人的な難関であるステージ2をミスせず

クリアしているのはハイスコアホルダーのプレイヤーだけでした。

しかも、使っているキャラはハゲ男のテンペスト。

武器を上手く切り替え、倍率ボーナスを維持している様はお見事なのですが、

アンカー姉さんことルビーで攻略しようとしている私の参考には、ちょっとなら無いなぁ。

 

とかなんとかしているうちに、またスコア抜かれたヨ。

むむぅ。

投稿者 Wut : 20:42 | コメント (2) | トラックバック

2008年1月11日

ナツメって懐かしい~ :Omega Five

オメガと言えば、私的にはオメガレッドなんですがハドソンがXbox360の

LiveアーケードでOmega FiveというSTGをようやくリリースしてくれました。

開発はナツメ。

昔…FC全盛期の頃にナツメの名前を何度か見た記憶がありますが、そのゲーム

タイトルまでは覚えていなかったり。

 

で、肝心のオメガファイブの方は、そこそこ難易度が高い割にはスコア稼ぎが

熱そうな横スクロールSTGという感じ。しかもライフ制。

なにしろ、プレイヤーのデータが表示される辺りに、スコアの倍率ゲージなんぞが

ある辺りが、「スコアを狙うと熱いんだゼ!」と訴えかけてくるようです。

 

操作はLiveアーケードでよくみるシューティングの操作系。

左スティックで移動。右スティックで倒した方向にショット。

Lトリガでボム。Rトリガは特殊攻撃。

LボタンかRボタンで、ライフを少し減らして緊急回避。(周囲弾消し)

誰かが「ロストワールドみたい」と言っていましたが、雰囲気的にはそんな感じ

かもしれません。

流行の弾幕物じゃないのは、良い感じ。

 

ゲームスタート時にキャラクターを選択できるのですが、最初に選択できるのは二人。

特殊兵装としてアンカーを持った女性と、如何にもパワーキャラっぽい禿げ男です。

キャラクターによって攻撃方法や特殊攻撃は違ったりもします。

通常ショットはA・B・Cと三種類ありアイテムを取って切り替える事が

出来るのですが……えーと…Bだけでいいんじゃネ?

特に現在仕える二人では、Cがどんな効果があるのは今ひとつ実感できません。

もっとハッキリ分かる違いが欲しかったなぁ。見た目だけじゃなくて。

 

チャレンジというスコアアタックモードはリプレイが保存できるようで、1位の

人のプレイをみているとスコア倍率が×30というオカシナ状況になっていました。

ボス戦などもスコア稼ぎに使っていますし、スコアアタッカー向けのゲームなのかも

しれません。

 

既にクリアした人もいるようですが、私はまだステージ2までなので、スコア関係も

少し頑張ってみようかなぁ…という塩梅。

 

一番残念な点は、オンラインマルチプレイが出来ないという事。

Xbox360のタイトルならば、マルチプレイはオンライン対応じゃろがー!

投稿者 Wut : 21:54 | コメント (0) | トラックバック

2008年1月 5日

シヴィライゼーションに手を出してしまう

何というか、まぁ、前から気にはなっていたシヴィライゼーション・シリーズなんですが、

今月3日に出かけたときに4のデラックスパックというのが売っておりまして、

本体と2つのエキスパンションがセットで14,000円くらいだったんですね。

で、何だか半ば正月気分で買ってしまいましたよ。

となりに、本体+ウォーロードのパッケージが7,800円ほどだったので、

じゃぁ、買うんだったらこっちだろう…と。

 

これが噂どおりの止め時の解らないゲームで、気が付けばチュートリアルも

含めて7時間ほど遊んでいました。

 

シヴィライゼーションの詳しい解説に関してはWikipediaの方に任せるとしまして、

大まかな概要は「文明を進歩させながら、幾つかある勝利条件のうちの1つを

達成する」ターン製のゲームです。

マップの方は、ある程度の条件を付けた自動生成。

必ずしも他国と戦争をする必要はなく、特定の条件を満たせば勝利となります。

ちなみに、私の初プレイは日本(指導者は徳川家康)で、ロケットを打ち上げて

勝ちました。

 

で、遊んでみたのですが、説明書をチラリとみたらチュートリアルがあるというので、

それを遊んでから本編へ。

難易度は下から2番目、選んだ文明は上記にも有るのですが日本で徳川家康です。

文明ごとにも特徴があり、志向と固有ユニット、初期に持っているテクノロジーに

差があります。

日本の特徴は攻撃志向と組織志向、ユニットは侍で、テクノロジは漁業と車輪です。

 

最初は開拓者な訳ですが、それが都市を作り、テクノロジーの研究に着手。

初めは陶器やら採掘やらと原始的なモノを研究したり、神秘主義や君主政治などと

いう思想もテクノロジーとして扱われます。

テクノロジーは選択肢を増やします。

採掘を学べば特定のポイントから特定の鉱物を得られる事が出来ますし、

そこから派生して青銅器が研究されれば、斧を使って森林やジャングルの

伐採、斧兵の生産が可能になります。

また、暦を得れば、大規模農場を作る事が可能になったり、特定のテクノロジーや

建物を建てることで、文明の発展をさせたり、他のジャンルの生産速度が

向上したりというメリットが生まれます。

建物の中でも特別なモノが「世界遺産」と位置づけられているモノで、これは

世界に1つしか作れず、これを作ると通常の建物では得られない大きな

メリットを得ることができたりします。

 

徳川さんが最初に作った都市は「京都」と名づけられました。

実際には自分で入力する事も可能なのですが、この方が親近感が沸きますし、

何より解りやすく、覚えやすいのでそのままに。

採掘を研究したり、戦士や兵舎を作ったりしているうちに、インドのガンジーやら

フランスのルイ14世、エジプトのハトシェプストの斥候がやってきて「相互通行条約」を

結ぶよう持ちかけてきました。

これを結んでおかないと、相手の領域に進入した際に開戦するか否かの判断を

迫らるのですが、まだ戦争する気はしないので、それを承諾しました。

 

とかなんとかやっていると、ガンジーが仏教を発見したというアナウンスが。

出来れば日本の国教にしたかったのですが、仕方が無いのでこちらも宗教関係の

研究に精を出し、多神教のテクノロジーからヒンズー教を発見。

とりあえず、国教に制定しました。

まぁ、最終的には「宗教の自由」制度へ改革し、国連を作って決議で他国にも

「宗教の自由」を認めさせたりしたのですが。

 

結局、生成された世界に存在する全ての文明と相互交通条約を結んでしまったので、

軍備は文明に属さない蛮族や、初期に登場する野生動物に対応する為と、

万が一の有事を想定して生産しましたが、基本的な外交は対話路線で勧めることに。

相手が「我が国の敵対国との取引をやめてもらおう!」と言ってくれば、断った後に

お金を渡してお引取りになってもらう方向で解決。

今に思えば日本政府と、そんなに変わらない外交をしてたなぁ。

ゲーム終了時まで、諸外国との戦争は起きませんでしたし、戦闘ユニットが

戦ったのは動物や蛮族相手にだけでした。

その割には、終盤でステスル爆撃機やら、機械化歩兵やら作っていましたが。

戦争はしませんでしたが、中盤ではスコットランドヤードを作ってスパイを

作ってみたりもしました。

相互通行条約を破棄したり、制度を押し付けようとしてきたりと、妙に剣呑な

ルイ14世の領内にスパイを送り込んでささやかな破壊活動をばチラホラと。

後で説明書を読んで知ったのですが、都市で建造中のモノも破壊工作で

台無しに出来るんだそうで。

それをやられると、痛そうだなぁ。

 

「世界遺産」の恩恵は、後のテクノロジーの台頭で陳腐化したりするのですが、

それでもその時は大きなアドバンテージになるので、真っ先に作ることを

目指したりします。

京都にアポロ神殿、アンコールワット、パルテノン神殿とロックンロールを作り、

大阪にエッフェル塔、ヴェルサイユ宮殿、クレムリン宮殿、国際連合を。

名古屋ではブロードウェイができ、薩摩に軌道エレベーターとハリウッドなど。

歴史と照らし合わせると、ありえない組み合わせだったりしますが、

作った者勝ちなので、こういうシチュエーションもあったりします。

 

歴史との齟齬(そご)が妙に面白いというのもありますが、ちょっとした達成感が

いくつもあり、コレを得るにはコレを研究して、という目標を明確に立てられるのが

面白いですね。

もっとゲームが分かって来れば、テクノロジーツリーなどとにらめっこしながら、

必要最小限のターンでクリア条件を目指したりもできるのかもしれません。

投稿者 Wut : 20:15 | コメント (0) | トラックバック

2008年1月 3日

ラインハルト ノーマル終了 :KUF COD

何とかラインハルトの難易度ノーマルをクリア。

外伝的な内容とは言え、ストーリーに関しては何が何だかサッパリでしたが。

 

メインストーリーのクエストのヒントも、ヒントになっていないようなモノでしたし。

「混沌の道のまがりくねった道で自信の源を見つけろ」なんてクエストが、

結局のところ最終エリアにあるボスへ行く門の上にある、「亀裂」という場所で

ボスを倒す必要と手に入るという不可解なクエストでした。

U字カーブの道ではあったけど、曲がりくねってはいなかったなぁ。

 

それにしても、アビリティのフレッシュスピアとエクスプロージョンフレッシュスピアが

各所で猛威を振るいました…というか、このアビリティが有ったからこそクリアできた

という感が否めません。

敵の集団がいるところで、フレッシュスピア。

亀裂のボス、キーサーが出たらフレッシュスピア。

最後のボス、エンカブロサも白いうちにフレッシュスピア。

普通に戦うよりも、あからさまに速度が違います。

それも今のうちだけなのかも、しれませんが。

ドロップ時の攻撃力が1000を越える武器とかが、高い難易度では手に入る

そうですし。

 

私の今一番の攻撃力はデュアルムゲンジンの104ですかねぇ。

オマケで欲望のスキルが3だか4だか付いていますが、それを消してから

使用SPを下げた後に、オレンジ色の薬と合成して攻撃力を上げていこうかと

画策しております。

個人的には太刀系の攻撃力が高いものを作りたいのですが、なかなか

出てくれない模様。

流石に運が730くらいあっても、その数値までには影響されないようです。

何はともあれ、強化には薬が必要なので、それを集めないと始まらない訳です。

 

とりあえず、気分転換にケンドールででも遊んでみようかしらララン。

その後で気が向けば、オンラインにでも。

投稿者 Wut : 02:19 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月31日

最後の選択 :NO MORE HEROES

NO MORE HEROESの難易度マイルド終了~。

なんていうか、色々と…須田ゲーだったなぁ…やっぱり。

ステキ。

それでも、他のゲームよりは…少なくともKiller7よりは…一般の方向を

向いているのかもしれません。

 

しかしまぁ…なんというか、最後の最後の選択が…

 

・街に戻る

・エンディングを見る

・本当のエンディングを見る

 

というのは、どうなのか?

いや、まぁ、「本当の~」じゃない方も見ましたけどね。

 

そして、新たな難易度「ビター」が登場。

ちょろっと遊んでみると、マイルドをクリアした状態を引き継げるようです。

うーん。どうするかなぁ。

ビターのカード・コレクションは、キャラクターの設定資料みたいですし。

 

1位ランカーとの掛け合いで「コードに引っかかるから言えない。」「早送りするから

大丈夫」というシーンがあったのですが、その早送りも、ニコニコ動画の方で何を

言っているのかチェックして一安心。

しかし、最後の最後で色々とややこしい事になったのう。

トラヴィス三部作を作るという話ですから、その辺もおいおい語られるのかもし

れませんが。

 

次が待ち遠しいなぁ。

投稿者 Wut : 17:41 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月29日

残るは1位ランカー :NO MORE HEROES

昨日から年末年始の休暇に入ったのですが、今日は午前中に用事を片付けて、

昼からベッタリとNO MORE HEROESを遊んでしましたよ。

 

トラヴィ~ス!

 

下品で馬鹿カッコイイだけのゲームかと思ったら、意外としんみりさせるシーン

などもあったりするんですよねぇ。

ホリー・サマーズ戦とか、スピード・バスター戦とか。ドクター・ピース戦なども、

男にゃしんみりとさせる話だったりしますよ。

殺し屋だって仕事が終われば、父親なんだゼ。

まぁ、それ以上のバカな雰囲気がゲーム全体を包んでいますけどね。

 

現在はビーム・カタナの椿Mk-III(約48万LB)を購入したら持ち金がスカンピンに

なったので、1位ランカーに挑戦するための金額55万LBを必死で貯めているところ

だったりします。

裏のバイトの中には、敵1体が10,000LBという破格のバイトもあるのですが、

内容の方が「ダメージを一度も貰わずに、時間内に全ての敵を倒してください」と

いうような非常に難易度の高いモノだったりするので、どちらかというと、

「狭い路地で、時間一杯ミナゴロシ!(意訳」というミッションの方が楽に

稼げたりします。腕は多少疲れますが。

何れにせよ、残り30万LBばかりを何とか調達しない事には、1位ランカーの

エントランスも現れませんし。


もう少し裏のバイトを頑張ってみよう。

 

これが終わったら、ナイツ辺りでも再開しましょうか。

然るべく…。

投稿者 Wut : 22:56 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月26日

ランク8位  :NO MORE HEROES

思い出したように、殺し屋ランキングに戻ってきましたよ。

KUF:CODももう少しでノーマルを攻略できそうなのですが、何というか

ソロプレイで頑張っていると同じ味付けの飯を食っているような感じで、

一息付きたくなるんですわ。

オンラインデビューはノーマルを越してから…と思っているもので。

合成に懲りだすとね…話が前に進まないんデスヨ…。

強い武器は、先に進んだ方が出るのだけどモー。

 

で、トラヴィス・タッチダウンの話ですが、前回の9位ランカーである悪徳警官を

倒してから20日くらい間が空きましたが…ようやく8位ランカーに挑戦ですよー。

お金は振り込んであるので、後は目的地へ直行。

 

8位ランカーの名はシノブ。

なんていうか……サンタデストロイのハイスクールでは、生徒が日本刀を

持っていても校則違反にはならないのかしら…?

マップ画面の移動中にバイクで人をはね(そうになっ)たり、街路樹や街頭を端から

なぎ倒したりしても警察が出てこないところをみると、この街は風紀に関して

諦めきっているか、そうでなければ病的におおらかなのに違いない。

 

ハイスクールの中で襲ってくる連中も、消防で使う斧みたいやのやら、鉄パイプ

みたいなのを手に襲ってくるかと思えば、挙句の果てに先に火の付いた棒で

襲ってくる始末。

体に火がついたら、最寄の消火器を頭からかぶって消火しないと、時間に

応じてスリップダメージを貰うと言う素敵加減。

素敵な学校過ぎて、涙がでらぁ。

 

そして、シノブとの対決になりますが、これが結構強いというか、ガード不能攻撃を

幾つか持っていたりするんですよ。

何か飛ばして着たりしますし。

良い勝負をしてるなぁ…と思ったら、ダッシュ距離のやや長いガード不能技を貰い、

乱舞を見せられてゲームオーバーというパターンが数回。

連続飛び道具に反応しきれずにゲームオーバーが数回。

ウッカリ普通に斬られてゲームオ…まぁ、結構な回数死んだ訳ですよ。

その度に、正面での防御せずに~とか、柱の影で~とかいうのを、それまで

ただの設定でしかないと思っていたアニメの3人娘にアドバイスをされるとは…。

 

何とか倒してランク8位になりましたが、先が思いやられます。

とりあえず、次の相手はデストロイマンらしいですが。

TGS2007の試遊台以来の対決ですのう。

あの時は惜しくも煮え湯を飲まされましたが、今回はそうはいきません。

デストローイビィィィィム!を光線白刃取りで返してやるゼ!(無理

投稿者 Wut : 13:36 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月22日

誘眠 :KUF COD

マツトーヤー!

マトーヤー!

サッサカサ サッサカサ トクレセンタボービ サッサカサ

 

えーと、なんだっけ?

 

そうそう、Kingdom Under Fire: Circle of Doomをプレイしていると、緊張感が

薄い上にゲームとして割と淡白なので、眠くなってくる事がしばしば…。

BGMも割と単調なので、それが余計に眠さを誘うのかも…。

 

そこで1つの眠気対策として、PCの音楽ファイルの中から東方プロジェクトの

アルバムから何かしらの曲を引っぱってきて再生。

あら、意外に合うんじゃないの?

この際だから、Xbox360の方にDRACULA BATTLEと同IIを放り込んで、

BGM代わりにながしてやろうかしら。

今使っているキャラは、ちょうどバンパイアだし。

 

それにしても、ゲームは(誉める程ではないモノの)悪いゲームではないのに、

色々と細部というか詰めが甘いのが気になるかなぁ。

開発は違うのだけど、販売元が同じファンタグラムのN3もインターフェイス関係の

詰めが甘かったし。

もう少し頑張って欲しいところやねぇ。

 

とりあえず、ラインハルト君はLv41になりました。

が、まだ先は長そうです。

ノーマルモードが終わるのは何時になるやら。

投稿者 Wut : 22:46 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月20日

アビリティ マジックショット : KUF COD

ちまちまと勧めているKingdom Under Fire: Circle of Doomですが、

最近はちょっと色気をだして、アビリティの取得などを頑張っていたりします。

 

少し前に覚えたのはマジックショット。

これはボタンを押す長さに合わせてSPが多く消費され、SPの消費量に応じた数の

光弾を敵に飛ばすというモノ。

イメージとしてはアーケード版D&Dのマジックミサイルや、ROのソウルストライクの

ような感じ…と書けば伝わる人には伝わるハズ。

私のSP量では今のところ4発までしか飛ばせない模様。

 

SPを1点上げるのに属性ポイントが22点必要なので、上げるのが結構大変です。

ちなみにHPは3点で、運は6点で1上がります。

 

次に覚える予定なのは、フレッシュスピアとチェインライトニング。

フレッシュスピアは何とかなるとして、チェインライトニングの習得には

レアライトニングナイトとレアアイアンゴーレムをそれぞれ5体倒す必要があったり

します。

拾ってきた情報によると、レア~な敵は難易度ハードの方が出やすいらしいと

いうのですが……稀にノーマルでもレアをみるのですが、本当にレアなケースですわ。

 

ちなみに現在覚えているアビリティは…

 

●初級 ・リープ ・ヒール ・ポイズンニードル ・マジックショット

●中級 ・バンパイアバッド

 

アビリティを頻繁に使うようになると、白ポーションを結構使うようになりますねぇ。

多少、倉庫にストックしておこうかしら。

投稿者 Wut : 21:36 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月17日

Xbox360 DEMOs Bioshock & TIME SHIFT

Xbox360でBioshockの日本語版が出ることはアナウンスで知っているのですが、

「日本でも体験版が解禁!」とか書かれて体験版が配信されていたので、

どう訳されているのか気になって落としてみたんですよ。

1GBちょっとのヤツを。

 

英語DEMOジャネーカァァァ!

 

ちゃんと吹き替えしてあるのかと思ったのに…。

Bioshockは面白いゲームなのですが、私がプレイしたのはアジア版なので

音声や文字が英語だったんですね。それで、ストーリーが大まかにしか

分からなかったので、日本語版を買うか買わないかの判断材料に…と思った

訳ですよ。

ローカライズされていても、雰囲気を台無しにするような有様ならばスルーしますし、

そうでないから「濃密な」と冠されるストーリーを改めて追ってみたいなぁ…と

思うわけです。

 

Bioshock 日本語版の発売は2008年2月21日。

アジア版をクリアしているだけに…悩むなぁ。

世界とか雰囲気が良い感じなんですよねー。グロテスクな面もありますが。

 

そして、もう1つ。

名前は知っていたけど内容を知らなかったTIME SHIFT。

こちらも英語デモでしたが、なかなか面白い感じです。

主人公は時間を操る能力があり、能力に応じてゲージを消費しながら、

まるでビデオのように時間の経過を遅くしたり、停止させたり、巻き戻したり

しながら、エリアを攻略してゆくゲームのようです。

 

海外版は今年の10月に既に発売されているようですが……日本語版は?

ちょっと調べてみましたが、アナウンスはおろか噂さえも無い模様。

むぅ。また海外版を買うしかないのか!?

今は流石に買えませんが…。

投稿者 Wut : 21:28 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月16日

ごめんなさーい : KUF:COD

「今月はもうNiGHTSだけ」みたいな事を書いておきながら、

Kingdom Under Fire: Circle of Doomを買ってしまいましたよ。

 

いやぁ、色々と話を聞いたりしていると、興味が出てきたモンだから……。

 

一言で言うと、無双っぽいディアブロという感じかしら。

エリアを進んで敵を倒し、レベルを上げ、お金とアイテムを集め…の繰り返し。

キャラクターには名前が付いていて、それぞれのストーリーがあるようなのですが、

ストーリー重視という感じでも無い模様。

 

ステータスは基本的にHP、SP、運の3つで、攻撃力などは武器に依存する形の

ように見受けられます。(もしかすると、レベルなども絡んでくるのかもしれませんが)

防御力というのは基本的に無く、防具や装飾品を装備するとHPが増加するという、

シンプルなゲームデザインになっています。

 

ユニークなのはSPというモノの扱いで、これは攻撃をしたりアビリティ(技みたいな

モノ)を使ったりすると消費されるのですが、装備やアビリティを身に着けたり

するのにも必要になってきます。

武具やアビリティには使用する際の消費量と共に、回復量も設定されており、

回復量が大きければ、武器による連続攻撃も可能になります。

逆に消費量に回復量が追いつかなければ、手数を抑えられてしまいます。

強い武器は必然的に消費SPが高くなっているので、SPゲージそのものが高くないと

武器の強さも思う存分に発揮できなかったりします。

 

アクションRPGというカテゴリに別けられているものの、良くも悪くも韓国らしい

ゲームで、HP回復の赤ポーションやSP回復の白ポーションが割りと拾えるので、

ポーションをガブ飲みしながら進めたりも出来る模様。

運のステータスにもよるのかしら?

 

アイテムは合成出来るようで、合成すれば一概に数値があがるという訳でも

無い様子。合成する2つのモノの能力の間を取った数値に近づくようです。

武具などにはスキルという特性が付いた物もあり、それは合成する事でその数値を

上げたり、別の武具に添付したりできるので、最終的には合成もお金と相談に

なるのですが、色々と合成を試してみるのも面白そうです。

 

ゲームとしては割りと淡白な作りかもしれませんが、タメ攻撃やら、アビリティやら

を絡めつつ、レベルアップとアイテムの取得、合成がちょっと楽しい感じがします。

レベルアップの間隔は一桁の頃だと結構な速度で上がるので、他のゲームに

比べるとレベルの上がりやすいゲームなんだと思われます。解除の中に「レベルを

120にせよ」というモノがあったりしますし。

醍醐味はエリアに潜ってのアイテム集めと、その合成だと思われるので、

多くの人に受けるとは思わないモノの、そういう昔っぽいスタイルのゲームが

好きな人には楽しめるかもしれません。

ストーリーなんてオマケです。偉ゲフンゲフン…。

 

オンラインはまだプレイしていないのですが、プライベート設定だと3人以上の

ボイスチャットに不具合がある模様。

ただ、ボスにたどりつくまでにエリアを2~3抜けないといけないので、行動次第では

時間がそれなりにかかるかもしれません。

敵を全滅させるか、一気にボスを目指すかは要相談なのかも。

話を聞く限りでは、ダレて途中退場とかもあるらしいですし。

気になるのは、アイテムとか渡せたりするのかしら?ソロだとXボタンで破棄されて

いたのだけれど…。

 

そうそうキャラクターはバンパイアで和風武器を使う、何だかBLADEみたいな

ラインハルトをとりあえず使用中。

折角だからラインハルトのサングラスというのもかけてみているのですが、

プレイ中には分かりませんね…。

 

例によって参考動画でも。

 

Kingdom Under Fire:COD 1/3

 

Kingdom Under Fire:COD 2/3

 

Kingdom Under Fire:COD 3/3

投稿者 Wut : 14:24 | コメント (2) | トラックバック

2007年12月14日

長く飛びたいんだよぅ :NiGHTS

とりあえず、件の救出ミッションは多少の犠牲には眼を瞑って、可能な限り

多くを助けたら、時間切れと共にクリアできました。

 

でも、評価はD。

ゴフッ

 

続いて河を下りながらピアンを助けると、次のミッションでは最初のミッションで

倒したボスとご対面。

前回よりさらに上層を目指すべく四苦八苦しながらボスを飛ばしていたら、

時間がなくなりNight Overに。

というのが、現在地点。

 

確かに面白い事は面白いし、ギミックも豊富、見せ方も多角的だし、BGMに

至ってはステキ過ぎとしか良い様がないんですが、前作のようにグルグル

回ってパレスを解除みたいなステージが、1つのナイトピアに1ミッションしか

ないのかしら?と想像すると、ちょっと不安になってきます。

 

先に進めば、その答えも分かるんですけどね。

うーん。前作への想いが強いのか、遊ぶと楽しさと同時に不安まで

湧き上がってしまい、区切りの良いところで手が止まってしまうんですよね。

GAME Watchのレビューなどを見ると、躊躇せずに先に進めば、それが晴れそうな

気もするのですが、何だか心の中にもやもやと溜まってしまいます。

 

前作は最後のステージで、プレイヤーに”信じる事と勇気”を問いかけたのですが、

今作は今この時点で、私にそれを問いかけているのかしら…?

むー、こんな事で足踏みをするなんて、自分らしくないなぁ。

投稿者 Wut : 12:51 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月13日

思いを整理しようとしたら回想に :NiGHTS

サターン版のナイツは良くも悪くも、難易度が低いゲームでした。

ランクをSにするだけならば、少々やり込めば全てSに出来る難易度です。

全てのランクがSになる頃には、ナイトピアンの増やし方も何となく理解できて

いるので、限界までナイトピアンを増やすことも容易でした。

 

そう考えると、サターン版NiGHTSの魅力というのは、想いのままに彼の世界を

飛び回る事が出来る…というのが、最大の魅力だったのではないでしょうか。

 

サターン版は極端な話、コース上のブルーチップを回収し、イデアパレスに

一定数収めた際のリンクの数、コース周回の数によってスコアが決まる

というゲームでしたし。

 

ゲームの取っ付き難さはあったものの、内容に気付くことが出来れば、

出来の良さを痛感するソフトでありました。

そう考えると、やはりサターン版は偉大だったなぁ…と思えてきます。

 

そんなサターン版の移植が2月21日にPS2で発売されるのですが、

こちらもどうなるのか……。

投稿者 Wut : 14:45 | コメント (0) | トラックバック

むーん…惜しい :NiGHTS

押井守です。

いやいや、そうじゃなくて。

 

ちょっとばかりの期待と不安が同居した心中でNiGHTS ~星降る夜の物語~

買ってきたのですが……なんていうか…その…不安だった程ではないものの、

期待していた程でもなく……嗚呼、ナイツだねぇ、何て思いながら、不満も一杯

というか……サターン版を遊んで無い人には、そんなに気にならないとは

思うんですけど、サターン版を楽しめた人であればある程、複雑な気持ちに

なってしまうかも……。

 

一言でいうと…一言で言えないかなぁ…沢山の爽快感と共に、沢山の不満も

詰め込みました…という感じ。少なくとも私には、そう思えました。

 

まず、イベントシーンがあるのですが、そこでキャラクターが沢山喋るんですね。

ナイツも男の子も、そして新たに登場した案内役のフクロウも。

操作説明をキャラクターにさせたり、会話をさせたり。ナイツという世界観…夢で

ある以上、もっと会話でなく、雰囲気やイメージでその場を説明するべきでは

ないのかなぁ…と思ったりするんですね。サターン版ではそれが出来ていた訳ですし。

説明が必要であれば、1~2行の説明文で簡潔に済ます事が出来るハズです。

 

そして、イベントシーンをスキップ出来ないのも個人的にはネック。

リトライをする場合は関係ないのですが、途中で一旦やめたりすると再び

最初からイベントシーンを見なければなりません。

 

懸念していたコントロールに関しては3種の方法から選べるようで、1つが

Wiiリモコン1つだけでの操作方法、2つ目ははヌンチャク・スタイル、3つ目は

いわゆる従来型のクラシック・コントローラーやGCコントローラーを使った方法です。

 

最初はヌンチャク・スタイルでプレイ。

これはヌンチャクのスティックで移動、A或いはBやZでドリルダッシュ、リモコンを

ひねることでアクロバット飛行というモノ。

これがなかなか操作がままならなかったのですが、その理由の1つとして

思い当たるのは、ヌンチャクのスティックの周囲が八角形であるという事なんじゃ

ないだろうか…と。

スティックの突き出している穴が八角形に切ってある為に、それぞれの方向で

スティックが引っかかり、微妙なスティック入力の妨げになった印象がありました。

これが円状であれば、スムーズだったのかもしれません。

それ以外は良好な印象です。

 

それならば…と次に使ったのはGC用コントローラー。

これもスティックの周囲は八角形に切ってあるのですが、結構使い込んでいる為か

角が緩やかになっているんですね。新品は手元にないので、確認が取れませんが。

そうさは左スティックで移動、右スティックでカメラ操作、Aでドリルダッシュ、

LRでアクロバットになります。LRが押し込みの深いアナログボタンなので、それが

少しきになる感じでしょうか。

 

最後にWiiリモコン1本での操作なんですが、これは画面にポインタが表示され、

Aボタンを押しっぱなしにする事で、その方向にナイツが飛ぶというもの。

ポインタはナイツから離れすぎると赤い光で警告してくれるので、それほど離れない

位置をポイントしてやると、思いの他スムーズに動いてくれました。

Bでドリルダッシュ。リモコンをひねる事で、アクロバットになります。

通常の移動はすこぶるスムーズなのですが、円を描く際にちょっと慣れないと

小さな円を描きにくいかなぁ…という印象がありました。

私が不器用なだけかもしれませんが。

 

ステージ構成の方はサータン版と比べると難しくなった印象。

全体的にキャラクターを大きく見せているので、動ける画面や方向を

把握しにくいというのが、あるのかもしれません。

その代わりというのも何ですか、特殊な視点での爽快な場面もありました。

背後視点でトンネルの中を飛ぶ場面や、ロープに設けられたフックを掴み

一気に滑り降りる場面は、爽快で楽しくなってきます。

 

また、サターン版と違いタイムがなくなると男の子や女の子に戻る事もなく、

Night Overになります。

 

途中、従来のナイツではなかった特定の条件を満たすミッションがあったりしますが、

これはミッションの内容により一長一短かもしれません。

オクトポーというリングを出しながら飛ぶ生き物をおって、いくつリングをリンクできるか

挑戦してみるというステージは、ナイツらしくて非常に面白かったのですが、

空に現れた黒い渦に吸い込まれるナイトピアンを、パラループを描いて助け出すという

ミッションではクリアの条件もミッション失敗の条件も良く分からないうちに

Night Overになってしまいます。

 

失敗の理由はナイトピアンが連れ去られるという事なんでしょうが、どの位置まで

ならば助けられるか、何体までさらわれても大丈夫なのか、という条件が

曖昧なので(もしかすると、それすらも条件ではないのかもしれませんが)、

失敗した理由が釈然としないために、繰り返し挑戦しているとムカッ腹が

立ってきました。

その為、現在はそのミッションで停滞中。

 

ALIVEシステムの方は、ソニック・アドベンチャータイプになっています。

別にピアンの部屋が設けられ、夢の世界で飛び回っているうちに、徐々に

変化していくそうですが、その部屋でピアンに色々とちょっかいをだしていても、

卵が現れたりするようです。

まだ、ハッキリ分からない部分なだけに、未知数です。

ソニック・アドベンチャーのALIVEの完成度を、超えられると良いのですが。

 

まぁ、そんな感じで面白い部分もあるのですが、私としては人に勧められない、

或いは勧め難い作品になってしまった印象を2時間ほどのプレイで感じました。

つまらなくはないのだけど……惜しいんですよね。色々と。

動いている画面を見ている分には、楽しいんですけどネー。

投稿者 Wut : 14:05 | コメント (2) | トラックバック

2007年12月11日

第一部終了 :アサシンクリード

とりあえず、旗とかテンプル騎士などを除いて、全ての記憶を解除しました。

旗や騎士の位置は、リファレンスの載っているのですが、どの位置のモノを

取った(倒した)のか覚えていないため、結局はしらみつぶしの確認作業と

なるので、半永久的に放置プレイになるハズ。

 

マシャフの旗は、あと1つなんだけどなぁ。

 

最後の敵は、何となく予想が付いていたので驚きはしませんでしたが、その

秘宝である”エデンの果実”の能力と、他にも存在するアーティファクトの

説明の中に”時間を操るモノ”が存在するという、突拍子も無いテキストが

あったので、どこまで風呂敷を広げるつもりなのか検討が付きません。

 

話によると、今作は3部作の第一部なのだそうで、うすらボンヤリと残っている

謎に関しても、今後の作品で明らかになるのかもしれません。

ゲームとしては面白く、遺伝子記憶の中の話は「とりあえず」切り良く終わって

いるので(気になる部分が無い訳ではありませんが)スッキリしたのですが、

現実に戻ってから新たな謎を提示されてしまったので、スッキリしない気分に

逆戻り。

 

次回作は待つともなく待っていますが、来年中ってのは難しいのかしらねぇ?

 

#それにしても、画面の情報量が多くて眼が疲れるゲームだったなぁ。

投稿者 Wut : 22:22 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月 9日

任務に戻る :アサシンクリード

買ってきたゲームの感想を荒々と書いたので、先に終わりそうな

アサシンクリードを再開。

 

ダマスカスのフリーミッションが全て終わったらしく「ダマスカスの守護神」の

実績が解除されました。

こういう実績の解除によるスコアが、Xbox360のゲームの嬉しいところですよね。

実績解除のアナウンスが出るたびに、ゲームを遊んでるなぁ……という気に

させてくれます。

そうでなければ、多少抜けたところがあっても、ゲームのクリアに差支えが

なければ無視してしまいそうです。

 

そして、ダマスカスの神学者ジュバイルを始末。

残るはアッカのチュートン騎士団総長シブラントと、テンプル騎士団のロベールだけ

になりました。とりあえず、人を暗殺するだけならば、明日中にでも終わりそうな

気がします。

 

旗の関係はマシャフの「アサシン教団旗」が20中19と、残り1つになりました。

残る1つは……どこやねん。

後、テンプル騎士60人の居場所も、日本語版初回特典のリファレンスガイドに

全員の位置が書かれているらしいので、場所を確認しながらサックリと実績を

解除しようかしら。

 

それにしても……このゲームも3部作らしいので、今作で残った謎とかは、

2作目以降に持ち越されるのかしらねぇ?

投稿者 Wut : 19:41 | コメント (2) | トラックバック

2007年12月 8日

哈哈 Vii 威力棒? 哈哈

もうね、何ていうか、その発想と努力をもっと良い方向に使えば、かの国も

より良い国になるだろうにねぇ。(笑

 

これを見た瞬間、腹立たしいとかよりも、呆れたを通り越して微笑ましく

なってしまいましたよ。

てーか、凄いね、本当に。(笑

 

翻訳された方に多謝。

 

投稿者 Wut : 13:39 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月 7日

明日のために その1 アルバイト :NO MORE HEROES

殺し屋家業も楽じゃない。

まぁ、ハナッから楽だとは思っちゃいないが、まさかランキングに参加するのに、

登録料が必要になるとは……。

 

NO MORE HEROES

それは、主人公トラヴィス・タッチダウンが止まっているモーテルの名前。

あー、いや、そんな事よりも、一人目のランカー「デスメタル」を首尾よく倒した

までは良かったものの、次のランカーと戦うには登録料が必要だと言われましたよ。

 

手持ちのお金では足りないようだったので、シルヴィアに裏の仕事の斡旋所を

紹介されたのは良かったのですが、そこの受付嬢が「ワンランク上の方にしか、

仕事は紹介しない」とかいうので、更に「職業不安定所」を紹介されました。

不安定所て……。

 

職業不安定所で紹介される仕事は、いわゆるアルバイト。

ココナッツを拾い集めたり、芝刈りをしたりというのが仕事の内容なのですが、

それをこなすとお金が入ると共に、斡旋所に仕事を登録してくれる仕組みに

なっています。

なんというか、ミニゲームっぽいんですよね。このアルバイト。

そして、やる内容が内容だけに、妙に生活臭が漂ってくるので、果たして

トラヴィスは本当に殺し屋なのか?と首を傾げたくなってきたりします。

 

斡旋所の仕事は、ランカーこそ出ないものの、敵を倒すというモノ。

制限時間内に全滅させるモノや、ターゲットを始末するもの、プロレス技だけで

倒せというものまであって、割とバリエーションがある模様。

 

お金が貯まればその旨のアナウンスが流れるのでATM(Automated Teller Machine

の略称であり、日本語で言うと現金自動預け払い機。対戦車ミサイル - Anti Tank

Missaile - の事ではないので一安心)でお金を振り込めば、家に電話がかかって

きて、次のターゲットの居場所を教えてくれます。

 

次の相手はDr.ピース。

職業は悪徳警官。

対決の場所は、デストロイ・スタジアム。

 

中に入ると、さっそくフーリガンがお出迎え。

基本、一本の通路を進むような感じなので、道に迷うことはありません。

ただ、敵の頭数が多いところもあるので、ちょっと位置取りなどを気にしないと、

切っている最中に後ろから蹴飛ばされたりというのも有ったり無かったり。

 

途中、WiiSportsのベースボールのようなシーンがありまして、通路に何人も

整列しているのですが、その先頭がボールを投げてくるんですね。

それを打ち返すと、打ち返す際のリモコンの振りの強さによって、打ち返した

ボールが敵を倒してくれると言う、何ともオバカなバッティングゲームシーンが

ありました。

 

そうそう、今になって気付いたのですが、上段だけ斬っていると4Hitくらいで

止まるコンボなのですが、途中で下段も混ぜたり、また上段に戻したりすると、

4Hit以上にコンボが繋がるようです。

うーん。カッコイイ。

 

そうこうしているうちに、Dr.ピースとご対面。

スタジアムの真ん中で良い声で歌い上げるDr.ピースを待った後、妙にしんみりと

した話になり、その後決闘に。

相手は拳銃を使ってきますが、通常の弾であればZ注目のガードで防ぐことが

出来ます。(バッテリーは眼に見えて減りますが)

曲撃ちの弾幕が止んだあとが反撃チャンス。

ビームカタナで滅多切り!

 

時折、体が光って溜め撃ちをしてくるのですが、これがガード不能な上に非常に痛い。

ガードが出来ないなら、どうするか。回避するにも弾が早い。

うーん…走って避ける。それだ!

走って避けると、意外に当たらないモンでした。避けた後は、Dr.ピースに寄って

斬り付けるのを繰り返し。

そして、ランキング9位になりました。イエー。

 

うーん。何ていうか、やっぱりグラスホッパーのゲームですね。

一言で言うなら、大人に向けた良質のバカゲー。

私は楽しいのですが、遊んでいて「好き嫌いがハッキリ分かれそうだなぁ」という

部分がチラホラ見受けられます。

演出などは、コレまでに無いCoolなモノを見せてくれるのですが、ゲームの持つ

独特のクセや雰囲気に馴染めない人には楽しめない可能性があります。

須田氏のゲームはシルバー事件を除いて、どれも賛否両論真っ二つだったりします。

今回も、そんな感じのゲームの様に感じられました。

Killer7を楽しめた人ならば、楽しめると思います。アレがダメだった人は、今回も

ダメな可能性が……。

投稿者 Wut : 14:17 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月 6日

Strawberry on the Shortcake! :NO MORE HEROES

NO MORE HEROES勇者のくせになまいきだ。を買ってきましたよ~。

 

…分かってます、みなまで言うな。

ゲームを買い過ぎている事は自覚しています。

でも、ホラ。今月の残りの予定はNiGHTSだけですし。

 

年末年始は”ダメな意味で”忙しくなりそうだなぁ。

 

とりあえず、こういうのは即時性が大切なので、まずNO MORE HEROESを

遊んでみましたよ。

最初のボスを倒すまでなので、まだ本質は掴んでないのですが、なかなか

バカで爽快なゲームです。

今のところ、余り頭を使わなくても楽しめる感じが、良い方向に働いているように

思えます。

 

操作も簡単で、従来のゲームを楽しんでいる人には、更に分かりやすいかも

しれません。

斬りがA、パンチがB、注目はZ、移動はヌンチャクのスティックで、回避が十字キー。

これだけを書くと、Wiiじゃなくても出せるゲームに思えてきますよね。

Wiiらしい操作は決め技などで使われるんですよ。

 

ビーム刀の構えの切り替えは、Wiiリモコンを立てて上段、寝かせて下段。

相手のガードに応じて、構えを変える事が可能です。

これはパンチにも当てはまっていて、相手のガードにあわせてパンチを決めると、

相手が気絶状態になります。

最後のトドメ斬りをする際に、画面に指示される方向にWiiリモコンを振る。

パンチで相手の防御を崩し、気絶した所を再度B。すると画面にヌンチャクと

Wiiリモコンを振る方向が指示されるので、それぞれの方向に同時に振ると、

スープレックス!

相手と鍔迫り合いになったら、Wiiリモコンをぐるぐる回して競り勝とう。勝ったら、

指示された方向にリモコンを振ってトドメ!

ビームカタナはバッテリーの残量で威力が変わります。①を押してWiiリモコンを

振れば、バッテリーがチャージ!

 

という塩梅。

ちなみに、時折かかってくるシルヴィアからの電話は、テレビ画面からではなく、

リモコンから声が聞こえてきます。音声は携帯電話のようにリモコンを耳にあて

聞きましょう。日本語字幕は画面に出ます。

 

気になるのは、ちょっと狭い通路(階段)などで、稀にキャラクターが引っかかる様な

感じがある事くらいでしょうか。今のところは。

ずっとアクションステージだけで進むという訳ではないようなので、更に遊びながら

感想を上げていこうかと思います。

 

ある程度、ゲームを知ったらアサシンクリードに戻らないとなぁ。

戻れずに、先に終わらせてしまう可能性もあるかもしれませんが。

 

本当は、もっと遊んでから感想を書きたかったのですが、動画を撮ったりYoutubeに

上げたり、うっかり寝てしまったりでモータイヘン。

Youtubeの動画も貼っておきますので、ゲームの雰囲気を掴めれば幸いです。

 

NO MORE HEROES 1/5

 

 

NO MORE HEROES 2/5

 

 

NO MORE HEROES 3/5

 

 

NO MORE HEROES 4/5

 

 

NO MORE HEROES 5/5

 

 

#それにしてもYoutubeのアップロード速度反映も、早くなったモンですねぇ。

投稿者 Wut : 21:28 | コメント (0) | トラックバック

2007年12月 3日

己の規制を解いたら楽しく :アサシンクリード

投げナイフの装備を得てから、非情にスマートな殺戮が出来るようになりました。

ナイフは5つしかもてないので、一度に5人までの兵士しかサックリ始末

できないのですが、それでも市民救出の際には市民に絡んでいる兵士を

手早く一方的に一掃できる可能性が産まれたので、周囲を巡回していた兵士に

見つからなければ、非情に手早く市民救出が出来ます。

 

たまに間違って、救出すべき市民に当てちゃうのは、ご愛嬌。

大丈夫。兵士はナイフ一本で死ぬけど、市民は死にませんから。

ちなみに暗殺対象やテンプル騎士なども、投げナイフ一本ではしななかったような。

 

現在、ゲームの進行はダマスカス、アッカ、エルサレムで一人ずつ始末した後に、

再度ダマスカスへ行き、とある富豪を始末。現在は、アッカに舞い戻り暗殺の

為の情報を探しています。

正確には、暗殺の為の条件は調ったのですが、残っているビューポイント、

助けていない市民がいるので、そちらを処理しています。

 

既に隠密行動というのは半ば無視し、警戒状態でも安全なラインまで走ったり、

登ったりできる基準が自分の中に出来ました。

更に、高所に居る兵士は、警告したしばらく後に攻撃してくるので、先手を取って

ナイフを投げて始末するか、チャンバラなり投げ飛ばすなりして突き落とすか、

こっちを見ていない隙を見計らって、アサシンブレードで眠ってもらっています。

 

もうね、細かな事を言っていられませんよ。

イベントでは「3分以内に全ての旗を持って帰って来い」というのがあって、

人目に付こうが何しようが、特定のライン上に散っている旗を制限時間内に

取って帰ってこなければならないのですから。

これはこれで、ヤマカシの様で面白いので良いのですが、露天の屋根などを

飛び回るたびに「何をしているんだ、あれは」とか、「あれで怪我をしても、

自業自得じゃ」などと言われるので、かなり目立っている様子。

 

あと、多勢(10人以上)の兵士を相手に戦闘をするのが、なかなか面白かったり

するんですね。

某無双ゲームのようにバッサリバッサリやる訳ではなく、日本の時代劇の

ような感じの立ち回りに近い印象があるのですが、コンボキル、投げ崩し、受け流し、

カウンター、投げ回避、回避、投げからのアサシンブレードという様々な選択を

多勢相手にしている時が熱いんですね。

基本は受け流しで大体の攻撃は防御できるのですが、たまに掴んで投げられたり、

モーションの遅い強攻撃でカウンターのタイミングをずらされたりするので、

気が抜けません。

ただ、残り1~2人になると、兵士が敵前逃亡をして戦闘終了に。

 

むぅ。実績の10分戦えとか、25人と戦えっていうのは、案外難しいのかしらねぇ。

投稿者 Wut : 14:25 | コメント (0) | トラックバック

2007年11月30日

面白いのだけど、変化が薄いかしら :アサシンクリード

誰だ 誰だ 誰だ~

屋根の狭間に 踊る影~

白いつ~ばさ~の~ ガッチャマーン

 

白いけど、ガッチャマン違うし。

 

そんな感じで屋根から屋根へ、梁から梁へと飛び回るアサシンクリードですが、

ゲームの方はダマスカスとアッカでの任務を終了し、次の任地であるエルサレムに

到着しました。

 

任務を2つほどこなして思ったのですが、ゲームの流れとしてはそんな変化が

無いんですよね。

マップでビューポイントを確認し、そこへ登ってタカの眼でリンク。

更新されたマップで街のイベントを確認し、市民を助けたり、盗聴したり、スリをしたり。

1つのビューポイントで見渡せる範囲が決まっているので、同じエリアにある他の

ポイントを確認し、そちらへ登って……という事を7~9回ほどくりかえして情報を

集め、アサシン教団の支部へ出向いて挨拶し、羽根を貰うとターゲットのマーカーが

登場。集めた情報に基づいてターゲットに近づき、一戦やらかし仕留めた後に逃亡。

危険度のインジケーターが安全な状況で、また支部へ戻って報告というのが

大まかな2つの街での流れでした。

 

何というか全体的に淡々としているんですよね。

今のところ、戦闘も難しく無いので、メリハリに欠けた印象があるのです。

旗を見つけたら取りに走ってしまうというのも、原因の1つなのかもしれませんが、

ちょっと任務を与えられてから任務遂行までの間が、間延びした印象を受けました。

 

建物を飛ぶように移動していると面白いんですけど、間が悪いと敵だと認識されて

追いかけられますからねぇ。

 

後、戦いの際に「天誅」の様にスマートに解決できないのも、個人的には

フラストレーションの元になっているかもしれません。

なんというか、アサシンという割には誰にも気付かれずに倒せる状況が少なく、

戦闘も無闇にするモノではないので、「見付かりそうだから殺しておく」というような

行動は「掟に反する」ような気がして、出来ないんですよね。

唯一、能動的に殺しても大丈夫と私なりに認知しているのは、60人というカウンターが

設けられている、ところどころに一人で居るテンプル騎士団。

これは背後から近寄れば、気付かれずにアサシンブレードでスマートに済ます事が

出来るので好きです。

正面から近寄ると相手が襲ってくるので、逆に面倒な一面もあったり。

まぁ、実績などの内訳をみると、そこまで気にしなくても良いのかもしれません。

フラストレーションが溜まってきたら、実績解除とかいう名目で暴れようかしら。

 

とりあえずは、エルサレムの任務をこなすとしますかねぇ。

 

#旗は見かけたら取る程度にしよう。探していると、時間ばかり食ってしまう…。

投稿者 Wut : 20:56 | コメント (0) | トラックバック

2007年11月29日

やぁ、みんな!元気に暗殺してるかなー! :アサシンクリード

白いローブがいやが上にも目立つアルタイルさんが主人公のアサシンクリード

購入してまいりましたよ。

うーん、なんというか、スニーキングアクションの新しいスタイルという感じですかね?

 

操作関係は、なんだかN64以降のゼルダの伝説の様な感じかしら。

ただジャンプというボタンは無くて、RトリガーとAボタンを押しながら、Lスティックを

操作するだけで、段差があれば上に乗ったり、壁に取っ掛かりがあればよじ登り、

飛び越えられる隙間は飛び越え、それが細い足場でも方向さえ合っていれば、

軽やかに移動できたりします。

ただ、それ以外にも移動に関した操作は多く、ゆっくりと移動する「祈り」や、

そっと人を掻き分ける「人を押す」という、兵士に注目されない為の移動方法が

あります。

また、Rトリガーでステルス状態とアクティブ状態を切り替えると、それに応じて

ボタンの役割も変わったりするので、プレイのし始めは少し戸惑うかもしれません。

 

このゲームの面白さのひとつであるアスレチック要素があるのですが、

その様子が良く分かる動画がStage6に上げられていたのでご紹介。

結構重い動画なので、再生されるまで暫くは別の事をしているのが良いかも

しれません。

 

Assassins Creed Gameplay 01

 

さて、現在、私は最初の暗殺任務を任されてダマスカスへ移動したのですが、

その移動も馬なり徒歩なりでの移動となります。オブリビオンの様に知っている

場所へ、一足飛びでは移動できない様子。

また、移動中は兵士が居るところでは、危険度のインジケーターが赤く光るので、

注意を惹かないように移動しないと、「アサシンめ!」と言われて戦闘になります。

戦闘は殲滅させても、逃げ出しても良いのですが、逃げる際は藁の山などに

潜り込んでキッチリ隠れないと、何時までも追いかけてくるようです。

まぁ、Aボタンを押しながらゆっくり移動すれば、敵性兵士の目の前をウロウロしても、

襲ってはこなかったりするのですが。

 

基本、暗殺の現場までは、情報の収集などをしなければならず、その間は

可能な限り注目を避ける必要があります。

まぁ、街中ではそうそう戦闘にはならないのですが、ミッションでスリをする

必要があったりするので、やはり注目を惹かないに越したことはありません。

この辺りは一種のダレ場というか、フラストレーションが溜まるシチューエーションで、

それを暗殺の成功により一気に開放するのが、このゲームの醍醐味なのかも

しれません。

 

ただ、フラストレーションを溜めっぱなしかというとそうでもなく、街中には兵士に

絡まれた神学者や市民がいて、それを助けると主人公が隠れやすかったり、

逃げやすくなったりするような計らいをしてくれます。

助ける際は戦闘になるので、ここでちょっとした鬱憤晴らしになったりもします。

そして、助けるのに成功すると「助けた市民9人中1人」などという表示が……。

「これもまた、メインクエストを放置してしまうタイプのゲームか!?」と、思って

しまいました。

何だか全て助けると、実績を解除出来たりしそうな予感がします。

 

また、マップ上のところどころに黒い旗のようなモノがあり、それを取るとこれまた

「100/x」みたいに表示されたりします。

これも、恐らく100個見つけたら実績解除になるのではないでしょうか。

 

そんな訳で、まだ暗殺そのものは行っていなかったり……。

突き詰めると時間がかかりそうですが、メインの話を追うだけならサックリ終わりそうな

感じにも思えますが、どうなのかしら?

 

#何だか見た目にデジタルな印象がしていたのですが、実はコレ、遺伝記憶を

#調べるための装置を使って、記憶を再生しているというシチュエーション

#だったんですねぇ。意外でした。

投稿者 Wut : 21:53 | コメント (0) | トラックバック

2007年11月28日

そろそろケリを付けなければ… :アンブレラクロニクルズ

明日はアサシンクリードの発売日なので、そろそろ買ってきたゲームの

どれか1つくらいには引導を渡さねば…と思わざるを得ない。(日本語がオカシイ

 

オブリビオンは当分終わる気配すら感じさせませんし、メインクエストが終わっても

終わらせる気がなければ終わらないゲームだったりするしネ!

 

で、アンブレラクロニクルズのシナリオ4 ウェスカー・チャプター1の後半をリベンジ。

チェックポイントまではマシンピストルの残弾数が300くらいあったので、ボスへ

行くまではショットガンとハンドガンを混ぜつつ、速度が欲しい時だけマシンピストルを

使う方向で進めてゆきました。

 

そして、ボス戦。

応急スプレーは所持していたのですが、初回は死亡。

3~4回ほど殴られるとOUTな状況なので、これくらいのダメージならいいか…

という気持ちに余り割り切れません。

最終的にはどれだけダメージを貰っても倒してしまえば良いのですが、気持ちが

気持ちが追い込まれる状況を作らないに越したことはないので、基本は

ダメージを貰わないというのが前提の動きになってしまいます。

 

走って寄ってくる際にはショットガンで頭を狙い、飛んでくる際には足場を利用したのを

見てからショットガンで頭を撃って撃ち落します。

ミサイルはハンドガンなりマシンピストルを細かく撃って撃墜。

これを繰り返していてもダメージは入るのですが速度に欠けるので、相手の動きを

止める場合を除いては、片方にダメージを集中させます。

狙いどころはボス戦開始時と同じ最初の突進をする直前。ループの頭とでも言うと

良いのでしょうか。突進前に一方の頭を狙ってマシンピストルでダメージを与え、

相手が構えたらショットガンに切り替えて迎撃。

というのを繰り返していたら、何とか再挑戦2回目で倒すことに成功。

やはり、サブマシンガン系のダメージ効率は凄いなぁ。

 

何とかチャプターをクリア出来た思ったら、新しいチャプターが出てきません。

むぅ。クリアランクがBだったからかー!?

そういや、ラクーン市壊滅事件の方の隠しチャプターも出てきてないし……。

洋館事件にはまだ隠しチャプターがありそうな気配だし……。

むぅ…てな訳で一部のチャプターを再度プレイして、ランクAでクリアしてみたら

洋館事件の方にレベッカ・チャプターの2つ目が出てきましたよ。

で、クリア。

 

むぅ。後はシナリオ4のウェスカー・チャプターの2と、ラクーン市壊滅事件の

隠しチャプターが残っているのか。

やっぱり、クリアランクとかが関係するのかしらねぇ?

投稿者 Wut : 21:18 | コメント (0) | トラックバック

2007年11月24日

参った… :アンブレラクロニクルズ

シナリオ4のウェスカー噺を進めていたのですが、調子に乗ってサブマシンガン…

シナリオ4で入手出来るモノはマシンピストルという名称だったりしますが…を

ポンスコ撃っていたら、肝心のボス戦でカラッケツに。

残るはショットガンと105発程度と、恐らくウェスカー専用銃であるピスピス言う

装填数の多いハンドガンのみ。

 

散弾をまとめて浴びせないと大ダメージに繋がらないショットガンとハンドガンという

得物だけに、ボス相手では決定力に欠けてしまいます。

そして、このチャプターのボスは「攻撃を貰う前に撃って止めろ」という場面が多く、

そしてボスのライフゲージが2本あるので、長期戦は覚悟しなければなりません。

ボスの攻撃パターンは4~5パターンをループするので攻撃には慣れてくるのですが、

止められなかった時にもらうダメージが尋常ではないので、それでポックリ死んで

しまったり……。

ウェスカーなのになぁ。(笑

 

少ない攻撃のチャンス。決定力に欠けるダメージソース。2本の体力ゲージ。

そして、死亡。

そういうのを5・6回繰り返しているうちにプレイがダルくなってきて、オブリビオンに

逃避してしまいましたよ。

うははははは。

次はマシンピストルの弾を残すように、使い方を考えていこう……。

 

まぁ、一度クリアしたチャプターを再度クリアーして、☆の数を稼いで銃を

カスタマイズし、リトライというのも手ではあるのですが。

残った弾はある程度は持ち越せるようなので、それで十分に弾を持った状態の

武器をチョイスしてスタートするというのも、詰まった時の攻略法としては有効だと

思われます。

ついでに、未発見のファイル探索も兼ねると、一石二鳥ですしね。

 

そうそう。こんな裏技めいた戦術もあるそうですよ。

バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ リロードキャンセル撃ち検証

投稿者 Wut : 03:18 | コメント (0) | トラックバック

2007年11月23日

ラクーン市壊滅事件+α 及び アンブレラ終焉 終了 :アンブレラクロニクルズ

前回の続きから約2時間半ほどで、一気にシナリオ4 アンブレラ終焉の

チャプター3まで終了しました。

チャプターの数にして7つなのですが、シナリオ4のチャプター3を除けば、

1回死ぬか死なないかという感じでした。

 

シナリオ3のチャプター3では、遂に”追跡者”が登場ですよ。

カッコイイー。

とりあえず、道中は倒せないので、ハンドガンでヘッドショットを狙います。

途中、コマンドアクションパートはが挿入されたりするので、冷静に入力して

やり過ごします。

 

ゾンビは少し堅くなってきているので、出現数が少なく歩みも遅い時は

可能な限りクリティカルを狙ってヘッドショット。数が多いときは爆発物があれば、

サブマシンガンかショットガンで爆発させて巻き込みを狙います。それらが

無い場合は、密集しているようならば手榴弾を放り込み4~5人が近い位置に

いるようならばショットガンを、多少離れているならばサブマシンガンかハンドガンで

処理するようにしていました。

時折、集団の中にゲロを飛ばすゾンビが居る場合があるので、その時は

サブマシンガンを使って周囲のゾンビの足を止めつつゲロも撃ち落し、ゲロゾンビから

真っ先に処理します。ショットガンを使わないのは、ターゲットサイトで捕らえて

撃たないとゲロは落とせないのと、離れた敵をショットガンで撃っても怯まないので、

次のショットが撃てるまでに再度ゲロが飛んできて、被ってしまう可能性が

少なくないからです。

サルも同様に数が3匹以上の場合は、サブマシンガンで処理。

 

サブマシンガンは威力は低めですが、隙が少なく、敵の足を止めさせるには

非情に効果を発揮します。

ボス戦などでも弱点を狙い撃ちにすると、一番行動をキャンセルさせやすいのが

サブマシンガンだったりしますしね。

 

ラクーン市壊滅事件の最後のボスは、やはり”追跡者”。

今回は手元に4連装ロケットランチャーというモノがあるので、かなり有利……

という訳でもありませんでした。結局のところは正確な射撃がモノを言う結果に。

ヘッドショットをして、触手を狙い打って、飛ばれた時にロケランかサブマシンガンで

迎撃という感じで。

速射に自信があったり、サブマシンガンがあるようならば、わざと触手に

捕まってみるのも手かもしれません。持ち上げられた時は頭が近くなるので、

狙いやすくなります。

ただ、ある程度の間に一定量のダメージを与えないと、こちらがダメージを

貰うことになりますが。

ちなみに、留めはショットガンでした。

 

そして、いよいよ最終シナリオと思われる「アンブレラ終焉」へ。

このシナリオはアンブレラクロニクルズのオリジナルな模様。

敵の量が多かったり、複数の種類の敵(ゾンビと猿やら、ハンターと植物人間やら)が

一度に登場したりするので、例の如く爆発物があれば爆発物を、なければ状況に

応じて手榴弾なりショットガンで応戦です。

シナリオ4全体を通して敵が大盛りな印象があり、ショットガンの活躍する

場面が多くありました。同様にサブマシンガンの活躍する場面も多くあるのですが、

割と武器アイテムが出現するので、無駄撃ちをしなければ銃弾が尽きるという

場面には出くわさないと思います。

 

そして、チャプター3の最後でボス登場。

その姿は……姿…は……ゾイド?

何とか凌いでも、和製ゲームではお馴染みの二段構え。

 

ギャー!ビーム撃ってきたー!

 

昨日、mixiのコメント方で「これまでのバイオでは、そんな敵を見た事が無い」と

書いたばかりだってのに、舌の根も乾かない内からコレかヨ!

ビームの方はアクションコマンドで回避。

何だか攻撃のパターンが、ビームを除いてハウス・オブ・ザ・デッド3に出てきた

植物の化け物っぽいのは気のせいかしら?

流石に表の話のとりを飾るボスだけあって、1段階目で2回、2段階目で4回ほど

死ぬりましたが、リトライがその段階の最初からなので面倒臭くありません。

むしろ、2段階目の2回目辺りから、アクションコマンドの入力受付時間が微妙に

長くなっているんじゃないか?と思うくらいに入力に余裕がありました。

 

さて、残るはシナリオ4のウェスカー編だけ……だといいなぁ。

 

#入手したファイルの中に、ちらりとバイオ4に絡めたようなモノがあって、

#思わずニヤリとしてしまいましたヨ。

投稿者 Wut : 02:59 | コメント (0) | トラックバック

2007年11月22日

洋館事件+α 終了 ラクーンシティ事件へ :アンブレラクロニクルズ

これまでのシリーズのストーリーを、ガンシューティング仕立てで追っていく

ゲームなだけに、エピソード1となる洋館事件編は懐かしいイベント満載です。

 

流石に天井が迫ってきたり、バリーが改心したりという細かな(?)イベントは

見事にスルー。大雑把に核心のイベントだけが、ムービーで流れます。

最近、こんなのありましたよね。何でしたっけ…?粗筋で読む名作文学だっけ?

概ねそんな感じで、イベントが進行してゆきます。

 

そして出てきましたよハンターさん。

ドタドタと走り込んで跳躍ひとつ、爪でザックリな緑色のアイツです。

複数で出てくる場合は、本編同様にショットガンを近距離でぶっ放して

寝かし付けますが、単体で出てくる分にはハンドガンでも良い模様。

弱点は頭辺りなので、その辺を狙って適当に撃てば、爪を繰り出す前に

仰け反ってくれるので、更に追い討ちで頭を撃って処理できる模様。

 

ショットガンで思い出したのですが、このゲームの敵は起き上がってくる途中や、

走り込んでドアから姿を見せた直後にショットガンを撃ち込んでも、吹っ飛んで

くれないんですよね。ダメージは入っているのかもしれませんが吹っ飛ばずに

こっちを向くので、ショットガンの次の射撃までの間に、一撃を貰う事がありました。

理不尽とまでは言いませんが、何か納得いかないんですよねー。

天井を這って来るヤツは、落とせるだけにねぇ。

 

チャプター2では鮫やら植物やらを退け、チャプター3にて遂にウェスカーと

タイラントに遭遇。

オリジナル通りウェスカーはいきなりタイラントに殺されてしまう訳ですが、

生きている理由の複線がチラリと見る事ができます。

で、件のタイラントはロケットランチャーを使わずに討伐。

使わずに……というよりは、ロケットランチャーらしきモノが見当たりませんでしたよ。

途中で分岐があったから、分岐の先で拾ったりするのでしょうか。

ファイルなども、分岐を両方通らないと全て集まらない感じもしますし、いずれは

もう一方のルートも試してみないとですね。

 

エピソードのメインチャプターが終わると、今度はウェスカーの視点での

チャプターが始まります。エピソード1の場合はタイラントに刺された後からの話。

途中、リサという不死身のタイラントまがいのエネミーが登場しますが、後で調べて

分かったのですが、これはGC版で追加されたエネミーなんだそうですよ。

で、ウェスカーも無事に森に脱出して、ラクーン市事件へ。

クレアとレオンの話は、今回は無い模様。

 

ラクーン市事件の冒頭はジルがカルロスと出会うところから始まります。

ゲームのカルロスは映画の彼とは違って、ゴツイ印象は全く無い色男です。

 

ゲームの方はこれまで舞台が市に移ったことで、これまで以上のソンビが

襲い掛かってきます。

だもんですから、その辺の車にポインタを当てると破壊可能のサインが出たので、

車の爆発に巻き込む事で頭数を減らす作戦に。

それでも量が多いときは、手榴弾を投げていましたが。

 

そして何故か、分岐の先の暴走トラックを避ける際に、コマンド入力をミスして

3~4回引かれるハメに。

何であんなにミスしたのやら。

 

で、チャプター1のボスは巨大なワーム。

うーん。こんなの居たっけか?何か居たと言われれば、そんな気がしないでも

無いですが、居なかったと言われればそういう気もします。

まぁ、ボスで登場するくらいなので、居たんでしょう。

これも、撒き散らすアスファルト片やら乗用車やらトラックやらバスやらを

サブマシンガンで処理して、口の中にショットガンを御馳走して終了。

1回、巨体の下敷きになったのは、ご愛嬌デス。

 

残るはラクーン市事件のチャプター2と3に、ウェスカー編が恐らく2つある予定

なのですが、風の噂ではロシアが……というのをチラホラ耳にしたりします。

そういや、横道特急事件のウェスカーのチャプターに、ロシア語を話す人物が

出てきたなぁ。それと関係があるという事なんでしょうねぇ。

投稿者 Wut : 03:54 | コメント (0) | トラックバック

2007年11月19日

洋館 チャプター1 +α 終了 :アンブレラクロニクルズ

ベロニカなどにも登場しているのに、若干影が薄い印象のあるクリスと、格闘ゲームや

映画の2にまで登場し、存在感を強めているジルの二人が主人公となる

このエピソード。

チャプター1は大蛇を倒して、レベッカと再開するところまででした。

 

今回、ゲームの作りが違うというのもあって、若干ムービーなどの構成が違うものの、

一番最初にゾンビと遭遇するシーンや、多くの人が苦戦したであろう犬の

初登場シーンが見事に再現されていて、なんだか懐かしくなってしまいました。

犬はあの時は苦戦したけど、今回は楽だなぁー。

 

さて、横道列車編の隠しチャプターから赤っぽいゾンビが登場していますが、

こちらの方にも途中から登場。