« 2013年2月 | メイン

2013年8月15日

土曜は肉 日曜は餅 :渋の里

昨日も長々と書きましたが、今回も渋の里の話にお付き合い下さい。

今回のモンハンと渋温泉のコラボイベントは1年をいくつかのシーズンに分けて、イベントのスケジュールを組んでいます。今はみなさんご存知の通り、オープニングシーズンになっています。
また、シーズンの中でもメインイベントの期間とスタンダートの期間に別れており、メインイベントの期間の方が、色々と催し物があったりする訳です。

スタンダードの期間でも楽しめるのですが、完成度の高い飛竜の巣や

IMG_0487
IMG_0487 posted by (C)wut_jp

シブ式火竜車、

IMG_0470
IMG_0470 posted by (C)wut_jp

他にも釣りや、ハンター装備・アイルー装備を身にまとっての記念撮影、モン踊り大会、臨仙閣の中での狩りもメイン期間だけとなっているようです。

中でもオープニングシーズンのメイン期間は、毎週土曜に「リアルサイズこんがり肉を焼き上げろ!」や、毎週日曜には「ハンマー使い求む!餅つき大会」が行われているので、土日に是非寄って欲しいんですね。

とりあえず、8月頭に参加した土曜のリアルサイズこんがり肉は、前回の夏のイベントから使っているアレで今回もぐるぐる回しています。

2013-08-15
2013-08-15 posted by (C)wut_jp

で、肉を貰うのに並んでいたら、御宿 多喜本の旦那さんが肉を切り分けていたので、「こっちを下さい」と切り分けている最中の肉を指さしたら、普通に切り分けた肉以外に、脂身もひょいとのせられました。
「脂の塊かぁ。折角頂いたものだし・・・」と脂身を食べてみると、これが旨い旨い。
しっかりと味が染み込んでいて、甘みもあって、これだけでご飯が進みそうな味になっていました。ラーメンと食べたいといっていた人も居たくらいです。
カロリーなどが気になるかもしれませんが、興味のある方は思い切って「脂身下さい」と言ってみるのも良いかもしれません。
いや、ホント。

そして、日曜日に餅つき大会です。
私もハンマー使いの端くれとして、杵を振るってきましたよー。

DVC00378
DVC00378 posted by (C)wut_jp

写真は見知らぬ日向【覇】ガンナー装備のハンターさんデス。

で、ここでも事件が。
ひとまず人数分あるか分からないので、控えめに餅をゴマとハチミツの2つ貰ったのですが、ここでも御宿 多喜本の旦那さんが餅を取り分けている横から「えー、普通だな」などボソリと言ってきたんですね。
その普通サイズの餅がこれ。

IMG_0495
IMG_0495 posted by (C)wut_jp

で、食べ終わって他所で話をしていたら、まだ餅が余っているようだったので、もう一度貰いに行ったトコロ、横からこぶし大の餅がゴマのトレイに投入。
横で、多喜本の旦那さんがニヤリ。

IMG_0496
IMG_0496 posted by (C)wut_jp

ひとつだけドボルベルクみたいな餅が・・・。
美味しく頂きましたが、相打ち寸前です。

こんな塩梅に実際に「肉を焼ける」、「ハンマー(杵)を振れる」という体験もできるので、出来るだけ土日にくるとより楽しめるかもしれません。
MH4発売までは、まだ人もそんなに多くないと思うので、こんがり肉や餅をおかわりできるチャンスがありそうな今が、イベントを楽しむ狙い目かもしれません。


いや、でも、あの脂身は、また食べたいな・・・。

投稿者 Wut : 19:44 | コメント (452) | トラックバック

2013年8月11日

あの暑い夏(盆踊)が再び... モンハン渋の里レポート

既に1週間以上たってしまいましたが、渋の里へ行ったレポートを。

7月末から長野県は渋温泉でやっている、モンハンとのコラボイベントへ行って来ました。
渋温泉とモンハンとのコラボはこれで3回目。前回2回の実績もあるので、妙な安心感もあります。

IMG_0498
IMG_0498 posted by (C)wut_jp

私は8月の3~4日に行ってきたのですが、私が末席に属させてもらっている渋狩部のミニイベントである「交流オフ会」を行うのも目的のひとつになっています。
交流オフ会といっても、基本は人手の足りなさそうなお客さんのところへいって、狩りの手伝いをするというモノなので、基本はモンハンを遊んでいるのですが。

集会所は屋台村と臨仙閣、そして、コミュニティセンターの2階(ここはWi-Fiがあって、配信クエストのダウンロードもできるそうです)と、ハンターの館(旧スリースリー跡)の4箇所。
3~4日での事なのですが、屋台村がコラボイベントの中心というイメージがあるのか人が集中し、、臨仙閣やコミュニティセンターの方には余り人が居なかったそうです。文化財である臨仙閣や、Wi-Fiやホワイトボードのあるコミュニティセンターもそれぞれの魅力があるのですけどね。

ゲームの方はMH3Gが確かに多い感じなのですが、PSPのMHP3をやっている方も居ますので、「3G持っていないからなぁ...」という人でも、大丈夫だと思います。

モンハンでマルチプレイを楽しむのも魅力なのですが、やはり渋温泉とのコラボという部分の魅力も沢山あります。
まずは屋台村のコラボフード。
私もいくつか飲み食いしましたが、どれも美味しくてリピートしそうです。
食べてないものはレポートできないので、食ったヤツだけ。

携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

まかない飯とケチャ和茶ですが、ケチャ和茶はいわゆる緑茶っぽい飲み物です。ぽいというより、緑茶なのかしら?まかない飯は、鶏そぼろやら目玉焼きやらが乗った丼もの。混ぜて食べると美味しいという事なので...

携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

ご覧の有様に。
でも、旨い。
混ぜなくても旨いのかもしれませんが、これは混ぜた方が旨いヤツみたいです。

携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

そして、村長カレーとコンガミルク。
村長カレーはタイカレーっぽい感じのカレーです。辛さの中にもちょっと甘みがあって、美味しいカレーでした。
コンがミルクはココナッツミルクにプラム系のソースが沈んだ飲み物。これも良くかき混ぜると、甘みの引き立つ美味しい飲み物になります。
個人的には村長カレーとコンガミルクの組み合わせは、ベストマッチなのでは無いかと思います。

屋台村というと、こんがり肉のイメージがある人も多いと思うのですが、聞いた話によると今回のこんがり肉は、前回のそれよりサイズが大きくなっているそうです。うっかり+アルファでこんがり肉を頼んでしまうと、食べきれなくなるかもしれません。ご注意あれ。

店舗の方のコラボフードもご紹介。
1つはやりやさんの、ゴア・ソバ。

携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

底の方にツユがある、サラダ風な冷たいソバなので、暑い夏でもツルッと食べられる感じです。
蕎麦が苦手な方や蕎麦アレルギーの方は、お店の方に言えば蕎麦をうどんに変える事もできるそうです。その際のうどんは、残念ながら黒くはないのだとか。
でも、冷たいうどんでも食べてみたいなぁ。

そしてもうひとつは、徳味さんのニャーハン(スープ付き)。

携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

これもふわふわの玉子に混ぜて食べると、美味しい感じのチャーハン。
付け合せのスープも美味しいです。

他にもコラボメニューはありますが、コラボメニュー以外にも美味しいものが渋温泉にはあります。
若葉屋さんのジェラートなどは人気らしく、中でも白桃が売れているそうで、私が食べに行った時などは、午前中に売り切れてしまったのだとか。
米龍さんの豆腐ラーメンなども、人気がありますね。

体感できるモノとしては、有料ですが「シブ式火竜車」というモノがあります。

IMG_0474
IMG_0474 posted by (C)wut_jp

IMG_0471
IMG_0471 posted by (C)wut_jp

これは砲身にゴムボールを込めて、コンプレッサーの空気圧で撃ちだすというモノで、3種類の的にうまく当てるというモノです。
砲身周りの写真を撮り忘れたのですが、砲身に玉を込めるためのスライドがありまして、そこを開けて玉を込め、砲身の根本にある丸いボタンを押すと、玉が発射されるという塩梅です。

そして、今回の目玉でもある露天風呂。
作るには温度や深さ、仕切りが必要などと色々と苦労されたとの事。
中も綺麗ですし、とりあえず入って観て下さい。

IMG_0459
IMG_0459 posted by (C)wut_jp

あと、オープニングシーズンにはヤグラを組んで盆踊りもしているので、参加してみて下さいね。太鼓も叩いたりできますよ。

踊りの振り付けは教えてもらえると思うのですが、Youtubeに2011年の動画があるのでそれを観て覚えても良いかもしれませんねー。

まだまだ、書きたい事が沢山あるのですが、今回はひとまずこの辺で。

投稿者 Wut : 17:28 | コメント (510) | トラックバック

Powered by
Movable Type 4.27-ja