« うん。アクションゲーム :バイオ6 | メイン | 田舎は上映が遅れるんですよ。おじさん。 :映画 »

2012年10月20日

ある意味で現代も、こんな感じかもね(ハンガーゲーム) :映画

そういや、映画観たままで日記に感想かいてないなー

 

と、思ったので、2つまとめて書いちゃうんだぜ。

近頃妙に筆(ブログ?)不精になってきたぜ。

 

先に観たのが、ハンガーゲーム。

 

 

もともとはタイガー&バニーを観たくて映画館に足を運んだら、「富山は

明日から上映ですよ。おじさん」と、バーナビーに呆れた顔をされるくらいに

翌日上映になっていました。

で、そのまま帰るのも勿体無いなぁ...とその時間帯で面白そうな感じの

映画を選んだらコレになったんですね。

 

見てみたら意外と王道な、近未来反体制物っぽい臭いがした訳で、

言い換えるなら「ある程度の現実味を見据えたマトリックス」という

感じでしょうか。

観ている最中に、思った以上にドキドキしている自分に気づきました。

 

もっと血みどろな、キューブとかソウみたいな映画かと思っていたのですが、

血の量は思いの外少なく、どちらかというと人間や世界の描写が丁寧に

描かれた映画だと思います。

上映時間も143分とやや長めですが、半分以上は戦わず、この世界が

どういう世界で、どういう価値観を持つ人達が居て、どういう理由で

ハンガーゲームにエントリーされ、どういう思いでゲームに臨むか。

そして、それを見る人達はどんな人達なのか。という描写に割かれている

感じでした。

 

お陰で、色々と解決していない感じの部分がいくつかあるなぁ・・・と思って

いたら、映画の終わりで「ハンガーゲーム2 日本上映決定」の文字が。

デスヨネー。

 

ひとまず、1作品で完結はしているので、王道っぽい映画を見たいなぁ...と

思った時には、丁度良いかも。

楽しめますよ。

 

原作は、向こうの小説なんだそうで、興味のある方はそちらもどうぞ。

投稿者 Wut : 2012年10月20日 11:02

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wut.mlcgi.com/~wut/weblog/mt-tb.cgi/2374

コメント

コメントしてください




保存しますか?


Powered by
Movable Type 4.27-ja