« ナマオケ イイネ! 狩猟音楽祭2012 | メイン | ある意味で現代も、こんな感じかもね(ハンガーゲーム) :映画 »

2012年10月 9日

うん。アクションゲーム :バイオ6

今月4日に発売されたバイオハザード6。

「サバイバルホラーアドベンチャーは、もう売れない」と大胆な方向転換を

行ったナンバリングタイトルなのですが、DQ10の合間にちまちまと

遊んでいます。

 

遊んだ率直な感想は、タイトルにもあるようにアクションゲーム。

調べられる箇所がバイオハザード5の時よりも減り、アイテム画面の表示も

よりスマートによりリアルタイム志向になったのが伺えます。

 

アクション寄りになった傾向はシステム面でもみうけられ、体力が幾つかの

ブロックで区切られ、ダメージを受けてもそのブロックに体力が少しでも残って

いれば、一定時間後に体力の残ったブロック分だけは回復するというモノ。

例えは体力ブロックが6有ったとして、2.5ブロック分のダメージを受けた場合、

残った体力は3ブロックと半分なのですが、この半分のブロックは一定時間

ダメージを受けないことで回復し、1体力ブロックに戻るんですね。

 

回復もハーブをタブレットというアイテムに変換してから使うのですが、

1タブレットでは体力が1ブロック分しか回復しません。

ハーブを調合する事で、より多くのタブレットに変換できたりと、

アイテムと体力の管理も、重要になってきています。

 

ゾンビの動きもかなりアグレッシブになっており、ゆっくり歩いてくるだけでなく、

短い距離を飛びかかってくる者、手に持った凶器を振り回してくるもの、

挙句の果てには銃を乱射する者まで。

酸の嘔吐物を浴びせてくる者もいました。

 

これらのゾンビが結構手強くて、今回は捕まえられるだけで1ブロックの

ダメージとなります。振り払えばノーダメで大丈夫という訳にもいかないので、

結構気を使います。

 

そして、気づかないと死活問題になるのが、ゾンビが無限湧きするエリア。

倒してから進もうとしても、無限湧きなのでジリジリと押されて、結果として

ゲームオーバーになる事もしばしば。

 

それでも、アクションゲームとしては正面に立たない。状況に応じた武器変更。、

仕掛けを使った戦術。パートナーへの援護。体術でのフィニッシュブロウなど

面白い要素が沢山あります。

 

また、敵を倒す際にドロップするスキルポイントを集めると、メニュー画面から

スキルの購入ができるので、自分なりのスキル構成を考えるのも

楽しみの1つになりそうです。

 

とにかく今は、コンティニューをしてでも、チャプターをクリアする事が先決。

スキルポイントをアイテムを持ち越し、次のゲーム攻略の糧にするのです。

 

ADVのバイオファンにはちょっとがっかりかもしれませんが、アクションゲームが

好きな人には結構アリなゲームではないでしょうか。

謎解きパズルの要素も、ちゃんと残っていますしね。

 

@wut_jp ≫ 「バイオ6」の検索結果

 

 

投稿者 Wut : 2012年10月 9日 20:17

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wut.mlcgi.com/~wut/weblog/mt-tb.cgi/2373

コメント

コメントしてください




保存しますか?


Powered by
Movable Type 4.27-ja