« 2012年7月 | メイン | 2012年9月 »

2012年8月28日

#渋狩部BBQイイネ

今月の25~26日と渋温泉へいってきたのですが、今回の目的は

ゲームで遊ぶ事...ではなくバーベキュー&渋温泉夏祭り!

 

夏のMHコラボイベントから1年。

渋狩部の発足からも1年。

そんな節目のBBQ...という意味合いがどの程度あったかは分かりませんが、

BBQしたいねーみたいな話から始まったらしいので、折角だから俺は

この赤い扉を選ぶぜ的な勢いで参加した訳です。

 

買い出し組と設営組に別れて準備。

私は設営組。

 

携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

 

そして、全員がそろったところで主賓が登場。

 

携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

 

そして、焼かれる肉や野菜。

 

携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

 

私は燻し器を持っていったので、ちょこちょこ燻してみたり。

そして発見。

ナスを燻して、焼肉用塩ダレで食べると旨い。

 

写真では撮り忘れていましたが、ビールはサーバーで用意されていて、

10人弱では飲みきれないくらいでした。

 

そして、夜は渋温泉の夏祭りへ。

渋温泉のメインストリートというべき道が歩行者天国になっていて、

そこで旅館やお店の人たちが、ちょっとした出し物をしているんですね。

ヨーヨー釣りがあったり、、輪投げあったり、型抜きあったり、団扇を作れたり、

将棋やオセロができたりと、なかなか賑やかです。

そんな中、コカリナという木製の短い笛の演奏を聞いたり、独楽を回したり、

綿アメでベタベタになったりしながら通りを歩いていると、金具屋の九代目で

ある西山和樹さんが、しぶざるくんの手書き絵馬を売っていました。

 

色々な絵柄がありつつも、手書きなのでその場でのリクエストにも応じて

くれるというフレキシブルさ。

中でも凄かったのは、リクエストで書かれたシブガイルくん(正式名称不明)。

しぶざるくんがあの髪型とあの格好をし、ガイルの勝ち台詞も信州弁で

書かれています。

これはストⅡキャラを、毎年リクエストしてゆくフラグでしょうか?

来年はリュウで「昇竜拳をやぶらぬ限り お前に勝ち目はない」ですかね。

 

そんなこんなでぶらぶらした後で、やり屋で遅い夕飯を食べて解散と

なりました。

 

来年もあるかどうかは分かりませんが、こういうのもいいですよね。

投稿者 Wut : 11:41 | コメント (0) | トラックバック

2012年8月17日

思いの外、遊んでいます :DQ10

ツイッターやmixiのつぶやきにもポストしているので、知っている方も

多いと思うのですが、DQ10をやっています。

 

名前は ラスグレイブ

IDは NF479-775

 

ぼちぼちと進めて、僧侶Lv28 戦士Lv21 盗賊Lv20。

職人はランプ錬金で、Lv20くらいになっとります。

 

今の見た目はこんな感じ。

 

DQ10-01
DQ10-01 posted by (C)wut_jp

 

ちまたでは、ぼちぼちと人間に戻り始めている人もでてきていますが、

私はまだレベルが足りないので、そうもいきません。

それぞれの首都関連のクエストは、Lv35くらい必要らしいので、

ひとまずは、それを目指してレベル上げでもしようなかぁ・・・と考えて

おります。

 

DQ10のゲームとしての出来ですが、近頃はプレイ人口の増加にともなって、

サーバーが不安定になったりしていますが、ゲームそのものは

これまであったオーソドックスなレベル制MMORPGを、うまく日本向け...

というか、日本のコンシューマー向けにアレンジした感じです。

 

生産で行われるミニゲームなどもそうですが、戦闘での位置取り、距離、

重さの概念の組み合わせが意外とマッチしていて、前衛が敵を押して

後衛から引き離す光景は、見ていて新鮮な感じです。

また、レベリングに関してもレベルが結構離れているキャラとパーティを

組んでも、レベルの高い人も低い人も、一人で狩るよりは経験値が

おいしい状況になるので、パーティを組むのが比較的容易な気がします。

 

ただ、コミュニケーション関係か若干弱く、見知らぬ人に直接Tellしても

気づいてもらえるケースが少なく、また、無言でパーティに誘われたり、

パーティ募集に参加の意向を示しても、見付けてもらえなかったり

する場合があります。

 

とりあえず、パーティを組む際に、無言で誘うのは良しとしても、

その後も一切発言しないプレイヤーは、勘弁して欲しいですね。

キーボードが無いから、チャットできないというのは言い訳にしかなりません。

ちょっと入力は大変ですが、コントローラーでの文字入力もありますし、

コミュニケーションが重要なMMOなゲームでキーボードを用意していないと

いうのは、ゲームの楽しさを減らしていると思います。

キーボードが必須とは言いませんが、あるとかなり会話が楽になります。

 

こんなので、良いと思います。

 

とまぁ、良し悪し色々とありますが、なかなか良く出来たゲームだと思います。

他のMMORPGと比べると、いくらか競争社会な様相が、緩和されている

気がしなくもありません。

先行利益が大きいのは、どこでも同じですけれどね。

 

あと、個人的に便利だったアイテムを一つご紹介。

 

 

USBから電源を取るタイプのバッテリーで、Wiiリモコンのバッテリーの

ところにセットするだけでOKです。

WiiのUSBポートから電源をとっても良いですし、PCが近いならPCの

USBポートから電源をとっても大丈夫です。

私は側にネットブックを有線の電源で使っているので、それに繋いで

遊んでいます。

この手のUSBポートから電源を取るアイテムは、色々なところから

出ているので、見比べて自分に合うモノを選ぶとよいかもしれません。

電池の心配をしなくていいのは、慌てる事がなくなっていいですよ。

 

そうそう、知っている人も多いと思うのですが、DQ10を遊ぶには本体と

ソブト以外に16GBのUSBメモリが必要になります。

USBメモリー同梱のパッケージもありますが、メモリーを別途購入した方が

安くなる場合もあるので、もしこれから始めようかと思う人は、価格の

確認をしてみて下さい。

 

目覚めし冒険者の広場/ラスグレイブのマイページ

 

@wut_jp ≫ 「DQ10」の検索結果

 

 

投稿者 Wut : 19:49 | コメント (1) | トラックバック

Powered by
Movable Type 4.27-ja