« 一層遊びやすく :アサシンクリードⅡ | メイン | 曲がれ!スプーン :映画 »

2009年12月 7日

JUST ! :PSpo2

このゲームにはジャスト~というシステムが3つありまして、1つはジャストアタック、

1つはジャストガード、1つはジャストカウンター。

どれもタイミングが重要なテクニックなのは、名前から分かります。

 

ジャストアタックは攻撃モーションの終わり際に□ボタンを押す事で、次の攻撃での

ダメージが若干上がるテクニック。

ボタンを連打していても、武器でのコンビネーションは3回でるのですが、タイミングよく

ボタンを押す事で、ダメージの底上げが可能です。

タイミングは武器によって違う様子。

どうしてもタイミングがつかめない時は、攻撃をした後のアクションパレットを見ると、

赤色の輪が収縮していくのが分かると思いますが、その輪とアクションパレットの

○の枠が大よそ重なる辺りでボタンを押せば、ジャストアタックとして

成功するようです。

 

ジャストガードは相手の攻撃が当たりそうなタイミングで、ガードに成功すると

ダメージを0にするテクニック。

ガードできるのロッド系を除く両手武器とシールド。

シールドを持った状態でジャストガードに成功すると、シールドアーツという

モノが発動して、攻撃判定を持つ衝撃波が発射されます。

 

ジャストカウンターは上記のジャストガードの後、素早く攻撃をするとダメージの

上がるカウンター攻撃。

ジャストカウンターの成功が最低条件にあるので、狙う機会は少ないかも

しれませんが、ダメージが増えるのでジャストカウンターを決めた後には

狙っていきたいアクションです。

 

上記の3つを全て活かすとなると、シルード+片手武器という選択に

自然となるのですが、当然ながら攻撃モーション中にはガードはできないので、

常にジャストガードを狙っていけるような短いモーションとなると、セイバー系と

ダガー系がベターという感じになるんですかねぇ。

隙の少なさで言えば、スライサー系も隙が少ないのですが、スライサーは飛び道具

なので、余り敵に殴られる範囲に近付かない事が多いですしね。そういう意味では、

ウィップ系もリーチが長いので余り敵に近付きませんし、何よりモーションが長いので

常にジャストガードという感じではありません。

 

ジャスト~にこだわる必要もありませんし、そんなにこだわってはいないのですが、

一度、シールド+セイバー系の組み合わせで立ち回っていた際に、

アタック→JA→JG→JC→JA→JG→JC→JA→JA→フォトンアーツという具合に

上手く繋がって、「何だかよく分からんが、かっこいいな!」という状況に

なったんですね。

ただでさえ、ジャストガードからのカウンターというのは、自己満足度が高いと

いうのに、シールドアーツも交えた攻防一体な様は自分で見ていてもカッコイイと

思ってしまうほど。

オレツエーじゃないけど、狙ってみたくなってしまいます。

 

それにこだわりすぎてしまうと本末転倒になりかねませんが、要所でガードや

カウンターが上手く出せるとダメージも増えますし、何より時代劇の殺陣のように

見栄えがします。

狙ッテイキタイナァー。

 

ちなみにストーリーの進度は4章頭。

ビースト♀Lv23 ブレイバー4。

投稿者 Wut : 2009年12月 7日 22:03

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.wut.mlcgi.com/~wut/weblog/mt-tb.cgi/1884

コメント

コメントしてください




保存しますか?


Powered by
Movable Type 4.27-ja